興趣 赴くところ ドラマ「SPEC」との 共犯関係”に ハマってやろうじゃないか!始末簿  ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~

21世紀の荒野をも切り拓くあの佐野元春さんが 
当麻の父役でキャスティングされていました。

NHK教育の"ザ・ソングライダース"以来の御姿 再見なので、
懐かしくもこれまたこよなく 嬉しかった。

“テレビドラマ初出演”だそうです。
堤監督が佐野さんご本人に直接出演のオファーをして実現した とのこと。

佐野元春さんが演じたのは、当麻紗綾の父・天(ソラ)で、
惑星探査機 “ はやぶさ ” の開発者の一人 という設定。

佐野元春




佐野元春さんの公式掲載のメッセージ

今回は、『SPEC』出演にお声をかけていただき、
非常に光栄です。
ありがとうございます。

僕はミュージシャンなので、
テレビドラマで俳優を演じるということは、
本来あり得ないことなのです。
堤監督の番組制作に対する真摯な姿勢に共感し、
今回、『SPEC』への出演を決意しました。

撮影は古い民家で行われ、
“ はやぶさ ” の開発者の一人ということで、
実際に “ はやぶさ ” に関わった皆様を
がっかりさせないようにと一生懸命演じました。

共演の戸田恵梨香さん・石田えりさんと
楽しく演じることができたと思っています。

これを機会に、演じることにも関心を持ちました。
これからは、役者さんを見る目が変わりそうです。
ありがとうございました。




SPEC










キャスト

当麻紗綾(トウマサヤ・未詳の刑事)…戸田恵梨香
瀬文焚流(セブミタケル・未詳の刑事)…加瀬亮

志村美鈴(シムラミレイ・瀬文の部下の妹)…福田沙紀
冷泉俊明(レイセントシアキ・占い師)…田中哲司
近藤昭男(コンドウアキオ・捜査一課係長)…徳井優
海野亮太(ウンノリョウタ・警察病院の医師)…安田顕

地居聖(チイサトシ・当麻の元彼)…城田優

馬場香(ババカオル・捜査一課管理官)…岡田浩暉
鹿浜歩(シカハマアユム・捜査一課)…松澤一之
猪俣宗次(イノマタソウジ・捜査一課)…載寧龍二

正汽雅(マサキミヤビ・婦警)…有村架純
志村優作(シムラユウサク)…伊藤毅

一十一(ニノマエジュウイチ・謎の少年)…神木隆之介

津田助広(ツダスケヒロ・公安部所属)…椎名桔平(特別出演)

野々村光太郎(ノノムラコウタロウ・未詳の係長)…竜雷太

ゲスト

脇智宏…上川隆也(1) 五木谷春樹…金子賢(1)

大島優一…佐野史郎(2) 桂小次郎…山内圭哉(2)
松井和生…岡田義徳(2) 鬼門拓也…滝藤賢一(2)
鬼門 真理子…森脇英理子(2) 板野 貞雄…斎藤工(2)

林実…村杉蝉之介(助手)・正名僕蔵(巡査)・吉見一星(美容師)(3)
托鉢女…おおつか麗衣(3) 武藤(バイト)…清水優(3)

古戸久子…奥貫薫(4) 古戸美智花…三浦由衣(4)

里中貢…大森南朋(5) 

織田剛…西本竜樹(6)

里中小百合…西原亜希(4,5,6) 里中梨花…堀田悠衣(4,5,6)

サトリ…真野恵里菜(7)

渡辺麻由人…遠藤雅(8)
エグザイル…NAOTO(8) 

秋元才三…井上肇(5,9)

管幹事長…児玉頼信(1,9) 秘書・上野…山崎和如(1,9)

東野幸治郎…東野幸治(9)
一二三…篠原恵美(7,8,9)

川里三幸…藤田秀世(5,7,10)

当麻天 …佐野元春(9,10) 
当麻流夏…石田えり(9,10)
当麻陽太…大坪夏己(9,10)

当麻葉子…大森暁美(8,9,10)

老人…石橋蓮司(10)

中華料理店の店主…多田木亮佑 アラータ…安藤絵美
森永卓郎/岡村仁美 ほか


スタッフ

脚本…西荻弓絵

演出…堤幸彦(1,2,5,9,10)/加藤新(3,7)/今井夏木(4,8)/金子文紀(6)

プロデュース…植田博樹/今井夏木/赤羽智比呂(オフィスクレッシェンド)
主題歌…THE RICECOOKERS
音楽…渋谷慶一郎/ガブリエル・ロベルト
製作協力…オフィスクレッシェンド
製作…TBS


以下は公式記載の”あらすじ”。

豊饒な映像にしこたま込められている
堤ワールドの真髄の語りには
 ほど遠い隔たり。


あらすじ第1話【甲の回】魔弾の射手


警視庁は、未解決事件の捜査強化のため、
捜査一課弐係(通称:ケイゾク)に加え、
公安部に未詳事件特別対策係を設立した。
通称、ミショウ。
通常の捜査一課的手法では、
捜査の対象にならないような特殊な事件を
主に取り扱う。
つまり、証拠がほとんどなく、
また、目撃証言もほとんどない
プロの犯行によるとされる事件や、
国や政治、宗教団体がらみの不可解な事件など、
捜査一課では手に余る事件を主に扱う。

ミショウの係長は、野々村光太郎(70) [竜雷太]。
のらりくらりの天才 狸と言われた男が、
嘱託で係長になった。
一見風格もあるし、
まず、年寄りを怒鳴るクレーマーはあまりいない。
「まあまあ、今、我々未詳事件特別対策係が
全力を挙げて捜査してますから」と、
相手の怒りやテンションを受け止め、
ずるずると、ごまかす。
そんな効果が期待されての部署なのだ。
そんな野々村の下に、部下がつけられた。
トラブルを起こしてミショウに飛ばされてきた二人。
問題はあるけど、実力はハンパない。
一人は、当麻紗綾(24)[戸田恵梨香]。
頭は異常によく、学校も行かず、
塾も行かず、京大理学部に合格。
しかも、京大在学中にFBIに何故かもぐりこみ、
X-FILEの研究をしてきた変わり種。
IQはなんと、201。

頭が良すぎるため、上司を小馬鹿にし、
しかも、オタクかと思ったら意外にケンカっ早い。
ミショウに入って1年で犯人と格闘して大けがを負い、
今でも左手はギプスのまんま、というつわものだ。

もう一人は瀬文焚流(36) [加瀬亮]。現場のたたき上げ。
警視庁の花形である警視庁特殊部隊(SIT)に大抜擢され、
27歳の若さで小隊長の位置にまで上り詰めた凄腕。
銃器の扱いは警視庁で一番、極真空手も師範代クラス。
ところが、ある事件が理由で、ミショウに飛ばされた。

当麻と瀬文は、犯人が通常の人間ではないとしたら、
どういうSPECの持ち主かと言う前提で、捜査を開始する。

「犯人の、特殊な能力(UNKNOWN SPEC)は何か」を推理し、
のうのうと逃げおおせようとしている犯人を追い詰めていく。
当麻と瀬文はSPECを逆手にとり、
ケンカし協力し合いながらトラップを仕掛け、
犯人と息詰まるような攻防を繰り広げていく。


あらすじ第2話【乙の回】天の双眸


警視庁公安部公安第五課、未詳事件特別対策係。
通称・ミショウに飛ばされてきた刑事、
瀬文焚流(加瀬亮)は、
同僚の当麻紗綾(戸田恵梨香)と共に
追っていた事件で左腕を負傷。

犯人に銃を奪われ、その銃で撃たれたと
警視庁の聴聞委員会で発言するが、
瀬文が犯人を射殺したのに嘘をついている
と聴聞委員は怒り心頭。

一方の当麻は、聴聞委員会をわざとサボっていた。
目の前で起きた事実を話したとしてもそれは無意味で、
瀬文のように、警察の上層部から目をつけられるだけだと分かっているのだ。

その頃、瀬文の部下で
現在植物状態にある志村(伊藤毅)の妹・美鈴(福田沙紀)は、
担当医・海野(安田顕)にある相談をしていた。
それは、兄に触れた途端、美鈴の脳内に
いろんなヴィジョンが飛び込んできたという。

ある日、ミショウに神父の大島(佐野史郎)が相談にやって来る。
その神父はボランティアで
死刑囚の話を聞く教誨師もやっているらしく、
桂小次郎(山内圭哉)という死刑囚が
「警察に挑戦する」「自分には神の力が宿った」
と語っているのだと言う。
神父が語る神の力をもつ死刑囚の話に興味津々の当麻は、
10年前に起きた未解決事件「青山華道家死体なき殺人事件」の
再捜査を行うことに!

桂からの挑戦、「24時間以内に事件を解決しなければ、
自分が犯人に裁きを下す」に真っ向勝負するつもりだ。
当麻と瀬文は、死刑囚より先に真犯人を確保すべく、動き出す。



あらすじ 第3話【丙の回】漂泊の憑依者


ある夜、瀬文(加瀬亮)は海野(安田顕)から
植物状態の志村(伊藤毅)を治せる医者が
いるかもしれない、と言われる。
その人物は、"神の手"と呼ばれる細胞を
再生する能力を持っていると言う。

そんな中、当麻(戸田恵梨香)と瀬文は
公安の上層部から張り込みを命じられる。
事件の詳細は説明されず、
「見ていれば分かる」とガソリンスタンドの地図を渡される。

二人が指定された時間にガソリンスタンドに向かうと、
アルバイトの武藤(清水優)が
突然、ガソリンをバイクにかけ始めた。
さらには、他の店員や駆けつけた当麻にも
ガソリンをかけ、火をつけようとする。

間一髪、瀬文が武藤を押さえ込み、大惨事を免れる。
すると取調べ中に武藤は、「このバイト君には罪はないんよ。
わたしが憑依してイタズラしてるだけやねんから」と京都弁で話しだした。
誰かが武藤に憑依して、事件を起こしたらしいのだが、
もちろん警察は全く信じない。すると今度は、林実巡査(正名僕像)に憑依してみせ、
「自分の能力を証明するために日本中の林実に憑依する」と宣言し、姿を消す。

しばらくして、憑依する人物から挑戦状が警察に届いた。
「48時間以内に、私をつかまえられない時には、マスコミに対して、憑依する能力を発表する」と…。


あらすじ第4話【丁の回】希死念慮の饗宴


ある日、警視庁公安部公安第五課、未詳事件特別対策係、通称“未詳”に相談者がやって来た。
捜査一課弐係、近藤係長(徳井優)に連れられた相談者は、古戸久子(奥貫薫)。
自殺者遺族ネットワークの会長を努める人物で、
昨夜、一年前に自殺した娘から「幹事に殺される。助けて」とのメールが届いたのだと言う。

久子によると娘・美智花(三浦由衣)は、自殺サークル“パーフェクト・スーサイド”に入っていて、
一年前の10月30日に自殺すると言い残し、家を飛び出した。
その三日後、美智花の遺書と遺品が送られてきたが、死体は見つかっていない。

実はこの自殺サークル、「死体をこの世に残さない」のが掟。
美智花の死を納得できずにいた久子は、娘から届いたメールを見て、
娘がどこかで生き延びていると確信。そして、自分に助けを求めているのだという…。

当麻(戸田恵梨香)は久子に届いた「死者からのメール」に興奮し、
そのサークルの参加者を調べ始める。当麻は、瀬文(加瀬亮)、近藤、そして久子と共に、
“パーフェクト・スーサイド”で家族を失った遺族への聞き込みを開始するが…。


あらすじ第5話【戊の回】堕天刑事


当麻(戸田恵梨香)と瀬文(加瀬亮)が念動力のスペックを持った犯人と格闘していると、
何者かが未詳にやって来て当麻と瀬文を攻撃。犯人をさらって行く。
意識が戻った当麻は、「あたしたち、気をつけないと消されるかも」と瀬文に伝える。

ある夜、瀬文はSIT時代の先輩で元刑事の里中(大森南朋)に呼び出され、久しぶりの再会を楽しむ。
結婚して一人娘をもった里中は、瀬文に警察ではない、普通の人生、普通の家庭の幸せを勧めるが、
瀬文は「どうしても決着をつけたい事件がある」と言葉を濁す。

翌朝、未詳に公安部公安第五課の秋元課長代理がやって来た。
ここ一ヶ月の間に公安の刑事が5人、次々と亡くなっており、調べて欲しいというのだ。
実は、5人とも優秀な潜入捜査官で、解剖の結果、死因はあくまでも病死。
だが、もし計画的な犯行となれば、公安への挑戦とも取れる。
つまり、病死に見せかけた殺人、ということだ。
また、誰かが瀬文のIDカードをコピーし、ハッキングした可能性があると分かり…。


あらすじ第6話【己の回】病の処方箋


瀬文(加瀬亮)が慕っていた里中(大森南朋)が何者かに撃たれ命を絶った。

公安の現役潜入捜査官だった里中の死は、
出張先の南アフリカで火災に遭い焼死したと妻の小百合(西原亜希)に告げられる。
当麻(戸田恵梨香)は、国家ぐるみの嘘に憤り、そこまでして守るべきものは何なのかと悩むが、
そんな当麻に野々村(竜雷太)は「真実に向かってひた走れ」と刑事魂を見せる。

里中の初七日の日。当麻と瀬文は小百合から「夫の死が、腑に落ちない」と相談を持ち掛けられる。
出張の前日、里中の本棚や荷物が整理されていたのが気になるのだというが、瀬文は事故だと言い切る。

しかし、小百合の言葉が気になる当麻は、里中の部屋を調べることに。
すると、その部屋が何者かによって片付けられた事が判明。
そして、里中に何かしらの証拠やメッセージを残されると困る集団の存在を感じる。
里中が命をかけてまで遺そうとしたものとは…。


あらすじ第7話【庚の回】覚吾知真


ある夜、瀬文(加瀬亮)は美鈴(福田沙紀)から、
志村(伊藤毅)が強制尊厳死されることになったと聞かされる。
瀬文の元部下である志村は、長い間植物状態が続いており、
警察病院からついに強制尊厳死を宣告されてしまったのだ。

瀬文は“ 病を治す能力を持つ人物 ”なら志村を救えると思い、
居場所を見つけようと必死。
当麻(戸田恵梨香)と共に、スペックホルダーのデータを調べ始める。
そして、予知能力者・冷泉(田中哲司)ならば、
予言で病を治す人間の居場所が分かるだろうと冷泉の居場所を探す。

その矢先、未詳に「新宿のシンデレラ」ことサトリ(真野恵里菜)と名乗るギャルがやって来た。
サトリは人気の占い師で、人の心を読む能力があると言う。
サトリは「冷泉の身柄を奪還する」と宣言。
瀬文の心から、冷泉の居場所を読み取ったといい姿を消して…。


あらすじ第8話【辛の回】魑魅魍魎


当麻(戸田恵梨香)は、冷泉(田中哲司)から得た情報を元に、
ようやくニノマエ(神木隆之介)の自宅にたどり着く。

一方、そのころ瀬文(加瀬亮)は、どんな怪我や病気も治せる人物を探し、
ある部屋を訪れていた。するとそこには、1人の野球少年の姿が。
少年はその容姿とは似ても似つかぬ声で「我々の条件をクリアしろ!」と指示する。
その条件とは、公安のある人物を引き渡せというものだった。

瀬文は、その要求を受け入れる代わりに、
その能力が本物かどうかを確認させろと詰め寄る。
そんな瀬文に、少年はある病院へ向かうよう促す。
植物状態の志村(伊藤毅)を救うために瀬文が取った行動とは…。

一方、ずっと追い続けていたニノマエと対面した当麻は、
ニノマエから意外な言葉を聞き、驚愕。一瞬の隙をみせ、返り討ちにあってしまい…。


あらすじ第9話【壬の回】冥王降臨


当麻(戸田恵梨香)と瀬文(加瀬亮)は、
特殊能力者対策特務班、警視庁公安部公安零課の存在を突き止める。
囮であった未詳がそれに気付いたことで、上層部は未詳の取り潰しを決定。
未詳は廃止となるが、当麻と野々村(竜雷太)は、電気も水道も止められた未詳で、
じっと瀬文の帰りを待っていた。

その頃、瀬文は美鈴(福田沙紀)のアパートを訪れていた。
スペックホルダーに翻弄され命を落とした志村(伊藤毅)の位牌に線香をあげに来たのだ。
「兄の為にも自分の人生を歩く」と言う美鈴は、
「兄の敵は考えずに、生きてください」と瀬文に頼むが、
瀬文は志村の敵討ちを心に誓っていた。
そんなとき、瀬文の前に津田(椎名桔平)と名乗る男が現れ、
瀬文にある取引を持ちかける。
津田の話を聞いた瀬文は、決着をつける覚悟を決める。
同じくして、野々村と当麻にも、「ニノマエを逮捕せよ」との命令が下った。

人間の可能性を信じる者と閉ざそうとする者の戦いが、ついに始まる。



あらすじ第10話【癸の回】百年の孤独 (最終回)


瀬文(加瀬亮)は、一人でニノマエ(神木隆之介)に戦いを挑むが、
ニノマエのスペックを前に満身創痍。絶体絶命のピンチに陥る。
するとそこへ、当麻(戸田恵梨香)が現れた!当麻の命を懸けた作戦は、
ニノマエのスペックを逆手に取り、追い詰めることに成功するが、
当麻はもちろん瀬文、ニノマエと共に生死の境をさまよう事となる…。

3日間眠り続け、ようやく目を覚ました当麻は、
祖母の葉子(大森暁美)や地居(城田優)をほっとさせ、
手厚く看病されるが、
瀬文はまだ眠りについたまま。ニノマエも瀕死の状態だ。

そんな中、瀬文の見舞いに訪れた美鈴(福田沙紀)は、
こん睡状態の瀬文からあるビジョンを読み取る。
そのビジョンに愕然とする美鈴は、当麻に真偽を確かめるのだが…。

全ての記憶を振り絞り、当麻は巨大な敵に立ち向かう!


--------------------------------------------------------------


ニノマエは当麻の弟・陽太。
7年前に起きた飛行機事故の際、
「時間を止めるSPEC」が芽生えて生き残った陽太の記憶を書き換え、
当麻と対決させていたのは地居聖(津田助広)だった。
当初は陽太(ニノマエ)を倒すことが目的であったが、
興味半分で「姉弟対決というシナリオ」を思いつき実行。
当麻の頭脳に感動し好意を抱く。ラブストーリーには恋敵が必要と
瀬文焚流を「シナリオ」に登場させる。
しかしそれは、地居自身を破滅に追い込むこととなった。

それは全て……誰かの想定内であったのか??



地居 聖の犯罪

犯罪1

当麻陽太の記憶の書き換え。

ポイント1

姉・紗綾を忘れさせ、憎ませ、嘘の記憶を埋め込んだ。

犯罪2

当麻紗綾、殺害未遂

ポイント2

当麻の心を手に入れたい、
手に入らないのなら
この世にない方がいいと考える地居は、
記憶を取り戻した当麻に暴行。

証拠

ここで君を殺しても、目撃者の記憶を書き換える。
誰かが僕の代わりに罪を償ってくれる。

犯罪3

当麻、瀬文、美鈴の記憶の書き換え。

ポイント3

人の記憶を奪い、自分に都合よく書き換え、
全ての人間を自分の思い通りにしようとした。

当初の目的

当麻陽太(ニノマエ)を倒すため

シナリオ

陽太(ニノマエ)に、
「当麻紗綾が自身の家族を殺した」という偽の記憶を埋め込み、
「姉弟対決」をさせた。

恋心

陽太(ニノマエ)と互角に闘う当麻の頭脳に感動し好意を抱く。

ラブストーリーには恋敵が必要と、
サブコード絡みで人生をメチャメチャにされ心に傷を負う瀬文が
未詳へ配属されるように操作。

目的

僕はシナリオライターになりたいんですよ。
僕のシナリオ通り世界を動かしていきたい。
例えば、戦争なんかもそろそろ起こしたい。
歴史上、一番派手な時代として盛り上げてみたいんですよね。
簡単ですよ。何十人かの記憶を書き換えていけば
憎しみがうまれ、テロが始まる。


SPECを持つ人物:地居 聖  [ チイサトシ ] 
/ 津田助広 [ ツダスケヒロ ] ?



職業 東京大学理学部 生物情報化学科の研究室所属??

アルバイト 藻合塾の講師

SPEC 記憶を書き換えるSPECを持つ。

津田助広 公安零課・津田助広のパブリックドメインの
ひとりなのか?

謎 津田助広でありながら、
地居聖として人生を送っていたわけは?

当麻紗綾 当麻の頭脳に感動し、一方的に好意を抱いていた。

言葉 真実なんてものはないんだよ。
仮に、もし真実なんてものがあったとしても
全て時の流れの向こう側だ。
真実は人に記憶された瞬間から変質していく。
記憶は年老いて薄れる、死んで消え去る。

真実とか記憶とか、くだらないものにこだわるなんて、
人間ってバカだよな。バーカ!




真実や記憶は、いとも簡単に書き換えられ、
人間の心から消し去れてしまうものなのか?

地居の死後、死んだはずの公安零課・津田の生存を確認。

瀬文は零課から未詳へ戻ったのか?

当麻にSPECは芽生えたのか?

多くの人物が口にした“サブコード”とは?

パンドラの箱を開けてしまった当麻と瀬文の運命は…。

多くの謎を残したまま、SPECは完結する。


戸田




当麻をして語らせた
ドラマ外の告知じみた 最後のセリフ。-----

映画化とか、ぜってー、しねえから。

「真実」とは、一体なに!
プロフィール

ちあき

  • Author:ちあき
  • 白線同盟駆坂あかね様
     御賜物<KAREN>

     『 0 』 ( 2013.07.05 )

    作曲・MIDI制作 嶋 是一さん



ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
BGM
BGM 『0』