Policy Speech by Prime Minister Yoshihiko Noda to the 179th Session of the Diet 第179回国会 野田首相の所信表明演説

英訳および演説要旨の出所は 内閣広報室 政府インターネットテレビ

全訳は 日本経済新聞の それです。

-----------------------------------------------------------


October 28, 2011
[Provisional Translation]


1. Introduction

On the occasion of the opening of the 179th session of the Diet I would like to present the policies of the Government of Japan.

Today we stand at a juncture where the preparedness and caliber of politicians are being called into question in the disaster-affected regions that have started their path to reconstruction following the Great East Japan Earthquake; in agricultural and fisheries communities around the country that are demonstrating passion in reforms; in communities that are home to small and medium enterprises, which are coping with the issues caused by the historic appreciation of the yen; and in the international financial markets that are being beset by the economic tempest that originated in Europe.

What this Diet must achieve is patently clear. In order to significantly accelerate the reconstruction efforts in the disaster-affected areas, bring the nuclear power station accident to a conclusion, and rebuild the Japanese economy, we must compile a final draft as soon as possible of the third supplementary budget and its relevant legislation and move to implement such legislation. This must be a joint effort, under taken by the ruling coalition parties of the Government and all other parties and parliamentary groups. Is it not now time for us to work together to fulfill our responsibility to the people of Japan who are working diligently to survive in the face of adversity, and to our descendants, to whom we will entrust the future of the nation?

There is an overwhelming desire throughout the entire country to assist people who are facing hardship. Above all, we should remember that it was the people affected by the disaster who worked themselves to allocate and distribute relief supplies at evacuation centers. We should also remember the approximately 800,000 people to date who have participated in volunteer assistance activities in the disaster-affected areas, and the contributions to relief funds that now exceed 300 billion yen. It is this desire to reach out and assist others in adversity that exemplifies the high-minded spirit of the Japanese people, and is something which we can proudly demonstrate to the world.

However, a high-minded spirit alone will not be sufficient to reconstruct the regions affected by this unprecedented disaster and rebuild the Japanese economy. In order to return the communities and livelihoods of the disaster-affected regions back to how they were and ensure that reconstruction is set on a sure footing, preliminary calculations show that nearly 20 trillion yen will be required over a five-year period. Without a resolution by the Diet it will not be possible to allocate such an enormous amount of funds.

The "resolve of the Diet" rests with none other than the esteemed members of the Diet, who sit in this chamber as representatives of the people. Must we not now capitalize on the discussions that have been held to date to finalize draft bills, and work together to bring this important work to a conclusion for the people of Japan, something that only we can do?



2. Working to Significantly Accelerate Reconstruction in Disaster-affected Regions

The World Heritage site of Hiraizumi, which is a beacon in our history, was born out of reconstruction efforts in the Tohoku region following the ravages of war and conflict at the end of the Heian Era. Following the great fires in the Meiji Era, which burned the towns of Kawagoe and Takaoka, the people of those towns devised and promoted the "Kura-zukuri" (stone-built warehouse) style of fire-resistant architecture, examples of which were left to posterity and still stand beautifully in the townscapes where they were built. Following the Great Kanto Earthquake, rubble and debris were used to create landfill in the sea, changing the shape of Yamashita Park, one of Yokohama's famous landmarks. While beset by repeated wars and natural disasters, our forebears looked to the future, spreading "seeds of hope," which have grown rich and strong. The recent Great East Japan Earthquake is no exception to these examples.

For affected local governments that have been engaged in repeated face-to-face consultations with residents and have each worked diligently to create their own reconstruction plans, the Government will first of all provide solid support in the form of financial resources. In accordance with the concept of reforms for increasing local sovereignty, in addition to establishing grants that can be easily accessed by affected local governments, we will provide full support to projects independently implemented by the communities and ensure that there is effectively zero financial burden on local governments in various kinds of subsidy programs.

For many of the people affected who have moved into temporary accommodation, the next cause for worry is finding a place to work. We will provide support to ensure that the people affected may have security in their lives from now, through such efforts as the full-fledged recovery of infrastructure, including roads and ports; increases to employment creation funds and group-based subsidy programs for small and medium enterprises; and strengthened measures for employment support. In addition, by cleaning the salt from the farmlands that were assailed by the tsunami and ensuring the return of fishing vessels and fish farms, we will work to realize the strong resurgence of the agriculture, forestry and fishery industries in the disaster-affected regions, where people have lived in harmony and with a deep affinity for the land and the abundant oceans.

Inflexible rules by the central government must not be allowed to obstruct reconstruction plans. We will establish special zones for reconstruction that allow for bold deregulation and special taxation measures, ensuring that reconstruction efforts are accelerated and providing institutional support for the creation of cutting-edge model regions that capitalize on the strengths inherent in the disaster-affected regions. Furthermore, by establishing unprecedented measures that will exempt companies from paying corporate tax for a five-year period in the special zones for reconstruction, we will attract new corporate investment in the region from Japan and overseas.

The Reconstruction Agency that will be newly established will provide a one-stop response to requests, with branches located in each of the affected regions, which will have strong coordinating and implementing power that will transcend the vertical structures within the central government in Kasumigaseki. The Reconstruction Agency will be a body that combines warm and close links to the affected regions with decisive implementing capabilities that are free from the shackles of past precedents. It will form strong bonds between the central government and the disaster-affected regions.

Moreover, making use of the lessons gained from the recent great disaster, we will formulate legislation for the creation of communities that are resistant to tsunami disasters, seeking to create natural disaster-resilient communities in the affected regions and around the entire country.



3. Bringing the Nuclear Power Station Accident to a Conclusion Without Delay

Without the revival of Fukushima Prefecture there can be no revival for Japan. This earnest desire and staunch resolve is something that I repeat any number of times. In order to bring the nuclear power station accident to a conclusion without delay, the nation's resolve remains unwavering to begin by achieving the cold shutdown of the reactors by the end of this year and making every effort to steadily implement the Roadmap.

To date, the volume of radioactive materials being released has significantly reduced from the time of the initial accident and we have also been able to lift the designation of the Evacuation-Prepared Areas in Case of Emergency. However, the struggle to bring the accident to a conclusion will not be over until the day that the people in the vicinity of the power station can return to their home towns with peace of mind and regain their former daily livelihoods.

"I want to be able to soon play tag and run relay races outside."
"I want to search for acorns and collect pretty leaves with my friends."
These words, spoken by care-free and smiling kindergarten pupils in Fukushima, whose front teeth had just fallen out, is something that remains in the back of my mind.

An urgent and pressing challenge is to engage in thorough decontamination operations in the various areas affected, not just in public spaces and facilities, but also in the living spaces of local residents. The entire Government will work to prepare a response structure, taking responsibility for gaining an accurate understanding of the situation and implementing large-scale decontamination operations, as we work to eliminate the worries and concerns of the local residents and the public as a whole as soon as possible.

Furthermore, we will establish an independent fund for the revitalization of Fukushima, and work together with local communities to promote new initiatives, including the development of an international medical center.

Is it not now time to implement the third supplementary budget and give back the young people of Fukushima their future, so that they do not have to refer to "being born in my hometown in Fukushima and spending my entire life there" merely as a dream?

The Government will comprehensively disclose the information it possesses concerning the status of dispersal of radioactive materials and the impact on health. In order to ensure that reconstruction of the affected regions is not obstructed by unfounded reputational damages, is it not we politicians who should take the lead in encouraging the public to respond considerately?



4. Rebuilding the Japanese Economy

Due to the historic appreciation of the yen, the crisis of the hollowing-out of industry is continuing. If large corporations relocate their bases overseas, the small and medium enterprises that are their business partners would be obliged to follow, making it a real possibility that precious places of employment that would normally remain in Japan will be lost. In order to avoid such a situation, based on the recent "Comprehensive Measures Against Yen Appreciation," with the cooperation of the Bank of Japan we will take every possible policy measures, including a response to the strong yen itself.

In order to put our resolve to halt the hollowing-out of industry into action, we will prepare location subsidies amounting to 500 billion yen, approximately three times the cumulative amount of subsidy measures implemented to date. Furthermore, through the provision of 200 billion yen in energy-saving eco-friendly subsidies we will create anticipatory demand for cutting-edge technologies, thus further elevating Japan's outstanding technological capabilities in the fields of environment and energy. To the companies that are endeavoring to overcome the hardship imposed by the appreciation of the yen, we will ease the conditions for employment adjustment subsidies and implement measures for small and medium enterprises amounting to a total of approximately 700 billion yen, focusing on expanding financial assistance.

By implementing the third supplementary budget should we not aim to fight against hollowing-out pressures and give solid hope to those business owners who are gritting their teeth in an effort to maintain operations in Japan, and to the personnel who support each and every workplace?



5. Towards Responsible Reconstruction

Expenditures for the third supplementary budget are to be more than 12 trillion yen, including the aforementioned assistance measures, as well as response to the recent settlement reached on the hepatitis B problem and so on. We must secure financial resources to support the execution of these expenditures.

First and foremost, with firm resolve we will endeavor to achieve overall Government expenditure cuts and secure non-tax revenues.

In order to further cut personnel costs for national civil servants, we have already submitted a bill to the Diet that would reduce civil servant salaries by approximately 8%, and it is vital that the bill be passed as quickly as possible. I have also started a sweeping revision of civil servant housing, including the issue of housing in Asaka. In the Government Revitalization Unit, "proposal-based policy review" will be implemented on policies and institutions with the mindset of the general public, in addition to carrying out tenacious efforts to eradicate wasteful and inefficient administrative measures.

With the view to the bills related to postal reforms to be passed, government assets that can be sold, such as stock in Japan Post Holdings and Japan Tobacco, will be sold in efforts to gather as many non-tax revenues as possible.

Regional sovereignty reforms are important for empowering regions to make locally-based decisions, and these reforms will also be effective to promote reduction of wasteful administrative measures on the national level. We will promote a reform to integrate local subsidies and other funding into the form of block grants and abolish the ministerial branch offices in principle, while listening to the views of the local communities. We will also work to pass the legislation related to the reform of the system of national civil servants in order to ensure that administrative services are efficient and high-quality.

Politicians must also take the initiative to tighten their belts. Issai Sato, a Confucianist from the Edo Period, once said, "Treat others like the spring breeze, guard yourself against temptation like the autumn frost." People that represent citizens by involving themselves in politics and government administration are looked on to conduct themselves in an "austere manner like the autumn frost." Concerning the salaries of myself and the ministers, senior vice-ministers, and parliamentary secretaries, I made the decision that we would all return a portion of our salaries without waiting for the bill to pass that would reduce civil servant salaries. Moreover, I strongly count on the ruling and opposition parties to advance discussion on measures to rectify the difference in weight attached to votes, which is currently a violation of the Constitution, reducing the number of Diet members, and on the modality of the election system.

Next, we will pursue "a path of revenue increases" through economic growth.

Since long ago, great predecessors that successfully achieved fiscal reform have done so by adopting a policy where ingenuity is used to develop industry and increase tax revenues. In Japan, where the population is now declining, there is no miracle policy that would double the size of the economy and tax revenues over the course of just a few years. The only thing that we can do is to steadily resolve the issues that have stagnated the Japanese economy for so long, one at a time, then assess the appropriate path for Japan to take once the immediate crisis has been overcome, and implement it.

As a precursor to that, the entire Government will take responsibility to steadily put into action the "Basic Policy and Action Plan for the Revival of the Food, Agriculture, Forestry, and Fishery Industries in Japan," which has already been formulated. This will allow workers in these industries, which will be responsible for the future generations, the leeway to make efforts to revive the industries that very well could become growth industries during the twenty-first century.

In the newly established National Strategy Council, we will be compiling a basic strategy for revitalizing Japan by the end of the year and stepping up efforts to promote active undertakings aimed at cultivating new industries and harnessing global growth potential. Moreover, the Council will shape a mid-to long-term national vision that includes revising energy strategy so as to reduce dependency on nuclear power as much as possible and realize an energy structure that citizens are comfortable with, as well as countermeasures to global warming and policies aimed at developing new frontiers. We will draw together the wisdom of the industrial, public, and academic sectors in giving shape to this strategy.

With regard to the development and promotion of Okinawa, which has a great potential to become a gateway to the growing region of Asia, we will be wrapping up the promotion plan, which is set to expire at the end of this fiscal year, and establish a highly flexible lump sum grant with no usage restrictions as a new promotional policy.

Finally, "the path of revenue reform" comes in to compensate for resources that could not be attained through "the path of expenditure cuts" and "the path of revenue increases". The proposal on financial resources for reconstruction stipulates that we will ask citizens to bear a certain financial burden by temporarily raising core taxes; that include income tax, corporate tax, and resident tax.

The background to this is the harsh situation of national finances.

The dynamics of global economic markets have caused the progression of a historical situation where "national credibility" is being severely questioned. The crisis in Europe is spreading and this can by no means be considered a fire on the other side of the river. Every child that is born today already shoulders national debt of more than seven million yen. If the working generation continues to decrease in size, the per capita burden will continue to increase. We cannot continue to indefinitely postpone a response to these issues.

I ask that everyone work with me on serving this greater cause of preserving "national credibility", by realizing policies that secure financial resources for reconstruction and doing what we can to reduce the burden on future generations.



6. Towards Resolute Diplomacy and Security

In the recent session of the United Nations General Assembly, I expressed my gratitude to countries around the world for their assistance in response to the Great East Japan Earthquake, and stated that Japan was determined to repay the world by contributing to a better future for all of humankind. We will unfailingly put those words into action.

First, we will provide the necessary assistance to countries that have suffered damage from natural disasters, including the large-scale flooding in Thailand and the earthquake that has left so many casualties in Turkey. We will also materialize assistance for reform and democratization efforts underway in the Middle East and North Africa, where a revolution called the Arab Spring is currently taking place, including ODA yen loans amounting to approximately US$1 billion. With regard to the United Nations peacekeeping operations (PKO) in South Sudan, we will promptly reach a conclusion concerning the dispatch of the Japan Ground Self-Defense Force (JGSDF) engineering unit in light of the results of the survey conducted by an onsite survey team.

State-level relationships are constructed upon an accumulation of personal relationships. I have gotten off to a great start by forming personal relationships with various national leaders, including meeting with United States President Barack Obama and other leaders from major nations at the venue of the United Nations General Assembly, and earnest talks with President Lee Myung-bak based on our convictions as politicians during my recent visit to the Republic of Korea (ROK).

Autumn will be a season for diplomacy. At the approaching G20, Japan will pledge its contributions to containing the global economic crisis that has grown out of Europe. At the APEC Summit Meeting, which is to be held in the United States, we will take further steps toward realizing the principles outlined in the Yokohama Vision, which provides a future course of the Asia-Pacific region, and utilize those achievements to enhance ties between the United States and Japan. We will also participate in meetings with ASEAN member countries where we will discuss ways to strengthen relations so as to work in concert on developing an affluent and stable future for Asia.

We will be promoting high-level economic partnerships with a wider range of countries, and this will be carried out in a strategic and multifaceted manner. At the recent Japan-ROK summit meeting, agreement was reached on accelerating working-level talks on an economic partnership agreement (EPA). Furthermore, moving forward, we will also aim to further promote Japan-Australia negotiations, as well as seek the early start of negotiations between Japan and the European Union (EU), and among Japan, China, and the ROK. At the same time, Japan will continue to engage in serious discussion on the participation in negotiations for the Trans-Pacific Partnership (TPP) agreement and will reach a conclusion at the earliest stage possible.

With regard to the issue of the relocation of Futenma Air Station, the basic stance of my Cabinet is that we will work to reduce the burden on Okinawa while based ourselves on the agreements made between Japan and the United States. We will do everything in our power to ensure the relocation of Futenma Air Station, while carefully listening to the views of the people of Okinawa, and also providing them with honest explanations and requesting their understanding.

The other day I talked with family members of abductees. That experience renewed my belief that the Government's most important role is to protect the lives and property of its citizens, as well as its sovereignty. I pledge that the Government will make a concerted effort to ensuring that all abductees return to Japan as quickly as possible. Furthermore, we will be exerting every effort to respond to the issue of crisis management, and remain continuously vigilant in addressing relevant issues, including countermeasures to terrorism and cyber attacks, in addition to natural disasters.



7. Conclusion: Seeking to Embrace Solid Hope

The passage of the third supplementary budget and relevant legislation will be a significant step for the new Japan towards tomorrow that seeks to rise from the great earthquake disaster.

"Everytime I say happy, my words become flowers, and so I am going to spread the seeds that I would like to see and hear,
After all, small, small seeds will become big, big flowers if I grow them together with you."

This is a line from a poem written following the disaster by a young Sendai poet, Ms. Katsura Ohgoe, and which was sung in a choral piece in the disaster-affected regions. Ms. Ohgoe is disabled and unable to use her voice, living day by day in her bed. She says that she first learned to communicate using the written words at the age of 13. In less than 10 years she has now become a poet whose words bring comfort and support to the disaster-affected regions.

I believe that anyone, under any kind of circumstances, can therefore have hope and in turn give hope to others.

Let us sow the "seeds of hope." Then let us nurture the small "buds of hope" that will be born in the affected regions and grow them big and strong. Eventually they will become "flowers of hope," that will give courage to all the people of Japan.

Esteemed members of the ruling coalition, including the People's New Party, and all honorable members of the Diet, I say to you: on behalf of the people of Japan, should we not now show our preparedness and caliber as politicians, by working together at the vanguard of joint actions to "create hope"?

I am resolved to expend every effort I have in me to implement, with sincere spirit and just intent, concrete policies that will overcome the national crisis we face, strenuously cultivating the land every day and toiling in sweat and dirt to ensure that the "flowers of hope" can indeed bloom for the people of Japan.

I close my policy speech by reiterating my request for the understanding and cooperation of the members of the Diet and my fellow citizens.

-----------------------------------------------------------------------


第百七十九回国会における野田内閣総理大臣所信表明演説

平成23年10月28日


(はじめに)

 第百七十九回国会に当たり、私の所信を申し上げます。

 東日本大震災からの復興に歩み始めた被災地で、改革に情熱を傾ける全国各地の農村や漁村で、歴史的な円高に立ち向かう中小企業の街で、そして、欧州に発した嵐が吹き荒れる国際金融市場で、今、私たち政治家の覚悟と器量が問われています。

 この国会が成し遂げなければならないことは明確です。被災地の復興、原発事故の収束、そして日本経済の建て直しを大きく加速するために、一日も早く第三次補正予算とその関連法の成案を得て、実行に移すことです。これは、政府与党と各党各会派の皆様との共同作業にほかなりません。この苦難の日々を懸命に生き抜く現在の日本人と、この国の未来を託す将来の日本人への責任を、共に果たしていこうではありませんか。

 苦しむ人々の力になりたいという願いは、日本中にあふれています。何よりも、被災者の方々自らが救援物資を分け合い、避難所で支え合いました。そして、これまでに延べ約八十万人の方々が被災地での支援活動にボランティアとして参加していただき、集まった義援金は三千億円以上に上っています。どんな困難の中でも他者をいたわる心は、世界に誇るべき日本人の気高き精神です。

 しかし、それだけでは、未曽有の大震災から被災地が立ち直り、日本経済を建て直していくことはできません。被災地の街や暮らしを元どおりにし、復興に向けて歩む道を確かなものとしていくためには、少なくとも五年間で二十兆円近くが必要になると試算されています。これだけ巨額の資金は、国会が決断しなければ手当てすることはできません。

 「国会の決断」を担うのは、国民を代表する国会議員の皆様であり、ほかの誰でもありません。これまで積み重ねてきた議論を成案として仕上げ、今の私たちにしかできない、国家国民のための大仕事を共に成し遂げようではありませんか。



(被災地の復興を大きく加速するために)

 歴史に輝く世界遺産、平泉は、平安末期に、争乱で荒れ果てた東北の地を復興する営みの中で生まれました。明治期の大火災で町を焼かれた川越や高岡の人々は、耐火建築として「蔵造り」を広め、風情ある町並みを後世に残しました。関東大震災のがれきは海に埋め立てられ、横浜の名所としてにぎわう山下公園に姿を変えています。繰り返す戦禍や災害に打ちのめされながらも、先人たちは、明日に向かって「希望の種」をまき、大きく育ててきたのです。今般の東日本大震災も、その例に漏れません。

 住民との膝詰めの話合いを繰り返し、独自の復興プランを必死に作り上げようとしている被災自治体に対して、まずは財源面での確かな裏付けを行います。地域主権改革の理念に沿って、被災自治体に使い勝手のよい交付金を創設するとともに、自主事業を思い切って支援し、各種の補助事業でも自治体の負担分を実質的にゼロにします。

 仮設住宅に移られた被災者の方々の多くが、働く場の確保に次なる不安を感じておられます。道路や港湾といったインフラを本格的に復旧し、雇用創出の基金や中小企業グループ化補助金の積み増し、就職支援策の強化などにより、被災者のこれからの暮らしの安心を支えます。また、津波を浴びた農地から塩分を洗い流し、漁船や養殖場を取り戻すことにより、土を愛し、豊饒(じょう)な海と共に生きてきた被災地の農林漁業を力強くよみがえらせます。

 杓(しゃく)子定規な国の決まりごとが復興プランを邪魔してはなりません。大胆な規制緩和や税制の特例を認める復興特区制度を創設し、復興を加速するとともに、被災地の強みをいかした最先端のモデル地域づくりを制度面で応援します。また、「復興特区」において法人税を五年間無税にするといった前例のない措置によって、新たな企業の投資を内外から呼び込みます。

 新設する復興庁には、霞が関の縦割りを排する強い調整・実施権限を持たせ、各被災地に支部を置き、ワンストップで要望に対応します。被災地に寄り添う優しさと、前例にとらわれず果断に実行する力強さを併せ持った機関とし、国と被災地を太い絆で結び付けます。

 また、今般の大震災で得た教訓をいかし、自然災害に強い地域づくりを被災地のみならず全国に広めていくため、まずは、津波防災地域づくり法案の成立を図ります。



(原発事故の一日も早い収束のために)

 福島の再生なくして、日本の再生なし。この切なる願いと断固たる決意を、私は何度でも繰り返します。一日も早く原発事故を収束させるため、原子炉の年内の冷温停止状態の達成を始め、工程表の着実な実現に全力を尽くす国家の意思は、揺るぎありません。

 これまでに、放出される放射線量は事故当初より大きく減少し、緊急時避難準備区域も解除に至っておりますが、周辺住民の方々が安心して故郷に帰り、日常の暮らしを取り戻す日まで、事故との戦いは決して終わりません。

「早くお外で鬼ごっこやリレーをしたい」
「お友だちとドングリ拾いやきれいな葉っぱ集めをして遊びたい」
前歯が抜けたままの顔で屈託なく笑う福島の幼稚園児たちの言葉が、私の脳裏から離れません。

 それぞれの地域で、公共の場だけではなく、住民の皆様の生活空間も含めて、除染を徹底的に進めることが急務です。政府を挙げて取り組む体制を整備し、適切な実態把握と大規模な除染を国の責任として進め、周辺住民の方々と国民全体の抱く不安を少しでも早く解消してまいります。

 また、福島再生のための独自の基金を設け、国際的な医療センターの整備といった新たな構想を、地元と一体となって推進します。

 この三次補正を実行し、「ふるさと福島で生まれ、一生を過ごす」という当たり前の人生を、若者が「夢」として語らなくてすむ未来を必ずや取り戻そうではありませんか。

 政府は、放射性物質の飛散状況や健康に関する情報など、持てる情報を徹底的に開示します。根拠ない風評が被災地の復興を阻むことのないよう、私たち政治家が率先して国民の皆様の心ある対応を促していこうではありませんか。



(日本経済を建て直すために)

 歴史的な円高に伴い、産業空洞化の危機が続いています。大企業が海外に拠点を移せば、その取引先である中小企業も後を追い、本来この国に残すべき貴重な雇用の場が失われかねません。そうした事態を防ぐため、先般の「円高への総合的対応策」に基づき、日本銀行とも連携して、円高自体への対応を含め、あらゆる政策手段を講じます。

 産業空洞化を阻止する国の決意を行動で示すべく、これまで措置した累計額の約三倍となる五千億円の立地補助金を用意します。また、二千億円規模の節電エコ補助金によって最先端技術の先行需要を生み出し、日本の優れた環境エネルギー技術力を更に高めます。円高で苦しみながらも、それを乗り越えようとする企業には、雇用調整助成金の要件を緩和するとともに、金融支援の拡充を中心とした総額約七千億円に上る中小企業対策を実行します。

 この三次補正を実行し、産業空洞化の圧力に抗して、歯を食いしばって日本での操業にこだわり続ける経営者と、現場を支える労働者の方々に、確かな希望を感じてもらおうではありませんか。



(責任ある復興を実現するために)

 これまで申し上げた支援措置や、先に和解が成立したB型肝炎問題への対応など、三次補正の歳出は総額十二兆円を超える規模に及びます。その実行のためには、裏付けとなる財源を確保しなければなりません。

 まず何よりも、政府全体の歳出削減と税外収入の確保に断固たる決意で臨みます。

 国家公務員の人件費削減を進めるため、公務員給与の約八パーセントを引き下げる法案を既に国会に提出しており、その早期成立が欠かせません。朝霞住宅の取扱いを含めた公務員宿舎の抜本見直しにも着手しました。行政刷新会議においては、行政の無駄や非効率の根絶に粘り強く取り組むだけでなく、政策や制度に踏み込んだ国民目線での「提言型政策仕分け」を行います。

 郵政改革関連法案の成立を期した上で、日本郵政やJTの株式など、売却できる政府資産は売却し、あらん限りの税外収入をかき集めます。

 地域主権改革は、地域のことは地域で決めるための重要な改革であり、国の行政の無駄削減を進めるためにも有効です。地方の意見をお伺いしながら、補助金等の一括交付金化や出先機関の原則廃止に向けた改革を進めます。また、効率的で質の高い行政サービスを提供するための公務員制度改革を具体化すべく、関連法案の成立を図ります。

 政治家自身も自ら身を切らなければなりません。江戸時代の儒学者である佐藤一齋は「春風を以て人に接し、秋霜を以て自ら粛む」と説きました。国民を代表して政治と行政に携わる者に求められているのは、この「秋の霜のように、自らの行動を厳しく正していく」心です。私と政府の政務三役の給与については、公務員給与引下げ法案の成立を待つことなく、自主返納することといたしました。また、この国会で憲法違反の状態になっている一票の較差を是正するための措置を図ることや、定数の削減と選挙制度の在り方についても、与野党の議論が進むことを強く期待します。

 次に、経済成長を通じた「増収の道」も追求します。

 古来、財政改革を成し遂げた偉人は、創意工夫で産業を興し、税収を増やす方策を探りました。人口減少に転じた日本において、数年で経済と税収を倍増させるような奇策はありません。日本経済を長く停滞させてきた諸課題を一つひとつ地道に解決し、足下の危機を克服した後に日本が進むべき道を見極め、それを実行していくだけです。

 その先駆けとして、二十一世紀の成長産業となりうる農林漁業の再生に向けて、次世代を担う農林漁業者が安心して取り組めるよう、先に策定した「我が国の食と農林漁業の再生のための基本方針・行動計画」を政府全体の責任をもって着実に実行します。

 新たに設置した「国家戦略会議」では、年内に日本再生の基本戦略をまとめ、新産業の創出や世界の成長力の積極的な取り込みなどを一層推進します。また、原子力への依存度を最大限減らし、国民が安心できるエネルギー構成を実現するためのエネルギー戦略の見直しや地球温暖化対策、新たなフロンティアの開拓に向けた方策など、中長期的な国家ビジョンを構想し、産官学の英知を結集して具体化していきます。

 成長するアジアへの玄関口として高い潜在力を持つ沖縄の振興については、最終年度を迎えた振興計画の総仕上げを行うとともに、新たな振興策の一環として、使い道を限定しない自由度の高い一括交付金を創設します。

 そして、「歳出削減の道」と「増収の道」では足らざる部分について、初めて「歳入改革の道」があります。復興財源案では、基幹税である所得税や法人税、個人住民税の時限的な引上げなどにより、国民の皆様に一定の御負担をお願いすることとしています。

 国家財政の深刻な状況が、その重要な背景です。

 グローバル経済の市場の力によって「国家の信用」が厳しく問われる歴史的な事態が進行しています。欧州の危機は広がりを見せており、決して対岸の火事とは言い切れません。今日生まれた子ども一人の背中には、既に七百万円を超える借金があります。現役世代がこのまま減り続ければ、一人当たりの負担は増えていくばかりであり、際限のない先送りを続けられる状況にはありません。

 復興財源の確保策を実現させ、未来の世代の重荷を少しでも減らし、「国家の信用」を守る大義を共に果たそうではありませんか。



(確かな外交・安全保障のために)

 先の国連総会では、大震災での世界中の人々の支援に感謝し、人類のより良き未来に貢献することで、「恩返し」をしていく我が国の決意を発信しました。その決意を確実に行動に移していきます。

 まずは、大規模な洪水に見舞われているタイ、地震により多数の死傷者が出ているトルコなど、自然災害で被害を受けた国々に必要な支援を行います。「アラブの春」と呼ばれる大変革を経験している中東・北アフリカ地域の改革・民主化努力にも、総額約十億ドルの円借款を含めた支援を具体化していきます。南スーダンでの国連平和維持活動については、これまでの現地調査団による調査結果を踏まえ、自衛隊施設部隊の派遣について早急に結論を出します。

 国と国との関係は、人と人との関係の積み重なりの上に築かれるものです。既に、オバマ大統領を始め主要各国の首脳と国連総会の場でお会いし、先般の韓国訪問では李明博大統領と政治家としての信念に基づき語り合うなど、各国首脳との個人的な関係を取り結ぶ、良いスタートを切ることができました。

 秋は、外交の季節です。来るべきG20では、欧州発の世界経済危機の封じ込めに、日本としての貢献を示します。米国主催のAPEC首脳会議では、アジア太平洋地域の将来像を示した「横浜ビジョン」の理念を実現するために更なる一歩を踏み出し、その成果を日米間の絆の強化にも活用します。ASEAN諸国との諸会合にも参加し、豊かで安定したアジアの未来を共に拓くための関係強化の在り方を議論します。

 より幅広い国々と高いレベルでの経済連携を戦略的かつ多角的に進めます。先般の日韓首脳会談では、経済連携協定の実務者協議を加速することで合意しました。更に今後、日豪交渉を推進し、日EU、日中韓の早期交渉開始を目指すとともに、環太平洋パートナーシップ協定、いわゆるTPP協定への交渉参加についても、引き続きしっかりと議論し、できるだけ早期に結論を出します。

 普天間飛行場の移設問題については、日米合意を踏まえつつ、沖縄の負担軽減を図ることが、この内閣の基本的な姿勢です。沖縄の皆様の声に真摯に耳を傾け、誠実に説明し理解を求めながら、普天間飛行場の移設実現に向けて全力で取り組みます。

 先日、拉致被害者の御家族の方々とお話をして、国民の生命や財産、そして我が国の主権を守るのは、政府の最も重要な役割であるとの思いを新たにしました。全ての拉致被害者の一刻も早い帰国を実現するため、政府一丸となって取り組むことを誓います。また、自然災害だけでなく、テロやサイバー攻撃への対策を含め、危機管理対応には万全を期し、常に緊張感を持って対処します。



(結びに~確かな希望を抱くために~)

 三次補正とその関連法は、大震災から立ち直ろうとする新しい日本が明日へ向かって踏み出す、大きな一歩です。

 「嬉しいなという度に 私の言葉は花になる だから あったらいいなの種をまこう 小さな小さな種だって 君と一緒に育てれば 大きな大きな花になる」

 仙台市に住む若き詩人、大越(おおごえ)桂(かつら)さんが大震災後に書き、被災地で合唱曲として歌われている詩の一節です。障害を抱え、声も失い、寝たきりの生活を続けてきた彼女が、筆談で文字を知ったのは十三歳の時だったといいます。それから十年も経ず、彼女は詩人として、被災地を言葉で応援してくれています。

 誰でも、どんな境遇の下にいても、希望を持ち、希望を与えることができると、私は信じます。

 「希望の種」をまきましょう。そして、被災地に生まれる小さな「希望の芽」をみんなで大きく育てましょう。やがてそれらは「希望の花」となり、全ての国民を勇気づけてくれるはずです。

 連立与党である国民新党を始め、ここに集う全ての国会議員の皆様。今こそ「希望づくり」の先頭に立って共に行動を起こし、全ての国民を代表する政治家としての覚悟と器量を示そうではありませんか。

 私は、日々懸命に土を耕し、汗と泥にまみれながら、国民の皆様が大きな「希望の花」を咲かせることができるよう、正心誠意、命の限りを尽くして、この国難を克服する具体策を実行に移す覚悟です。

 国会議員の皆様と国民の皆様の御理解と御協力を改めてお願いして、私のこの国会に臨む所信の表明といたします。



-----------------------------------------------------------------------




第179回国会 野田首相の所信表明演説(全文)

【はじめに】

 第179回国会に当たり、私の所信を申し上げます。

 東日本大震災からの復興に歩み始めた被災地で、改革に情熱を傾ける全国各地の農村や漁村で、歴史的な円高に立ち向かう中小企業の街で、そして、欧州に発した嵐が吹き荒れる国際金融市場で、今、私たち政治家の覚悟と器量が問われています。

 この国会が成し遂げなければならないことは明確です。被災地の復興、原発事故の収束、そして日本経済の立て直しを大きく加速するために、一日も早く2011年度第3次補正予算とその関連法の成案を得て、実行に移すことです。これは、政府与党と各党各会派の皆様との共同作業にほかなりません。この苦難の日々を懸命に生き抜く現在の日本人と、この国の未来を託す将来の日本人への責任を、共に果たしていこうではありませんか。

 苦しむ人々の力になりたいという願いは、日本中にあふれています。何よりも、被災者の方々自らが救援物資を分け合い、避難所で支え合いました。そして、これまでに延べ約80万人の方々が被災地での支援活動にボランティアとして参加していただき、集まった義援金は3千億円以上に上っています。どんな困難の中でも他者をいたわる心は、世界に誇るべき日本人の気高き精神です。

 しかし、それだけでは、未曽有の大震災から被災地が立ち直り、日本経済を立て直していくことはできません。被災地の街や暮らしを元どおりにし、復興に向けて歩む道を確かなものとしていくためには、少なくとも5年間で20兆円近くが必要になると試算されています。これだけ巨額の資金は、国会が決断しなければ手当てすることはできません。

 「国会の決断」を担うのは、国民を代表する国会議員の皆様であり、ほかの誰でもありません。これまで積み重ねてきた議論を成案として仕上げ、今の私たちにしかできない、国家国民のための大仕事を共に成し遂げようではありませんか。

【被災地の復興を大きく加速するために】

 歴史に輝く世界遺産、平泉は、平安末期に、争乱で荒れ果てた東北の地を復興する営みの中で生まれました。明治期の大火災で町を焼かれた川越や高岡の人々は、耐火建築として「蔵造り」を広め、風情ある町並みを後世に残しました。関東大震災のがれきは海に埋め立てられ、横浜の名所としてにぎわう山下公園に姿を変えています。繰り返す戦禍や災害に打ちのめされながらも、先人たちは、明日に向かって「希望の種」をまき、大きく育ててきたのです。今般の東日本大震災も、その例に漏れません。

 住民との膝詰めの話し合いを繰り返し、独自の復興プランを必死に作り上げようとしている被災自治体に対して、まずは財源面での確かな裏付けを行います。地域主権改革の理念に沿って、被災自治体に使い勝手のよい交付金を創設するとともに、自主事業を思い切って支援し、各種の補助事業でも自治体の負担分を実質的にゼロにします。

 仮設住宅に移られた被災者の方々の多くが、働く場の確保に次なる不安を感じておられます。道路や港湾といったインフラを本格的に復旧し、雇用創出の基金や中小企業グループ化補助金の積み増し、就職支援策の強化などにより、被災者のこれからの暮らしの安心を支えます。また、津波を浴びた農地から塩分を洗い流し、漁船や養殖場を取り戻すことにより、土を愛し、豊饒(ほうじょう)な海と共に生きてきた被災地の農林漁業を力強くよみがえらせます。

 杓子(しゃくし)定規な国の決まりごとが復興プランを邪魔してはなりません。大胆な規制緩和や税制の特例を認める復興特区制度を創設し、復興を加速するとともに、被災地の強みをいかした最先端のモデル地域づくりを制度面で応援します。また、「復興特区」において法人税を5年間無税にするといった前例のない措置によって、新たな企業の投資を内外から呼び込みます。

 新設する復興庁には、霞が関の縦割りを排する強い調整・実施権限を持たせ、各被災地に支部を置き、ワンストップで要望に対応します。被災地に寄り添う優しさと、前例にとらわれず果断に実行する力強さを併せ持った機関とし、国と被災地を太い絆で結び付けます。

 また、今般の大震災で得た教訓をいかし、自然災害に強い地域づくりを被災地のみならず全国に広めていくため、まずは、津波防災地域づくり法案の成立を図ります。

【原発事故の一日も早い収束のために】

 福島の再生なくして、日本の再生なし。この切なる願いと断固たる決意を、私は何度でも繰り返します。一日も早く原発事故を収束させるため、原子炉の年内の冷温停止状態の達成をはじめ、工程表の着実な実現に全力を尽くす国家の意思は、揺るぎありません。

 これまでに、放出される放射線量は事故当初より大きく減少し、緊急時避難準備区域も解除に至っておりますが、周辺住民の方々が安心して故郷に帰り、日常の暮らしを取り戻す日まで、事故との戦いは決して終わりません。

 「早くお外で鬼ごっこやリレーをしたい」

 「お友だちとドングリ拾いやきれいな葉っぱ集めをして遊びたい」

 前歯が抜けたままの顔で屈託なく笑う福島の幼稚園児たちの言葉が、私の脳裏から離れません。

 それぞれの地域で、公共の場だけではなく、住民の皆様の生活空間も含めて、除染を徹底的に進めることが急務です。政府を挙げて取り組む体制を整備し、適切な実態把握と大規模な除染を国の責任として進め、周辺住民の方々と国民全体の抱く不安を少しでも早く解消してまいります。

 また、福島再生のための独自の基金を設け、国際的な医療センターの整備といった新たな構想を、地元と一体となって推進します。

 この3次補正を実行し、「ふるさと福島で生まれ、一生を過ごす」という当たり前の人生を、若者が「夢」として語らなくてすむ未来を必ずや取り戻そうではありませんか。

 政府は、放射性物質の飛散状況や健康に関する情報など、持てる情報を徹底的に開示します。根拠ない風評が被災地の復興を阻むことのないよう、私たち政治家が率先して国民の皆様の心ある対応を促していこうではありませんか。

【日本経済を建て直すために】

 歴史的な円高に伴い、産業空洞化の危機が続いています。大企業が海外に拠点を移せば、その取引先である中小企業も後を追い、本来この国に残すべき貴重な雇用の場が失われかねません。そうした事態を防ぐため、先般の「円高への総合的対応策」に基づき、日銀とも連携して、円高自体への対応を含め、あらゆる政策手段を講じます。

 産業空洞化を阻止する国の決意を行動で示すべく、これまで措置した累計額の約3倍となる5千億円の立地補助金を用意します。また、2千億円規模の節電エコ補助金によって最先端技術の先行需要を生み出し、日本の優れた環境エネルギー技術力を更に高めます。円高で苦しみながらも、それを乗り越えようとする企業には、雇用調整助成金の要件を緩和するとともに、金融支援の拡充を中心とした総額約7千億円に上る中小企業対策を実行します。

 この3次補正を実行し、産業空洞化の圧力に抗して、歯を食いしばって日本での操業にこだわり続ける経営者と、現場を支える労働者の方々に、確かな希望を感じてもらおうではありませんか。

【責任ある復興を実現するために】

 これまで申し上げた支援措置や、先に和解が成立したB型肝炎問題への対応など、3次補正の歳出は総額12兆円を超える規模に及びます。その実行のためには、裏付けとなる財源を確保しなければなりません。

 まず何よりも、政府全体の歳出削減と税外収入の確保に断固たる決意で臨みます。

 国家公務員の人件費削減を進めるため、公務員給与の約8%を引き下げる法案を既に国会に提出しており、その早期成立が欠かせません。朝霞住宅の取り扱いを含めた公務員宿舎の抜本見直しにも着手しました。行政刷新会議においては、行政の無駄や非効率の根絶に粘り強く取り組むだけでなく、政策や制度に踏み込んだ国民目線での「提言型政策仕分け」を行います。

 郵政改革関連法案の成立を期した上で、日本郵政やJTの株式など、売却できる政府資産は売却し、あらん限りの税外収入をかき集めます。

 地域主権改革は、地域のことは地域で決めるための重要な改革であり、国の行政の無駄削減を進めるためにも有効です。地方の意見をお伺いしながら、補助金等の一括交付金化や出先機関の原則廃止に向けた改革を進めます。また、効率的で質の高い行政サービスを提供するための公務員制度改革を具体化すべく、関連法案の成立を図ります。

 政治家自身も自ら身を切らなければなりません。江戸時代の儒学者である佐藤一斎は「春風を以て(もって)人に接し、秋霜を以て自ら粛む」と説きました。国民を代表して政治と行政に携わる者に求められているのは、この「秋の霜のように、自らの行動を厳しく正していく」心です。私と政府の政務三役の給与については、公務員給与引き下げ法案の成立を待つことなく、自主返納することといたしました。また、この国会で憲法違反の状態になっている一票の格差を是正するための措置を図ることや、定数の削減と選挙制度の在り方についても、与野党の議論が進むことを強く期待します。

 次に、経済成長を通じた「増収の道」も追求します。

 古来、財政改革を成し遂げた偉人は、創意工夫で産業を興し、税収を増やす方策を探りました。人口減少に転じた日本において、数年で経済と税収を倍増させるような奇策はありません。日本経済を長く停滞させてきた諸課題を一つひとつ地道に解決し、足元の危機を克服した後に日本が進むべき道を見極め、それを実行していくだけです。

 その先駆けとして、21世紀の成長産業となりうる農林漁業の再生に向けて、次世代を担う農林漁業者が安心して取り組めるよう、先に策定した「我が国の食と農林漁業の再生のための基本方針・行動計画」を政府全体の責任をもって着実に実行します。

 新たに設置した「国家戦略会議」では、年内に日本再生の基本戦略をまとめ、新産業の創出や世界の成長力の積極的な取り込みなどを一層推進します。また、原子力への依存度を最大限減らし、国民が安心できるエネルギー構成を実現するためのエネルギー戦略の見直しや地球温暖化対策、新たなフロンティアの開拓に向けた方策など、中長期的な国家ビジョンを構想し、産官学の英知を結集して具体化していきます。

 成長するアジアへの玄関口として高い潜在力を持つ沖縄の振興については、最終年度を迎えた振興計画の総仕上げを行うとともに、新たな振興策の一環として、使い道を限定しない自由度の高い一括交付金を創設します。

 そして、「歳出削減の道」と「増収の道」では足らざる部分について、初めて「歳入改革の道」があります。復興財源案では、基幹税である所得税や法人税、個人住民税の時限的な引き上げなどにより、国民の皆様に一定のご負担をお願いすることとしています。

 国家財政の深刻な状況が、その重要な背景です。

 グローバル経済の市場の力によって「国家の信用」が厳しく問われる歴史的な事態が進行しています。欧州の危機は広がりを見せており、決して対岸の火事とは言い切れません。今日生まれた子ども一人の背中には、既に7百万円を超える借金があります。現役世代がこのまま減り続ければ、1人当たりの負担は増えていくばかりであり、際限のない先送りを続けられる状況にはありません。

 復興財源の確保策を実現させ、未来の世代の重荷を少しでも減らし、「国家の信用」を守る大義を共に果たそうではありませんか。
【確かな外交・安全保障のために】

 先の国連総会では、大震災での世界中の人々の支援に感謝し、人類のより良き未来に貢献することで、「恩返し」をしていく我が国の決意を発信しました。その決意を確実に行動に移していきます。

 まずは、大規模な洪水に見舞われているタイ、地震により多数の死傷者が出ているトルコなど、自然災害で被害を受けた国々に必要な支援を行います。「アラブの春」と呼ばれる大変革を経験している中東・北アフリカ地域の改革・民主化努力にも、総額約10億ドルの円借款を含めた支援を具体化していきます。南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)については、これまでの現地調査団による調査結果を踏まえ、自衛隊施設部隊の派遣について早急に結論を出します。

 国と国との関係は、人と人との関係の積み重なりの上に築かれるものです。既に、オバマ米大統領をはじめ主要各国の首脳と国連総会の場でお会いし、先般の韓国訪問では李明博(イ・ミョンバク)大統領と政治家としての信念に基づき語り合うなど、各国首脳との個人的な関係を取り結ぶ、良いスタートを切ることができました。

 秋は、外交の季節です。来るべき20カ国・地域(G20)首脳会議では、欧州発の世界経済危機の封じ込めに、日本としての貢献を示します。米国主催のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議では、アジア太平洋地域の将来像を示した「横浜ビジョン」の理念を実現するために更なる一歩を踏み出し、その成果を日米間の絆の強化にも活用します。東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国との諸会合にも参加し、豊かで安定したアジアの未来を共に拓(ひら)くための関係強化の在り方を議論します。

 より幅広い国々と高いレベルでの経済連携を戦略的かつ多角的に進めます。先般の日韓首脳会談では、経済連携協定(EPA)の実務者協議を加速することで合意しました。更に今後、日豪交渉を推進し、日・欧州連合(EU)、日中韓の早期交渉開始を目指すとともに、環太平洋パートナーシップ協定、いわゆるTPP協定(環太平洋経済連携協定)への交渉参加についても、引き続きしっかりと議論し、できるだけ早期に結論を出します。

 普天間飛行場の移設問題については、日米合意を踏まえつつ、沖縄の負担軽減を図ることが、この内閣の基本的な姿勢です。沖縄の皆様の声に真摯に耳を傾け、誠実に説明し理解を求めながら、普天間飛行場の移設実現に向けて全力で取り組みます。

 先日、拉致被害者のご家族の方々とお話をして、国民の生命や財産、そして我が国の主権を守るのは、政府の最も重要な役割であるとの思いを新たにしました。全ての拉致被害者の一刻も早い帰国を実現するため、政府一丸となって取り組むことを誓います。また、自然災害だけでなく、テロやサイバー攻撃への対策を含め、危機管理対応には万全を期し、常に緊張感を持って対処します。

【結びに 確かな希望を抱くために】

 3次補正とその関連法は、大震災から立ち直ろうとする新しい日本が明日へ向かって踏み出す、大きな一歩です。

 「嬉(うれ)しいなというたびに 私の言葉は花になる だから あったらいいなの種をまこう 小さな小さな種だって 君と一緒に育てれば 大きな大きな花になる」

 仙台市に住む若き詩人、大越桂さんが大震災後に書き、被災地で合唱曲として歌われている詩の一節です。障害を抱え、声も失い、寝たきりの生活を続けてきた彼女が、筆談で文字を知ったのは13歳の時だったといいます。それから10年も経ず、彼女は詩人として、被災地を言葉で応援してくれています。

 誰でも、どんな境遇の下にいても、希望を持ち、希望を与えることができると、私は信じます。

 「希望の種」をまきましょう。そして、被災地に生まれる小さな「希望の芽」をみんなで大きく育てましょう。やがてそれらは「希望の花」となり、全ての国民を勇気づけてくれるはずです。

 連立与党である国民新党をはじめ、ここに集う全ての国会議員の皆様。今こそ「希望づくり」の先頭に立って共に行動を起こし、全ての国民を代表する政治家としての覚悟と器量を示そうではありませんか。

 私は、日々懸命に土を耕し、汗と泥にまみれながら、国民の皆様が大きな「希望の花」を咲かせることができるよう、正心誠意、命の限りを尽くして、この国難を克服する具体策を実行に移す覚悟です。

 国会議員の皆様と国民の皆様のご理解とご協力を改めてお願いして、私のこの国会に臨む所信の表明といたします。








湘南からエールを (フクシマを風化させないために) 

決して フクシマを風化させないために
 
これまで ちあきがネット収集してきたものの一部をご紹介します。

なお 文中の長官は 溝畑 宏(みぞはた ひろし)氏です。今も。
  

湘南からエールを~ライブ の全体像を伝えているものとしては

ノブログ だと思います。

---------------------------------------------------------------

環境庁広報資料より


湘南からエールを~ 東日本大震災復興支援ライブ2011に参加してきました!!

最終更新日:2011年8月30日

 平成23年8月27日(土)、藤沢市の鵠沼海岸で行われたチャリティー野外ライブに参加しました。TUBEが中心となって声を掛け、県内にゆかりのある歌手やグループが結集した本イベントは、非常に大盛況で、大多数の観客で会場のビーチが埋め尽くされました。
 ステージ挨拶で長官は、黒岩神奈川県知事、服部茅ヶ崎市長、海老根藤沢市長とともに登壇し、会場の熱気に思わずテンションが上がってしまい、あこがれのTUBEの曲を歌いました!♪ストップ ザ シーズン インザサーン♪
 このようなイベントで、地域が一体となって盛り上がることは、今後の日本の元気再生に不可欠です。観光庁としても、今後に向けて大きなパワーをもらいました!!



来賓



観光庁総務課企画室
谷岡
代表 03-5253-8111(内線27-116)
直通 03-5253-8322




-----------------------------------------------------------------------------------


「~湘南からエールを~ 東日本大震災 復興支援ライブ @藤沢市・鵠沼海岸 県立サーフビレッジ前浜周辺」

2011年8月27日(土)
<開場>11:00
<開演>13:00
<終演>18:00

TUBE、初の野外フェス開催!

RIP SLYME、キマグレン、つるの剛士、
加山雄三・・・いきものがかり、and more.

※収益は全額寄付




【構成】

OP ACT:Eyes’

来賓挨拶:観光庁長官、神奈川県知事、茅ヶ崎市長、藤沢市長

OP ACT:Rake

総合司会:赤坂泰彦

RIP SLYME⇒赤坂泰彦・前田亘輝(MC)⇒キマグレン⇒赤坂泰彦(MC)
⇒つるの剛士⇒赤坂泰彦・前田亘輝(MC)⇒TUBE⇒TUBE+赤坂泰彦
⇒TUBE+いきものがかり(サプライズ)⇒TUBE⇒TUBE+加山雄三
⇒加山雄三⇒加山雄三+キマグレン⇒加山雄三+TUBE⇒加山雄三
⇒全員「RESTART」          



【TUBEセットリスト】

1.シーズン・イン・ザ・サン
2.恋してムーチョ

~MC⇒赤坂氏登場~

3.夕方チャンス到来(ドラム:赤坂氏)

~MC⇒いきものがかり<サプライズゲスト>登場~

4.笑ってたいんだ(いきものがかりバージョン+前田氏タンバリン)

~MC~

5.ありがとう(吉岡聖恵&前田亘輝デュエットバージョン)

~MC~

6.じょいふる(吉岡聖恵&前田亘輝デュエットバージョン)

~MC~

7.Smile
8.あー夏休み

~MC⇒加山雄三登場~

9.湘南 My Love(前田亘輝+加山雄三デュエットバージョン)



楽しみながら復興支援!
湘南から日本に元気を送ろう!

大成功だったと思います。
チャリティーとしても、フェスとしても。

チャリティーに大きいも小さいもないけれど、
1人でも多く、1円でも多くに越したことはない訳で。

また金額以上に、数万人が一堂に会し、
全員で一つになって、各自がそれぞれ色々思い、考えることは意義深いかと。

この日を忘れずに!
みんなありがとう!

最後にモニターに映し出されたメッセージ。
一つの節目であり、新たなはじまり。

こういう形で些少なりとも貢献できたことは嬉しいし、
こういう場を設けてくれたTUBEをはじめとした皆様に感謝。



フェス自体も見所、聴き所が満載で、充実、満喫。
楽しかったー

RIP SLYMEはオープニングからアゲアゲ全開、カッコ良かったなぁ。
「Good Times」、「楽園ベイベー」などお馴染みのナンバー連発。

個人的に「JOINT」が一番。
TVで見て参加したいなって思ってたので嬉しかったです。

キマグレンは爽やかですね、とにかく。
「LIFE」しか知らなかったけど、他の曲も良いなぁって思いました。

つるの君はイイ奴ですね、きっと。
僕ら観衆と同じように、このフェスをメッチャ楽しんでるのが伝わってきました。

加山さん・・・74歳かぁ、我が父と同い年。
それも手伝ってか親父は加山雄三のファン・・・ふと幼き頃を思い出す。

「海 その愛」は、改めて名曲だなと思いました。
こういうシチュエーションで聴くと尚更グッときますね。

で、TUBE。
予想通りの王道ナンバー+新鮮・斬新なコラボ。

良かったですねー
やっぱり横スタの悶々はアッサリ消えました(笑)

いきものがかり、よくぞ!
こちらは横スタの穴を倍以上に埋められた感じでラッキーでした。

「ありがとう」、素晴らしかった!!
いきものファンからの評価もかなり高いようで、嬉し誇らし。

好きなモノ同士のコラボって、最高に高まりますよねー
ファミレスで言う所のハンバーグ&エビフライみたいな感じ!?

MCでも喋ってたけど、前田さん相当、いきものがかりお気に入りのようです。
「俺は、<いきものがかりがかり>だから」と。

「じょいふる」のタオルぶん回しもノリノリだったし、
リーダーとガチで電話番号交換したいようでした。

喉も音も万全、何より御本人達のテンションが最高潮。
「あー夏休み」の大合唱、湘南でやるとまた格別。

オーラスはもちろん全員で、「RESTART」。
力一杯、みんなで歌い大団円。

貴重なライブ、心に残るフェスでした。
今回1度きりと言わずに、是非またやって欲しいですね。

サンキュー湘南!!




TITLE:ノブログ:「~湘南からエールを~ 東日本大震災 復興支援ライブ @藤沢市・鵠沼海岸 県立サーフビレッジ前浜周辺」
DATE:2011年10月6日(木)
URL:http://blog.livedoor.jp/noblog/archives/51889927.html



---------------------------------------------------------

TUBE×いきもの 復興支援ライブで合体

 神奈川・湘南にゆかりのある人気バンド・TUBE、加山雄三(74)、キマグレンらが27日、藤沢市の鵠沼海岸で東日本大震災復興支援ライブ「~湘南からエールを~」を行い、賛同した1万5千人のファンが集まった。

 TUBEのステージには神奈川出身のユニット・いきものがかりがサプライズで登場。TUBEのボーカル・前田亘輝(46)が、7月のいきもの‐の横浜スタジアムライブにゲスト出演したことへの“お礼”には大歓声が起こった。

 前田は、いきもの‐のボーカル・吉岡聖恵(27)と、お気に入りという楽曲「ありがとう」をデュエットし、「じょいふる」ではステージ狭しと走り回った。しかし、元祖“夏男”も、吉岡の若さあふれるパフォーマンスにタジタジで息も絶え絶えに。平気な顔の吉岡に対し、「横浜スタジアムで散々引っ張り回したお返しか~」とぼやいて会場を笑わせた。

 ラストでは前田と加山の呼びかけに集まったアーティストたちが勢ぞろいし、復興応援歌「RESTART」を大合唱。前田が「(震災は)悲しく、苦しく、困難なできごとでしたが、困ったときほどきずなは強くなると感じました」と思いを口にすると、ボランティアとして参加した被災地から神奈川に転校してきた23人の高校生も感激していた。


TITLE:TUBE×いきもの 復興支援ライブで合体/芸能・社会/デイリースポーツonline
DATE:2011年8月31日(水)
URL:http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/08/28/0004412042.shtml




---------------------------------------------------------------



TUBE Official Blog  より


-------------------------------------------------------------------------------------------------


~ 湘南からエールを ~ 東日本大震災復興支援ライブ 開催決定 !!

3月11日に起きた東日本大震災後から、TUBEはファンの皆様と共に被災者支援の為の義援金を呼び掛け、多くの方々にご賛同を頂きました。さらにチャリティーCD『RESTART』や被災地での応援活動など、今回の震災に対して積極的な支援&応援活動を行っております。そして今回新たな支援活動の一環としてTUBEをはじめ神奈川県・湘南にゆかりのあるア-ティストが集結し、この夏、被災者の方々の元気と復興への願いを込めた支援ライブを湘南海岸で開催いたします。藤沢市在住でサーフィンを愛する つるの剛士さんや、メンバーのうち2名が藤沢市出身のRIP SLYME、逗子市在住で“かながわ観光親善大使”を務めるキマグレンの出演が決定!!
今後さらに、大物アーティストの出演も計画されており、順次発表させて頂きます。

本公演における収益金は東日本大震災の復興支援として救済活動、復興活動を行っている団体へ寄付をさせていただきます。

※ TUBE RIDERS 会員の方への優先予約のお知らせは6月28日にハガキにて発送となっております。

《 日時 》 2011年8月27日(土曜日)
      開場11:00 開演13:00 終演予定17:30
     ( 雨天決行/悪天中止 )

《 会場 》 藤沢市・鵠沼海岸 県立サーフビレッジ前浜周辺

《 出演者 》 TUBE・RIP SLYME ・つるの 剛士・キマグレン 他
            (出演者は決まり次第順次発表)

《 料金 》 立見 ブロック指定 6,800円 ( 税込 )
     ※小学6年生まで無料
     (大人1名につき小学生は2名様まで同伴可能です)

《 一般発売日 》 7月31日(日)10:00am~ 発売開始
        【一般発売URL】http://www.kyodoyokohama.com/schedule/detail/83

《 主催 》 「湘南からエールを」実行委員会



tube.jpg


前田亘輝(ヴォーカル)
生年月日 : 1965年4月23日
血液型 : A型
春畑道哉(ギター&キーボード&コーラス)
生年月日 : 1966年11月5日
血液型 : A型
角野秀行(ベース&コーラス)
生年月日 : 1965年7月6日
血液型 : A型
松本玲二(ドラムス&コーラス)
生年月日 : 1966年5月30日
血液型 : AB型

TUBE OFFCIAL WEBSITE
http://www.tube.gr.jp/

1985年6月、THE TUBEとしてデビュー。
1986年4月、バンド名を新たに”TUBE”と変え、3rdシングル「シーズン・イン・ザ・サン」で大ブレイクする。その後も「あー夏休み」「夏を待ちきれなくて」「夏を抱きしめて」「だって夏じゃない」等、夏をテーマにした楽曲を多数ヒットチャートに送り出し、飾らないさわやかさと夏というTUBEのイメージを、ミュージックシーンのみならず、広く世間一般にも定着させる。

また20年連続で行い”恒例行事”となっている夏の野外ライブも彼らを語る上では欠かせない要素の一つで毎回、花火・噴水などだけにとどまらない大仕掛けの演出とバンドとしての高いポテンシャルを示すパワフルなステージで毎夏、観客を熱狂させ続け、コンサート通算総動員は350万人を超える。

2000年6月1日には、彼らにとって第二の故郷とも言えるハワイのアロハスタジアムにおいて日本人では初となるワンマンライブを行い、21,000人を動員。ハワイ州から同日を”TUBE DAY”と認定される。
2002年には日韓共催ワールドカップの公式アルバムである「2002 FIFA World Cup Official Album~Songs fo KOREA/JAPAN~」に日韓を代表するトップアーティストとともに参加した。

デビュー以来21年連続(2007年8月時点)で、オリジナルアルバムをリリースし、これまでに、アルバム計2,100万枚、シングルを含めると計4,000万枚を超えるセールスを記録。オリコンシングルベストテンには計33曲(「みんなのうみ」2006・6・21発売まで)を送り込む、日本を代表するスーパーバンドである。
プロフィール

ちあき

  • Author:ちあき
  • 白線同盟駆坂あかね様
     御賜物<KAREN>

     『 0 』 ( 2013.07.05 )

    作曲・MIDI制作 嶋 是一さん



ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
BGM
BGM 『0』