第百八十回国会における野田内閣総理大臣施政方針演説 Policy Speech by Prime Minister Yoshihiko Noda to the 180th Session of the Diet

(update 2012.04.26 真山仁「マグマ 」読了の朝 )


この施政方針演説を”美辞麗句”と捉えるか、”掛け値なし”と捉えるかは、人それぞれだ と思います。

ちあき は 【5・むすびに】の冒頭部分(以下の引用箇所)に、

麻生幾の”前へ!(東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録)”
(ちあきはこの著作を滂沱の涙と嗚咽なしには読了できなかった!)
所収記録されている無名戦士の方々の意志と行動に

通じるものがあると思ったのですが、

施政方針に云う”先に述べた大きな改革”の成否如何は
誰がなんと云おうとも 国家の矜持であるところの 
”まず隗(かい)より始めよ。”の 実行そのものにある
とも 強く思っています。



【5・むすびに】の冒頭部分

------- この国は、今を生きる私たちだけのものではありません。
未来に向かって永遠の時間を生きていく将来の世代もまた、私たちが守るべき「国民」です。

この国を築き、守り、繁栄を導いてきた先人たちは、国の行く末に深く思いを寄せてきました。
私たちは、長い長い「歴史のたすき」を継ぎ、次の世代へと渡していかなければなりません。

 今、私たちが日本の将来のために、先送りできない課題があります。
拍手喝采を受けることはないかもしれません。
それでも、先に述べた大きな改革は、必ずやり遂げなければならないのです。






Tuesday, January 24, 2012




1. Introduction

On the occasion of the opening of the 180th session of the Diet I would like to present the various challenges facing Japan and the basic policies of the Noda Cabinet.

The Noda Cabinet was inaugurated in September last year, entrusted with the mission of resolving one by one the issues facing us immediately. As this year should be "the First Year for the Rebirth of Japan", I will aim, above everything else, to break away from "the politics that can't decide", with the tendency of putting off the important issues of national policy.

"I firmly believe that it is precisely the responsibility of those in politics vis-a-vis the people to ensure that the ruling and opposition parties conduct thorough discussions based on a relationship of trust and reach decisions to conduct the affairs of state."
This is a phrase from the policy speech of then Prime Minister Yasuo Fukuda delivered at this podium four years ago, addressed to both ruling and opposition parties.

Even since then, longstanding issues have been left unresolved, and have even become more serious each year. Meanwhile, the national debt has grown larger and larger. On top of this, the Great East Japan Earthquake has heavily brought new and immediate challenges. Facing this crisis, which can be called a national crisis, we are under pressure to address the issues that we have put off for so long. We must fulfill "our responsibility of politics to the people."

What the Noda Cabinet must do is clear. Our objectives are recovery and reconstruction from the Great East Japan Earthquake, fight against the nuclear power station accident, and the revitalization of the Japanese economy. There is no difference of opinion among the ruling and opposition parties with regard to the setting of these three issues as our main pillars or the policy direction to be promoted by the national government.

The same goes for the comprehensive reform of social security and taxation systems. At the end of last year, the Government and the ruling parties compiled a draft plan, after thorough discussion within the Democratic Party of Japan (DPJ), which also took into consideration some of the problems raised at the time of the Liberal Democratic Party of Japan (LDP)-New Komeito Party administration. Based on this, I am asking each party and group to join the discussion.

At the very least, I believe there is no gap in terms of the overall direction to rebuild the social security system into a sustainable one. If there are different opinions on specific policy matters, I invite all to discuss them openly.

Fortunately, the issues on Japan's political agenda now do not involve serious conflict over ideologies or interests, as is surfacing in other democratic countries around the world. That we were able to reach an agreement on the third supplementary budget and related legislation during the previous Diet session, despite the initial difference of opinion among the political parties and groups, is evidence of this. Politics moves forward if we politicians sincerely try to reach an agreement and make progress.

What is required now is not to play up minor differences, but to approach politics with a broad perspective, in consideration of the true interest of the people and the future of this country. Politics must be capable of making decisions in a way that does not put off work on important issues.

I am thus calling upon you to squarely discuss the issues facing Japan, to come up with specific proposals through discussion, and to implement these proposals. As members of the Diet representing the entire people of Japan, this is the time for us to fix our eyes upon the big picture rather than political situation.



2. Initiatives Concerning the Three Priorities

Recovery and reconstruction from the Great East Japan Earthquake, fight against the nuclear power station accident, and the revitalization of the Japanese economy - the Noda Cabinet with its reshuffled lineup pledges to continue to make every effort to address these three priorities.

(Let the Sound of Hammer Ring Out as Reconstruction Gets Underway)
Over ten months have passed since that devastating disaster. Throughout these months, the Government has made earnest efforts with the hope of allowing those people who are still having to put up with the inconveniences of living at temporary housing units to feel "warmth," if even a little. It is also our hope to overcome the woes from the disaster as quickly as possible and let the sound of hammering ring out as reconstruction gets underway in the affected areas.

The third supplementary budget and the relevant legislation which were passed at the previous Diet session have laid out the tools for pushing ahead with the reconstruction, including the Reconstruction Agency, reconstruction grants, and a system of special zones for reconstruction. The new agency, which takes up the word "reconstruction" in its name, will continue to support the affected people and ensure the reconstruction of the affected areas. It is testament to the pledge jointly made by the ruling and opposition parties. The Reconstruction Agency will be launched in early February and will be a one-stop agency for carefully compiling the wishes of the communities. As the "control tower" for the entire process, the agency will further speed up reconstruction activities.

The greatest concern among the affected people in rebuilding their lives is job security. By bringing in new investment from Japan and overseas using the system of special zones for reconstruction, for instance, as well as accelerating the restoration of companies damaged by the disaster, the recovery of industry and the employment situation in the affected areas will be promoted.

It is none other than the community members themselves who will draw up a concrete vision for the reconstruction of their hometowns. At no other time than now has the principle of local sovereignty, which calls for community matters to be decided by the communities, been put to the test. I wholeheartedly support an open reconstruction process that is participated in by diverse stakeholders and is based on the autonomy of community members.

On March 11, the one-year anniversary of the Great East Japan Earthquake, the Government will hold a memorial service. The greatest service we can render for the souls of the victims is none other than the earliest possible reconstruction of the affected areas. Our ancestors achieved high economic growth from the burning fields at the end of World War II and built up the world's leading energy-conserving nation in the aftermath of the oil shocks. The same challenge is awaiting us in the wake of the Great East Japan Earthquake. The challenge is not to bring back the old Japan but to create a new Japan. This is the historic mission of Japanese people who are alive at this moment.

Ganbappe, Fukushima (Let's do our best, Fukushima (in the local dialect))!Magenedo, Miyagi (We will not lose, Miyagi)!Ganbappeshi, Iwate (Let's do our best, Iwate)! And Ganbaro, Japan (Let's do our best, Japan)! Let us continue to send a shout-out that has been heard across the country since the immediate aftermath of the earthquake. Let us all Japanese people join hands and together create a page in history titled, "Japan's rebirth through reconstruction," while giving our support to the people faced with daily hardships in the affected areas throughout eastern Japan.

Drawing on the lessons learned from the disaster for the future is also one of the historic missions that we must fulfill. The excuse that the "unexpected" has happened will no longer be accepted. In order to build a sustainable country and communities that withstand all kinds of natural disasters, including tsunami, our disaster management measures as a whole will be reviewed and drastically strengthened.

(Concluding Fights against the Nuclear Power Station Accident and Achieve Fukushima's Rebirth)
Our flight against the accident at Tokyo Electric Power Company's (TEPCO) Fukushima Daiichi Nuclear Power Station is not at all over. The completion of Step 2 at the end of last year is no more than a milestone in the long process leading up to the decommissioning of the reactors. It is from now that we fully embark on the path toward Fukushima's rebirth and the restoration of its beautiful landscape.

The rehabilitation of the living environment is an urgent task for the evacuees to be able to return to their hometowns and live with a sense of reassurance. Efforts will be made to swiftly resume public services, including hospitals and schools. In order to protect children and pregnant women in particular from the effects of radiation, initiatives will be taken to thoroughly decontaminate living spaces, ensure the health management of all community members, and restore confidence in the safety of the food. Also, every effort will be made to achieve fair and smooth compensation payments from the perspective of the affected people. In addition, the intentions of relevant municipalities and community members will be fully grasped, and careful responses will be taken for the review of the restricted area and evacuation zones.

I have visited Fukushima three times since taking office as Prime Minister. The beautiful ridgeline of mountains and the sound of clear rivers and water that flows between the dense set of trees - wherever I go, I feel a sense of nostalgia. It is the beautiful landscape that every Japanese person thinks of when they think of a typical Japanese hometown.

Without the rebirth of Fukushima, there can be no rebirth for Japan. Unless Fukushima is reborn, a vibrant Japan can neither be restored. I hope that my making repeated references to this will lead to all people sharing this notion. In order to translate this hope into concrete action, a special measures bill will be submitted to this Diet session for the Government and communities to promote the rebirth of Fukushima in unison.

(Embarking on Japan's Economic Revival)
Every effort will also be made for the revival of Japan's economy, both for the earthquake-affected areas to make certain progress toward reconstruction as well as for Japan to overcome the long stalemate and pass on prosperity for the future. The revival of a large middle class also requires the entire Japanese economy to regain its energy by achieving both the competitiveness of companies, beginning with small- and medium-sized enterprises, and employment creation. The variety of impediments which have hindered companies' domestic investment and employment creation will be removed, and the foundation of industry and employment will be defended. At the same time, the seeds for growth will be planted for generating new added value, and an environment will be developed for fostering the buds of new industries.

The FY2012 budget that includes a great many projects for the rebirth of Japan is the first step toward economic revival. I will strive to realize its early passage along with the fourth supplementary budget. Furthermore, in order to overcome the historic yen appreciation and long-standing deflation, the Government will further strengthen its ties with the Bank of Japan that undertakes monetary policy and seamlessly undertake economic and fiscal management.

With the future of the world economy remaining uncertain, it is a momentous challenge for Japan, now with a declining population, to realize robust economic growth. However, that is all the more why we must calmly examine the Japanese economy's potential and draw up a clear vision for embarking on this challenge among diverse stakeholders. To this end, the Council on National Strategy and Policy will speed up the implementation of the New Growth Strategy. In addition, the Strategy for Rebirth of Japan, which will set forth a concrete roadmap toward new growth, will be formulated by the middle of the year and steadily implemented jointly by the public and private sectors.

The numerous frontiers across Japan are awaiting our challenge. Women hold the greatest potential to move Japan forward. This notion is not limited to the idea that women will supplement the declining labor force. Women's participation in a variety of social settings and the demonstration of their capabilities are a critical key to increasing the diversity of society as a whole and restoring a vibrant Japan. It is my hope that women, the force for Japan's rebirth, will further shine in society.

Such sectors as agriculture, energy and the environment, and health and nursing care, generate new demand and hold significant potential as the growing industries of the 21st century. The recently established basic policy and action plan for the revitalization of the food, agriculture, forestry, and fishery industries will be steadily implemented based on the responsibility of the Government as a whole. Innovations in these sectors will also be promoted. The ocean, the basis for Japan's existence as a maritime state and a treasure-trove of resources, and space, which holds infinite possibilities, are frontiers concerning all of mankind that the Government will pursue wholeheartedly. The measures for strengthening investment in the development of human resources who will take on the challenge, as well as measures for collecting the wisdom of industry-government-academia and turning these domestic and overseas frontiers from dreams into reality to make them a force for the rebirth of Japan will be represented as a national vision.

One of the frontiers is also Okinawa, which holds significant potential as a gateway to the Asia-Pacific and which this year will mark the 40th year anniversary of its return to Japan. In order to draw upon Okinawa's potential to its fullest extent, the FY2012 budget will establish a block grant that does not limit its uses and gives significant leeway. Also, bearing in mind the wishes of the people in Okinawa, two bills concerning Okinawa's promotion from FY2012 and beyond will be submitted to this Diet session.

In order to revive the economy, the reestablishment of Japan's energy policy is critical. This requires a holistic examination of various aspects, including the policy's impact on the economy, environmental conservation, and security, all the while ensuring first and foremost the safety and security of the people. As fossil fuel prices rise, greenhouse gas emissions must be reduced, and in the mid- to long-term, dependence on nuclear power must be reduced to the maximum extent, all the while avoiding the creation of a tight electricity supply and demand. In effect, an extremely complex equation must be solved. While seeking the opinions of a wide range of people from all groups, the energy policy will be reviewed from zero with a view to creating a vision for mid- to long-term energy composition that the people can be reassured with. By the summer, a new strategy and plan will be compiled. The policy will also present a framework for the electric power system that will support the new energy composition and future domestic measures concerning global warming.

The cause of the nuclear power station accident will also be thoroughly ascertained, and based on the lessons learned, a new administrative organization concerning nuclear safety will be established. An organization that will deal with nuclear safety and security regulations will be newly established as an external agency under the Ministry of the Environment. Furthermore, a bill for installing a rigorous regulatory framework will be submitted to this Diet session, and efforts will be made to restore the confidence in nuclear safety administration that has been lost and to reinforce its functions.



3. Advancing Political and Administrative Reforms Together with the Comprehensive Reform of Social Security and Taxation Systems

(Strong Resolve for Political and Administrative Reform)
Undertaking the actions we call on others to take. This is what is expected of individuals that oversee political affairs and administration. There is a sense of national pride that they must portray to our country's citizens, no matter what kind of policy challenge they undertake.

In the previous Diet session we were unable to reach a consensus on concrete measures for cutting overall governmental expenditures and securing non-tax revenue. This is truly unfortunate, as there is little difference in how the ruling and opposition parties think about these issues. I would again like to ask for the opposition parties' cooperation in the Diet so that we can reach a speedy consensus on the bill concerning the roughly 8% decrease in the salaries of national civil servants as well as on the postal reform bill.

The eradication of wasteful administrative spending is an issue that requires constant dedication. I myself have exerted every effort toward ensuring responsible fiscal management during the past two administrations. Nevertheless, there are citizens that argue that efforts being made to cut wasteful spending are still not enough. I intend to tackle the issue of administrative reform with unwavering resolve.

I will start with the reform of independent administrative organizations. We will push forward a reform that includes reducing the number of organizations by nearly 40% through bold consolidations and the optimization of functions. Next is the reform of special accounts. Here, I will advance a reform that, among other things, abolishes the Social Infrastructure Development Special Account and generally halves the number of accounts overall. I will soon submit a bill related to these reforms to the Diet and exert every effort to seeing it pass. Moreover, doing everything in my power to secure non-tax revenues, I will reduce the number of national civil servant housing units by 25% over the ensuing five years, and advance the sale of government assets. While steadily pushing forward efforts to incorporate the views of national citizens and carry out government revitalization that allows no sanctuary, I will continue to advance reform of the civil servant system.

I will also be steadily crystallizing an effective local sovereignty reform in order to streamline administrative services and cut wasteful spending by the national government. The FY2012 budget increases the amount of the total for block grants and dramatically improves their usability. Furthermore, aiming for the abolishment of ministerial branch offices in principle, I will be designing a concrete system and will submit the necessary bill to the Diet during the current session. With regard to post offices, which support local communities as basic social infrastructure, I will work to realize a postal reform that allows post offices to provide three services (postal service, banking service, and life insurance service) in a unified manner and that will boost convenience for users during this Diet session.

This cannot be achieved by the administration alone. It is vital that politicians, more than anyone, put themselves on the line and serve as a model. In addition to rectifying the difference in weight attached to a vote, which the Supreme Court has indicated is in violation of the Constitution, the DPJ is making preparations to submit a bill to the Diet that reduces the number of seats in the House of Representatives. I will take the lead to ensure that the ruling and opposition parties engage in open discussion and that a consensus is reached to undertake actions in this Diet session.

(The Significance of the Comprehensive Reform of Social Security and Taxation Systems)
Working in parallel with political and administrative reforms, there is one more challenge that must be overcome for the sake of citizens, and for the sake of our nation's future. That is the comprehensive reform of social security and taxation systems.

The baby boomer generation is undergoing a transition from the "support side" to the "supported side" of the population. Our population composition was once one where a single elderly person enjoyed the support of a large number of working people like everyone helping to toss someone into the air. This has now transitioned into composition where there are three working people for each elderly person, much like the "knights and horses" game in which one teammate rides atop the backs of three fellow players, and in the future this is to steadily change to a situation where there is one working person for each elderly person like a piggyback ride. Unless we do something, future generations will not be able to bear the burden. We can no longer procrastinate with regard to reform.

Past administrations always faced difficulty when it came to formulating the budget, forcing them to make ends meet by exercising diverse ingenuity. However, amidst a situation where the Japanese population is aging at the fastest pace in the world and the natural increase in social security costs is to be a trillion yen per year, we can no longer simply "treat the symptoms," as we have done in the past.

Of course, the comprehensive reform is not carried out for the purpose of simply balancing financial resources and benefits; rather, it is in order to fulfill the sincere hopes of citizens that social security be sustainable and reliable.

There is a gradually spreading fear that once unemployment or illness separates one from the middle-class, he or she will never be able to return. Unless something is done, people may cower away from taking risk and challenging themselves in new frontiers. I will not allow Japan to become a society that leaves elderly people dying alone. We must respond to the grievous cries of deprivation of our working generations and children.

Since the DPJ took over the administration, we have aimed to create a society where people draw purpose for living from mutual support with others under the basic principle of "putting the lives of the people first." It is vital that the functions of social security be enhanced so as to create a society where people care for each other and where all people have "a place where they belong and a role to play."

It has been pointed out that, compared to other advanced nations, Japan's assistance for its working generation is lacking. The foremost example is assistance for raising children. While making full use of the capabilities of women in our society, we must also expedite the construction of a comprehensive New System for Children and Child-rearing in order to create a society where individuals feel comfortable giving birth and raising children. It is urgent that we strengthen the safety net of the working population, which is the "supporting side" of our population, including the aforementioned system, and convert our social security system to one that covers all generations of citizens, from children to elderly people.

It is said that there is a rising number of youth that have lost hope in a better tomorrow. Perhaps one cause of this is how Japanese society has continued to force debt on future generations, while growing insensitive to what it is doing. It is impossible for youth to firmly believe in a better tomorrow as long as they live in a society that continues to increase their future debt. It is no exaggeration to say that the first step to restoring hope for society as a whole rides on the success of this comprehensive reform.

Based on these circumstances and awareness, the Government and ruling parties have compiled a draft plan that includes raising the consumption tax rate in a phased manner to 8% from April 2014 and to 10% from October 2015, under the condition that we first turn the economy around. Consumption tax revenues following the increase would be allotted in their entirety, excluding the current local consumption tax, to social security costs, thus being returned in full to citizens. By no means will these revenues be used to further bloat government expenditures.

This reform will be carried out with the objective of presenting society with greater warmth. In carrying out the increase in consumption tax, we must pay most consideration to low-income earners. As such, we will enhance countermeasures for low-income earners by enhancing the functions of social security. At the same time, we will implement a detailed succession of measures that includes the introduction of a social security and taxation number system where each citizen has his or her own identification number, and we will pay consideration to providing benefits with tax reductions. Furthermore, we will increase the maximum tax rate on income tax by 5%, and as such work to address disparities and restore income redistribution functions through the taxation system as well.

As global financial markets continue to dominate, once "national credibility" is lost it can not be undone. This is manifestly apparent in the current situation in Europe. This comprehensive reform is also imperative because it creates a robust fiscal structure that is not swayed by the power of financial markets.

(Request for Dialogue with the Aim of Crystallizing Reforms)
The comprehensive reform of social security and taxation systems is a major reform that must be advanced in a truly comprehensive manner together with the revitalization of the economy and political and administrative reforms. Moving forward I will hold discussion with each party and parliamentary group and compile outlines for the reform, and then submit the related bills to the Diet by the end of this fiscal year, which is the deadline stipulated in the law enacted during the time of the LDP-New Komeito coalition government.

Since the beginning of the 21st century, in their first policy speeches of the year, past prime ministers have stood on this platform and consistently asserted the necessity for a reform that would realize a sustainable social security system.

"In order to put in place a sustainable social security system, the financial burden needs to be commensurate with the level of benefits to be received." "We will take necessary legal measures by fiscal 2011, on the premise that economic recovery would be achieved by that time, in order to undertake in stages and without delay fundamental reform of the tax system, including that of the consumption tax." "The foregoing is to make the social security system one that provides peace of mind-one that does not pass the requisite burden on to posterity."

These are not my words. These are the words of former Prime Minister Taro Aso when he stood here and gave his policy speech three years ago. My aims are the same. I hope more than anything that people will think beyond the scope of their positions and engage in discussion on the draft plan for the sake of all citizens and for the future of our country.

It is also vital that we exert efforts to explaining the significance and concrete details of the reform in an easy-to-understand manner so as to obtain the understanding and cooperation of citizens. I and the related ministers will lead in concentrating all efforts on disseminating information to the people of Japan. Moreover, we will work closely with related individuals in local governments, where they interact with residents on the front line of social security.



4. Foreign and Security Policy to Open the Asia-Pacific Century

(The Asia-Pacific Century and Japan's Role in it)
We are transitioning from the Atlantic century to the Asia-Pacific century. The structure of the world that existed since the Industrial Revolution has changed, and we are thus now living in an era with the center of world history dynamically shifting. Times of change in history always bring with them opportunities and risks.

What opportunities are brought about by the Asia-Pacific century? It goes without saying, but this region, as the center of world growth, will lead the development of the global economy. Encouraging strong regional growth in this regions and winning over the enormous demand for infrastructure and gigantic purchasing power of the new middle class will bring greater wealth and vigor for Japan. The rebirth of Japan cannot occur without a wealthy and stable Asia-Pacific region.

Then what risks are born from the Asia-Pacific century? In the process of change with regard to the conventional order of the world, regional instability is increasing, and the security horizon is becoming unclear. With many countries seeing changes in leadership this year, we must keep a constant vigil on the security environment surrounding Japan. Many of the issues we see throughout this region are also factors that could hinder stable growth - issues such as developing financial markets, environmental pollution, food and energy shortages, and aging, which in particular is a problem other countries are also closing in after Japan. Japanese technology and knowledge are drawing the rapt attention of the world as they are suited to finding solutions for these problems. Japan should lead the world in resolving these issues. For there cannot be a wealthy and stable Asia-Pacific region without the contribution of Japan.

Japan is, thankfully, a maritime state that serves as an axis for both Asia and the Pacific Ocean region. We must utilize this geopolitical blessing which places us in an important historical position to the greatest extent possible, making a contribution that can enable us to enjoy a stable and prosperous Asia-Pacific region. This is a matter that concerns the entire globe, and at the same time, our greatest strategic goal in order to realize Japan's national interests.

I believe that in order to realize stability and prosperity in the Asia-Pacific region, while setting the Japan-US Alliance as our cornerstone and utilizing frameworks participated in by a wide-range of countries and regions, the foundation of our diplomacy is continued efforts to play a proactive role in the creation of order and rules in this region.

I am not referring to only the liberalization of trade and investments or issues concerning the overcoming of energy and environmental limitations on the economic side of matters. I am also speaking of security-side issues, such as terrorism countermeasures, non-proliferation measures for weapons of mass destruction, the securing of freedom of maritime navigation, as well as peacekeeping and conflict prevention. Furthermore, we must not forget themes on which we should deepen regional dialogue, including the confirmation of our shared values, such as freedom, democracy, and the rule of law. Within the highly diverse Asia-Pacific region, Japan will continue to take the initiative to make proposals for common principles and concrete rules, and joining hands with other countries who share our aspirations, we will proceed strategically toward regional stability and prosperity.

The first and most important strategic activity for this will be our efforts to take the lead in realizing a free-trade area in the Asia-Pacific region, what is known as the FTAAP concept, and to create rules for free trade and investment through high-level economic partnerships. Moving forward with Japan-Republic of Korea (ROK) and Japan-Australia negotiations, and aiming toward the early start of negotiations for wide-area economic partnerships centering on the Japan-China-ROK relationship or ASEAN, we will continue to advance consultations with relevant countries toward participating in negotiations for the Trans-Pacific Partnership agreement, or TPP. At the same time, we will aim for the early start of negotiations on a Japan-European Union (EU) economic partnership agreement (EPA) as well.

(Strengthening Bilateral Relations with Neighboring Countries)
As we promote these initiatives, it is at the same time important for Japan to strengthen its bilateral relationships with neighboring countries, in order to enhance its diplomatic foundation. I have already held talks separately with the state leaders of not only the United States and China but also the ROK, Russia, India, Australia, and other major countries. I have built personal relationships of trust with them, and thereby promoted bilateral relationships with their countries. I will continue to strengthen these relationships while seeking to resolve the pending issues with each country, such as the Northern Territories issue.

In particular, the Japan-US Alliance, in addition to being the cornerstone of Japanese diplomacy and national security, is public goods essential for the stability and prosperity of the Asia-Pacific region and the world. We need to develop and deepen this into an alliance befitting the 21st century. Concerning the relocation of Futenma Air Station as well, I will do my utmost to reduce the burden on Okinawa based on the Japan-US agreement, while continuing to listen earnestly to the opinions of the people of Okinawa and seeking their understanding by providing sincere explanations.

In addition, we cannot speak of the stability and prosperity of the Asia-Pacific region without China playing a constructive role in it. I have confirmed many times with its state leaders about the policy to deepen the mutually beneficial relationship based on common strategic interests between Japan and China. The next step for us is to enhance the content of this relationship further and deepen cooperation for creating a stable regional order. Taking the opportunity of the 40th anniversary of the normalization of diplomatic relations, I will seek to deepen the mutually beneficial relationship through dialogues and interactions at various levels, starting with people-to-people exchanges and tourism promotion.

Concerning the future development in North Korea, I will be calmly assessing the change of situation following the death of Chairman Kim Jong-Il of the National Defense Commission of the Democratic People's Republic of Korea at the end of last year. While working closely with relevant countries, I will continue to thoroughly prepare for contingencies by strengthening information gathering. The abduction issue is a critical issue that concerns the sovereignty of Japan, and it is a universal issue as it infringes on basic human rights. The Government will unite in its efforts for the return of all abductees to Japan as early as possible. Concerning Japan-North Korea relations, I will continue making efforts to normalize diplomatic relations, in line with the Japan-DPRK Pyongyang Declaration, by comprehensively resolving a range of pending issues, including nuclear and missile issues, and by settling the unfortunate past between the two countries.

I share a deep sense of concern with the international community over the Iranian nuclear issue. With the basic stance of seeking a peaceful and diplomatic solution, I will respond appropriately to this issue by working in concert with other countries while also taking into consideration the impacts on the crude oil market and the Japanese economy in a comprehensive manner.

I will also ensure thorough action with regard to the consumer affairs administration. For crisis management, I will always remain vigilant and thoroughly prepared against contingencies that may threaten the lives, health, and the property of the people, such as terrorist and cyber attacks, large-scale natural disasters, major accidents or incidents inside and outside Japan.

(Creating a Better Future for Humanity)
Beyond stability and prosperity in the Asia-Pacific region, Japan will make active contributions toward the creation of a better future for the entirety of humanity. In doing so, we will not only fulfill our obligations to the international community, but will also place the foundation stone for the creation of a country with pride, one in which the people feel joy at having been born into Japan.

A few days ago we sent an engineering unit of the Self-Defense Force (SDF) to South Sudan to work as part of a United Nations peacekeeping operation. The personnel of the SDF who are putting their sweat into work to meet the expectations of the international community and local area and to build infrastructure in Africa should definitely serve as one aspect of the pride of the Japanese people. In addition to making this kind of contribution overseas, we will also contribute to the creation of a safer future for humanity through work on such issues as disarmament, non-proliferation, and climate change. And through the strategic use of Official Development Assistance (ODA), we will also make efforts contributing to the creation of a more prosperous future for humanity.



5. Conclusion

I love this country, and I want to protect it. I want to take this beautiful homeland of ours into the future. I would exert any effort to appeal for the true benefit of Japan.

This year is a crucial time for Japan, but on the other side of the trials that lay before us we can definitely see a Japan with hope and pride.

This country does not only belong to those of us who live in it today. There are also the generations who will continue to be born forever into the future; they are also people we must protect. Our ancestors who built, protected, and led this country to prosperity thought deeply about the future direction of this land. We now take up the long, long sash of history, and must someday pass it on to the coming generations.

There are now certain issues which can no longer be put off for the future of Japan. I do not believe I will be applauded for my work on these matters. But even so, the great reforms which I spoke of earlier must be carried out.

My fellow Diet members, you are representatives of the people. Are we not forgetting the mindset with which we first developed our aspirations? We must not give in to the temptation to put off difficult issues. We must not think only of the next election. Being a politician means thinking about coming generations. Within this period of national difficulty, those of us endowed with responsibility over the state must fulfill the mission given to us as "political reformers."

Let us change politics. In order to empower the people to overcome difficulty and pave a path toward the future for Japan, do we not now need, more than ever, grand politics and politics that makes decisions? The future of Japan now depends on the conscience of us politicians.

I close my policy speech by requesting the understanding and cooperation of the ruling parties, including the People's New Party (PNP), each political party and group, and my fellow citizens.




施政方針演説要旨は以下





一 はじめに 

第百八十回国会の開会に当たり、この国が抱える諸課題と野田内閣の基本方針について、謹んで申し上げます。

 昨年九月、野田内閣は、目の前にある課題を一つ一つ解決していくことを使命として誕生いたしました。「日本再生元年」となるべき本年、私は、何よりも、国政の重要課題を先送りしてきた「決められない政治」から脱却することを目指します。

 「与野党が信頼関係の上に立ってよく話し合い、結論を出し、国政を動かしていくことこそ、国民に対する政治の責任であると私は信じます。」

 これは、四年前、当時の福田総理がこの演壇から与野党に訴えかけられた施政方針演説の一節です。

 それ以降も、宿年の課題は残されたまま年々深刻さを増し、国の借金は膨らみ続けました。そして、東日本大震災によって、新たに解決を迫られる課題が重くのしかかっています。私たちは、この国難とも呼ぶべき危機に立ち向かいながら、長年にわたって先送りされてきた課題への対処を迫られています。「国民に対する政治の責任」を果たさなければなりません。

 野田内閣がやらなければならないことは明らかです。大震災からの復旧・復興、原発事故との戦い、日本経済の再生です。この大きな課題の設定と国として進めるべき政策の方向性について、与野党に違いはありません。

 社会保障と税の一体改革も、同様です。昨年末、自公政権時代の問題提起も踏まえながら、民主党内の政治家同士による熟議の末に、政府与党としての素案をまとめました。その上で、各党各会派との協議をお願いしています。少なくとも、持続可能な社会保障制度を再構築するという大きな方向性に隔たりはないのではないでしょうか。具体的な政策論で異論があるのであれば、大いに議論しようではありませんか。

 我が国の政治過程において、今、俎(そ)上に上っている諸課題は、幸いにして、世界各地の民主主義国家で顕在化しているような、深刻なイデオロギーや利害の対立をはらむものではありません。先の国会で、各党各会派が当初の主張の違いを乗り越えて、三次補正予算と関連法の合意を達成できたことが一つの証左です。私たち政治家が本気で合意を目指し、動かそうとするならば、政治は前に進んでいくのです。

 今、求められているのは、僅かな違いを喧(けん)伝するのではなく、国民の真の利益とこの国の未来を慮(おもんばか)る「大きな政治」です。重要な課題を先送りしない「決断する政治」です。

 日本が直面する課題を真正面から議論し、議論を通じて具体的な処方箋を作り上げ、実行に移していこうではありませんか。全ての国民を代表する国会議員として、今こそ、「政局」ではなく、「大局」を見据えようではありませんか。

 

二 三つの優先課題への取組 

大震災からの復旧・復興、原発事故との戦い、日本経済の再生。野田内閣は、この三つの優先課題に、改造後の布陣で引き続き全力を挙げて取り組むことをお誓いします。

(復興の槌音よ、鳴り響け)
 
あの大震災から、十か月余りが経ちました。今なお仮設住宅で不自由な暮らしを余儀なくされている方々に、少しでも「温もり」を感じていただきたい。大震災の災禍を乗り越え、一日も早く、被災地に復興の槌(つち)音を力強く響かせたい。そうした思いで、これまで国としても懸命に取り組んでまいりました。

 先の国会で成立した三次補正予算と関連法によって、復興庁、復興交付金、復興特区制度など、復興を力強く進めていく道具立てが揃(そろ)いました。「復興」という名を戴(いただ)いた新しい役所は、被災者に寄り添い続け、必ずや被災地の復興を成し遂げるという、与野党が共に刻んだ誓いの証(あかし)です。復興庁を二月上旬に立ち上げ、ワンストップで現地の要望をきめ細かにくみ取り、全体の司令塔となって、復興事業をこれまで以上に加速化していきます。

 被災者の方々が生活の再建を進める上で、最大の不安は、働く場の確保です。復興特区制度などを活用して、内外から新たな投資を呼び込むとともに、被災した企業の復旧を加速させ、被災地の産業復興と雇用確保を進めます。

 ふるさとが復興する具体的な未来図を描くのは、他ならぬ住民の皆様自身です。地域のことは地域で決める、という地域主権の理念が、今ほど試されている時はありません。多様な主体が参加した住民自治に基づく、開かれた復興を全力で応援します。

 大震災の発災から一年を迎える、来る三月十一日には、政府主催で追悼式を執り行います。犠牲者の御霊に対する最大の供養は、被災地が一日も早く復興を果たすことに他なりません。先人たちは、終戦の焼け野原から高度経済成長を実現し、石油ショックから世界最高の省エネ国家を築き上げました。大震災に直面した私たちにも、同じ挑戦が待っています。元に戻すのではなく、新しい日本を作り出すという挑戦です。これは、今を生きる日本人の歴史的な使命です。

 がんばっぺ、福島。まげねど、宮城。がんばっぺし、岩手。そして、がんばろう、日本。大震災直後から全国に響くエールを、これからも、つないでいきましょう。東日本各地の被災地の苦難の日々に寄り添いながら、全ての日本人が力を合わせて、「復興を通じた日本再生」という歴史の一ページを共に作り上げていこうではありませんか。

 今般の大震災が遺(のこ)した教訓を未来にいかしていくことも、私たちが果たさなければならない歴史的な使命の一つです。もう「想定外」という言葉を言い訳にすることは許されません。津波を含むあらゆる自然災害に強い持続可能な国づくり・地域づくりを実現するため、災害対策全般を見直し、抜本的に強化します。

(原発事故と戦い抜き、福島再生を果たす)

 東京電力福島第一原発の事故との戦いは、決して終わっていません。昨年末の「ステップ2」完了は、廃炉に至るまで長く続く工程の一里塚に過ぎません。福島を再生し、美しきふるさとを取り戻す道のりは、これから本格的に始まるのです。

 避難されている方々がふるさとにお戻りいただくには、安心して暮らせる生活環境の再建を急がなければなりません。病院や学校などの公共サービスの早期再開を図るとともに、とりわけ子どもや妊婦を放射線被害から守るため、生活空間の徹底した除染、住民の皆様の健康管理、食の安全への信頼回復に取り組むとともに、被災者の目線に立った公正で円滑な賠償に最善を尽くします。また、関係する市町村や住民の皆様の御意向を十分に把握し、警戒区域や避難指示区域の見直しにきめ細かく対応します。

 私は、内閣総理大臣に就任後、これまで三度、福島を訪れました。山々の麗しき稜(りょう)線。生い茂る木々の間を流れる清らかな川と水の音。どの場所に行っても、どこか懐かしい郷愁を感じます。日本人誰もが、ふるさとの原型として思い浮かべるような美しい場所です。

 福島の再生なくして、日本の再生はありません。福島が甦(よみがえ)らなければ、元気な日本も取り戻せないのです。私は、このことを何度でも繰り返し、全ての国民がこの思いを共有していただけることを願います。この願いを具体的な行動に移すため、国が地元と一体となって福島の再生を推進するための特別措置法案を今国会に提出します。

(日本経済の再生に挑む) 

被災地が確かな復興の道を歩むために、そして、我が国が長きにわたる停滞を乗り越えて、将来に繁栄を引き継いでいくために、日本経済の再生にも全力で取り組みます。分厚い中間層を復活させるためにも、中小企業を始めとする企業の競争力と雇用の創出を両立させ、日本経済全体が元気を取り戻さなければなりません。企業の国内投資や雇用創出の足かせとなってきた様々な障害を取り除き、産業と雇用の基盤を死守します。同時に、新たな付加価値を生み出す成長の種をまき、新産業の芽を育てていくための環境を整備していきます。

 日本再生のための数多くのプロジェクトを盛り込んだ二十四年度予算は、経済再生の次なる一歩です。四次補正予算と併せ、早期の成立を図ります。また、歴史的な円高と長引くデフレを克服するため、金融政策を行う日本銀行との一層の連携強化を図り、切れ目ない経済財政運営を行ってまいります。

 世界経済の先行きが不透明な中で、人口減少に転じた我が国が力強い経済成長を実現するのは、容易ならざる課題です。しかし、だからこそ、日本経済の潜在力を冷静に見極め、様々な主体による挑戦を促す明快なビジョンを描かなければなりません。このため、国家戦略会議において、「新成長戦略」の実行を加速するとともに、新たな成長に向けた具体的な工程表を伴う「日本再生戦略」を年央までに策定し、官民が一体となって着実に実行します。

 日本に広がる幾多のフロンティアは、私たちの挑戦を待っています。「女性」は、これからの日本の潜在力の最たるものです。これは、減少する労働力人口を補うという発想にとどまるものではありません。社会のあらゆる場面に女性が参加し、その能力を発揮していただくことは、社会全体の多様性を高め、元気な日本を取り戻す重要な鍵です。日本再生の担い手たる女性が、社会の中で更に輝いてほしいのです。

 「農業」「エネルギー・環境」「医療・介護」といった分野は、新たな需要を生み出し、二十一世紀の成長産業となる大きな可能性を秘めています。先に策定した食と農林漁業の再生に向けた「基本方針・行動計画」を政府全体の責任で着実に実行するとともに、これらの分野でのイノベーションを推進します。海洋国家たる我が国の存立基盤であり、資源の宝庫である「海洋」や、無限の可能性を持つ「宇宙」は、政府を挙げて取り組んでいく人類全体のフロンティアです。産官学の英知を結集して、挑戦を担う「人づくり」への投資を強化するとともに、こうした内外のフロンティアを「夢」から「現実」に変え、日本再生の原動力とするための方策を国家ビジョンとして示します。

 アジア太平洋への玄関口として大きな潜在力を秘め、本土復帰から四十周年を迎える沖縄もフロンティアの一つです。その潜在力を存分に引き出すために、二十四年度予算において、使い道を限定しない自由度の高い一括交付金を用意します。また、地元の要望を踏まえ、二十四年度以降の沖縄振興に関する二法案を今国会に提出します。

 経済再生のためには、エネルギー政策の再構築が欠かせません。そのためには、国民の安心・安全を確保することを大前提にしつつ、経済への影響、環境保護、安全保障などを複眼的に眺める視点が必要です。化石燃料が高騰する中で、足元の電力需給のひっ迫を回避しながら、温室効果ガスの排出を削減し、中長期的に原子力への依存度を最大限に低減させる、という極めて複雑な方程式を解いていかなければなりません。幅広く国民各層の御意見を伺いながら、国民が安心できる中長期的なエネルギー構成を目指して、ゼロベースでの見直し作業を進め、夏を目途に、新しい戦略と計画を取りまとめます。併せて、新たなエネルギー構成を支える電力システムの在り方や、今後の地球温暖化に関する国内対策を示します。

 また、原発事故の原因を徹底的に究明し、その教訓を踏まえた新たな原子力安全行政を確立します。環境省の外局として原子力の安全規制を司る組織を新設するとともに、厳格な規制の仕組みを導入するための法案を今国会に提出し、失われた原子力安全行政に対する信頼回復とその機能強化を図ります。

 

三 政治・行政改革と社会保障・税一体改革の包括的な推進

(政治・行政改革を断行する決意) 

まず隗(かい)より始めよ。これは、どのような政策課題に取り組むに当たっても、政治と行政を担う者が国民の皆様に示さなければならない「国家の矜(きょう)持」です。

 先の国会で、政府全体の歳出削減と税外収入の確保のための具体策に結論を得ることは出来ませんでした。与野党の考え方の差は決して大きくはなかっただけに、残念でなりません。国家公務員給与の約八パーセントを引き下げる法案及び郵政改革関連法案について、今国会においてこそ、速やかに合意を得られるよう、野党の皆様に改めてお願いを申し上げます。

 行政の無駄遣いの根絶は、不断に続けなければならない取組です。責任ある財政運営を行うために、過去二代の政権を通じて、私自身も懸命に努力をしてまいりました。しかしながら、「まだまだ無駄削減の努力が不足している」という国民の皆様のお叱りの声が聞こえます。行政改革に不退転の覚悟で臨みます。

 皮切りとなるのは、独立行政法人改革です。大胆な統廃合と機能の最適化により、法人数をまずは四割弱減らすなどの改革を断行します。次に、特別会計改革です。社会資本整備事業特別会計の廃止や全体の勘定の数をおおむね半減させるなどの改革を進めます。これらの改革に関連する法案を今国会に提出し、成立に万全を期します。また、あらん限りの税外収入の確保に向け、国家公務員宿舎を今後五年間で二十五パーセント削減し、政府資産の売却を進めます。国民目線を徹底し、聖域なき行政刷新の取組を着実に進めるとともに、公務員制度改革を引き続き推進します。

 行政サービスを効率化し、国の行政の無駄削減を進めるためにも有効な地域主権改革を着実に具体化していきます。二十四年度予算では、補助金の一括交付金の総額を増やし、使い勝手を格段に良くします。また、国の出先機関の原則廃止に向けて、具体的な制度設計を進め、必要な法案を今国会に提出いたします。さらに、地域社会を支える基盤である郵便局において三事業のサービスを一体で提供し、利用者の利便性を高める郵政改革の今国会での実現を図ります。

 行政だけではありません。誰よりも、政治家自身が身を切り、範を示す姿勢が不可欠です。既に、違憲状態と最高裁判所から指摘されている一票の較差を是正するための措置に加えて、衆議院議員の定数を削減する法案を今国会に提出すべく民主党として準備しているところです。与野党で胸襟を開いて議論し、この国会で結論を得て実行できるよう、私もリーダーシップを発揮してまいります。

(社会保障・税一体改革の意義)

 政治・行政改革とともに、今、国民のために、この国の将来のために、やり遂げなければならないもう一つの大きな課題があります。それが、社会保障と税の一体改革です。

 団塊の世代が「支える側」から「支えられる側」に移りつつあります。多くの現役世代で一人の高齢者を支えていた「胴上げ型」の人口構成は、今や三人で一人を支える「騎馬戦型」となり、いずれ一人が一人を支える「肩車型」に確実に変化していきます。今のままでは、将来の世代は、その負担に耐えられません。もう改革を先送りする時間は残されていないのです。

 過去の政権は、予算編成のたびに苦しみ、様々な工夫を凝らして何とかしのいできました。しかし、世界最速の超高齢化が進み、社会保障費の自然増だけで毎年一兆円規模となる状況にある中で、毎年繰り返してきた対症療法は、もう限界です。

 もちろん、一体改革は、単に財源と給付のつじつまを合わせるために行うものではありません。「社会保障を持続可能で安心できるものにしてほしい」という国民の切なる願いを叶(かな)えるためのものです。

 失業や病気などにより、一たび中間層から外れると、元に戻れなくなるとの不安が社会にじわじわと広がっています。このままでは、リスクを取ってフロンティアの開拓に挑戦する心も委縮しかねません。お年寄りが孤独死するような社会であってよいはずがありません。働く世代や子どもの貧困といった悲痛な叫びにも応えなければなりません。

 政権交代後、「国民の生活が第一」という基本理念の下、人と人とが支え合い、支え合うことによって生きがいを感じられる社会づくりを目指してきました。全ての人が「居場所と出番」を持ち、温もりあふれる社会を実現するために、社会保障の機能強化が必要なのです。

 我が国では、先進諸国と比べて、現役世代に対する支援が薄いと指摘されています。その最たる例が、子育て支援です。社会の中で女性の能力を最大限にいかすとともに、安心して子どもを産み、育てられる社会をつくるために、総合的な子ども・子育て新システムの構築を急がなければなりません。こうした点を含めて、「支える側」たる現役世代の安全網を強化し、子どもからお年寄りまで全ての国民をカバーする「全世代対応型」へと社会保障制度を転換することが焦眉の急なのです。

 昨今、「今日よりも明日が良くなる」との思いを抱けない若者が増えていると言われます。日本社会が次世代にツケを回し続け、そのことに痛ようを感じなくなっていることに一因があるのではないでしょうか。将来世代の借金を増やし続けるばかりの社会で、若者が「今日より明日が良くなる」という確信を持つなど、無理な相談です。社会全体の「希望」を取り戻す第一歩を踏み出せるかどうかは、この一体改革の成否にかかっている、といっても過言ではありません。

 このような背景や認識に基づいて、政府与党は、経済状況を好転させることを条件に、二〇一四年四月より八パーセントへ、二〇一五年十月より十パーセントへ段階的に消費税率を引き上げることを含む「素案」を取りまとめました。引上げ後の消費税収は、現行分の地方消費税を除く全額を社会保障の費用に充て、全て国民の皆様に還元します。「官」の肥大化には決して使いません。

 これは、社会に、より多くの「温もり」を届けていくための改革です。消費税引き上げに当たって最も配慮が必要なのは低所得者の方々です。このため、社会保障の機能強化により低所得者対策を充実するとともに、国民一人ひとりが固有の番号を持つことになる社会保障・税番号制度を導入し、給付付き税額控除の導入を検討するなど、きめ細かな対策を講じます。また、所得税の最高税率を五パーセント引き上げ、税制面でも、格差是正と所得再分配機能の回復を図ります。

 グローバルな金融市場の力が席巻する今、一たび「国家の信用」が失われると取り返しがつきません。欧州諸国の状況を見れば一目瞭然です。この一体改革は、金融市場の力に振り回されない強靭な財政構造を持つ観点からも、待ったなしなのです。

(改革の具体化に向けた協議の要請) 

社会保障・税一体改革は、経済再生、政治・行政改革とも一体で、正に包括的に進めていかなければならない大きな改革です。今後、各党各会派との協議を進めた上で、大綱として取りまとめ、自公政権時代に成立した法律の定める本年度末の期限までに、関連法案を国会に提出します。

 二十一世紀に入ってから、内閣総理大臣としてこの演壇に立たれた歴代の先輩方は、年初の施政方針演説の中で、持続可能な社会保障を実現するための改革の必要性を一貫して訴えてこられました。

 「持続可能な社会保障制度を実現するには、給付に見合った負担が必要です。」

 「経済状況を好転させることを前提として、遅滞なく、かつ段階的に消費税を含む税制抜本改革を行うため、二〇一一年度までに必要な法制上の措置を講じます。」

 「これは、社会保障を安心なものにするためです。子や孫に、負担を先送りしないためであります。」

 これらは、私の言葉ではありません。三年前、当時の麻生総理がこの議場でなされた施政方針演説の中の言葉です。私が目指すものも、同じです。今こそ立場を超えて、全ての国民のために、この国の未来のために、素案の協議に応じていただくことを願ってやみません。

 国民の御理解と御協力を得るために、改革の意義や具体的な内容を分かりやすく伝えていく努力も欠かせません。私と関係閣僚が先頭に立って、国民の皆様への情報発信に全力を尽くします。また、社会保障の最前線で住民と接している自治体の関係者とも密接に協力してまいります。

 

四 アジア太平洋の世紀を拓く外交・安全保障政策

(アジア太平洋の世紀と日本の役割) 

大西洋の世紀から、アジア太平洋の世紀へ。産業革命以来の世界の構図が変わり、世界の歴史の重心が大きく移りゆく時代を私たちは生きています。歴史の変動期には、常に、チャンスとリスクが交錯します。

 アジア太平洋の世紀がもたらす「チャンス」。それは、言うまでもなく、世界の成長センターとして、これからの世界経済の発展を牽(けん)引していくのがこの地域であるということです。この地域の力強い成長を促し、膨大なインフラ需要や巨大な新・中間層の購買力を取り込んでいくことは、我が国自体に豊かさと活力をもたらします。日本の再生は、豊かで安定したアジア太平洋地域なくして、あり得ません。

 アジア太平洋の世紀がはらむ「リスク」。それは、既存の秩序が変動する過程で地域の不安定さが増し、安全保障の先行きが不透明になっていることです。多くの国で指導者が交代期を迎える本年、我が国を取り巻く安全保障環境は予断を許しません。また、発展途上の金融市場、環境汚染や食料・エネルギーのひっ迫、日本を追いかける形で進む高齢化といったこの地域で散見される課題も、安定した成長を阻む要因です。こうした課題の解決に、日本の技術や知見に熱いまなざしが向けられています。課題解決先進国となるべき日本の貢献なくして、豊かで安定したアジア太平洋地域も、あり得ないのです。

 我が国は、幸いにして、「アジア」にも、「太平洋」にも軸足を持っている海洋国家です。これからの歴史の重心に位置するという地政学的な恵みを最大限にいかし、アジア太平洋地域が安定と繁栄を享受できるように貢献していかなければなりません。これは、世界全体にとっての課題であり、かつ、我が国の国益を実現するための最大の戦略目標です。

 私は、アジア太平洋地域の安定と繁栄を実現するため、日米同盟を基軸としつつ、幅広い国や地域が参加する枠組みも活用しながら、この地域の秩序とルールづくりに主体的な役割を果たしていくことが我が国の外交の基本であると考えます。

 貿易・投資の自由化、エネルギー・環境制約の克服といった経済面での課題だけではなく、テロ対策や大量破壊兵器の拡散防止、海洋航行の自由の確保、平和維持や紛争予防といった安全保障面での課題、さらには、自由と民主主義、法の支配といった共通の「価値」の確認など、地域で対話を深めていくべきテーマには事欠きません。我が国は、多様性あふれるアジア太平洋地域において、共通の原則や具体的なルールを率先して提案し、志を同じくする国と手を携えながら、地域の安定と繁栄に向けて戦略的に対応していきます。

 まずは、アジア太平洋自由貿易圏、いわゆるFTAAP構想の実現を主導し、高いレベルでの経済連携を通じて自由な貿易投資のルールづくりを主導することが、こうした戦略的な対応の先駆けです。日韓・日豪交渉を推進し、日中韓やASEANを中心とした広域経済連携の早期交渉開始を目指すとともに、環太平洋パートナーシップ協定、いわゆるTPP協定への交渉参加に向けた関係国との協議を進めていきます。併せて、日EUの早期交渉開始を目指します。

(近隣諸国との二国間関係の強化) 

こうした取組を進める上で、近隣諸国との二国間関係の強化を同時並行で進めることが我が国外交の基礎体力を高めます。既に、米中だけでなく、韓国、ロシア、インド、オーストラリアなど主要各国の首脳と個別に会談し、個人的な信頼関係を築きながら、二国間関係を進展させてまいりました。今後とも、北方領土問題など各国との懸案の解決を図りつつ、関係の強化に努めます。

 特に、日米同盟は、我が国の外交・安全保障の基軸にとどまらず、アジア太平洋地域、そして世界の安定と繁栄のための公共財です。二十一世紀にふさわしい同盟関係に深化・発展させていかなければなりません。普天間飛行場の移設問題についても、日米合意を踏まえ、引き続き沖縄の皆様の声に真摯に耳を傾け、誠実に説明し理解を求めながら、沖縄の負担軽減を図るために全力で取り組みます。

 また、アジア太平洋地域での安定と繁栄は、中国の建設的な役割なしには語れません。これまでに首脳間で、幾度となく日中両国の「戦略的互恵関係」を深めていく方針を確認してきました。これからは、その内容を更に充実させ、地域の安定した秩序づくりに協力を深めていく段階です。国交正常化四十周年の機を捉え、人的交流や観光促進を手始めに、様々なレベルでの対話や交流を通じて、互恵関係を深化させていきます。

 今後の北朝鮮の動向については、昨年末の金正日国防委員会委員長の死去を受けた情勢変化を冷静に見極め、関係各国と緊密に連携しつつ、情報収集を強化し、不測の事態に備えて、引き続き万全の態勢で臨みます。拉致問題は、我が国の主権に関わる重大な問題であり、基本的人権の侵害という普遍的な問題です。被害者全員の一刻も早い帰国を実現するため、政府一丸となって取り組みます。日朝関係については、引き続き日朝平壌宣言に則って、核、ミサイルを含めた諸懸案を包括的に解決し、不幸な過去を清算して、国交正常化を図るべく努力していきます。

 イランの核問題については、深刻な懸念を国際社会と共有します。平和的・外交的な解決に努力することを基本とし、原油市場や日本経済への影響なども総合的に勘案しつつ、各国と連携して適切に対応いたします。

 また、消費者行政に万全を期すとともに、テロやサイバー攻撃、大規模自然災害、国内外の重大事件・事故など、国民の生命・身体・財産を脅かす緊急事態については、常に緊張感と万全の備えを持って危機管理対応を行います。

(人類のより良き未来のために) 

我が国は、アジア太平洋地域の安定と繁栄を超えて、人類全体により良き未来をもたらすためにも積極的に貢献します。これは、国際社会への責任を果たすだけではなく、「この国に生まれて良かった」と思える「誇りある国」の礎となるものです。

 先日、南スーダンでの国連平和維持活動に、自衛隊の施設部隊を送り出しました。国際社会と現地の期待に応え、アフリカの大地でインフラ整備に必死に汗を流す自衛隊員の姿は、必ずや、日本人の「誇り」の一部となるはずです。こうした海外での貢献活動に加えて、軍縮・不拡散、気候変動などの「人類の安全な未来」への貢献、ODAの戦略的活用を通じた「人類の豊かな未来」への貢献にも努めてまいります。

 

五 むすびに


 私は、大好きな日本を守りたいのです。この美しいふるさとを未来に引き継いでいきたいのです。私は、真に日本のためになることを、どこまでも粘り強く訴え続けます。

 今年は、日本の正念場です。試練を乗り越えた先に、必ずや「希望と誇りある日本」の光が見えるはずです。

 この国は、今を生きる私たちだけのものではありません。未来に向かって永遠の時間を生きていく将来の世代もまた、私たちが守るべき「国民」です。この国を築き、守り、繁栄を導いてきた先人たちは、国の行く末に深く思いを寄せてきました。私たちは、長い長い「歴史のたすき」を継ぎ、次の世代へと渡していかなければなりません。

 今、私たちが日本の将来のために、先送りできない課題があります。拍手喝采を受けることはないかもしれません。それでも、先に述べた大きな改革は、必ずやり遂げなければならないのです。

 全ての国民を代表する国会議員の皆様。志を立てた初心に立ち返ろうではありませんか。困難な課題を先送りしようとする誘惑に負けてはなりません。次の選挙のことだけを考えるのではなく、次の世代のことを考え抜くのが「政治家」です。そして、この国難のただ中に、国家のかじ取りを任された私たちは、「政治改革家」たる使命を果たさなければなりません。

 政治を変えましょう。苦難を乗り越えようとする国民に力を与え、この国の未来を切り拓くために、今こそ「大きな政治」を、「決断する政治」を、共に成し遂げようではありませんか。日本の将来は、私たち政治家の良心にかかっているのです。

 国民新党を始めとする与党、各党各会派、そして国民の皆様の御理解と御協力をお願い申し上げ、私の施政方針演説といたします。





施政方針演説 全文は 以下




 【1・はじめに】

 第180回国会の開会に当たり、この国が抱える諸課題と野田内閣の基本方針について、謹んで申し上げます。
 昨年9月、野田内閣は、目の前にある課題を一つ一つ解決していくことを使命として誕生致しました。「日本再生元年」となるべき本年、私は、何よりも、国政の重要課題を先送りしてきた「決められない政治」から脱却することを目指します。

 「与野党が信頼関係の上に立ってよく話し合い、結論を出し、国政を動かしていくことこそ、国民に対する政治の責任であると私は信じます」。
 これは、4年前、当時の福田康夫首相がこの演壇から与野党に訴え掛けられた施政方針演説の一節です。

 それ以降も、宿年の課題は残されたまま年々深刻さを増し、国の借金は膨らみ続けました。そして、東日本大震災によって、新たに解決を迫られる課題が重くのしかかっています。私たちは、この国難とも呼ぶべき危機に立ち向かいながら、長年にわたって先送りされてきた課題への対処を迫られています。「国民に対する政治の責任」を果たさなければなりません。
 野田内閣がやらなければならないことは明らかです。大震災からの復旧・復興、原発事故との闘い、日本経済の再生です。この大きな課題の設定と国として進めるべき政策の方向性について、与野党に違いはありません。
 社会保障と税の一体改革も、同様です。昨年末、自公政権時代の問題提起も踏まえながら、民主党内の政治家同士による熟議の末に、政府・与党としての素案をまとめました。その上で、各党各会派との協議をお願いしています。少なくとも、持続可能な社会保障制度を再構築するという大きな方向性に隔たりはないのではないでしょうか。具体的な政策論で異論があるのであれば、大いに議論しようではありませんか。

 わが国の政治過程において、今、俎上(そじょう)に上っている諸課題は、幸いにして、世界各地の民主主義国家で顕在化しているような、深刻なイデオロギーや利害の対立をはらむものではありません。先の国会で、各党各会派が当初の主張の違いを乗り越えて、2011年度第3次補正予算と関連法の合意を達成できたことが一つの証左です。私たち政治家が本気で合意を目指し、動かそうとするならば、政治は前に進んでいくのです。
 今、求められているのは、わずかな違いを喧伝(けんでん)するのではなく、国民の真の利益とこの国の未来をおもんばかる「大きな政治」です。重要な課題を先送りしない「決断する政治」です。
 日本が直面する課題を真正面から議論し、議論を通じて具体的な処方箋を作り上げ、実行に移していこうではありませんか。全ての国民を代表する国会議員として、今こそ、「政局」ではなく、「大局」を見据えようではありませんか。


 【2・三つの優先課題への取り組み】

 大震災からの復旧・復興、原発事故との闘い、日本経済の再生。野田内閣は、この三つの優先課題に、改造後の布陣で引き続き全力を挙げて取り組むことをお誓いします。

 (復興のつち音よ、鳴り響け)

 あの大震災から、10カ月余りがたちました。今なお仮設住宅で不自由な暮らしを余儀なくされている方々に、少しでも「ぬくもり」を感じていただきたい。大震災の災禍を乗り越え、一日も早く、被災地に復興のつち音を力強く響かせたい。そうした思いで、これまで国としても懸命に取り組んでまいりました。

 先の国会で成立した3次補正予算と関連法によって、復興庁、復興交付金、復興特区制度など、復興を力強く進めていく道具立てがそろいました。「復興」という名を頂いた新しい役所は、被災者に寄り添い続け、必ずや被災地の復興を成し遂げるという、与野党が共に刻んだ誓いの証しです。
復興庁を2月上旬に立ち上げ、ワンストップで現地の要望をきめ細かにくみ取り、全体の司令塔となって、復興事業をこれまで以上に加速化していきます。
 被災者の方々が生活の再建を進める上で、最大の不安は、働く場の確保です。復興特区制度などを活用して、内外から新たな投資を呼び込むとともに、被災した企業の復旧を加速させ、被災地の産業復興と雇用確保を進めます。
 ふるさとが復興する具体的な未来図を描くのは、他ならぬ住民の皆さま自身です。地域のことは地域で決める、という地域主権の理念が、今ほど試されているときはありません。多様な主体が参加した住民自治に基づく、開かれた復興を全力で応援します。

 大震災の発災から1年を迎える、来る3月11日には、政府主催で追悼式を執り行います。犠牲者の御霊(みたま)に対する最大の供養は、被災地が一日も早く復興を果たすことにほかなりません。先人たちは、終戦の焼け野原から高度経済成長を実現し、石油ショックから世界最高の省エネ国家を築き上げました。大震災に直面した私たちにも、同じ挑戦が待っています。元に戻すのではなく、新しい日本をつくり出すという挑戦です。これは、今を生きる日本人の歴史的な使命です。

 がんばっぺ、福島。まげねど、宮城。がんばっぺし、岩手。そして、頑張ろう、日本。大震災直後から全国に響くエールを、これからも、つないでいきましょう。東日本各地の被災地の苦難の日々に寄り添いながら、全ての日本人が力を合わせて、「復興を通じた日本再生」という歴史の1ページを共につくり上げていこうではありませんか。
 今般の大震災が残した教訓を未来に生かしていくことも、私たちが果たさなければならない歴史的な使命の一つです。もう「想定外」という言葉を言い訳にすることは許されません。津波を含むあらゆる自然災害に強い持続可能な国造り・地域づくりを実現するため、災害対策全般を見直し、抜本的に強化します。

 (原発事故と闘い抜き、福島再生を果たす)

 東京電力福島第1原発の事故との闘いは、決して終わっていません。昨年末の「ステップ2」完了は、廃炉に至るまで長く続く工程の一里塚にすぎません。福島を再生し、美しきふるさとを取り戻す道のりは、これから本格的に始まるのです。
 避難されている方々がふるさとにお戻りいただくには、安心して暮らせる生活環境の再建を急がなければなりません。病院や学校などの公共サービスの早期再開を図るとともに、とりわけ子どもや妊婦を放射線被害から守るため、生活空間の徹底した除染、住民の皆さまの健康管理、食の安全への信頼回復に取り組むとともに、被災者の目線に立った公正で円滑な賠償に最善を尽くします。また、関係する市町村や住民の皆さまのご意向を十分に把握し、警戒区域や避難指示区域の見直しにきめ細かく対応します。

 私は、首相に就任後、これまで3度、福島を訪れました。山々の麗しき稜線(りょうせん)。生い茂る木々の間を流れる清らかな川と水の音。どの場所に行っても、どこか懐かしい郷愁を感じます。日本人誰もが、ふるさとの原型として思い浮かべるような美しい場所です。
 福島の再生なくして、日本の再生はありません。
福島がよみがえらなければ、元気な日本も取り戻せないのです。私は、このことを何度でも繰り返し、全ての国民がこの思いを共有していただけることを願います。

この願いを具体的な行動に移すため、国が地元と一体となって福島の再生を推進するための特別措置法案を今国会に提出します。

 (日本経済の再生に挑む)

 被災地が確かな復興の道を歩むために、そして、わが国が長きにわたる停滞を乗り越えて、将来に繁栄を引き継いでいくために、日本経済の再生にも全力で取り組みます。分厚い中間層を復活させるためにも、中小企業をはじめとする企業の競争力と雇用の創出を両立させ、日本経済全体が元気を取り戻さなければなりません。企業の国内投資や雇用創出の足かせとなってきたさまざまな障害を取り除き、産業と雇用の基盤を死守します。同時に、新たな付加価値を生み出す成長の種をまき、新産業の芽を育てていくための環境を整備していきます。

 日本再生のための数多くのプロジェクトを盛り込んだ12年度予算は、経済再生の次なる一歩です。11年度第4次補正予算と併せ、早期の成立を図ります。また、歴史的な円高と長引くデフレを克服するため、金融政策を行う日銀との一層の連携強化を図り、切れ目ない経済財政運営を行ってまいります。

 世界経済の先行きが不透明な中で、人口減少に転じたわが国が力強い経済成長を実現するのは、容易ならざる課題です。しかし、だからこそ、日本経済の潜在力を冷静に見極め、さまざまな主体による挑戦を促す明快なビジョンを描かなければなりません。このため、国家戦略会議において、「新成長戦略」の実行を加速するとともに、新たな成長に向けた具体的な工程表を伴う「日本再生戦略」を年央までに策定し、官民が一体となって着実に実行します。

 日本に広がる幾多のフロンティアは、私たちの挑戦を待っています。
「女性」は、これからの日本の潜在力の最たるものです。これは、減少する労働力人口を補うという発想にとどまるものではありません。社会のあらゆる場面に女性が参加し、その能力を発揮していただくことは、社会全体の多様性を高め、元気な日本を取り戻す重要な鍵です。
日本再生の担い手たる女性が、社会の中でさらに輝いてほしいのです。

 「農業」「エネルギー・環境」「医療・介護」といった分野は、新たな需要を生み出し、21世紀の成長産業となる大きな可能性を秘めています。
先に策定した食と農林漁業の再生に向けた「基本方針・行動計画」を政府全体の責任で着実に実行するとともに、これらの分野でのイノベーションを推進します。
海洋国家たるわが国の存立基盤であり、資源の宝庫である「海洋」や、無限の可能性を持つ「宇宙」は、政府を挙げて取り組んでいく人類全体のフロンティアです。産官学の英知を結集して、挑戦を担う「人づくり」への投資を強化するとともに、こうした内外のフロンティアを「夢」から「現実」に変え、日本再生の原動力とするための方策を国家ビジョンとして示します。

 アジア太平洋への玄関口として大きな潜在力を秘め、本土復帰から40周年を迎える沖縄もフロンティアの一つです。その潜在力を存分に引き出すために、12年度予算において、使い道を限定しない自由度の高い一括交付金を用意します。
また、地元の要望を踏まえ、12年度以降の沖縄振興に関する2法案を今国会に提出します。

 経済再生のためには、エネルギー政策の再構築が欠かせません。そのためには、国民の安心・安全を確保することを大前提にしつつ、経済への影響、環境保護、安全保障などを複眼的に眺める視点が必要です。化石燃料が高騰する中で、足元の電力需給の逼迫(ひっぱく)を回避しながら、温室効果ガスの排出を削減し、中長期的に原子力への依存度を最大限に低減させる、という極めて複雑な方程式を解いていかなければなりません。幅広く国民各層のご意見を伺いながら、国民が安心できる中長期的なエネルギー構成を目指して、ゼロベースでの見直し作業を進め、夏を目途に、新しい戦略と計画を取りまとめます。併せて、新たなエネルギー構成を支える電力システムの在り方や、今後の地球温暖化に関する国内対策を示します。

 また、原発事故の原因を徹底的に究明し、その教訓を踏まえた新たな原子力安全行政を確立します。環境省の外局として原子力の安全規制をつかさどる組織を新設するとともに、厳格な規制の仕組みを導入するための法案を今国会に提出し、失われた原子力安全行政に対する信頼回復とその機能強化を図ります。


 【3・政治・行政改革と社会保障・税一体改革の包括的な推進】

 (政治・行政改革を断行する決意)

 まず隗(かい)より始めよ。これは、どのような政策課題に取り組むに当たっても、政治と行政を担う者が国民の皆さまに示さなければならない「国家の矜持(きょうじ)」です。

 先の国会で、政府全体の歳出削減と税外収入の確保のための具体策に結論を得ることはできませんでした。
与野党の考え方の差は決して大きくはなかっただけに、残念でなりません。国家公務員給与の約8%を引き下げる法案および郵政改革関連法案について、今国会においてこそ、速やかに合意を得られるよう、野党の皆さまに改めてお願いを申し上げます。

 行政の無駄遣いの根絶は、不断に続けなければならない取り組みです。責任ある財政運営を行うために、過去2代の政権を通じて、私自身も懸命に努力をしてまいりました。
しかしながら、「まだまだ無駄削減の努力が不足している」という国民の皆さまのお叱りの声が聞こえます。行政改革に不退転の覚悟で臨みます。

 皮切りとなるのは、独立行政法人改革です。大胆な統廃合と機能の最適化により、法人数をまずは4割弱減らすなどの改革を断行します。
次に、特別会計改革です。社会資本整備事業特別会計の廃止や全体の勘定の数をおおむね半減させるなどの改革を進めます。これらの改革に関連する法案を今国会に提出し、成立に万全を期します。
また、あらん限りの税外収入の確保に向け、国家公務員宿舎を今後5年間で25%削減し、政府資産の売却を進めます。国民目線を徹底し、聖域なき行政刷新の取り組みを着実に進めるとともに、公務員制度改革を引き続き推進します。

 行政サービスを効率化し、国の行政の無駄削減を進めるためにも有効な地域主権改革を着実に具体化していきます。
12年度予算では、補助金の一括交付金の総額を増やし、使い勝手を格段に良くします。
また、国の出先機関の原則廃止に向けて、具体的な制度設計を進め、必要な法案を今国会に提出致します。さらに、地域社会を支える基盤である郵便局において3事業のサービスを一体で提供し、利用者の利便性を高める郵政改革の今国会での実現を図ります。

 行政だけではありません。誰よりも、政治家自身が身を切り、範を示す姿勢が不可欠です。既に、違憲状態と最高裁判所から指摘されている1票の格差を是正するための措置に加えて、衆院議員の定数を削減する法案を今国会に提出すべく民主党として準備しているところです。与野党で胸襟を開いて議論し、この国会で結論を得て実行できるよう、私もリーダーシップを発揮してまいります。

 (社会保障・税一体改革の意義)

 政治・行政改革とともに、今、国民のために、この国の将来のために、やり遂げなければならないもう一つの大きな課題があります。それが、社会保障と税の一体改革です。

 団塊の世代が「支える側」から「支えられる側」に移りつつあります。多くの現役世代で1人の高齢者を支えていた「胴上げ型」の人口構成は、今や3人で1人を支える「騎馬戦型」となり、いずれ1人が1人を支える「肩車型」に確実に変化していきます。今のままでは、将来の世代は、その負担に耐えられません。もう改革を先送りする時間は残されていないのです。

 過去の政権は、予算編成のたびに苦しみ、さまざまな工夫を凝らして何とかしのいできました。しかし、世界最速の超高齢化が進み、社会保障費の自然増だけで毎年1兆円規模となる状況にある中で、毎年繰り返してきた対症療法は、もう限界です。

 もちろん、一体改革は、単に財源と給付のつじつまを合わせるために行うものではありません。「社会保障を持続可能で安心できるものにしてほしい」という国民の切なる願いをかなえるためのものです。

 失業や病気などにより、ひとたび中間層から外れると、元に戻れなくなるとの不安が社会にじわじわと広がっています。このままでは、リスクを取ってフロンティアの開拓に挑戦する心も萎縮しかねません。
お年寄りが孤独死するような社会であってよいはずがありません。
働く世代や子どもの貧困といった悲痛な叫びにも応えなければなりません。

 政権交代後、「国民の生活が第一」という基本理念の下、人と人とが支え合い、支え合うことによって生きがいを感じられる社会づくりを目指してきました。
全ての人が「居場所と出番」を持ち、ぬくもりあふれる社会を実現するために、社会保障の機能強化が必要なのです。
 わが国では、先進諸国と比べて、現役世代に対する支援が薄いと指摘されています。
その最たる例が、子育て支援です。社会の中で女性の能力を最大限に生かすとともに、安心して子どもを産み、育てられる社会をつくるために、総合的な子ども・子育て新システムの構築を急がなければなりません。
こうした点を含めて、「支える側」たる現役世代の安全網を強化し、子どもからお年寄りまで全ての国民をカバーする「全世代対応型」へと社会保障制度を転換することが焦眉の急なのです。

 昨今、「きょうよりもあしたが良くなる」との思いを抱けない若者が増えていると言われます。
日本社会が次世代にツケを回し続け、そのことに痛痒(つうよう)を感じなくなっていることに一因があるのではないでしょうか。
将来世代の借金を増やし続けるばかりの社会で、若者が「きょうよりあしたが良くなる」という確信を持つなど、無理な相談です。
社会全体の「希望」を取り戻す第一歩を踏み出せるかどうかは、この一体改革の成否に懸かっている、といっても過言ではありません。

 このような背景や認識に基づいて、政府・与党は、経済状況を好転させることを条件に、14年4月より8%へ、15年10月より10%へ段階的に消費税率を引き上げることを含む「素案」を取りまとめました。
引き上げ後の消費税収は、現行分の地方消費税を除く全額を社会保障の費用に充て、全て国民の皆さまに還元します。「官」の肥大化には決して使いません。

 これは、社会に、より多くの「ぬくもり」を届けていくための改革です。
消費税引き上げに当たって最も配慮が必要なのは低所得者の方々です。
このため、社会保障の機能強化により低所得者対策を充実するとともに、国民一人ひとりが固有の番号を持つことになる社会保障・税番号制度を導入し、給付付き税額控除の導入を検討するなど、きめ細かな対策を講じます。
また、所得税の最高税率を5%引き上げ、税制面でも、格差是正と所得再分配機能の回復を図ります。

 グローバルな金融市場の力が席巻する今、ひとたび「国家の信用」が失われると取り返しがつきません。
欧州諸国の状況を見れば一目瞭然です。
この一体改革は、金融市場の力に振り回されない強靱(きょうじん)な財政構造を持つ観点からも、待ったなしなのです。

 (改革の具体化に向けた協議の要請)

 社会保障・税一体改革は、経済再生、政治・行政改革とも一体で、まさに包括的に進めていかなければならない大きな改革です。今後、各党各会派との協議を進めた上で、大綱として取りまとめ、自公政権時代に成立した法律の定める今年度末の期限までに、関連法案を国会に提出します。

 21世紀に入ってから、首相としてこの演壇に立たれた歴代の先輩方は、年初の施政方針演説の中で、持続可能な社会保障を実現するための改革の必要性を一貫して訴えてこられました。

 「持続可能な社会保障制度を実現するには、給付に見合った負担が必要です」。
 「経済状況を好転させることを前提として、遅滞なく、かつ段階的に消費税を含む税制抜本改革を行うため、11年度までに必要な法制上の措置を講じます」。
 「これは、社会保障を安心なものにするためです。子や孫に、負担を先送りしないためであります」。

 これらは、私の言葉ではありません。3年前、当時の麻生太郎首相がこの議場でなされた施政方針演説の中の言葉です。
私が目指すものも、同じです。今こそ立場を超えて、全ての国民のために、この国の未来のために、素案の協議に応じていただくことを願ってやみません。

 国民のご理解とご協力を得るために、改革の意義や具体的な内容を分かりやすく伝えていく努力も欠かせません。私と関係閣僚が先頭に立って、国民の皆さまへの情報発信に全力を尽くします。また、社会保障の最前線で住民と接している自治体の関係者とも密接に協力してまいります。


 【4・アジア太平洋の世紀を開く外交・安全保障政策】

 (アジア太平洋の世紀と日本の役割)

 大西洋の世紀から、アジア太平洋の世紀へ。
産業革命以来の世界の構図が変わり、世界の歴史の重心が大きく移りゆく時代を私たちは生きています。
歴史の変動期には、常に、チャンスとリスクが交錯します。

 アジア太平洋の世紀がもたらす「チャンス」。
それは、言うまでもなく、世界の成長センターとして、これからの世界経済の発展をけん引していくのがこの地域であるということです。
この地域の力強い成長を促し、膨大なインフラ需要や巨大な新・中間層の購買力を取り込んでいくことは、わが国自体に豊かさと活力をもたらします。
日本の再生は、豊かで安定したアジア太平洋地域なくして、あり得ません。

 アジア太平洋の世紀がはらむ「リスク」。
それは、既存の秩序が変動する過程で地域の不安定さが増し、安全保障の先行きが不透明になっていることです。

多くの国で指導者が交代期を迎える本年、わが国を取り巻く安全保障環境は予断を許しません。
また、発展途上の金融市場、環境汚染や食料・エネルギーの逼迫(ひっぱく)、日本を追いかける形で進む高齢化といったこの地域で散見される課題も、安定した成長を阻む要因です。
こうした課題の解決に、日本の技術や知見に熱いまなざしが向けられています。
課題解決先進国となるべき日本の貢献なくして、豊かで安定したアジア太平洋地域も、あり得ないのです。

 わが国は、幸いにして、「アジア」にも、「太平洋」にも軸足を持っている海洋国家です。これからの歴史の重心に位置するという地政学的な恵みを最大限に生かし、アジア太平洋地域が安定と繁栄を享受できるように貢献していかなければなりません。
これは、世界全体にとっての課題であり、かつ、わが国の国益を実現するための最大の戦略目標です。

 私は、アジア太平洋地域の安定と繁栄を実現するため、日米同盟を基軸としつつ、幅広い国や地域が参加する枠組みも活用しながら、この地域の秩序とルールづくりに主体的な役割を果たしていくことがわが国の外交の基本であると考えます。

 貿易・投資の自由化、エネルギー・環境制約の克服といった経済面での課題だけではなく、テロ対策や大量破壊兵器の拡散防止、海洋航行の自由の確保、平和維持や紛争予防といった安全保障面での課題、さらには、自由と民主主義、法の支配といった共通の「価値」の確認など、地域で対話を深めていくべきテーマには事欠きません。
わが国は、多様性あふれるアジア太平洋地域において、共通の原則や具体的なルールを率先して提案し、志を同じくする国と手を携えながら、地域の安定と繁栄に向けて戦略的に対応していきます。

 まずは、アジア太平洋自由貿易圏、いわゆるFTAAP構想の実現を主導し、高いレベルでの経済連携を通じて自由な貿易投資のルールづくりを主導することが、こうした戦略的な対応の先駆けです。
日韓・日豪交渉を推進し、日中韓や東南アジア諸国連合(ASEAN)を中心とした広域経済連携の早期交渉開始を目指すとともに、環太平洋連携協定、いわゆるTPPへの交渉参加に向けた関係国との協議を進めていきます。併せて、日EU(欧州連合)の早期交渉開始を目指します。

 (近隣諸国との2国間関係の強化)

 こうした取り組みを進める上で、近隣諸国との2国間関係の強化を同時並行で進めることがわが国外交の基礎体力を高めます。
既に、米中だけでなく、韓国、ロシア、インド、オーストラリアなど主要各国の首脳と個別に会談し、個人的な信頼関係を築きながら、2国間関係を進展させてまいりました。
今後とも、北方領土問題など各国との懸案の解決を図りつつ、関係の強化に努めます。

 特に、日米同盟は、わが国の外交・安全保障の基軸にとどまらず、アジア太平洋地域、そして世界の安定と繁栄のための公共財です。
21世紀にふさわしい同盟関係に深化・発展させていかなければなりません。
普天間飛行場の移設問題についても、日米合意を踏まえ、引き続き沖縄の皆さまの声に真摯(しんし)に耳を傾け、誠実に説明し理解を求めながら、沖縄の負担軽減を図るために全力で取り組みます。

 また、アジア太平洋地域での安定と繁栄は、中国の建設的な役割なしには語れません。
これまでに首脳間で、幾度となく日中両国の「戦略的互恵関係」を深めていく方針を確認してきました。
これからは、その内容をさらに充実させ、地域の安定した秩序づくりに協力を深めていく段階です。
国交正常化40周年の機を捉え、人的交流や観光促進を手始めに、さまざまなレベルでの対話や交流を通じて、互恵関係を深化させていきます。

 今後の北朝鮮の動向については、昨年末の金正日国防委員会委員長の死去を受けた情勢変化を冷静に見極め、関係各国と緊密に連携しつつ、情報収集を強化し、不測の事態に備えて、引き続き万全の態勢で臨みます。拉致問題は、わが国の主権に関わる重大な問題であり、基本的人権の侵害という普遍的な問題です。被害者全員の一刻も早い帰国を実現するため、政府一丸となって取り組みます。日朝関係については、引き続き日朝平壌宣言にのっとって、核、ミサイルを含めた諸懸案を包括的に解決し、不幸な過去を清算して、国交正常化を図るべく努力していきます。

 イランの核問題については、深刻な懸念を国際社会と共有します。平和的・外交的な解決に努力することを基本とし、原油市場や日本経済への影響なども総合的に勘案しつつ、各国と連携して適切に対応致します。

 また、消費者行政に万全を期すとともに、テロやサイバー攻撃、大規模自然災害、国内外の重大事件・事故など、国民の生命・身体・財産を脅かす緊急事態については、常に緊張感と万全の備えを持って危機管理対応を行います。

 (人類のより良き未来のために)

 わが国は、アジア太平洋地域の安定と繁栄を超えて、人類全体により良き未来をもたらすためにも積極的に貢献します。これは、国際社会への責任を果たすだけではなく、「この国に生まれて良かった」と思える「誇りある国」の礎となるものです。

 先日、南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に、自衛隊の施設部隊を送り出しました。
国際社会と現地の期待に応え、アフリカの大地でインフラ整備に必死に汗を流す自衛隊員の姿は、必ずや、日本人の「誇り」の一部となるはずです。
こうした海外での貢献活動に加えて、軍縮・不拡散、気候変動などの「人類の安全な未来」への貢献、政府開発援助(ODA)の戦略的活用を通じた「人類の豊かな未来」への貢献にも努めてまいります。

 【5・むすびに】

 私は、大好きな日本を守りたいのです。
この美しいふるさとを未来に引き継いでいきたいのです。
私は、真に日本のためになることを、どこまでも粘り強く訴え続けます。

 今年は、日本の正念場です。

試練を乗り越えた先に、必ずや「希望と誇りある日本」の光が見えるはずです。

 この国は、今を生きる私たちだけのものではありません。
未来に向かって永遠の時間を生きていく将来の世代もまた、私たちが守るべき「国民」です。

この国を築き、守り、繁栄を導いてきた先人たちは、国の行く末に深く思いを寄せてきました。
私たちは、長い長い「歴史のたすき」を継ぎ、次の世代へと渡していかなければなりません。

 今、私たちが日本の将来のために、先送りできない課題があります。
拍手喝采を受けることはないかもしれません。
それでも、先に述べた大きな改革は、必ずやり遂げなければならないのです。

 全ての国民を代表する国会議員の皆さま。

志を立てた初心に立ち返ろうではありませんか。

困難な課題を先送りしようとする誘惑に負けてはなりません。

次の選挙のことだけを考えるのではなく、次の世代のことを考え抜くのが「政治家」です。

そして、この国難のただ中に、国家のかじ取りを任された私たちは、
「政治改革家」たる使命を果たさなければなりません。

 政治を変えましょう。

苦難を乗り越えようとする国民に力を与え、
この国の未来を切り開くために、
今こそ「大きな政治」を、
「決断する政治」を、
共に成し遂げようではありませんか。

日本の将来は、私たち政治家の良心に懸かっているのです。

 国民新党をはじめとする与党、各党各会派、そして国民の皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げ、
私の施政方針演説と致します。(2012/01/24-13:47)



------------------------------------------------------------------------------------------

英訳および演説要旨の出所は 内閣広報室 政府インターネットテレビ

施政方針演説全文は時事ドットコムのそれです。


プロフィール

ちあき

  • Author:ちあき
  • 白線同盟駆坂あかね様
     御賜物<KAREN>

     『 0 』 ( 2013.07.05 )

    作曲・MIDI制作 嶋 是一さん



ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
BGM
BGM 『0』