今 この時 アベノミクス 「危ない経済実験(毎日新聞社説)」下 安倍首相よ、次の矢を放て 消費増税より成長戦略(2013年10月10日付 英エコノミスト誌)

(更新 2013.10.19 デフレ時の消費増税は ブレーキを踏みながらアクセルを踏み込むようなもので、常識外れな政策です。
普通 ブレーキを踏まずにアクセルを踏むのが経済政策としては真っ当なんですが、それでもある程度は効果が出ると計算したのか、ブレーキの効き以上にアクセルを踏み込むと決めて、補正予算など5兆円超の経済対策も決定し、安部首相は消費税増税を決断した と見られます。
ただ、財政再建への道筋は、今回の増税だけでは十分でなく、しかも経済対策を労働者の賃上げや消費の底上げなど実感を伴う景気回復につなげる道筋も示されず、その実効は極めて疑問です。

以下に 核心を衝いていると思える2013年10月10日付 英エコノミスト誌の論評を紹介します。
 
           *************************************************************

安倍首相よ、次の矢を放て 消費増税より成長戦略

 1997年。時の首相、橋本龍太郎氏は財政の健全化を願い、不人気な消費税増税をあえて断行。当時、たまごっちと呼ばれるゲームが一世を風靡していた。人々は電子メールを使い始め、日本経済は中国の5倍の規模を誇っていた。橋本氏が消費税を引き上げた直後から日本経済は急速に失速。橋本氏はほどなくして政権の座から滑り落ちた。それ以来、日本の政治家はだれ一人として消費税の引き上げに手をつけてこなかった。


 前回の消費税増税の記憶が今も色濃く残る中で、10月1日、安倍首相は来年4月に消費税を現在の5%から8%に引き上げる決断を下した。同首相はその18カ月後には消費税を10%に引き上げる意向だとされる。消費税を引き上げるべきか否かを巡って安倍首相を取り巻く面々が過去数カ月にわたって態度を決めかねたのは当然と言える。

 安倍首相が決断を下した今、首相の支持者は「今回の消費税増税は日本の財政健全化に向けた歴史的な転換点になる」と主張している。政府債務は国内総生産(GDP)の200%を優に上回り、先進国の中で最悪の水準にある。1990年代初期に金融・不動産バブルがはじけて以降、政府支出は増加の一途をたどっているのに対し、歳入は低迷し続けている。

 日本が不況からの脱却を試みて、ケインズ政策を追求したことが、歳出が拡大した理由の一端だ。だがより大きな原因は、医療費や年金コストの上昇にある。しかも、急速な高齢化に伴い、これらの費用は今後、大幅に増加すると見込まれる。福祉関連支出は今や一般会計予算のほぼ3分の1を占めるまでに膨らみ、その比率は1990年のほぼ2倍に拡大した。

 こうした背景を勘案すれば、小幅な消費税引き上げは、注目されるようなものではない。事実、日本が財政を健全化しようと思うなら、消費税を最終的には欧州諸国並みの20%程度にまで引き上げる必要がある。

 日本の財政健全化を一貫して妨げてきたのは、景気の足取りが定まらず、一進一退を繰り返してきたことだ。1997年の悪夢に付きまとわれ、日本の政策当局者は長い間、消費税増税に二の足を踏んできた(折からのアジア金融危機が、景気後退を引き起こした一因となったことは間違いないが)。

しかし、今回は事情が異なる。政策当局者は何年も前から消費税引き上げに取り組んできた。消費税の引き上げを先送りすれば、財政規律の維持を標榜する安倍首相に対する信認は地に落ちていただろう。さらには、「アベノミクス」は効果を発揮しており経済は再び成長軌道に戻りつつある、という首相の主張も説得力を失っていたはずだ。

■景気回復は流動的

 実際、一見したところ、アベノミクスは機能しているように見える。アベノミクスの第1の矢と第2の矢は、財政支出の拡大と金融緩和だ。年初来、公共支出は急増した。春には、長引くデフレ脱却に向けて日銀が大きくかじを切った――2%のインフレ目標を導入するとともに、国債買い入れによる超金融緩和政策を打ち出した。景気がちょうど回復局面に当たるなどタイミング的にラッキーだった面があるにせよ、今のところ、アベノミクスは成果を上げつつあるかに見える。

 今年第1四半期の経済成長率は年率4.1%と目覚ましい伸びを記録。第2四半期の成長率も3.8%に達した。何年にもわたってほぼ一本調子に下落を続けてきた消費者物価は、8月までの1年間に0.9%上昇した。実質金利を押し下げて成長を支援するとの日銀の目標通り、物価上昇に伴って実質借り入れコストはマイナスに転じた。安倍首相が消費増税を発表する直前には、9月の日銀短観で企業景況感の改善が鮮明になった。

 とはいえ景気回復はいまだに流動的である。中小企業は景気の先行きを大企業ほど楽観視してはいない。インフレ率が上昇した理由の一端は、円安によって燃料コストが上昇したことにある。企業に従業員の賃上げを要請し、消費の底上げを図ろうという政府の努力は、さしたる成果を生んでいないように見える。来年早々には成長が足踏みする可能性がある。

 消費税増税がもたらす景気の鈍化を相殺するため、安倍首相が総額6兆円規模(減税措置を含む)の経済対策を発表したことは正しい――あくまでも、この措置が一時的な政策である限り、という条件付きだが。


■真価は成長戦略で問われる


 アベノミクスの第3の矢、すなわち日本の潜在成長率を長期的に押し上げるための構造改革は、不透明であるがゆえに、一段と大きな注目を集めよう。6月に安倍首相が約束した広範な成長戦略は失望を呼んだ。安倍首相は数週間以内に再び矢を放つと述べた。

 次の矢には、農地集積を推進するための大胆な施策、医療サービス分野における一段の競争導入、雇用・解雇にかかわる規制の緩和が含まれるべきだ。こうした重要な改革を推し進める困難さと比較すると、消費税増税はむしろ容易と思えるかもしれない。安倍首相自身と「日本は復活を遂げた」とする同首相の主張の真価は、増税ではなくこれらの改革が実現できるかどうかによって問われることとなろう。
            

  *************** (2013年10月10日付 英エコノミスト誌 の 論評引用 終) **************      

  Policy Speech by Prime Minister Shinzo Abe to the 185th Session of the Diet

Tuesday, October 15, 2013
[Provisional Translation]


1. Introduction

I wish to begin my address by extending my sincere condolences to those who perished as a result of the unprecedented torrential rains and the typhoons and tornados. I also wish to extend my sympathies to those who were injured or suffered damages from these events. Many of the affected areas are facing an aging of their community residents and depopulation. I will make my utmost efforts for the early recovery of these areas, taking these circumstances into consideration.

This is the only road forward.

My "three arrows" of economic revival have dramatically changed the atmosphere in Japan. We have attained an annualized growth rate of more than 3 percent in two consecutive quarters since the beginning of 2013. This is the highest rate of growth among the world's leading developed nations. The ratio of job offers to job seekers has risen to 0.95 over the past eight months, from a ratio of 0.83 at the end of 2012.

This turnaround of the economy has not yet come to be felt tangibly throughout the whole of the country. We are still only halfway to extricating ourselves from the deflation that lingers in every corner of the nation.

Our only alternative is to proceed without hesitation down this road.

The world is now paying close attention to the revitalization of Japan. I discerned this very acutely in Lough Erne and again in Saint Petersburg, as well as in New York and then again in Bali.

Japan is "able to grow robustly once more." Japan can also be "dynamically engaged on center stage in the world once again." Moreover, Japan now most certainly has burgeoning "hopes" for just such a future.

Let us together move forward along this road.


2. Accelerating reconstruction

Restoring a strong economy will cast immense rays of hope on the disaster-stricken areas as well. We will accelerate still further our efforts towards reconstruction from the Great East Japan Earthquake at the earliest possible time. We will simultaneously move forward in building a resilient country, in preparation for future large-scale disasters.

In the disaster areas, some 290,000 people are living as evacuees even now. Almost all of the plans for the transfer of housing to areas of high elevation have been decided and we have now transitioned into the stages of acquiring and preparing the sites. In the months ahead we will steadily execute the work schedules for housing reconstruction within each individual municipality.

We will also accelerate decontamination and the restoration of infrastructure to enable the people of Fukushima to return to their home communities at the earliest possible time.

Every day at the Prime Minister's Office, I eat rice grown in Fukushima. It has a flavor that is acclaimed by all. It is my hope that consumers taste Fukushima's safe and delicious agricultural and fishery products for themselves, without being confused due to radiation-related rumors.

The issue of contaminated water has also resulted in the current situation in which fishermen are distressed because of radiation-related rumors that contradict the actual state of affairs. However, the actual situation is that it has impacted food and water to a degree markedly lower than the prescribed standards.

We have drawn up a program designed to resolve the issue fundamentally and we have already begun to put this program into implementation. We will continue to make every possible effort to fully carry out the decommissioning of TEPCO's Fukushima Daiichi Nuclear Power Station as well as the countermeasures addressing the contaminated water. The accident at Fukushima will not be left up to TEPCO to handle. The national government will fulfill its duties standing at the fore on this issue.

I received a letter from a young mother who is from Fukushima. Her letter conveys her love for her child that was born in the year the earthquake disaster happened, as well as her inner thoughts as she anguishes over whether or not to return to her home community of Fukushima. She ended her letter by saying, "My husband and I are now thinking that we will return to Fukushima. We intend to live on that land as a family, the three of us. We decided this because we thought that Fukushima has no future unless the younger generation lives there as we will."

The younger generation of Fukushima has its eyes set fixedly on Fukushima's future.

Without the recovery and reconstruction of the disaster areas, there can be no revival of Japan. As Prime Minister, I will fulfill these obligations towards the future.


3. Carrying out the Growth Strategy

(Opening the curtain on new growth)

Even meeting with failure after taking on challenges contributes to future progress, and thus it is something that should be encouraged in no small measure. Indeed, the worst is to do nothing for fear of failing.

It is said that Soichiro Honda inspired his employees by telling them this very thing. Our forebears' spirit of taking on challenges in this way led Japan to its rapid growth.

But over time, the Japanese came to lose confidence in themselves. Their confidence withered away during Japan's prolonged deflation.

We will free Japan from this spell and once again restore a nation brimming with the spirit of entrepreneurship. We will create a society in which young people are dynamically engaged and women shine. These are the very essence of my Growth Strategy. Finally, we will open the curtain on Japan's "new growth."


(Reinforcing industrial competitiveness and an economic virtuous cycle)

The Abe Cabinet will support companies that intrepidly take on challenges. I believe that drawing out Japan's potential to the greatest possible extent is the pathway to reinforcing our competitiveness.

We will newly establish a System for Granting Special Provisions to Companies for Field Testing. In every field, we will newly relax regulations to expand the opportunities available to companies who are working to succeed in "frontier" endeavors.

We will support the launch of new ventures by pressing forward with business restructuring and promoting a replacement of the old with the new. We will promote research and development and increase productivity by supporting capital investment.

To achieve this, we will set the next three years as a "period to promote investment in a concentrated manner" and mobilize an entire spectrum of policies and measures, including the tax system, the budget, financial assistance, and regulatory and institutional reform.

Our aim in doing so is none other than expanding the employment of youth, women, and others who will work hard, thereby increasing their income. We will fully ensure that that feeling reaches everywhere throughout the nation.

This will further expand consumption and engender new investment. We will deepen the cooperation between the government, labor, and management to bring about an economic virtuous cycle.


(Creating opportunities in growth fields)

We will increasingly create opportunities for motivated people in fields that are assured of future growth.

We will carry out reforms to the electric power system. It is my hope that those who have strong aspirations to engage in ventures enter the liberalized energy market. We will create a dynamic market that can concurrently resolve the high production costs, supply instability, and other issues surrounding the electric power system.

For me, who recovered from an intractable illness to again become prime minister, measures to address intractable illnesses are an area that can rightfully be called my life's work. We will further accelerate the practical application of regenerative medicine, which gives patients hope. We will conduct a review of the systems relevant to regenerative medicine in order to make it possible to utilize fully the power of the private sector.

During my visits to foreign countries, I introduce Japan's safe and delicious agricultural and marine products. Wherever I go, they are extremely well-received, to a degree that is truly remarkable. Has there ever been a time when agriculture garnered as much attention as an industry as now?

I hope that motivated private-sector companies invest increasingly in this field to bring the potential of Japan's agricultural products into full bloom overseas. However, the current situation in which small plots of agricultural land are scattered here and there makes it impossible even for motivated farmers to reduce costs and increase productivity. We will establish what can be called "farmland consolidation banks," which will bring together farmland and lend it out within each individual prefecture.

At the same time, we will strategically double our exports of agricultural and marine products to overseas food markets that are growing and push forward with "senary," or "sixth-order," industry, which will incorporate additional small touches to goods to increase their added value. We will engage in these efforts with the aim of doubling the income of farmers and farming communities overall over the next ten years.


(Competing in an open world)

The stage on which we will compete is an open world. Japan will aim to be the easiest country worldwide in which to do business.

In seven years' time, Tokyo and other cities throughout Japan will be attracting attention from around the world. We will thoroughly eliminate regulations and systems peculiar to Japan and establish a system of National Strategic Special Zones to give rise to the world's most advanced business cities.

Japan has now taken on a core role in negotiations on the Trans-Pacific Partnership Agreement, or "TPP." Working towards concluding the negotiations within 2013, we will make contributions to the creation of a new economic order for Asia and the Pacific, pressing forward assertively in areas where we should, while also protecting what must be protected.

Civil servants are expected to be actively engaged in working for the country and the people while looking broadly at the world. We will push forward with national civil service reform, including the establishment of the Cabinet Personnel Bureau.


(The Diet to Execute the Growth Strategy)

What we must do is clear. There have been a number of similar "growth strategies" thus far. The difference lies in whether or not the strategy is accompanied by execution. There is no longer any point in having words alone.

"Without execution, there can be no growth." This Diet is the Diet in which the execution of the Growth Strategy will be put to the test. Let us solidly produce results and send out to the world a message that Japan will grow robustly.


4. Social security reform and fiscal reconstruction on the foundation of a strong economy

We will decisively execute the economic policy package and make the Japanese economy grow in a sustained fashion. On that basis, I took the decision to carry out the raising of the consumption tax rate by 3 percent from April 2014, in line with the original schedule.

The economic policy package that will from now transition into execution is not a series of transient measures aimed at boosting business activity in the near term, as such packages have been in the past. This package is an investment towards the future designed to bring about an increase in wages and expanded employment, among other benefits.

We will hand over Japan's world-class social security system to the next generation in a stable manner. In order to do so, it is imperative that we restore a strong economy, which is the foundation for our insurance premium revenue and our tax revenue, simultaneously with raising the consumption tax rate to ensure adequate fiscal resources. Through such measures, we will aim to realize our targets for restoring our fiscal health over the medium to long term.

In combination with these, we must boldly move forward on reforms and build a system that is sustainable. We will enhance our measures to counter the dwindling birthrate and transition to a social security system in which all generations contribute and benefit. With regard to medical care, nursing care insurance, and public pensions, we will advance concrete reforms to transition to a system that strikes a balance between the benefits and the burdens. We will build a society in which the elderly can live with peace of mind.

"Those with resolute ambition will surely have opportunity."

This is how Masanao Nakamura translated the words of British author Samuel Smiles: "where there's a will, there's a way." in the Japanese translation of Self-Help that was published in 1871.

Meiji Japan had to tackle an entire range of issues concurrently in an atmosphere of pressing impatience from the Western great powers. We in the modern era must also concurrently achieve our goals of economic revival and fiscal reconstruction as well as social security reform.

Our only choice is to move forward, this road, learning from the will power of the people of the Meiji era. There is no reason to think that we in the modern age would fail to achieve what the Japanese people of the Meiji era accomplished. The bottom line is whether or not we have the will to achieve it.

There is no one else to create "a strong Japan." There is only we ourselves.

Let us go forward together.


5. Reshaping diplomatic and security policies to face up squarely to reality

In a world in which we are deepening our mutual interdependence, it is no longer possible for us to maintain the peace of Japan without carrying out proactive responsibilities towards global peace and stability.

This is Japan's own challenge.

We should be proud of the path we have followed as a peaceful nation over the 68 years since the end of the Second World War. However, in order for us to maintain this peace firmly into the future, we must now move into action.

It is not enough merely to advocate international cooperation in words. Rather, we must become a nation that contributes proactively to the peace and stability of the world on the basis of the principles of international cooperation. I believe that "proactive contribution to peace" is the signboard that Japan should shoulder in the 21st century.

Japan Coast Guard officers on the island of Ishigaki who defend fishing boats; Self-Defense Forces personnel on the island of Miyako who keep an eye on the southwest skies and in Djibouti who are engaged in anti-piracy activities under the scorching sun-I have with my own eyes seen them conducting their duties with high morale, even in extreme conditions. They are a source of great pride for me. I am also full of gratitude to their families.

They are now there in the thick of things, taking on 'reality' even at this very moment. We too must never avert our eyes from the reality that the security environment is becoming increasingly severe.

I will move forward in reshaping our diplomatic and security policies to face up squarely to reality.

We will establish a Council on National Security and strengthen the "control tower" function of the Prime Minister's Office in diplomatic and security policies. In conjunction with this, after ascertaining Japan's national interests from a long-term perspective, we will formulate a National Security Strategy to ensure the safety of Japan.

Furthermore, placing the Japan-U.S. alliance as the cornerstone, we will enhance our partnership with countries with which we share the values of freedom, democracy, basic human rights, and the rule of law.

Regarding the realignment of U.S. Forces in Japan, we will continue to ensure deterrence while moving forward steadily in line with the existing Japan-U.S. agreement, in order to reduce burdens on local communities, notably Okinawa.

As for the abduction issue, my Cabinet will spare no effort towards achieving a total resolution.

Taking a panoramic perspective of the world map, in the ten months since I took office as prime minister, I have visited 23 countries and held more than 110 summit meetings in total. I will continue in the months and years ahead to pursue our national interests assertively and promote Japan's appeal while playing an enhanced role in creating a better world by contributing to world peace and prosperity.


6. Closing remarks

"Tokyo!"

The announcement by International Olympic Committee President Jacques Rogge filled the conference hall in Buenos Aires with delight. That moment demonstrated that "when we all give our best, our dreams come true."

There, amidst the waves of happiness, was Ms. Mayumi Narita, one of Japan's world-class athletes who has thus far earned 15 gold medals in Paralympic swimming competitions.

Ms. Narita had once told me, "I never count what I've lost. I count what I've gained."

I was moved strongly by her attitude of living her life looking in a positive direction, particularly because this is backed up by her strong will power.

She overcame a number of difficulties, including beginning to use a wheelchair at the age of 13 and being involved in a traffic accident later on, through her strong will power, and has gone on to set magnificent records.

The numerous issues that Japan now faces include accelerating reconstruction, breaking free from prolonged deflation, reviving the Japanese economy, fiscal reconstruction, reform of the social security system, reviving education, creating a society that enjoys safety and peace of mind through its resilience to disasters, revitalizing local areas, and reshaping diplomatic and security policies. I am firmly convinced that these too are challenges that we will most certainly be able to overcome if only we have will power.

I sincerely appreciate the support that was given to the ruling coalition of the Liberal Democratic Party and the New Komeito by the Japanese people in the recent House of Councillors election. Through this election, the division in the Diet has disappeared, which I regard as a strong, supportive push forward that says, "Go on and overcome those challenges."

We will live up to-indeed, we must live up to-the results of this election by moving our policies forward. With regard to electoral system reform, including a reduction in the number of seats (in the House of Representatives)], let us break through the current deadlock to reach a decision.

As for revisions to the Constitution, shall we not move forward while putting in place the procedures for conducting a national referendum and further deepening national discussions?

My honorable colleagues, let us properly live up to the people's trust through "politics that makes decisions."

I will close my policy speech with my request for the understanding and cooperation of my fellow citizens and my fellow members of the Diet.

Thank you for listening.



   第百八十五回国会における安倍内閣総理大臣所信表明演説  平成25年10月15日 


一 はじめに

 まず冒頭、過去に経験したことのない豪雨や、台風、竜巻により、亡くなられた方々に心から哀悼の意を表するとともに、被害に遭われた方々に対してお見舞いを申し上げます。高齢化や過疎に直面する被災地域も多く、そうした実態も踏まえながら、早期の復旧に向け全力で取り組んでまいります。


 この道しかない。

 「三本の矢」は、世の中の空気を一変させました。今年に入って、2四半期連続で、年率三%以上。主要先進国では最も高い成長となりました。昨年末〇・八三倍だった有効求人倍率は、八か月で〇・九五倍まで来ました。

 景気回復の実感は、いまだ全国津々浦々まで届いてはいません。日本の隅々にまでこびりついた「デフレ」からの脱却は、いまだ道半ばです。
 この道を、迷わずに、進むしかありません。

 今や、世界が、日本の復活に注目しています。ロック・アーンでも、サンクトペテルブルクでも、ニューヨークでも、そしてバリでも、そのことを強く実感しました。

 日本は、「もう一度、力強く成長できる」。そして、「世界の中心で、再び活躍することができる」。そうした未来への「希望」が、確実に芽生えています。

 皆さん、共に、この道を、進んで行こうではありませんか。

二 復興の加速化

 強い経済を取り戻すことは、被災地にも大きな希望の光をもたらします。東日本大震災からの一日も早い復興に向けて、取組を更に加速してまいります。併せて、将来の大規模な災害に備え、強靭(きょうじん)な国づくりを進めてまいります。

 被災地では、今も二十九万人の方々が、避難生活を送っています。高台移転は、ほぼすべての計画が決定し、用地取得や造成工事の段階に移りました。今後、市町村毎(ごと)の「住まいの復興工程表」を着実に実行してまいります。

 福島の皆さんにも、一日も早く故郷(ふるさと)に戻っていただけるよう、除染やインフラ復旧を加速してまいります。

 私は、毎日官邸で、福島産のお米を食べています。折り紙つきのおいしさです。安全でおいしい福島の農水産物を、風評に惑わされることなく、消費者の皆さんに、実際に味わってほしいと願います。

 汚染水の問題でも、漁業者の方々が、「事実」と異なる「風評」に悩んでいる現実があります。しかし、食品や水への影響は、基準値を大幅に下回っている。これが、「事実」です。

 抜本解決に向けたプログラムも策定し、すでに着手しています。今後とも、東京電力福島第一原発の廃炉・汚染水対策を、全力でやり抜いてまいります。東京電力任せにすることなく、国が前面に立って、責任を果たしてまいります。

 福島出身の若いお母さんから、一通の手紙を頂きました。震災の年に生まれたお子さんへの愛情と、故郷(ふるさと)の福島に戻るかどうか苦悩する心の内を綴(つづ)った手紙は、こう結ばれていました。

 「・・・私達夫婦は今福島に帰ろうと考えています。あの土地に家族三人で住もうとしています。私達のように若い世代が暮らさないと、福島に未来はないと考えたからです。」

 福島の若い世代は、しっかりと福島の未来を見据えています。

 被災地の復興なくして、日本の再生なし。その未来への責任を、私は、総理大臣として果たしてまいります。

三 成長戦略の実行

(新しい成長の幕開け)
 チャレンジして「失敗」しても、それは「前進への足跡」であり、「大いに奨励」すべきもの。しかし、「失敗を恐れて何もしない」のは「最低」だ。
本田宗一郎さんは、こう述べて社員たちに奮起を促したと言います。先人たちのこうしたチャレンジ精神が、日本を高度成長へと導きました。

 しかし、日本人は、いつしか自信を失ってしまった。長引くデフレの中で、萎縮してしまいました。

 この呪縛から日本を解き放ち、再び、起業・創業の精神に満ち溢(あふ)れた国を取り戻すこと。若者が活躍し、女性が輝く社会を創り上げること。これこそが、私の成長戦略です。いよいよ、日本の「新しい成長」の幕開けです。

(産業競争力の強化と経済の好循環)
 果敢にチャレンジする企業を、安倍内閣は応援します。日本の持つ「可能性」を最大限引き出すことこそが、競争力を強化する道であると考えます。

 新たに「企業実証特例制度」を創設します。あらゆる分野において、フロンティアに挑む企業には、新たな規制緩和により、チャンスを広げます。

 事業再編を進め新陳代謝を促し、新たなベンチャーの起業を応援します。研究開発を促進し、設備投資を後押しして生産性を向上します。

 そのために、今後三年間を「集中投資促進期間」と位置付け、税制・予算・金融・規制制度改革といったあらゆる施策を総動員してまいります。

 その目指すところは、若者・女性を始め、頑張る人たちの雇用を拡大し、収入を増やすことにほかなりません。その実感を、必ずや、全国津々浦々にまで届けてまいります。

 そのことが、さらに消費を拡大し、新たな投資を生み出す。「経済の好循環」を実現するため、政・労・使の連携を深めてまいります。

(成長分野でチャンスを創る)
 将来の成長が約束される分野で、意欲のある人にどんどんチャンスを創ります。


 電力システム改革を断行します。ベンチャー意欲の高い皆さんに、自由なエネルギー市場に参入してほしいと願います。コスト高、供給不安といった電力システムを取り巻く課題を同時に解決できる、ダイナミックな市場を創ってまいります。

 難病から回復して再び総理大臣となった私にとって、難病対策はライフワークとも呼ぶべき仕事です。患者に希望をもたらす再生医療について、その実用化を更に加速してまいります。民間の力を十二分に活用できるよう、再生医療に関する制度を見直します。

 外国訪問では、私は、安全でおいしい日本の農水産物を紹介しています。どこに行っても、本当に驚くほどの人気です。かつて農業が産業として、これほど注目されたことがあったでしょうか。

 意欲のある民間企業には、この分野にどんどん投資してもらい、日本の農産物の可能性を世界で開花させてほしいと願います。しかし、狭い農地がバラバラに散在する現状では、意欲ある農業者ですら、コストを削減し、生産性を向上することはできません。都道府県毎(ごと)に、農地をまとめて貸し出す、いわば「農地集積バンク」を創設してまいります。


 併せて、成長する世界の食市場への農水産物の輸出を戦略的に倍増し、一(ひと)手間(てま)かけて付加価値を増す六次産業化を進めます。これらによって、今後十年間で、農業・農村全体の所得倍増を目指してまいります。

(オープンな世界で競争する)
 競争の舞台は、オープンな世界。日本は、「世界で一番企業が活躍しやすい国」を目指します。

 七年後には、東京を始め日本中の都市に、世界の注目が集まります。特異な規制や制度を徹底的に取り除き、世界最先端のビジネス都市を生み出すため、国家戦略特区制度を創設します。

 TPP交渉では、日本は、今や中核的な役割を担っています。年内妥結に向けて、攻めるべきは攻め、守るべきは守り、アジア・太平洋の新たな経済秩序づくりに貢献してまいります。

 公務員には、広く世界に目を向け、国家国民のため能動的に行動することが求められています。内閣人事局の設置を始め、国家公務員制度改革を推進してまいります。


(成長戦略実行国会)
 やるべきことは明確です。これまでも同じような「成長戦略」は、たくさんありました。違いは、「実行」が伴うか、どうか。もはや作文には意味はありません。

 「実行なくして成長なし」。この国会は、成長戦略の「実行」が問われる国会です。皆さん、しっかりと結果を出して、日本が力強く成長する姿を、世界に発信していこうではありませんか。

四 強い経済を基盤とした社会保障改革と財政再建

 経済政策パッケージを果断に実行し、日本経済を持続的に成長させる。その上で、私は、来年四月からの消費税率三%引上げを予定通り実行することを決断しました。

 これから実行に移す経済政策パッケージは、かつてのような、目先の景気を押し上げるための一過性のものではありません。賃金上昇と雇用拡大などを実現するための、未来への投資です。

 世界に誇る我が国の社会保障制度を、次世代に安定的に引き渡していく。そのためには、財源確保のための消費税率引上げと同時に、保険料収入や税収の基盤である「強い経済」を取り戻さねばなりません。こうした取組の下、中長期の財政健全化目標の実現を目指します。

 併せて、大胆に改革を進め、持続可能な制度を構築しなければなりません。少子化対策を充実し、全世代型の社会保障へと転換してまいります。医療、介護保険、公的年金について、受益と負担の均衡がとれた制度へと、具体的な改革を進めてまいります。高齢者の皆さんが安心して暮らせる社会を構築します。

 「心(しん) 志(し)あれば 必ず便宜(べんぎ)あり」

 意志さえあれば、必ずや道は拓(ひら)ける。中村正直は、明治四年の著書「西国(さいごく)立志編(りっしへん)」の中で、英国人スマイルズの言葉をこのように訳しました。

 欧米列強が迫る焦燥(しょうそう)感の中で、あらゆる課題に同時並行で取り組まなければならなかった明治日本。現代の私たちも、経済再生と財政再建、そして社会保障改革、これらを同時に達成しなければなりません。

 明治人たちの「意志の力」に学び、前に進んで行くしかない。明治の日本人にできて、今の私たちにできないはずはありません。要は、その「意志」があるか、ないか。

 「強い日本」。それを創るのは、ほかの誰でもありません。私たち自身です。

 皆さん、共に、進んで行こうではありませんか。

五 現実を直視した外交・安全保障政策の立て直し

 相互依存を深める世界において、世界の平和と安定に積極的な責任を果たすことなくして、もはや我が国の平和を守ることはできません。

 これは、私たち自身の問題です。

 戦後六十八年にわたる平和国家としての歩みに、私たちは胸を張るべきです。しかし、その平和を将来も守り抜いていくために、私たちは、今、行動を起こさねばなりません。
 単に国際協調という「言葉」を唱えるだけでなく、国際協調主義に基づき、積極的に世界の平和と安定に貢献する国にならねばなりません。「積極的平和主義」こそが、我が国が背負うべき二十一世紀の看板であると信じます。

 石垣島で漁船を守る海上保安官。宮古島で南西の空をにらみ、ジブチで灼熱(しゃくねつ)のもと海賊対処行動に当たる自衛官。極限の環境でも高い士気を保つ姿を目の当たりにしました。彼らは、私の誇りです。御家族にも感謝の気持ちで一杯です。

 彼らは、現場で、今この瞬間も、「現実」と向き合っています。私たちも、安全保障環境がますます厳しさを増す「現実」から、決して目を背けてはならない。

 私は、「現実」を直視した、外交・安全保障政策の立て直しを進めてまいります。

 国家安全保障会議を創設し、官邸における外交・安全保障政策の司令塔機能を強化します。これと併せ、我が国の国益を長期的視点から見定めた上で、我が国の安全を確保していくため、「国家安全保障戦略」を策定してまいります。
 さらに、日米同盟を基軸とし、自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった価値観を共有する国々と連携を強めてまいります。

 在日米軍再編については、抑止力を維持しつつ、沖縄を始めとする地元の負担軽減を図るため、現行の日米合意に従って着実に進めます。

 拉致問題については、私の内閣で、全面解決に向けて、全力を尽くしてまいります。

 総理就任から十か月間、私は、地球儀を俯瞰(ふかん)する視点で、二十三か国を訪問し、延べ百十回以上の首脳会談を行いました。これからも、世界の平和と繁栄に貢献し、より良い世界を創るため一層の役割を果たしながら、積極果敢に国益を追求し、日本の魅力を売り込んでまいります。

六 おわりに

 「TOKYO」。

 ロゲ会長のアナウンスで、ブエノスアイレスの会場は歓喜に包まれました。「みんなが頑張れば、夢は叶う」。そのことが証明された瞬間でありました。

 歓喜の輪の中に、成田真由美さんがいました。パラリンピック水泳で、これまで十五個もの金メダルを獲得した、日本が世界に誇るアスリートです。

 その成田選手が、かつて、私に、こう語ってくれました。

 「私は、失ったものを数えるのではなく、得たものを数えていきます。」

 「意志の力」に裏打ちされているからこそ、前を向いて生きていこうとする姿勢に、私は、強く心を打たれました。

 十三歳から車いすでの生活となり、その後も交通事故など数々の困難を、成田選手は、強い「意志の力」で乗り越えて、素晴らしい記録を生み出してきました。

 今の日本が直面している数々の課題。復興の加速化、長引くデフレからの脱却、経済の再生、財政の再建、社会保障制度の改革、教育の再生、災害に強く安全・安心な社会の構築、地域の活性化、そして、外交・安全保障政策の立て直し。これらも、「意志の力」さえあれば、必ず、乗り越えることができる。私は、そう確信しています。

 先般の参議院選挙で、自由民主党及び公明党の連立与党を支持してくださった国民の皆さんに、心より感謝します。この選挙により国会のねじれが解消されたことは、「困難を乗り越えていけ」と、背中を力強く押していただいたものと認識しています。

 この選挙結果に、政策を前に進めることで、応えてまいります。いや、応えていかねばなりません。

 定数削減を含む選挙制度改革について、現在のこう着状況を打破し、結論を得ようではありませんか。

 憲法改正について、国民投票の手続を整え、国民的な議論を更に深めながら、前に進んで行こうではありませんか。

 皆さん、「決める政治」によって、国民の負託にしっかりと応えていこうではありませんか。

 国民の皆様並びに議員各位の御理解と御協力をお願い申し上げる次第です。

 御清聴ありがとうございました。





(更新 2013.10.10
安部首相の遣りたかった決断は増税の延期だった のだが、財務省に押し切られて、増税決断に踏み切った という観測が 巷間 流布しています。

底流には 世界の日本国債への信認問題が 増税延期では、どうしても、クリアできる目途が立たなかったと云う事情があった ものと思われます。そして その判断は極めて正しいものだと わたしには 思えます。

外国人の日本国債購入保持比率は、今、数年前とは様変わりして高くなっています。そのため、増税延期の選択ですら、日本国債長期金利の上昇(日本国債価格の下落)を招来するリスクが非常に強い との危惧があったためと推測します。



外国人の保有残高は85兆8504億円で、前年(2011年)より1割増。05年末には4.4%だった保有割合は2倍以上の9.1%に。金融危機の影響で、比較的安全とされる日本国債にお金を移しているためだ。
 ただ、外国人は、損が出そうだと判断すれば、すぐにお金を引き揚げる傾向が強い。先進国で最悪水準の日本の財政への不安が広がれば、一気に国債を手放す恐れがある。大量に国債をもつ日銀の資産が目減りして円の信用が落ち、さらに国債の買い手がつかなくなる悪循環に陥りかねない。(朝日新聞デジタル記事 2012年12月23日02時32分配信)


おそらく2013年末では外国人保有割合は 10%を軽く超えて来るものと思います。 


日本国債長期金利の止めどもない上昇の果てにあるのは、世界同時恐慌の引き金となるだけでなく、悪夢のハイパーインフレ での収束です。(円の超下落、物価の超高騰)タンス貯金すらも 紙屑状態の地獄絵図です。


で、結果的に 地獄絵図を回避するための消費税増税の決断となった 訳ですが、日銀の使命が物価の番人であるのは、昔も今も日銀法上、変わりないのですが、インフレ目標2%達成後の収束シナリオが、今の黒田日銀にはない、と漏れ聞きました。

失速感が著しい成長戦略が、怪しい雲行きになって来ている昨今、結局 給与上昇改定の誘導策も 子供だましな感じが経営者には定着しており、給与・年金も上がらずインフレだけが残ってしまうことにならないのか?と そのインフレの程度が 軽微である事 を願いつつ、危機感のみを募らせている 今日この頃です。






(更新 2013.10.04

本社世論調査:消費税8%→「買い控える」54%

毎日新聞 2013年10月03日 20時34分

 毎日新聞が1、2両日に実施した緊急の全国世論調査で、消費税率が8%に引き上げられた場合、今より買い物に使うお金を減らすかどうか尋ねたところ、54%が「減らす」と回答し、「減らさない」と答えた39%を上回った。政府は消費増税方針の決定に合わせて5兆円規模の経済対策を発表したが、「買い控え」による消費の落ち込みをいかに防ぐかが課題となる。

 「減らす」と答えた人のうち、57%が安倍晋三首相の経済政策による景気回復が「期待できない」と回答し、2015年に予定される消費税率10%引き上げについても「反対」が77%を占めた。将来の負担増への懸念が買い控えの要因になっていることがうかがえる。

 また政府が臨時国会に提出する方針の「特定秘密保護法案」の必要性を尋ねたところ、57%が「必要だ」と回答、「必要ではない」の15%を上回った。同法案については、知る権利や報道の自由を制約しかねないとの指摘もある。【高山祐】



毎日新聞世論調査:質問と回答


毎日新聞 2013年10月04日 東京朝刊

 ◆安倍内閣を支持しますか

                全体 前回 男性 女性

支持する            57(60)62 53

支持しない           26(23)25 26

関心がない           15(16)11 18

 ◇<「支持する」と答えた方に>支持する理由は何ですか。

自民党の首相だから        9(10) 7 11

指導力に期待できる       25(25)27 23

政策に期待できる        27(27)36 20

政治のあり方が変わりそうだから 35(37)29 40

 ◇<「支持しない」と答えた方に>支持しない理由は何ですか。

自民党の首相だから        7 (9) 6  8

指導力に期待できない       2 (7) 2  3

政策に期待できない       38(50)39 38

政治のあり方が変わりそうにない 46(31)44 48

 ◆どの政党を支持しますか。

自民党             35(35)39 33

民主党              4 (4) 3  5

日本維新の会           6 (5) 9  4

公明党              5 (6) 2  6

みんなの党            4 (4) 4  4

共産党              4 (3) 3  4

生活の党             1 (1) 1  0

社民党              1 (1) 0  1

新党改革             − (−) −  −

その他              5 (6) 5  6

支持政党はない         32(33)30 33

 ◆政府は消費税を予定通り来年4月から8%に引き上げることを決めました。賛成ですか、反対ですか。

賛成              46    55 40

反対              45    41 49

 ◆消費税が8%に引き上げられた場合、今より買い物に使うお金を減らしますか、減らしませんか。

減らす             54
    48 58

減らさない           39    46 34

 ◆政府は、消費税増税分を社会保障のために使うと説明しています。あなたは増税が社会保障制度の安定に役立つと思いますか、思いませんか。

思う              38    45 33

思わない            54    50 57

 ◆政府は、消費税率の引き上げに伴う景気対策として、消費税率2%分に相当する5兆円規模の経済対策を検討しています。必要だと思いますか、思いませんか。

必要だ             40    53 32

必要ではない          20    23 18

分からない           36    21 45

 ◆消費税率引き上げに伴う経済対策として、政府は東日本大震災の復興財源にあてる個人と企業への復興特別税のうち、企業に対する課税を1年前倒しで廃止する方針です。賛成ですか、反対ですか。

賛成              35    39 32

反対              53    55 53

 ◆消費税を引き上げる際、生活必需品などに軽減税率を導入すべきだという意見がありますが、あなたは賛成ですか、反対ですか。

賛成              67
(72)71 64

反対              23(23)23 23

 ◆消費税は来年4月に8%に引き上げられた後、再来年には10%に引き上げられることになっています。10%への引き上げに賛成ですか、反対ですか。

賛成              27    38 19

反対              65    54 72

 ◆安倍晋三首相の経済政策によって、景気回復が期待できると思いますか、思いませんか。

期待できる           42    52 36

期待できない          47    42 50

 ◆政府は、外交や安全保障に関する国の秘密が漏れるのを防ぐ「特定秘密保護法」を制定しようとしています。重要な秘密を漏らした公務員らに最高で懲役10年を科す内容です。こうした法律は必要だと思いますか、思いませんか。

必要だ             57    64 52

必要ではない          15    18 13

分からない           23    14 29

 (注)数字は%、小数点以下を四捨五入。0は0.5%未満、−は回答なし。無回答は省略。カッコ内の数字は前回9月14、15日の調査結果。

==============


日銀:緩和策を継続…海外経済のリスク注視 決定会合
毎日新聞 2013年10月04日 13時10分

 日銀は4日、前日に続いて金融政策決定会合を開き、「緩やかに回復している」との景気判断の維持と、資金供給量を2年で2倍に増やす大規模な金融緩和策の継続を決めた。会合では財政問題を巡り議会対立が続く米国など、海外経済のリスクについても議論した。同日午後に黒田東彦(はるひこ)総裁が記者会見を開き、決定内容を説明する。

 会合後の日銀の公表文は、緩やかな回復が続いていることの背景として「設備投資が持ち直している」「住宅投資も増加している」との表現を新たに盛り込んだ。1日発表の9月の日銀短観の結果を受け「企業の業況感は改善を続けている」とも指摘した。ただ、新興国経済に減速懸念があるほか、議会対立が続く米国では暫定予算が成立せず、政府機関の一部が閉鎖されるなど混乱が続く。海外リスクも踏まえて「日本経済を巡る不確実性は引き続き大きい」として景気判断の引き上げは見送った。

 会合では、10月末にまとめる「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」の公表に向けた議論も始めたとみられる。5兆円規模の経済対策が消費増税とともに打ち出さており、対策の効果を経済成長率の見通しに加味するかも焦点だ。【工藤昭久】






社説:消費税8%へ 増税の原点を忘れるな

毎日新聞 2013年10月02日 02時30分

 安倍晋三首相が消費税率を来年4月から8%に引き上げることを表明した。

 私たちは、増大する社会保障費と危機的な財政をふまえ、消費増税は避けて通れない道だと主張してきた。現在の経済状況を考慮しても、先送りする事情は見当たらない。昨年の自民、公明、民主各党による「税と社会保障の一体改革に関する合意」と、その後の関連法成立に沿った首相の判断は妥当と言える。

 増税によって、社会保障の持続可能性は高まり、財政を健全化していく第一歩となる。その結果、国民、とりわけ若い世代が抱く将来への不安がやわらぎ、不透明感が解消されていくことも期待される。

 ◇軽減税率の導入急げ

 しかし、これだけでは不十分である。政治が、民間が取り組まなくてはいけない課題は多い。すぐにでも、取りかかる必要がある。

 安倍政権はこの2、3カ月、経済状況をみて引き上げを実施するかどうかを判断するという「景気条項」に基づいて、対応が揺れた。結局、景気への悪影響を抑えるとして、公共事業をふんだんに盛り込んだ5兆円規模の「経済対策」と、復興特別法人税の「前倒し廃止の検討」を決めた。

 景気を考えた何らかの対策は必要かもしれない。だが、それを口実に政権や党の支持基盤強化につなげようと公共事業のばらまきなどに走るのは、国民の痛みにつけこむもので、何のための増税かわからない。

 そんなことに精力を傾け、理屈付けに躍起になる前にやるべきことがある。

 まず、増税と表裏の関係にある安心できる年金、医療、介護などの具体化だ。社会保障制度改革国民会議がまとめた改革策は、年齢を軸にした現行制度を見直し、所得に応じた負担と給付への転換を打ち出した。「抜本的な制度見直しは棚上げ」との批判もあるが、子育て支援策の充実などは評価でき、政治的困難さを克服して着実に実行に移してほしい。不備や課題は、そうした中で柔軟に対処していけばいい。

 増税による財政のゆとりは、こうした社会保障策の充実にのみ使うのは言うまでもない。それが税率引き上げの原点である。


 しかし、8%では借金の穴埋めにも不十分であり、2015年10月に予定通り消費税率を10%に引き上げる判断を迫られるだろう。持続的な社会保障制度の構築に責任を持ち、原点を守るうえで、それは当然の政治的決断と言える。

 第二に、弱者への配慮は、さらに手厚くすべきだ。逆進性の強い消費税の増税は、経済的に苦しい人に強いしわ寄せが及ぶ。所得が低い層への効果的な対策に知恵を絞らなくてはならない。

 そのためにも食品など生活必需品の税率を低く抑える軽減税率の導入を急がなくてはいけない。すぐに制度設計に取り組むべきだ。

欧州各国のほとんどが、食品のほか新聞、書籍類の税率をゼロや数%に抑えている。「知識には課税しない」という考えは、だれもが情報を入手しやすい環境を整え、民主主義を支えるうえで不可欠だ。

 ◇政治への監視強めよう

 忘れてならないのは、歳出の徹底した見直しを進めることだ。アベノミクスや東京五輪開催にうかれているのか、国の財布のひもを締め、財政規律を守るという当たり前の考えが最近、すっかりかすんでいる。増税は、歳出削減とセットになって大きな効果と納得感を生む。定数削減など国会議員自らが身を削る約束も果たしてほしい。

 個人を含めた民間も、やるべきことがある。

 民間企業は新しい分野への投資や技術革新、経営改革などに挑み、雇用の拡大と賃金の底上げを図ってもらいたい。「日本経済の活性化につながる」として消費増税を支持した経営者は少なくない。法人税の実質減税という思わぬ果実も得た。さまざまな要求をして、あれこれ国にお膳立てしてもらう段階は過ぎた。そろそろ経営者が動く番だ。力量をしっかり見せてほしい。

 消費増税が公平感を伴って浸透していくには、価格への円滑な転嫁が欠かせない。下請け仕事をもらったり、原材料を納入したりする弱い立場の中小・零細企業は、増税分を一方的に負担させられるのではないかという不安がある。公正取引委員会は監視を強める方針だが、大企業や流通段階を担う業界は、中小・零細企業を泣かさない円滑な転嫁を進めてもらいたい。

 国民にとって増税の痛みは大きい。電力料金引き上げや円安などによる食品の値上げ、介護や医療分野での負担増などが相次ぐ一方、毎月勤労統計によると基本給は8月まで15カ月連続で減少している

 それでも最新の毎日新聞の世論調査では「消費税を予定通り引き上げるべきだ」が、先送りや増税反対を抑えて最も多かった。将来の国づくりへの前向きな一歩として、やむを得ないとの考えだろう。政治への関心を高め、税金の使われ方をしっかり監視しなくてはいけない。金も出すが、口も出す国民でありたい。






(更新 2013.09.29
第19回 経済財政諮問会議 (平成25年9月13日(金))の議事要旨が公開されましたので更新します。

平成 25 年第 19 回経済財政諮問会議議事要旨

増税決断の核心は 伊藤議員(民間)の説明に尽きていると思っています。

資料3の後半に詳しく書いているが、あえて単純化のため整理すると、
基本的に2つの選択肢があると思う。

第一の選択肢は、消費税率を予定通り引き上げるということである。
その場合に鍵となるのは、それによってデフレ脱却に問題が起きないよう、どのような形で様々な対応をするのかについてきちんと議論する必要がある。

第二の選択肢は、消費税率を予定通りに引き上げない、あるいは、消費税率の引き上げ方を少し別の形に変えていくということである。
その場合に非常に重要になるのは、日本の国債に対する信認をきちんと確保し、日本の財政についてしっかりした道筋を示すことである。



更に 「消費税率引上げ判断に当たっての論点とその留意点」(民間議員提言) の結論に

デフレ脱却・経済再生と財政再建という道筋が確かなものか、しっかりと見極めた上での判断が求められる。

なお、こうした政策判断においては、将来発生する可能性のあるリスクについて、対応可能なリスクには万全の措置を講ずると同時に、残される対応困難なリスクを等閑視しないことが重要である。


この箇所を読んで 成長戦略の柱でもあるのに、棚上げしてしまっているエネルギー政策の不幸を想到してしまった 。


安部首相が消費税増税を決断した場合の 為すべきリスク回避諸施策(高橋 民間議員の 提言)

対策の最大の目的は、消費税率の引上げによる景気腰折れリスクを最小限にすることにあると思う。

そうした見地から、消費税率の3%の引上げのうち2%分を一時的に国民に返すという観点や、
あるいは、内閣府の年央試算では来年度の実質GDP成長率の見通しを1%としているが、それでは更なる2%の消費税率の引上げは非常に難しいと思うので、
この1%の見通しから更に成長率を1%ポイントかさ上げするという観点も考えられる。

いずれの観点に立っても、5兆円程度の規模感が出てくるのではないかと思う。

次に対策の中身について申し上げる。

消費税率の引上げによる最終負担者は消費者である。
企業の業績が良くなり、それが雇用者、消費者に還元されていくまでには時間がかかる。

一方で、アベノミクスの下で税収が増えているので、この税収の増分を消費者に還元していくという発想が必要ではないかと思う。

消費税率を引き上げると、低所得層だけではなく、今回の社会保障制度改革を行ったとしても受益がほとんどない、子どものいない共稼ぎ世帯や若者の単身世帯等への影響もある。

したがって、具体的な対策としては、低所得層向けの簡素な給付措置に加えて、例えば、現在5%以上の賃上げを対象としている所得拡大促進税制について、2%に下げる、あるいは、一時的にせよ所得税減税を行うといったことが考えられると思う。

企業部門については、成長率を底上げするという観点に立てば、設備投資を活性化する観点からの投資減税はもとより、期待成長率に働きかけるという観点から法人税率の引下げの議論もすべきである復興特別法人税を前倒しでなくすことも一つの手段だと思うが、更なる税率引下げも視野に入れるべきである。できるだけ早い時期に
検討課題とし、期限を切って結論を出していく取組が必要
ではないかと思う。

一方で、官需依存から民需主導に切りかえていくという観点に立てば、公共投資はできるだけ中身を絞り込んで重点的に行っていくべきであり、あるいは来年度の本予算の中でも公共投資の議論はできるのではないかと思う。

以上申し上げた通り消費税率を引き上げる場合には、消費者に還元していく、成長率を底上げする、という観点で取り組むようお願いしたい。



消費税率引上げ判断に当たっての論点とその留意点

2020 年東京オリンピック・パラリンピック開催を契機に ~東京大会をアベノミクス「第四の矢」に~


「地域経済に関する有識者懇談会報告書」のポイント
地域経済に関する有識者懇談会 報告書


現下の経済情勢及び経済見通しについて 平成25年9月 内閣府

現下の経済情勢及び経済見通しについて 関連資料
「今後の経済財政動向等についての集中点検会合」 の概要報告 平成25年9月6日 内 閣 府





(更新 2013.09.18
第19回 経済財政諮問会議 (平成25年9月13日(金))(議事要旨がまだ公表されてないので)甘利大臣記者会見発言要旨の中から 民間議員の提言・報告・諫言・見通等に関するもののみ、以下に 引用掲載します。


民間議員から、
「消費税率の引上げは安倍内閣の成長戦略を発動する政策のスペースを広げる。例えば、法人税率の引下げは消費税率の引上げによってできるスペースを利用してできるのではないか。」

同じく民間議員から、
「各種経済指標は改善をしているが、依然エネルギー問題等があり、将来的に経常収支が赤字となる懸念もあるので、一体改革を着実に推進する必要がある。
デフレ脱却に当たり賃金上昇が生じるまでのタイムラグを考えると、簡素な給付措置が考えられる。反動減対策としては省エネのためのニューエコポイントなども考えられる。」

同じく民間議員から、
「消費税率3%引上げのうち、2%分を一時的に返すと考えても、内閣府の来年度の成長率見通しの1%を、2回目の消費税率引上げに向けて2%にまで引き上げると考えても、どちらにしても5兆円規模の対策が必要ではないのか。
消費税の最終負担者は消費者であり、増加する税収を利用して消費者に還元するという考え方で低所得者対策、簡素な給付、雇用促進税制、一時的な所得税減税を行うことが考えられる。
設備投資を活性化させるための設備投資減税に加えて、期待成長率を高めるための法人税減税を検討課題として早急に取り組むべきである。
公共投資は、官需から民需への流れの中で中身を絞り込んでいくべきだ。」

同じく民間議員から、
「六重苦は大分改善されたが、まだ依然として法人税、エネルギー、労働法制の三重苦が残っている。
エネルギー問題の大きさは消費税と同じぐらいであり、企業マインドを温めるためには法人税引下げの明確な道筋を示してほしい。


民間議員から、
「日本に関心を持つ世界の若者の職業教育訓練について、サービス業のみならず農業技術、介護、建設も含め、我が国の技術実習制度を抜本的に拡充することとし、沖縄にハード・ソフト両面の機能集積を図ることを提案したい。」

同じく民間議員から、
原発事故による放射能問題について、目標として我が国を訪れるアスリートをはじめとする皆さんに一切の心配のないおもてなしが実現できるよう、政府を挙げて努力をすべきである。
また、この問題への対応が人類の技術史上、いかに困難な課題であるか、継続的に世界に向けて発信するとともに、効果的な監視方法を追求し、総合的な管理の枠組みの構築に努め、常に発信をしていくべきである。

同じく民間議員から
オリンピック・パラリンピックへの対応のポイントは、2020年に間に合わせなければならないということ。
アジアゲートウェイとしての羽田・成田の両空港の活用、不動産の証券化などにより、
東京への集積を生み出すような大きな制度変更へのチャレンジを期待する。」

「「地域経済に関する有識者懇談会」の報告書について」御議論をいただきました。
まず、高橋議員から資料6について御説明がありました。その後、議員の方々からいただいた主な御意見をご紹介申し上げます。

民間議員から、「人材をはじめ外部からの地域おこしの協力は確かに重要だが、あくまでも主役は地域の人材力である。コンパクトシティは縮小均衡に向かう中での効率化という面もあるので、道州制の中での発展型の地域活性化も考えるべきである。」



 月例経済報告(平成 25 年9月)



(更新 2013.09.16
こんな与党寄りの人選で経財政動向の集中点検会合を行った結果を以て、安倍首相は増税決断の根拠にするわけはないと思います。

「今後の経済財政動向等についての集中点検会合」






(更新 2013.08.17

8月15日に月例経済報告が経済関係僚会議で内閣府から公表されました。

8月 の月例経済報告では、我が国経済の基調判断として、現状については、「景気は、着実に持ち直しており、自律的回復に向けた動きもみられる。」物価:デフレ状況ではなくなりつつある としていますが、
コアコア(生鮮食品・石油製品・その他特殊要因を除く総合)の消費者物価指数推移の どこを見て、
デフレ脱却基調 と云えるのか!

 加えて 雇用・賃金の動向  で ○定期給与(所定内+所定外)は持ち直しの動き と要約していますが、
一般・パート計では 2008年102%から4%下落の98%であり、しかも 推移曲線は圧倒的な下方トレンドの動向ではないか! 雇用者総数はやっと 2008年のレベルに達し、5560万人に戻ったというが、これは素直には 喜べない、全雇用者一人当たりの定期給与が下落している現実にほかならないから。

 アベノミクスの高揚ムードに煽られて 足元の現実を見誤まってはいけない、私たちマジョリティの大多数の賃金は デフレ状況のままなのだから。


 月例経済報告等に関する関係閣僚会議資料 平成25年8月15日


月例経済報告:8月、表現前進 脱デフレ「7合目」 物価高「痛み」先行、雇用・賃金改善カギ
毎日新聞 2013年08月16日 東京朝刊



 政府は15日公表した8月の月例経済報告で、「デフレ状況ではなくなりつつある」とし、デフレ脱却に関する認識を前進させた。株高などを背景にデジタル家電の価格が下げ止まりつつある一方、ガソリン価格が高止まりするなど、円安や原油高が家庭の負担を重くしている。適度な物価上昇が景気を刺激する好循環につなげるには、雇用・賃金の改善がカギを握る。【丸山進、横山三加子】

 甘利明経済再生担当相は同日の記者会見で、デフレ脱却の道のりを富士登山に例え、「7合目くらいにいるが、7合目からが大変だ」と表現した。

 政府がデフレ認識を改善させたのは、6月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)が前年同月比0・4%増となり、1年2カ月ぶりに上昇したためだ。円安や原油高で輸入品の価格が上昇した影響が大きく、食料とエネルギーを除けば、なお0・2%の下落。とはいえ、下落幅は4月(0・6%)、5月(0・4%)と縮小し、デフレの「主犯」とされてきたデジタル家電も下げ止まりつつある。昨年まで20〜30%の下落が続いたテレビは、6月に下落幅を5・5%まで縮めた。

 その直接の引き金は円安だ。デジタル家電は部品や製品を海外工場から輸入しており、円安はコストを押し上げる。薄型テレビを海外で生産する東芝の久保誠副社長は「急激な円安だと、企業努力だけでは吸収できない」と説明する。コスト上昇による値上げばかりだと、消費を冷やす「悪い物価上昇」になりかねない。

 一方、株高を背景に高額品が売れるなど、消費意欲の改善もうかがえる。ソニーは「高精細の4Kテレビなど高付加価値商品の登場で平均単価が上がった」といい、不振のテレビ事業が今年4〜6月期に3年ぶりに黒字転換した。

 今後の焦点は、企業業績の回復が雇用や賃金の改善をもたらすか。消費の勢いが強まれば、企業は設備投資を増やし、景気回復の恩恵は広範に広がる。野村証券の木下智夫チーフエコノミストは「夏のボーナスは前年比1%増え、明るい兆しが出てきた。冬のボーナスがさらに上がれば、消費や物価にもいい影響が広がる」と指摘する。

 ただ、円安による食品値上げなど、当面は物価上昇の「痛み」が先行する。来春に消費増税が実施されて家計の負担が増えれば、景気を腰折れさせる懸念もあり、消費と投資の両輪を本格的な回復軌道に乗せられるかが最大の課題となる。








どうせエネルギー関連の成長戦略で破綻必至のアベノミクスなら、
せめて、私たちマジョリティの家計圧迫を先に繰り延べる 消費税増税延期の決断こそ
安部首相の歴史的使命 です8月12日は4─6月期GDP発表の日 アベノミクスの分水嶺です。

1000兆円超の この国の借金も 経済成長しない限りは 増え続けます。
私たちは 輝かしく安定した未来に通じるロードマップを提示した 安部首相が リーダーとして
この道へ踏み出すことに対して 信任を与えた
のです。
当然のことながら経済成長を腰折れさせる決断 (消費税増税の決定)に対してまで 信任を与えたわけではありません。



2013年 07月 23日 18:52 [東京 23日 ロイター]
インタビュー:毎年1%など漸次的な消費増税に賛成=浜田内閣官房参与


7月23日、安倍首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一・米エール大名誉教授は、ロイターとのインタビューに応じ、1年ごとに1%ずつ引き上げていくなど漸次的な増税が望ましいと述べた。

[東京 23日 ロイター] - 安倍晋三首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一・米エール大名誉教授は23日、ロイターとのインタビューに応じ、来春に予定されている消費税率の引き上げの是非について、4─6月期の実質国内総生産(GDP)成長率以外にも、有効求人倍率が全国で1倍を上回ることや、完全失業率が3%台に低下するなど雇用環境の改善も重要な判断材料と指摘した。

政府は2014年4月に3%、2015年10月に2%の税率引き上げを計画しているが、2年で5%の増税は景気に与えるショックが大きく、かえって税収が減少する可能性があるとし、1年ごとに1%ずつ引き上げていくなど漸次的な増税が望ましいと表明。8月12日の4─6月期GDP発表を踏まえ、漸次的な消費増税などについて、安倍首相に相談したいと語った。

消費増税の景気への悪影響を軽減するための2013年度補正予算編成は、財政再建や財政構造改革に反する「最悪の選択」と指摘。投資減税や法人税減税などで投資を活性化させる政策が有効との考えを示した。

インタビューは電話で実施した。概要は以下の通り。

──参院選も終わり、秋には安倍首相が消費増税について判断を下す方向だ。

「これから1、2四半期は今の(年率)4%成長の勢いが続くとの実感を持てれば増税してもいいと思うが、どうなるかはわからない。それから有効求人倍率が全国で1倍を超える、失業率も3%台に入るなど雇用とGDPが、今後も続いていく勢いがあることが(増税には)重要だ」

──予定通りに増税を実施した場合の景気へのインパクトをどうみるか。

「橋本政権時(の1997年)に消費税が3%から5%に2%引き上げられた時も、経済にマイナスの影響が出た。経済に対する消費税の増税幅の影響は、だいたい上げ幅の二乗に比例してマイナスの影響が出る。今回の5%の上げ幅は前回の2.5倍であり、その二乗となる前回の6倍くらいの衝撃が考えられる。安倍首相が(予定通りの増税を)決断する場合は、かなり大きな賭けになる。危険な冒険だが、とにかく橋を渡ってしまおうという選択も、まったくゼロではないだろう

──増税による景気への悪影響を回避する方策は。

「本田(悦朗)内閣官房参与が消費税率を1%ずつ漸次的に上げていくことがいいと言っているが、私も賛成だ。歳入は増税幅だけでなく、経済の伸びに大きく依存している。第一の矢(日銀の異次元緩和)でせっかく税収も回復してきているのに、(増税を)早くやり過ぎると金の鶏を殺(あや)めてしまう。それが、私が慎重な理由だ」

──補正予算を編成して景気への影響を軽減することも考えられるが。

「歳入と歳出のギャップを埋めるために消費税を上げようとしているわけであり、消費税を上げる一方で支出を増やすというのは、社会保障に多くの無駄が残っているという観点からも最悪の選択だ。景気に多少のプラスにはなるが、国民経済全体にとって構造的に悪い影響を及ぼすことになると思う」

──法人税の減税のほか、所得税など家計の負担を軽減する方策はどうか。

「政府支出を増やすよりはずっといい方法だ。日本は法人税の実効税率が米国を除いて最も高い国の1つであり、各国による低租税競争が行われている中で、現在の法人税率を続けることは日本に投資が入ってくることを防いでいるようなものだ。今、消費が少し増えているが、日本の将来の経済成長には投資が必要。その意味で投資減税や法人減税の方がすぐれた方策だと思う」

──漸次的な消費増税では、国際公約である財政健全化目標の達成が困難にならないか。

「それが一般に言われている増税の理由だ。確かに現在のままでは、長期的に日本の財政はうまくいかなくなる。ただ、増税は経済のパイを小さくする危険がある。緩やかに増税した方が国民経済の活動が盛んになり、歳入が増える。(急激に)増税することで、せっかくのアベノミクスの力が折れてしまうことは避けたい

──日本国債の格下げや長期金利が上昇する懸念はないか

消費税率を上げることが歳入の増加につながることが確定していればそうだが、そこはよくわからない。そうした中では、長期金利が上昇する心配はあまりない

──漸次的消費増税や法人税減税を安倍首相に進言する予定は。

「重要な決定であり、4─6月のGDPが出た時にじっくりと相談したい」

──消費者物価の前年比プラス圏への浮上が見込まれるが、物価と実体経済のバランスをどうみるか。

「物価目標については相対的に軽くみており、金融緩和を続ける中でGDPがどんどん伸びていくということであれば、(日銀の目標である)2%に届かなくてもいい。それよりも有効求人倍率が1倍を各地域で超えるような状況になれば、労働市場がタイトになってインフレ圧力も出てくる。それを中心にみるべきだと思う」

──経済が順調であれば、物価目標が達成できない見通しでも追加緩和は必要ないのか。

雇用、所得状態がよければ追加緩和はしなくてもいい。景気が回復している状況になれば、物価2%を目指すことに意味ないと思う。雇用や所得など経済の基本的な目標の達成のされ方で判断すべきであり、インフレは基本的な目標を達成するために、日銀が取らなければいけないかもしれない副次的な目標と考えている」

(伊藤純夫 金子かおり 編集;田巻一彦)





2013年7月20日0時19分 朝日新聞
消費増税「危険なかけ」 浜田・内閣官房参与が慎重論

 安倍政権で内閣官房参与を務める浜田宏一・米エール大名誉教授が、19日の経団連の夏季フォーラムの講演で、来年4月の消費増税に慎重な考えを示した。「中長期的には消費税を上げざるをえない」と前置きしながら、「税率を上げたからといって税収が増えるとは限らない。私は依然として慎重派だ」と述べた。

 この発言について、米倉弘昌会長は記者会見で「財政健全化に向けた努力をしないと国際的な信任を受けられない。消費税引き上げが必要だ」と主張。浜田氏は講演後、記者団に「国外の人を満足させるために日本国民が苦しむことはない。政治の面目を保つことは、国民経済の本質ではない」と説明した。

 朝日新聞の取材には「危険なかけだから、相当に気をつけてやって下さいということ。今年4~6月期の国内総生産でインフレの兆候が強く見えれば上げてもいいが、そうはならないのではないか」と語った。

 一方、経済財政諮問会議の民間議員を務める佐々木則夫・東芝副会長は「心配ならば、有期限のソフトランディング減税と組み合わせるとか対策を講じればいい」との考えを示した。




2013/8/10 1:34 日本経済新聞
国の借金1000兆円突破 国民1人あたり792万円  6月末時点



 財務省は9日、国債や借入金、政府短期証券をあわせた「国の借金」の残高が、2013年6月末時点で1000兆円を突破したと発表した。前年同月末に比べて32兆円超増えた。7月1日時点の総務省の人口推計(1億2735万人)をもとに単純計算すると、国民1人あたり約792万円の借金を抱えていることになる。

 国の借金の残高は1008兆6281億円。一国の公的債務の大きさを国際比較する際には、国と地方の分を合算した指標を使うが、今回の発表は国の分だけだ。

 国の借金は1981年度に100兆円を超えた。00年に19年近くかかって500兆円を突破した。1000兆円を超えたのは、その13年後で借金増加のペースは年々上がっている。クレディ・スイス証券の白川浩道氏は「歳出削減や増税だけでなく、経済成長しない限り借金は今後も増え続ける」と指摘する。

 残高の内訳は、国債が830兆4527億円、借入金が54兆8071億円、一時的な資金不足を補うための政府短期証券が123兆3683億円だった。国の借金は13年度末には、1107兆円になる見通しだ。

 政府は15年度までに国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス)の名目国内総生産(GDP)比でみた赤字幅を、10年度から半減させる方針だ。だが、消費税率の引き上げをふくめ、仮に計画通りに財政健全化を進めても債務膨張には歯止めがかからない。国の借金もさらにふくらみそうだ。






参院選の結果 今の状況を 的確に捉えているな と思える発言がありました。所論をご紹介します。


発言:「自民一党体制」は復活しない=井上寿一・学習院大教授

毎日新聞 2013年08月01日 東京朝刊


 参院選は自民党が65議席を得る圧勝を収めた。日本の政治は保守一党優位体制へ回帰するのか。今回の結果を見れば、誰もがそう考えるにちがいない。

 しかし、自民党政権が続いたとしてもそうはならないだろう。保守一党優位体制の下で日本が経済大国にのぼりつめた戦後体制と、低成長下で格差問題などを抱える現在の状況はあまりにも違いすぎるためだ。

 自民党の圧勝は従来型の組織選挙の結果というよりも、政党支持の立場の違いを超えた景気回復への広範な有権者の期待の表れだろう。

 戦後の保守一党優位体制は持続的な経済成長が支えていた。拡大する富の再分配は、国民の支持を自民党に引き寄せた。社会的な格差は縮小し「1億総中流」意識が生まれた。他方で再分配の政治は政・財・官界の「鉄の三角形」をもたらした。

 今の日本はどうか。政府の成長戦略は1人当たり国民総所得を10年後150万円増やすとの目標を設定したが1960年代の「所得倍増計画」とは比べ物にならない。格差も拡大しており、富の拡大を前提とする再分配は機能不全に陥る。

 「鉄の三角形」の結びつきも弱い。安倍晋三首相が財界に労働者の賃上げを求める時代になった。長く続く官僚批判は、政治家が駄目でも優秀な官僚がいれば日本はやっていけるとの通念も失わせている。

 戦後の保守一党優位体制は実際には例外的に恵まれた国際環境の産物でもあった。戦後日本は冷戦の受益国だった。平和憲法の有用性を認めつつ、日米安保条約によって安全保障政策のコストを低減し、代わりに経済成長に専念する。経済大国日本は、平和憲法と日米安保条約の矛盾の解消を棚上げし続けた。

 しかし米ソ冷戦はすでに四半世紀前に終結し、近隣諸国との関係悪化が日本の孤立をもたらしている。日本は冷戦の受益国から冷戦後の国際秩序を作り出す国へ変わらなければならない。憲法改正による平和憲法と日米安保条約の矛盾の解消は、日本の新しい国際的責任を明確にすることができるだろうか。

 また、安倍政権はTPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉への正式参加を決めた。成長戦略の一環ではあっても、この選択は自民党支持の圧力団体との関係を損なうおそれがある。持続的な成長のため自民党自らが戦後の「自民党政治」の改革を迫られている。

 低成長を前提とする富の再分配の政治は複雑な利害関係の調整を必要とする。今回、自民党が参院単独過半数を得られなかったことに示唆されるように、このような政治は一つの政党の手に余る。圧勝したといっても、安倍政権は自公連立政権である。限られた富の最適再分配を求め、政治システムの模索が続く。



***************************************************************************************


参院選挙結果から云える事、今後 3年間は改憲発議はない。 
加憲(環境権)の立場の公明党を 改憲勢力に加えない選挙結果の作表をしたのは 毎日新聞の見識だと思う。


参院選挙結果 1


与党が 軽く過半数の121を超えてしまった主たる要因は、死に票を多くして終った野党間の選挙戦術(選挙区の得票率では自民+公明で47%だった)の まずさに尽きる。野党は選挙共闘しないばっかりに 累々たる屍の山を築いた。

先ずは 消費税増税ストッパーの旗で 主戦場の国会論戦の場で野党共闘でしょ。


気になる 経財政指標が 最近 出て来てます。

月例経済報告等に関する関係閣僚会議資料

国民所得統計速報



消費者物価14カ月ぶりプラス 6月、0.4%上昇

2013/7/26 8:32

 総務省が26日朝発表した6月の全国の消費者物価指数(CPI、2010年=100)は、生鮮食品を除く総合が100.0と、前年同月比0.4%上昇した。上昇は14カ月ぶり。上昇率は08年11月(1.0%上昇)以来の高さ。

 QUICKが発表前にまとめた市場予想の中央値は0.3%上昇だった。

 生鮮食品を含む総合は99.8と、0.2%上昇した。

 同時に発表した7月の東京都区部の消費者物価指数(中旬の速報値、2010年=100)は、生鮮食品を除く総合が99.2と0.3%上昇した。

 生鮮食品を含む総合は99.0と0.4%上昇した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕






(更新 2013.07.20 

投票日まで 自民党に投票しない---投票してはならない その理由を直截に書こうと思っています。

この格差社会真っ只中で 人数でマジョリティであっても、所得額でマイノリテである私たちが、サイレントマジョリティとなって、この国の行く末に関与することなく埋没してしまって、後で後悔することにならないために


ネットで自分の政治的な立ち位置を入力して、投票すべき政党を示唆してくれるシュミレーションがあり、やってみると 投票すべき政党は 60%の相性(私との相性)で 民主党 と出ました。
自民党の暴走ストッパーの役割を果たしてくれるのならば、いいんでないかい?
と妙に納得しました。



*************************************************************************************


憲法改正 ―― この国を守り、この国のあり方を示すための憲法改正とは


【96条】
憲法改正の発議要件を「衆参それぞれの過半数」に緩和する。

【その他】
自衛権を明記し、国防軍の設置、領土等の保全義務を規定。「憲法改正原案」の国会提出を目指し、憲法改正に積極的に取り組む。


【自民党に投票しない理由】
憲法改正に意欲を示しているが、やり抜く気概があるのか疑問。同党が発表した「日本国憲法改正草案」では国防軍設置などをうたっており、長期的には戦争放棄を掲げる憲法9条の問題を改め、自分の国を自分で守る「普通の国」へと転換する。一方で、憲法9条改正などを参院選の公約から外すなど、批判を恐れて消極姿勢が際立っており、実際に憲法改正をやり遂げられるのか不安。「天皇元首」は戦前回帰の印象を受ける。



経済・成長戦略 ―― 持続的な成長を可能にするアベノミクスの「次の一手」とは

【経済】
アベノミクスの「3本の矢」を一体的に推進。開かれた市場における自由な競争と長期的な国内投資によりダイナミックな経済活動を創出。今後10年間の平均で、目GDP成長率3%程度、実質GDP成長率2%程度の成長実現を目指す。


【自民党に投票しない理由】
金融緩和と財政出動でつくった景気回復の流れが、息切れする懸念がある。法人税の減税は前回の衆院選の公約にも盛り込んだが、実現のめどは立っておらず、市場の失望感が高まりつつある。インフラ輸出などを掲げるが、国内の規制緩和については目立ったメニューがなく、このままでは安倍晋三首相が唱える「民間活力の爆発」は空振りに終わる可能性が高い。



消費税・財政・年金 ―― 経済成長を続けつつ財政をいかに改善するか

【社会保障】
持続可能な社会保障制度の確立。消費税は全額、社会保障に使う。国民皆保険を堅持する。

【消費税】
消費税については全額、社会保障に使う

【財政その他】
2020年度までにプライマリーバランスの黒字化。
思い切った投資減税を行い、法人税の大胆な引き下げを実行する。創設した生産等設備投資促進税制と所得拡大促進税制、研究開発税制と中小法人の交際費課税特例の拡充について活用を促す。

【自民党に投票しない理由】
党内では、財政再建のために消費税の引き上げを予定通り行おうとする流れが強まっており、これまで目指してきた景気回復の成果を台無しにする恐れがある。もはや年金制度が破たん同然の状況であることに触れず、その穴埋めのために増税を行おうとしている。 財政再建と社会保障のための増税で、経済成長の勢いを削ぐ恐れがある。


原発・エネルギー ―― 経済成長の基礎としての安定した電力供給をいかに維持するか

【再稼働】
原子力発電所の安全性は原子力規制員会の判断に委ね、再稼働は地元自治体の理解が得られるよう最大限努力する。
  ← 原発の安全性確保されたからとして原発を稼働させると、新たな使用済み核燃料が増える。当初計画の核燃料再処理サイクルが、事実上破綻している現状、各地の原発施設内の原発プールに保存されている使用済み核燃料の処理の方向性の結論すら得られていないのに、原発再稼働の選択は暴挙。

【バックエンド】
記載なし  ← 今後10年間は 使用済み核燃料の再処理問題を棚上げする方針。この問題の確たる着地点の見通しもなく、原発再稼働を行うのは政権与党として許しがたい無責任行為である。


【電力業界改革】
これまでのエネルギー政策をゼロベースで見直し「電力システム改革(小売参入の全面自由化・発送電分離)を断行。

【次世代エネルギー】
今後3年間、再生可能エネルギーの最大限の導入促進を行う。


【自民党に投票しない理由】
原発の再稼働に向けて地元自治体の理解を得るよう努めるとして、原発再稼働を進める方針を示唆している。しかし、これまで政権与党として原発を推進してきたにもかかわらず、日本のエネルギー政策における原発の重要性を国民に真摯に説得しようとしていない。「地元の理解」を目指すという玉虫色の表現で逃げるのは、政権与党としての責任感が問われる。原発再稼働で出る使用済み核燃料の処理問題を放置する無政策は犯罪的と断言である。前政権のエネルギー政策を白紙化し 10年もの長期間でそれを見直す緊張感を欠いた政策決定は、後世の批判に耐えらるはずもない。



TPP・農業 ―― 農業をいかに効率化し世界に売り込むか


【TPP】
TPP等の経済連携交渉は、交渉力を駆使し、守るべきものは守り、攻めるべきものは攻めることにより、国益にかなう最善の道を追求。

【農業】
「農業・農村所得倍増目標10ケ年戦略」を基に、地域や担い手の所得倍増。2020年に、6次産業の市場規模を10兆円(現状1兆円)、農林水産物・食品の輸出額を1兆円(現状4500億円)。



【自民党に投票しない理由】
安倍政権はTPPの交渉参加を決断したが、党内の反対派への配慮からアクセルを踏みきれておらず、まどろっこしい表現になっている。農政では、これまで党の票田となってきた農協との関係をないがしろにするわけにはいかず、株式会社の農業参入や農地所有の自由化などでは踏み込み不足が目立つ。交渉参加決断が遅すぎたことから生じるデメリットは致命的に大きい。


国防・外交 ―― 中国や北朝鮮の脅威から日本をいかに守るか

【全体】
自衛隊・海上保安庁の人員・装備を強化するとともに、必要な防衛技術・生産基盤を確保する。「自衛隊法改正案」の早期成立を図り、更に在外邦人の安全確保対策を強化する。

【日米】
日米同盟強化を進める。「日米合意」に基づく普天間飛行場の名護市辺野古への移設を推進し、在日米軍再編を着実に進める。

【領土問題】
法と事実に基づく日本の主張について、国内外に対する普及・啓発・広報活動を積極的に行う。

【拉致問題】
「対話と圧力」の方針を貫き、拉致問題の完全解決と核・ミサイル問題の早期解決に全力を傾注する


【自民党に投票しない理由】
国防強化に向けて前向きな姿勢だが、アメリカ依存にとどまり、中国や北朝鮮の国防の脅威を前にして日本の安全を長期的に確保するビジョンを欠いている。日米同盟強化や周辺国との防衛協力強化は評価できるが、アメリカは財政難を背景に「世界の警察官」から撤退していこうとしている。日本が主体的に防衛力強化を図る必要があるが、同党の国防政策は、自衛隊や海上保安庁の人員・装備強化など、米軍を補完する範囲にとどまっている。



その他の公約

【復興】
東日本大震災からの復旧・復興最優先。高台移転や土地区画整理等、住まいの再生を加速。


【自民党に投票しない理由】
復旧・復興・再生 遅いですね。遅い ほんの一例を掲載です。HKT48宮脇咲良(15) の レポートに淚しました。2012年3月、「誰かのために」プロジェクトの一環で、AKB48メンバー6名とともに、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)被災地のひとつ、宮城県名取市を訪問した際の様子と感想をつづった本人投稿記事です。


【原発災害対応】
除染から廃炉までの道筋を明らかに事業展開を加速化。風評被害対策も万全を期す。

【自民党に投票しない理由】
人が住むに不適当な汚染地20k㎡圏は被災された方々から 手厚く 買い上げ または 永年有期借り上げ 等の方法で 国有地にして、ここに除染土を集積するぐらいのことは2012年に完了してなければだめですね。今 仮置きの仮置き で除染土が其処彼処に 無秩序に 放置されてる。


【防災】
国土強靭化の推進。社会インフラの老朽化対策、耐震化の加速、避難路・津波避難施設等の整備



【政治】
定数削減と選挙制度の抜本改革に取り組む。参議院は、現行の都道府県選挙区と全国比例区を廃止し、全国を11程度のブロックに分けた大選挙区記名投票方式への改革を提案する。
【行政】
複式簿記・発生主義会計による行政コスト計算結果などを行政のPDCAサイクルの中で活用できるようにする。

【自民党に投票しない理由】
民主党および みんなの党の”隗より始めよ”の公約に尽きるので、掲載します。行財政改革の原点でしょ。これ。
議員と官僚の自らの身を切るスリム化がすべての政策に優先するはず。まず、生活保護受給水準の 生活費切り詰めの暮らし を体験してみろ と言いたい。

民主党

【政治】
参議院の抜本的な選挙制度改革は2016年の参議院選挙までに実現を目指す。衆議院の比例定数30の削減を行う。
【行政】
幹部人事を一元的に行う「内閣人事局」の設置、幹部職への若手等の抜擢、能力・実績主義の徹底、給与体系の抜本改革、中途採用の拡充、天下りの根絶などの公務員制度改革を断行する。

みんなの党
【政治】
議員定数を衆議院は300人、参議院は100人とする。1票の格差を完全になくすため「完全一人1票比例代表制度」を導入する。パソコンやスマートフォンを使ったインターネット投票を実現する。憲法改正を必要としない日本型首相公選制を導入。
【行政】
国家公務員の数を10万人削減。国の会計に複式簿記等の企業会計手法を導入し、会計制度改革を推進する。





【道州制】
道州制の導入を目指す。

【極限・財源委譲】
地方自治体の機能を強化し、地方分権を推進。

【出産】
特定不妊治療に要する費用の助成、相談支援等の支援の充実、周産期医療ネットワークの整備・充実など、出産環境の整備を図る。

【子育て】
乳幼児健診や小児医療の充実、長期の療養を必要とする子供への医療費助成の見直し。子育ち・親育ち・家族育ちを積極的に支援。虐待の早期発見に向けた取組みを加速。

【待機児童】
「待機児童解消加速化プラン」を展開し、今後2年間で約20 万人分、保育需要ピークが見込まれる2017 年度末までに約40 万人分の保育の受け皿を新たに確保する。

【教育】
基礎学力の向上とともに、英語教育の抜本改革、理数教育の刷新、ICT教育の充実を図る。教科書採択のあり方等について抜本的に改善し、公共心や社会性、高い規範意識、わが国の歴史・文化を尊重する心を育む。「領土教育」も充実する。2020 年までに、留学生数を倍増(大学生等6万人→12 万人)。今後10 年間で、「世界大学ランキングトップ100」に日本の大学が10 校以上入ることを目指す。






さて アベノミクス第三の矢 10年以上の長期計画である成長戦略 の 破綻必至 との 認識を持つに至った由来 の説明です。


結論的に断言してしまえば エネルギーに関する成長戦略では 核燃料サイクル、使用済燃料・放射性廃棄物の処理・処分の在り方に関して 当然 毎年 見込まなければならない 数兆円オーダーの負債を 棚上げ(無視)無コスト扱い しています。破綻必至 の所以です。






「日本再興戦略」の概要

<三本の矢>


3本の矢



<成長への道筋>


成長への道筋


<「日本再興戦略」の3つのアクションプラン>

 このような考えのもと、「日本再興戦略」においては、成長実現に向けた具体的な取組みとして、「日本産業再興プラン」、「戦略市場創造プラン」、「国際展開戦略」の3つのアクションプランを掲げています。

3つのアクションプランg04_1

「日本産業再興プラン」の実行により産業基盤を強化します。その力を基に、「戦略市場創造プラン」の実行により、
課題をバネに新たな市場を創造するとともに、「国際展開戦略」の実行により、拡大する国際市場を獲得します。
 次に3つのアクションプランについて説明します

(1)日本産業再興プラン

グローバル競争に勝ち抜ける製造業を復活し、付加価値の高いサービス産業を創出します。
企業が活動しやすく、個人の可能性が最大限発揮される社会を実現します。


日本作業再興プラン


日本再興戦略 (本文)


(2)戦略市場創造プラン

世界や我が国が直面している社会課題のうち、日本が国際的強みを持ち、グローバル市場の成長が期待でき、一定の戦略分野が見込める4つのテーマを選定し、これらの社会課題を世界に先駆けて解決することで、新たな成長分野を切り開きます。


戦略市場創造プラン


戦略市場創造プラン(ロードマップ)




(3)国際展開戦略

積極的な世界市場展開と、対内直接投資拡大等を通じ、世界のヒト、モノ、お金を日本に惹きつけ、世界の経済成長を取り込みます。
日本国内の徹底したグローバル化を進めます。
政府一体となって、国内外で官民一体による戦略的な取組を進めます。



国際展開戦略


全政策分野に関して2013年度から当面3年間(2015年度まで)と2016年度以降の詳細な施策実施スケジュールを整理したもの。
政策群ごとに達成すべき成果目標(KPI)を設定する。

日本再興戦略 中短期工程表 成果目標(KPI)設定




経済財政運営と改革の基本方針~脱デフレ・経済再生~

「日本再興戦略」とあわせて、「経済財政運営と改革の基本方針」(いわゆる「骨太方針」)を4年ぶりに策定しました。
「三本の矢」の一体的な推進など、「再生の10年」に向けた経済財政運営及び基本戦略を示しています。
三つの好循環を起動させ、「三本の矢」の効果を最大限発揮することを目指します。


<三つの好循環>

日本再興戦略

経済財政運営と改革の基本方針について


「経済財政運営と改革の基本方針」の概要


「再生の10年」を通じて目指すマクロ経済の姿について(「経済財政運営と改革の基本方針」参考資料)(内閣府)



エネルギー政策に関する最近の政府の検討状況

政府検討状況の全体像

内容が前政権のものであり、旧い。そして3つの課題(黄色い部分)は今も同じ。


エネルギー基本計画の検討に当たっての背景と論点


2012年度の貿易赤字は8.2兆円。拡大した赤字額のうち約半分が燃料費増によるもの。

核燃料サイクル、使用済燃料・放射性廃棄物の処理・処分の在り方の議論は 棚上げ状態。


再生可能エネルギーの拡大

我が国の再生可能エネルギー導入状況(水力除く)は、2012年度時点で1.6%と他国に比して未だ低水準。


審議会の組織見直しを行います


電力・ガス事業分科会の下に原子力小委員会を組織し 放射性廃棄物WG 廃炉コストの議論をするようですが?






「経済財政運営と改革の基本方針」の策定にあたり、民間議員4氏の経済財政の司令塔としてのコメントに 留意すべきものあり と認めましたので
平成 25 年第15回経済財政諮問会議 議事要旨を共有願いたい と思います。


平成 25 年第15回経済財政諮問会議議事要旨(2013 年6月 13 日(木))


さらに 長期金利に関する黒田日銀総裁の国会質疑を共有願います。


黒田日銀総裁、政策対応ににじむ柔軟姿勢 固定オペ延長も必要なら検討

[東京 19日 ロイター]
黒田東彦日銀総裁は19日、国会での半期報告と質疑の中で今後の金融政策運営に関し、経済・金融状況の変化に応じた政策調整は「当然」などと発言し、柔軟な姿勢をにじませた。上昇基調にある長期金利の動向については、ボラティリティ(変動率)の抑制に向けた強い決意を示すとともに、固定金利(0.1%)オペの期間延長も必要と判断すればあらためて政策委員会で検討する考えを示した。一方、長期金利の上昇を回避するには、政府による財政規律維持の対応が欠かせないとの認識を表明した。

<異次元緩和、2年間動かさないということではない>

黒田総裁は、4月に導入した「量的・質的金融緩和」について「極めて大規模」とし、日銀が掲げる2%の物価安定目標を2年程度で達成するために必要かつ十分な措置との考えをあらためて示した。

一方で、金融政策の利点は「機動性と弾力性」とも述べ、経済・金融情勢が変化すれば「当然ながら、それに対応した措置、調整を行う」と表明。異次元緩和は「一切、2年間動かさないということではない」とし、「経済・金融の状況が大きく変化し、4月に決めたものが不十分あるいは過剰であれば、必要な上下方向の調整は考えられる」と語った。

<金利上昇回避に全力、固定オペ延長も選択肢>


不安定な地合いにある円債市場の状況についても、長期金利の高騰回避に最大限努力するとの方針を強調。具体的には、国債買い入れの弾力化によるボラティリティの上昇回避に努めるとともに、必要と判断すれば固定金利オペの期間延長をあらためて検討する可能性があることを示した。

固定金利オペは現在1年以内となっているが、2年以上に延長すれば「ボラティリティの抑制により効果的だ」とし、「未来永劫やらないということではない。必要性が出れば政策委員会で審議し、賛成が得られれば1つのツールにする」と選択肢にあげた。

6月会合で延長を見送った理由については、足元で市場が落ち着いてきていることに加え、長期の資金供給によって政策意図が誤解される懸念もあったことを明らかにした。その上で「現在のマンデートの中で努力して安定を図るということだ」と説明した。

<長期金利上昇、緩和意図が混乱招いたなら遺憾>

この間の長期金利の不安定な動きについて「緩和の意図について混乱を招いたものがあったとすれば遺憾であり反省したい」とし、「これからはよく説明していきたい」と発言。現状は、国債買い入れの頻度や額の見直しなどオペの弾力運営によって「ある程度、長期金利は落ち着きを取り戻してきている」とし、今後も巨額の国債買い入れの継続で、長期金利には下方圧力がかかり続けると語った。

<財政への信認が重要>

一方、総裁は大量の国債買い入れが日銀による財政ファイナンス(穴埋め)と受け止められれば長期金利が高騰する可能性があるとし、「財政運営への信認が重要」と政府に対して財政規律の維持を要請。2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化を目指す政府の財政健全化目標は「極めて適切」と評価した。



<出口戦略、FRBを十分参考>

また、総裁は異次元緩和の出口戦略について、2%の物価安定目標の早期実現を目指して「量的・質的金融緩和」を導入したばかりとし、現時点の出口議論は「時期尚早」と主張した。

一方で、2%目標を達成し、出口戦略に着手するタイミングでは、出口議論が高まっている米連邦準備理事会(FRB)を「十分参考にして適切に対応する」と語った。







いうまでもありませんが、安倍首相が”次元の違う金融緩和”を打ち出さなくても、トレンドとして、2013年は インフレ到来の周期にあたっていました。長期金利が高騰すれば、国債が暴落し、円の信認が失なわれ、ハイパーインフレに突入するのが 現実のものとなる訳で、これを座視する訳には いきませんね。

なんとしても 円が紙屑になる悪夢の再来は 未然に阻止しなければならない と思います。

(本稿 下掲の「2013年、世界複合恐慌」 ―日米欧同時インフレが始まる― を 再確認 願います。) 



すでに長期金利が上がってきていることに留意すれば、国債は借り換えも新規の発行も難しくなり、ギリシャ化への第一歩を踏み出すことになります。長期金利の上昇だけは避けなければならない訳です。

 過去10年の日本の実質経済成長率を平均すると0.9%。日本銀行は少子高齢化による経済の構造的マイナス要因と、技術進歩などによる経済拡大要因を差し引きすると、いまの日本経済の潜在成長率(実力)は1%にやや届かない程度、と思われます。

ということは、これまでの日本経済はほぼ実力相応の成長をしてきたということですね。無理がない。だからこそ国債市況は安定し、ひとびとは「幸せな不況」にまどろむことができた。「それではダメ。強い経済を取り戻す」というなら、物価の引き上げでなく、構造改革で潜在成長率の引き上げを目指すのが筋というものです。

 まずは年金・医療・介護の社会保障制度を維持可能なものにし、国民が安んじて消費を拡大できるようにする。財政改革に道筋をつけ着実に実行する。企業活力を引き出すため雇用、税制を中心に大胆な規制緩和を行う。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に参加しアジアの活力を取り込む、等々が 手練れ安心の 名医の処方箋----王道の方法論なのだ と思います。

             (毎日新聞 2013年01月04日 社説の論旨によります)


見るところ、成長戦略が全体として成功する確率は極めて低い(数パーセントか?)と 思います。
エネルギーと農業・食糧と科学技術・医療の 国と民の興亡を賭けてのこの10年に及ぶ総力戦への突入は 既に安倍内閣は 覚悟の上か?そこまで 民度は成熟してない というのに!



毎日新聞 2013.6.14の経済記事のご紹介です。危機感を共有願えれば と思います。



日銀決定会合要旨:長期金利上昇に委員ら強い懸念

毎日新聞 2013年06月14日 12時24分

 日銀は14日、5月21〜22日に開いた金融政策決定会合の議事要旨を公表した。不安定な動きを続ける長期金利が焦点となり、多くの委員から「ボラティリティー(変動率)が高い状態が続くと、銀行などの国債売却の動きが一段と増幅する」との強い懸念が示されていたことが分かった。

 5月の決定会合は、長期金利の指標となる新規発行10年物国債の利回りが、4月の異次元緩和導入時の0.6%前後から一時0.9%台に上昇した局面で開かれた。委員は金利上昇の原因について(1)欧米の長期金利の上昇(2)株高・円安の進行の影響−−との見方で一致。複数の委員が米連邦準備制度理事会(FRB)の早期緩和縮小観測を受け、米長期金利が経済指標に反応しやすいと指摘し、「日本の長期金利に与える影響に注意する必要がある」と警戒感を示した。

 金利抑制策として、国債買い入れの頻度などを弾力的に対応する必要があるとの認識を共有。黒田東彦総裁は会合後の会見で「弾力対応」を表明したが、翌23日の債券市場は、日銀が具体的な対応を見送ったことを受け、国債を売る動きが加速し、長期金利は1%まで急上昇した。【工藤昭久】


毎日新聞 2013年06月14日 の 社説のご紹介です。危機感を共有願えれば と思います。



社説:骨太の方針 改革の覚悟が見えない 
毎日新聞 2013年06月14日 02時32分

 政府の経済財政運営の基本方針、「骨太の方針」がまとまった。安倍政権の経済政策アベノミクスの第三の矢である「成長戦略」とともに14日に閣議決定される。経済再生に向け「財政健全化への取り組みが極めて重要だ」と明記した。しかし、予算を抑えたり減らしたりする具体策は示されていない。

 骨太の方針は小泉政権のもと2001年に始まった。国債発行に枠をはめ、道路特定財源見直しや歳出削減の数値も示すなど、財政再建や規制緩和を重視する構造改革路線の具体策が盛り込まれた。民主党政権でとりやめとなり、4年ぶりの復活だ。ところが、踏み込み不足の「骨抜きの方針」になってしまった。

 財政再建に向け、国と地方が政策に必要な費用を税金でまかなえているかどうかを示す基礎的財政収支を20年度までに黒字化する健全化目標を盛り込んだ。これは民主党政権で決めた目標の維持に過ぎない。

 歳出のうち社会保障について「聖域とせず見直す」と明記し、地方財政、公共事業も抑制や重点化を掲げたものの具体策は示されなかった。膨張する財政赤字に歯止めをかけないと経済は再生どころか破綻する。とくに社会保障の効率化は不可欠で給付削減や負担増から目を背け続けるわけにはいかない。国民に痛みを求めることも必要だ。だが、「経済再生と財政健全化を両立させる」という聞こえのいい文句が並ぶ。

 日経平均株価が13日、843円下落し、日銀が「異次元の金融緩和」を実施する前の水準に戻ってしまった。政府は1月、日銀と政策連携の共同声明を発表し、日銀は2%のインフレ目標と金融緩和を、政府は大胆な規制改革や持続可能な財政の確立を約束した。日銀は思いきった金融緩和を実施したが、セットであるはずの政府の約束が果たされないことが市場に悪影響を及ぼしている。

 成長戦略では医薬品のネット販売が目玉とされた。安倍晋三首相は「1人あたり国民総所得を10年で150万円増やす。もっとも重要な目標はこれだ」と説明した。産業競争力会議の民間委員や、官僚の主張をうのみにしているように見える。

 骨太の方針や成長戦略が具体策に乏しいとの批判を受け、安倍首相は新たな成長戦略を今秋に打ち出す方針を急きょ表明した。企業に設備投資を促す減税策など、足りないと指摘された税制の見直しにも着手するという。

 だが、株価下落に催促されて成長戦略を追加しても、大胆な規制改革や、財政健全化の道筋をより鮮明に示さなければ成果はおぼつかない。それに取り組む安倍首相の決意と覚悟が伝わってこないことが一番の問題なのである。


骨太の方針

「経済財政運営と改革の基本方針」のポイント

経済財政運営と改革の基本方針(概要)


経済財政運営と改革の基本方針について 平成 25 年6月 14 日 閣 議 決 定

成長戦略

新たな成長戦略 ~「日本再興戦略-JAPAN is BACK-」を策定!~


安倍内閣の経済財政政策の これまでの成果 平成25年6月13日 内閣府





(更新2013.05.31 今 二人の女性の My Way に強く心を寄せています。ひとりは26歳で服毒自死した童謡詩人 もうひとりは 弱冠20歳劇場支配人の肩書を持ち、アイドルヲタのエンターテイナーにして秋元氏主宰グループでアイドルプロデューサーの相貌をも 併せ持つ、云うところのプレイングマネージャー 。いずれの日にか、本稿に書きとめられたら いいな と思っています。)





毎日新聞 2013年05月24日の社説のご紹介です。危機感を共有願えれば と思います。


社説:市場大波乱 冷静に考え直す時だ
毎日新聞 2013年05月24日 02時32分

 かけ声主導、期待頼みの足早な上げ相場には、やはり無理があったということだろう。23日の東京株式市場は大揺れとなり、日経平均株価は前日比1100円超の大幅安で取引を終えた。債券市場も乱高下し、国債の利回り(長期金利)が、1年2カ月ぶりに1%まで急騰した。

 マネーの急膨張はかえって経済を不安定にすると見るべきだ。立ち止まり、冷静に日本経済の問題と処方箋を点検する機会としたい。

 日銀が「異次元の金融緩和」でお金の量を倍増させれば、インフレ期待から株価が上がり、企業の設備投資が復活し、賃金も増え、デフレが終わる−−。安倍政権や黒田東彦総裁下の日銀が唱えてきたシナリオである。株価を押し上げれば、経済の成長力もついてくるという発想のようだが、実態と離れた、マネー主導の株高は、ちょっとしたきっかけで崩れてしまう。

 マネー主導というのは株価上昇のピッチや市場の値動きの幅が表している。日経平均は23日、朝方に一時、5年5カ月ぶりの1万5900円台を付けていた。半年間に約70%の値上がりである。それが一転、高値から1400円も下落したのだ。

 中国経済の悪化を示す指標が出たことが理由の一つに挙げられているようだが、他のアジア市場の下落率が1〜2%台だったのに対し、日本は7%超と突出している。午後になり急激に下落した値動きからも、市場がいかに投機的なお金に支えられていたかがうかがえよう。

 確かにこの間の株価上昇には評価できる面もあった。リスクを取ることに臆病になっていた投資家の姿勢が変わったことや、企業経営者が自信を取り戻しつつあることなどだ。

 しかし、株価上昇や景気回復を日銀が供給するお金の量を増やすことで実現しようという考えは、安易過ぎる。長年先送りしてきた構造改革など難問への取り組みや経営の改革などで達成すべきものだからだ。

 一方、日銀の大規模な量的緩和を受けて乱高下している長期金利には、むしろ経済の不安定要因になりそうな兆しがある。日銀の国債購入量が急増し市場で自由に売買しにくくなったことが、わずかな売りで金利が急騰する背景になっている。

 今回の市場の波乱を一過性の調整と見なし、現行の路線を突き進むのか。それとも金融緩和頼みを修正し、痛みの伴う改革に本腰を入れるのか。対応次第で今後の日本経済に大きな影響を与えそうだ。

 市場の警告が早く出てくれたお陰で、あの時変われてよかった−−。将来そう振り返ることができるよう、安倍政権や黒田日銀の柔軟さに期待したい。



 

月例経済報告(平成25年5月)

月例経済報告等に関する関係閣僚会議資料(平成25年5月20日)

第9回の経済財政諮問会議(4月22日)で財政健全化への道筋が取り上げられました。)


(伊藤議員) 2点申し上げたい。

1点目は、麻生議員と似通ったことなのだが、日銀の政策は、市場に働きかけて成
功している面が非常に強い。それで非常に素晴らしい成果を出したと思うが、逆に成
功すれば成功するほど、市場は次の一手に注目するということも事実である。財政健
全化策が、いわゆる計算上の計画だけではなく、市場に対してどのようなメッセージ
を出すかということが、極めて重要になってきている。財政健全化策をこれからどの
ようにやっていくのかここでもしっかり議論しなければいけない。


2点目は、それと関連するが、これからの2年ということで、マクロ経済政策を考
える。日本銀行は、できるだけ2年以内に物価上昇率を2%にもっていきたいと発言
しているが、同時に、これから2年の間に消費税率を8%、10%に上げていく
という
ことで、既に動いている。先ほども話題になったように、これから2年の間にGDP
比でプライマリーバランスの赤字を半減する。これから2年のマクロ経済の環境も運
営も平時とは相当違う。
この辺りは、これからもしっかり議論していく必要がある。
その中で、財政健全化策を議論させていただきたい。

(菅議員) 1点。やはり 2015 年のプライマリーバランスの半減は、現実的に2年であ
る。この提案は、骨太のときに、もう一度きちんと考えるという理解でよいのか。私
どもは約束しているが。

(高橋議員) 両立ということだと思う。前政権からの流れで決まっているが、やはりデ
フレを脱却することと、財政健全化をいかに両立させるかということで、虚心坦懐に
実体経済も見ながら決めていかないといけない。

(菅議員) 余り固定化しないで、もう少し様子を見ていってはどうか。

(高橋議員) 2つのことが重要である。1つは、デフレを脱却していくために、全力を
挙げるということで、実体経済を見ていくということ。もう一つは、財政については、
絶対に市場の信認を失ってはいけないということ。
この2点は、口で言うのは簡単だが、両立は極めて難しい。どちらが優先というこ
とでもないと思うので、きちんと見ていかなくてはいけない。



平成25年第9回経済財政諮問会議議事要旨 (2013 年4月 22 日(月))


経済再生と財政健全化の両立を目指して(民間議員 連名)


成長のための人的資源の活用:今後の方向性について1(伊藤 元重)
成長のための人的資源活用検討専門チームの報告(概要)について (内閣府)
我が国の人材育成強化に関する対応方針(稲田臨時議員提出資料 内 閣 府 文部科学省 厚生労働省 経済産業省 連名)

我が国財政の現状と課題(内閣府)
黒田議員提出資料

規制改革の推進について(稲田臨時議員・岡規制改革会議議長提出資料)

これまで幾度かここに記してきましたが、持続可能な成長戦略がうまく軌道に乗らなかったら、諸物価だけが、先行して上がり、更に消費税が予定通り増税されて10%になり、加えて賃金や年金は今のままか、逆に下がり、目を覆うばかりの悲惨な生活苦が待ち構えている、そんな2年後の日本。------うまくいかない と思える大きな理由のひとつに、3本目の矢である成長戦略の実現に向けて、全ての活動のベースとなるエネルギー戦略が、いまだに未確立であることがあります。(当面、中期 長期の各エネルギーベストミックスについても未策定で、中長期的なエネルギー政策の方針となるエネルギー基本計画については年内策定。エネルギーベストミックスについては 期限を区切って決めることはマンデートではない。責任ある形で、ある程度の根拠を持ってエネルギーのベストミックスというのは決めていきたい。 =総合資源エネルギー調査会総合部会 (第1回会合 平成25年3月15日(金))茂木大臣の発言)



加えて

震災後、エネルギーをめぐる動きは、根本的な土台を崩しかねないもので、貿易収支は、このエネルギーで毎月2兆円ぐらい外にお金が出ており、それで赤字になっている。この貿易収支の赤字に加えて経常収支も赤字になってきて、昨年11月から3か月連続で赤字になってきているのが現状である。安価で安定的なエネルギーが確実に手に入るということは、日本経済が持続的に成長していくためには、バイタルで絶対不可欠な条件である。これはぜひ、優先順位では一丁目一番地ぐらい大事なところだと思う。
(平成 25 年第7回経済財政諮問会議での 麻生 副総理兼財務大臣 の発言


という抜き差しならない状況にあることですね。


補正予算も成立し、機動的な財政政策も、いまや実行の段階に入っています。と安部首相は「成長戦略スピーチ」でのべていますが、第2の矢の財政政策の結果として、更に遠のいてしまう財政健全化への道筋については、いまだ確たる展望が見えないない状態です。円安株高で浮かれているのも115円位までだ という観測もあります。115円が輸入デメリットと輸出メリットとの均衡点らしい。






下に日本記者クラブにおける安部首相の「成長戦略スピーチ」(全文)を掲載しますが、自ら”私の成長戦略の全体像”といってますが、高邁な理念の披瀝であり、アベノミクスの成長戦略の説明文書ではありません。これはこれとしてその理念の価値は認めますが、経済産業の面から求めている成長戦略の指針説明文書からは程遠く、違和感すら覚えました。直截に言えば不安を覚えました。成長戦略の担い手は民間企業なんですから。
雇用で問題なのは、今は永続的な仕事の場が無いことが病根なのに、成熟産業から成長産業への労働移動の仕組みを創ろうとしていることは、無意味だとは言いませんが、病根退治の処方箋が違うと思う。





成長戦略スピーチ


平成25年4月19日 安倍総理「成長戦略スピーチ」日本記者クラブにて

1.はじめに

 213年前の今日、閏4月19日、一人の男が、江戸を旅立ちました。日本最初の実測地図作成で、多くの方もご存じの伊能忠敬です。今日は、彼が、最初の地図を作るため北海道に向け出発した、記念すべき日であります。

 齢、55歳。すでに隠居していた伊能忠敬は、「人生50年」と言われた時代に、むしろ50歳から天文学を学び、測量を始めました。

 17年かけて、歩いた距離は4万km。地球1周と同じ。まさに執念の測量でした。そうして完成した地図は、その正確さに幕末にやってきた欧米人の人々も驚いたほどであった、と言います。

 いかに困難と思える課題でも、あきらめない強い「意志」があれば、必ず乗り越えることができる。「行動」を起こすのに、「遅すぎる」ということはありません。伊能忠敬の偉業は、現代の私たちを勇気づけてくれます。

(政権発足からほぼ4か月)
 遅れる復興、長引くデフレ、危機的な状況にある教育、傷ついた日本外交、主権への相次ぐ挑発。

 山積する国家的な危機に、政権発足からほぼ4か月経った今も、日々格闘しています。しかし、政治に「これだけやれば解決する」というような近道はありません。

 伊能忠敬が、一歩一歩、歩きながら地図を作っていったように、一つひとつ、決断と実行を積み重ねていく他に、結果を出す道はありません。

 遅れる復興には、復興庁が前面に出て、現場と直結する体制をつくりました。私自身、毎月、根本大臣と被災地に足を運び、現場の声を聞き、復興の妨げとなっている手続きを見直すなど、地味ですが、一つひとつ答えを出してきました。

 2月にアメリカを訪問し、オバマ大統領との会談により、緊密な日米同盟の完全な復活を内外に発信することができました。その結果をふまえて、TPPへの交渉参加を決定しました。これからが、日本の外交力勝負です。

 基本的な価値を共有する東南アジア3か国を皮切りに、先月はモンゴルを訪問いたしました。東アジアの今後の安定を築く上で、極めて有意義な訪問でした。世界地図を俯瞰するような視点で、戦略的な安全保障外交を展開していこうと考えています。

 他方で、北朝鮮が、挑発的な言動を繰り返すなど、日本を取り巻く安全保障環境は、依然厳しい状況にあります。

 私は、何としても、国民の生命と安全を守り抜く。その覚悟です。

 そもそも、挑発的な行動は北朝鮮にとって何の利益にもならない、むしろ状況はますます厳しくなる、ということを認識させねばなりません。

 そのためにも、国連が決議した制裁を各国が確実に実施するとともに、日本は、米国や韓国、中国、ロシアと連携しながら、挑発を繰り返すことのないよう、国際社会の一致したメッセージを出していきます。

 経済の立て直しに向けては、「三本の矢」を力強く射込んできました。

 「次元の違う」政策が必要、との認識のもと、従来の政策枠組みを大胆に見直す共同声明を、日本銀行との間にとりまとめました。2%の物価安定目標の実現に向けて取り組むことを明確にしました。黒田総裁らを新たに任命し、そのもとで、大胆な金融政策が果断に実行されています。

 補正予算も成立し、機動的な財政政策も、いまや実行の段階に入っています。

 その果実を一刻も早く国民に行き渡らせるため、私自身、「可能な限り報酬の引上げを行ってほしい」と産業界に直接要請を行いました。税制でも、利益を従業員に還元する企業を応援しております。

 今年の春闘では、ボーナスの満額回答など、従業員の報酬引上げを決めた企業が相次ぎました。

 4か月前と比べて、どうでしょうか。世の中の雰囲気は、明るくなってきたのではないでしょうか。

 街角景気のウォッチャー調査では、景況感が過去最高となりました。中小企業の景況感も、21世紀で最高の水準となる見込みです。

 しかし、ここで満足するわけにはいきません。この明るい兆しを、さらに力強く、持続的なものとしなければなりません。

 いよいよ「三本目の矢」である「成長戦略」の出番です。今日は、この場をお借りして、その一端をお話させていただきます。


2.成長戦略の3つのキーワード

 まず、私の成長戦略の全体像を語りたいと思います。そのキーワードは3つです。「挑戦:チャレンジ」、「海外展開:オープン」、そして、「創造:イノベーション」です。

(挑戦:チャレンジ)
 人材、資金、土地など、あらゆる資源について、その眠っている「可能性」を、存分に発揮させる。そして、生産性の低い分野から、生産性の高い分野へ、資源をシフトさせていくこと。「成長」とは、それを実現していくことに他なりません。

 いったん資源が配分されると、既存の産業で固定されがちです。これを動かすことは、並大抵のことではありません。まさに、「チャレンジ」であると言えましょう。

 一本目の矢によって、「資金」を潤沢に市場に流し込みます。二本目の矢は、その「資金」を、成長分野にふりむけるためのトリガーです。官民ファンドは、リスクマネーを市場に供給することで、成長産業への投資を生み出そうとするものです。

 成長戦略の先駆けとして、市場に存在していた「資金の目詰まり」を取り除きつつあります。ようやく民間投資も動き始めています。企業の設備投資意欲は、昨年末から急回復しています。

 「人材」資源も、活性化させねばなりません。

 優秀な人材には、どんどん活躍してもらう社会をつくる。そのことが、社会全体の生産性を押し上げます。

 現在、最も活かしきれていない人材とは何か。それは、「女性」です。

 女性の活躍は、しばしば、社会政策の文脈で語られがちです。しかし、私は、違います。「成長戦略」の中核をなすものであると考えています。

 女性の中に眠る高い能力を、十二分に開花させていただくことが、閉塞感の漂う日本を、再び成長軌道に乗せる原動力だ、と確信しています。

 具体策については、後ほど詳しくお話しさせていただきます。

 日本の未来を担うこととなる、若者には、まず、その能力をどんどん伸ばしてもらわねばなりません。

 これも、具体策は、後ほどお話しますが、「国際人材」でなければ、国際的な大競争時代を乗り切れない。そう考えています。

(海外展開:オープン)
 私たちは、国際的な大競争から逃れることはできません。であれば、むしろ打って出るしかない。それが、成長戦略の二つ目のキーワードである「海外展開:オープン」です。

 今や、ものづくり製造業だけではありません。食文化も、医療システムも、教育制度も、交通・エネルギーインフラも、すべてが、世界で売り買いされる時代です。

 そのためには、従来のモノの貿易ルールを超えて、知的財産や投資、標準といった新たな分野のルールを創っていく必要があります。

だからこそ、アジア・太平洋、欧州などとの経済連携交渉を、積極的に進めていきます。

 TPPが目指す経済秩序は、アジア・太平洋全体の新たなルールづくりのたたき台になることは間違いありません。その中心に、日本が存在するために、私は、交渉参加をすみやかに決断しました。

 インフラや制度に関わるビジネスは、多くの国で、政府のコントロールのもとにあります。何と言っても、首脳外交が「ものを言う」世界です。

 いよいよ、経済外交をスタートします。

 近く、ロシアと中東を訪問し、食文化、エネルギー、医療システムなど幅広い分野で、トップセールスで、海外展開の動きを本格化させます。

 特に、医療の分野では、日本は、年間2兆円の貿易赤字となっています。それも、この5年間で8000億円増えています。国内の医療ニーズはどんどん高まることが予想されており、逆に、打って出なければ赤字はさらに拡大していくこととなりかねません。

 日本にも、強い分野はあります。例えば、CT・MRIを使った画像診断においては、日本は世界最先端を走っています。ガン治療に用いられる粒子線でも、世界トップレベルの技術を持っています。

 新興諸国では、生活水準が上がるにつれて、感染症から、ガンや脳卒中などの生活習慣病へと、疾病傾向が変化しています。日本の高い技術の出番です。

 ロシアでは、5月からウラジオストクに、「日本式画像診断センター」が開所します。さらに、今回のロシア訪問を機に、粒子線治療施設を建設するため、日露で協力する動きも進んでいます。

 中東でも、アラブ首長国連邦のアブダビに、世界最先端の粒子線治療を行うことができる「日本UAE先端医療センター」構想を推進することについて、次の中東訪問の際に、合意したいと思います。

 そのためには、日本の高度な医療技術を、世界に展開する母体が必要です。来週、政府が音頭をとって、20を超える医療機器メーカーと50を超える医療機関が連携して、新たな体制を創ります。この「メディカル・エクセレンス・ジャパン」のもと、国際医療協力を新たな成長の種としていきます。

(創造:イノベーション)
 日本の医療産業が、高い競争力を持つためには、次々と「イノベーション」を起こしていく他に道はありません。

 「市場と技術の大きな出会い」とも呼ぶべき、革新的な「価値」を創造する「イノベーション」は、官民が一体となって協力しなければ、生まれません。

 世の中のニーズに応える「あるべき社会像」を、国が明確に示した上で、その実現のために、政府も民間も投資を集中させることにより、新たな成長産業を生み出すアプローチです。特定の産業を、国がターゲットするのではありません。

 何も新しいことではありません。過去にもやってきたことです。例えば、「東海道新幹線の建設」。

 「超特急列車、東京―大阪間3時間への可能性」。

 この議論が初めて世に出た昭和32年、東京・大阪間は、特急列車でも、7時間かかっていました。それを半分以下に短縮するのは、誰もが「夢見る世界」でありました。

 技術的には困難だらけの挑戦。しかし、「3時間で結ぶ」という目標に政府がコミットしたことで、空気抵抗を少なくする流線型車体、振動を除去する油圧式バネなど、様々な「イノベーション」が生まれました。

 東京オリンピック前の開業を目指し、車両製造など膨大な量の「需要」が生まれ、そこから、多くのすそ野「産業」が生まれました。

 さらに、「より速く」という世界共通の夢の実現は、「日本の新幹線」を「世界の新幹線」へと押し上げ、「鉄道」は輸出産業になりました。

 誰もが夢見る「あるべき社会像」を見定め、その実現に向けてあきらめないことが、新たな需要と産業を生み出します。そして、その目指す社会像が世界も求めるものなら、その技術は必ずや世界に輸出できます。

 今後策定する成長戦略では、健康長寿、エネルギー、インフラ、地域活性化といった分野で、それぞれ「あるべき社会像」を提示し、その実現に向けてどういう政策が必要かを検討してまいります。


3.「健康長寿社会」から創造される成長産業

 今日は、その中でも、代表例である「健康長寿社会」に向けた戦略を、ご紹介したいと思います。

 従来の医療は、「疾病治療」が中心でした。病気になった後に治療する、というやり方です。そのおかげで、日本は、世界に冠たる「平均寿命」の長い国となりました。

 しかし、「健康寿命」は、平均寿命より6歳から8歳低いとも言われています。本来の寿命が来るまでに、病気で苦しんだり寝たきりになる期間があります。

 私が目指すのは、同じ長寿でも、病気の予防などに力を入れることで、「健康」な体の維持を重視する社会です。

 「健康」は、誰もが求める、世界共通のテーマです。「健康長寿社会」が構築できれば、必ずや日本から世界にも広がると信じています。

(規制・制度改革)
 その鍵の一つが、再生医療・創薬です。山中教授のノーベル賞受賞に象徴されるように、iPS細胞の利用など、この分野の「研究」で日本が世界一であることは間違いありません。

 この研究の強みを、さらに高めるために、私は、iPS細胞研究に対し、10年間1100億円程度の研究支援を行うこととしました。

 しかし、「実用化」では、日本は大きく出遅れています。治験中のものも含めた再生医療製品の承認状況を比較すると、米国97、欧州62、韓国45に対して、日本は6しかありません。

 再生医療の実用化・産業化を力強く進めるため、大胆に規制・制度を見直していきたいと思います。

 例えば、再生医療について、お医者さんが、患者さんの細胞を培養して移植する医療行為を行う場合、現行制度では、お医者さん自身が培養・加工を行わなければならず、外部に委託する仕組みがありません。

 先日、東京女子医大の研究施設を訪問しました。

 早稲田大学の理工学部との医工連携により、「細胞シート」技術を利用して、培養を大量に行う自動化機械の開発が進んでいます。こうした技術が確立すれば、移植するお医者さん自身が培養を行うよりも、民間に外部委託することで、より安全で、安価な再生医療が可能となります。

 現在、外部委託を可能とする新たな法案の準備を進めており、今国会に提出したいと考えています。

 心筋シートなどの再生医療製品をつくる場合には、薬事法に基づく承認を受ける必要があります。これについても、審査期間を大幅に短縮できるように、少数の患者による有効性の確認でも市販を可能とする薬事法改正案を、今国会に提出し、早期に実用化できる環境を整えます。

 この法案では、医療機器についても大胆な規制緩和を行います。心臓ペースメーカーなどを除いて、民間の第三者機関の認証も認めることで、審査のスピードアップを図ります。

 あわせて、医療機器の製造を請け負うメーカーを認可制から登録制に緩和することで、技術を持った「ものづくり中小・小規模企業」が、この分野に進出できるようにしたいと思います。

(日本版NIH)
 私は、潰瘍性大腸炎という難病で、前回、総理の職を辞することとなりました。

 5年前に、画期的な新薬ができて回復し、再び、総理大臣に就任することができました。しかし、この新薬は、日本では、承認が25年も遅れました。

 承認審査にかかる期間は、どんどん短くなってきています。むしろ、問題は、開発から申請までに時間がかかってしまうことです。国内の臨床データの収集や治験を進める体制が不十分であることが、その最も大きな理由です。

 どこかの大学病院で治験をやろうとしても、一か所だけでは病床数が少ないので、数が集まらない。別の病院の病床を活用しようとしても、データの取り方もバラバラで、横の連携がとりにくい。結果として、開発などに相当な時間を要してしまいます。

 再生医療のような未踏の技術開発は、成果につながらないリスクも高く、民間企業は二の足を踏みがちです。そのため、新たな分野へのチャレンジほど、進歩は遅れがちです。

 こうした課題に19世紀に直面した国がありました。アメリカです。

 19世紀後半、多くの移民が集まり、コレラの流行が懸念されました。民間に対応をゆだねる余裕もなく、国が主体となって研究所をつくってコレラ対策を進めました。ここから、時代を経て、「アメリカ国立衛生研究所/NIH」が生まれました。

 国家プロジェクトとして、自ら研究するだけでなく、民間も含めて国内外の臨床研究や治験のデータを統合・集約する。そして、薬でも、医療でも、機器でも、すべての技術を総動員して、ターゲットとなる病気への対策を一番の近道で研究しよう、という仕組みです。

 その結果、NIHは、心臓病を半世紀で60%減少するなど、国内の疾病対策に大きな成果をあげています。さらに、現在、ガンの研究所やアレルギーの研究所など、全部で27の研究機関・施設を抱え、2万人のスタッフを擁して、世界における医療の進歩をリードしています。

 日本でも、再生医療をはじめ、「健康長寿社会」に向けて、最先端の医療技術を開発していくためには、アメリカのNIHのような国家プロジェクトを推進する仕組みが必要です。いわば「日本版NIH」とも呼ぶべき体制をつくりあげます。

 統一的な基盤をつくって国内外の臨床研究や治験について、データを統合し、製薬メーカー、機器メーカー、病院が一体となって取り組みます。

 官民一体となって、研究から実用化までを一気通貫でつなぐことで、再生医療・創薬など最新の医療技術の新たな地平を、私が先頭に立って切り開いてまいります。

(難病対策)
 先日、一人の女の子から手紙をもらいました。

 今年小学校を卒業したその女の子は、生まれつき小腸が機能しない難病で、幼いころから普通の食事はしたことがなく、すでに8回も手術を受けています。

 iPS細胞の研究への期待を込めながら、手紙はこう結ばれていました。

 「治療法が見つかれば、とっても未来が明るいです。そして、なんでも食べられるようになりたいです。」

 前向きに希望を持って生きていこうとしている、こうした小さな声にもしっかりと耳を傾け、応えていくことも政治の責任であり、役割です。

 特に、難病から回復して、再び総理大臣となった私には、難病で苦しむ人たちの視点に立った政策を進めていく、「天命」とも言うべき責任があります。

 「日本版NIH」を設立したあかつきには、国家プロジェクトとして、難病研究を一気に加速させていきたいと考えています。そのことにより、 現在、難病で苦しんでいる皆さんにも、将来に「希望」を持っていただける社会を構築してまいります。

 それこそが、あるべき「健康長寿社会」です。新たな産業につながる、成長戦略の柱として、進めてまいります。


4.全員参加の成長戦略

 さて、難病で苦しんでいる人だけではありません。すべての人が、意欲さえあれば、活躍できるような社会を創ることが、成長戦略です。

 老いも若きも、障害や病気を抱える方も、意欲があれば、どんどん活躍してもらいたいと思います。一度や二度の失敗にへこたれることなく、何度でも、その能力を活かしてチャレンジできる社会をつくりあげます。

 すべての人材が、それぞれの持ち場で、持てる限りの能力を活かすことができる「全員参加」こそが、これからの「成長戦略」の鍵であると思います。

 高度成長時代の「所得倍増計画」を理論づけた下村治博士は、「経済成長の可能性と条件」と題した論文の中で、こう論じています。

 成長政策とは、「日本の国民が現にもっている能力をできるだけ発揮させる条件」をつくることだ、と。

 下村博士は、当時4500万人いた就業者が、「非常に高い潜在的な能力を持っているにもかかわらず」、創造的な能力を「発揮できる機会が少ない」ことを指摘し、「機会」さえしっかりと与えられれば、日本経済は成長できる、と説きました。

 この下村博士の言葉は、現在も、普遍的な価値を持っていると考えます。

(失業なき労働移動)
 昨年末に政権が発足してからのわずか3か月で、それまで低迷していた新規求人数は4万人増えました。一本目と二本目の矢は、確実に、新たな雇用という形でも、成果を生み出しつつあります。

 雇用を増やしている成長産業に、成熟産業から、スムーズに「人材」をシフトしていく。「失業なき労働移動」は、成長戦略の一つです。

 成長産業のニーズにあうよう、労働者の能力アップが必要です。受け入れ企業が、訓練を行う場合にその費用を支援する「労働移動支援助成金」を大幅に増やします。

 成長産業と労働者のマッチングを円滑に実施するための第一歩として、3か月間のお試し雇用を支援する「トライアル雇用制度」を拡充します。

 政府のハローワークに仕事を紹介してもらった場合だけに利用できる現行制度を見直し、求職者の目線で、民間の紹介ビジネスや、母校のキャリアセンターによる場合にも、利用できるようにします。これは、労働移動マッチングへの民間の活力をいかす第一歩でもあります。

 支援対象も、学卒で未就職の若者などに、大幅に拡大していきます。


5.世界に勝てる若者

 将来の我が国を担う若者たちには、もっと能力を伸ばしてもらわねばなりません。

 企業が求めている、社会保険労務士など、各種資格を取得するために頑張る若者たちには、「自発的キャリアアップ制度」を創設して、応援したいと考えています。

 ただし、国際的な大競争時代にあって、求められているのは、「国際人材」です。今、必要なのは、「世界に勝てる若者」なのです。

 しかし、日本の若者たちは、むしろ内向きになっています。日本人の海外留学者数は、2004年の8万3千人をピークに減少に転じ、2010年は5万8千人まで、3割も減りました。

 そこでまず、「JENESYS 2.0」をスタートさせました。

 アジアの多くの若者たちに、日本に来てもらい、日本の若者たちと交流する。そこから、日本の若者たちが、大いなる刺激を受け、アジアの国々に理解を深め、外に目を向けるきっかけを作るのが目的の一つです。

 課題になるのは、コミュニケーションの基礎となる「言語」です。高橋是清は、アメリカで奴隷契約書に誤ってサインしてしまうという辛酸をなめ、命がけで、英語を「身につけた」という話もありますが、それは過去のことです。

 若者たちが、使える英語を「身につける」ことを必須とする環境を、あらゆる場面でつくっていくことが必要だと考えています。

 まず隗より始めよ。公務員試験については、生きた英語を必須とするよう、指示を出しています。

(就職活動の後ろ倒し)
 海外留学にチャレンジしようという若者たちが、評価こそされても、不利益を受けるようなことはあってはなりません。

 ただ、大学へのアンケートでは、7割近くが、帰国後、就職などのために留年する可能性を、「海外留学への障害」として挙げています。

 加えて、就職活動が大学3年生の途中から始まってしまうことについては、「学業に集中できない」という指摘もあります。

 世界との大競争時代に、日本の将来を担う若者が、目の前の就職活動にとらわれ、内向きで、能力を伸ばす機会を失うのは、看過できません。

 そのため、大学生が、3年生まで学業に集中し、そして、留学から帰ってきても就職活動に遅れが生じないようにします。現行の就職活動のスケジュールを、3~4か月程度うしろに倒し、春休みになる3月から広報活動開始、留学生たちも帰国した8月から採用選考活動ができるようにすべきだと考えます。

 これについては、先ほど、私から直接、経団連など経済三団体にお願いをして、前向きに協力するとの回答をいただきました。

 若者たちが、自分たちの可能性をさらに伸ばし、そして、その可能性が発揮される職場を見つけることができるよう、応援してまいります。


6.女性が輝く日本

 さて、ようやく、私の成長戦略の中核である「女性の活躍」について、お話させていただきます。

 「社会のあらゆる分野で2020年までに指導的地位に女性が占める割合を30%以上とする」という大きな目標があります。

 先ほど、経済三団体に、「全上場企業において、積極的に役員・管理職に女性を登用していただきたい。まずは、役員に、一人は女性を登用していただきたい。」と要請しました。

 まず隗より始めよ、ということで、自由民主党は、四役のうち2人が女性です。こんなことはかつてはなかったことであります。2人とも女性の役員では、日本で最も注目される女性役員として活躍いただいています。そのおかげかどうかはわかりませんが、経済三団体からはさっそく前向きな回答をいただけました。

 ただ、足元の現実は、まだまだ厳しいものがあります。

 30代から40代にかけての女性の就業率がガクンと下がる、いわゆる「M字カーブ」の問題については、少しずつ改善の傾向にありますが、ヨーロッパの国々などと比べると、日本はまだまだ目立っています。

 いまだに、多くの女性が、育児をとるか仕事をとるかという二者択一を迫られている現実があります。

(待機児童解消加速化プラン)
 「待機児童」は、全国で2万5千人ほどいます。深刻です。

 しかし、「全国で最も待機児童が多い」という状況から、あの手この手で、わずか3年ほどで、待機児童ゼロを実現した市区町村があります。「横浜市」です。

 やれば、できます。要は、やるか、やらないか。

 私は、待機児童の早期解消に向けて、このいわば「横浜方式」を全国に横展開していきたいと考えています。

 まず、これまで国の支援対象ではなかった認可外保育施設についても、将来の認可を目指すことを前提に、力強く支援します。

 これまで支援の対象としてこなかった20人未満の小規模保育や、幼稚園での長時間預かり保育も、支援の対象にします。

 さらに、賃貸ビルなども活用して、多様な主体による保育所設置・新規参入を促すとともに、事業所内保育の要件を緩和して、即効性のある保育の受け皿整備を進めてまいります。

 保育士も確保しなければなりません。

 保育士の資格を持つ人は、全国で113万人。しかし、実際に勤務している方は、38万人ぐらいしかいません。7割近い方々が、結婚や出産などを機に、第一線から退き、その後戻ってきていません。

 保育士の処遇改善に取り組むことで、復帰を促してまいります。

 このような総合的な対策である「待機児童解消加速化プラン」を用意しました。

 「子ども・子育て支援新制度」のスタートは、2年後を予定しておりました。しかし、そんなに時間をかけて、待ってはいられません。状況は、深刻です。

 そのため、今年度から、このプランを直ちに実施します。

 平成25・26年度の二年間で、20万人分の保育の受け皿を整備します。さらに、保育ニーズのピークを迎える平成29年度までに、40万人分の保育の受け皿を確保して、「待機児童ゼロ」を目指します。

 その実現のためには、保育の実施主体である市区町村にも、同じ目標に向かって、本気で取り組んでもらわなければなりません。

 政府としても、最大限の努力を行い、意欲のある市区町村を全力で支え、「待機児童ゼロ」を目指します。

(3年間抱っこし放題での職場復帰支援)
 妊娠・出産を機に退職した方に、その理由を調査すると、「仕事との両立がむずかしい」ことよりも、「家事や育児に専念するため自発的にやめた」という人が、実は一番多いのです。

 子どもが生まれた後、ある程度の期間は子育てに専念したい、と希望する方がいらっしゃるのも、理解できることです。

 現在、育児・介護休業法によって認められている育児休業の期間は、原則として1年となっています。しかし、これもアンケートをとると、1年以上の休業をとりたいという方が、6割にものぼっています。子どもが3歳ぐらいになるまでは、育児に専念したいという人が、3割もいるのが現実です。

 「女性が働き続けられる社会」を目指すのであれば、男性の子育て参加が重要なことは当然のこととして、こうしたニーズにも応えていかねばなりません。3歳になるまでは男女が共に子育てに専念でき、その後に、しっかりと職場に復帰できるよう保証することです。

 そのため、本日、経済三団体の皆さんに、法的な義務という形ではなく、自主的に「3年育休」を推進してもらうようお願いしました。

 ただお願いするだけではありません。「3年育休」を積極的に認めて、子育て世帯の皆さんの活躍の可能性を大いに広げようとする企業に対しては、政府も、新たな助成金を創るなど応援していこうと思います。

 ブランクが長くなると、昔やっていた仕事であっても、ついていけるかどうか不安になることもあるでしょう。

 こうした皆さんが、仕事に本格復帰する前に、大学や専門学校などで「学び直し」できるよう、新たなプログラムも用意することで、「3年間抱っこし放題での職場復帰」を総合的に支援してまいります。

(子育て後の再就職・起業支援)
 子育てに専念する経験も、貴重なものです。私は、むしろ、子育てそれ自体が、一つの「キャリア」として尊重されるべきものですらある、と考えています。

 実際、自らの経験に基づいて、「外出先でも授乳できる授乳服」を開発して会社を立ち上げ、20億円規模の新たな市場を開拓した女性もいらっしゃいます。

 子育てを経験した女性ならではの斬新な目線は、新たな商品やサービスにつながる「可能性」に満ちたものです。

 ぜひともその経験を、社会で活かしてほしい、と強く願います。

 そのため、育児休業ではなく、一旦会社を辞めて、長年子育てに専念してきた皆さんにも、いつでも仕事に復帰できるよう応援していきます。

 長年子育てに専念してきた皆さんに対して、新たなインターンシップ事業や、トライアル雇用制度を活用して、再就職を支援していきます。

 さらに、子育ての経験を活かし、この機に自分の会社を立ち上げようという方には、起業・創業時に要する資金援助も用意します。

 仕事で活躍している女性も、家庭に専念している女性も、すべての女性が、その生き方に自信と誇りを持ち、輝けるような日本をつくっていきたいと思います。


7.おわりに

 「挑戦」、「海外展開」、そして「創造」。成長戦略のための新たな「三本の矢」を束ねることで、日本は、再び成長という階段を登り始めることができると信じます。

 最後に、先ほどの下村博士の別の言葉で締めくくりたいと思います。

 これは、「成長政策の基本問題」と題する昭和35年の論文の序文にある言葉です。本格的な高度成長に入ろうとしていた日本への下村博士の強いメッセージです。

 「10年後のわれわれの運命を決定するものは、現在におけるわれわれ自身の選択と決意であり、創造的努力のいかんである。この可能性を開拓し実現するものは、退嬰的・消極的な事なかれ主義ではなく、意欲的・創造的なたくましさである。日本国民の創造的能力を確信しつつ、自信をもって前進すべきときである。」

 私は、日本国民の「能力」を信じます。日本国民の力によって、もう一度日本経済は力強く成長します。そう信じて、「次元の違う」成長戦略を策定し、果敢に実行してまいります。





平成 25 年第8回経済財政諮問会議議事要旨(年4月 18 日(木))

“日本と世界を持続的に成長させる新し い仕組み” ~公益資本主義を活用したシステム~(原 丈人)

目指すべき市場経済システムに関する専門調査会の設置について




平成25年4月12日 月例経済報告等に関する関係閣僚会議

我が国経済の基調判断として、現状については、「景気は、一部に弱さが残るものの、このところ持ち直しの動きがみられる」としています。

 先行きについては、「輸出環境の改善や経済対策、金融政策の効果などを背景に、マインドの改善にも支えられ、次第に景気回復へ向かうことが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。また、雇用・所得環境の先行き等にも注意が必要である」としています。


4月例経済報告





安倍首相はトップセールスでモンゴルを訪問した、次元の違う国際展開戦略を実践すべく、安全で効率的かつ低廉なエネルギーを求めて

また平成25年3月28日、内閣府の重要会議の一つ平成25年第2回となる総合科学技術会議冒頭のあいさつで安倍総理は、次のように述べました。

安倍内閣におけるイノベーション政策は、技術のための技術に陥らず、「成長のためのイノベーション」となるよう、全力を挙げていくこととしたいと思います。本日は、成長戦略の策定のために、次世代インフラとエネルギーの2分野について、議論をスタートしていただくことになっています。
 インフラは、国民生活や経済活動を支える重要な基盤である一方、その多くで今日老朽化が進むなど、早急な対応が求められています。
 また、エネルギーについても、国際価格の高騰等我が国を取り巻くエネルギー事情が中長期的に厳しさを増している中で、安全で効率的かつ低廉なエネルギーの確保は、今後の経済社会の成長と安定にとって極めて重要です。
 こういった課題を解決して大きく成長につなげていくために、両分野においてコアとなる科学技術イノベーションとは何か。閣僚や有識者議員の皆様で議論をして、まとめていただきたいと思います。
 併せて、こうした提言が絵に画いた餅とならぬためにも、総合科学技術会議の機能強化策について、権限、そして予算両面においてこれまでにない強力な推進力を発揮できるよう、引き続き具体化の努力をお願いしたいと思います。」

配付資料を読みながら、使命感溢れる民間議員の提言資料と大臣補佐の官僚作成資料との質の格差に危機感を感じました。そしてアベノミクス第3の矢である成長戦略の死命を制するものは、非常に不幸なことに、経済産業大臣の強力なリーダーシップとその政策具現化を担ういくたりかの経産官僚達の働きそのものなのだとの印象を強く持ちました。
それは、同様に、茂木経済産業大臣とともに産業競争力会議・総合科学技術会議 両方の議員である山本 一太 内閣府特命担当大臣(科学技術政策)についても云えることです。入り組んだ原子力関連の調整次第では、エネルギーミクスに致命的な悪影響を齎しかねないからです

   ----------------------------------------------------------------------


平成25年3月28日(木)第108回総合科学技術会議議事要旨

【下村文部科学大臣】

先ず、2030 年の実用化を見据えた中期的な研究開発について、取組を御説明申し上げたと
思う。再エネ・省エネの徹底的な導入・推進の為には、革新的な研究開発が必要である訳であ
る。特に太陽光や風力は変動が大きい為、エネルギーの貯蓄・輸送の技術革新が不可欠である
と思う。
2030 年の実用化を目指し、新しい蓄電池の研究開発や、エネルギーを化学物質に変換して
大量貯蔵・輸送可能とするエネルギーキャリアの研究開発を経済産業省と連携し、平成 25 年
度から開始する予定
である。
また、将来のエネルギー資源として期待されるメタンハイドレードについては、海底下から
取り出す技術開発に地球深部探査船「ちきゅう」が貢献。

更に競争力強化の重要要素である稀少元素の使用量の削減についても関係省庁と連携して推
進していく。


クリーンかつ経済的なエネルギー需給の実現に向けて(佐藤 康博)

エネルギー分野の「戦略市場創造プラン」 -成長に向けた攻めのエネルギー政策-(経済産業大臣 茂木敏充)

再生可能エネルギーを活用した “新しい成長”のかたち(環境大臣 石原伸晃)

クリーンで経済的なエネルギーの実現のために(総合科学技術会議本会議(3 月 28 日開催)有識者議員提出資料 )

クリーンで経済的なエネルギー の実現のために (総合科学技術会議本会議(3 月 28 日開催)有識者議員提出 参考資料)

次世代インフラの構築に向けて (総合科学技術会議本会議(3 月 28 日開催)有識者議員提出資料 )


国際展開戦略について(経済再生担当大臣 甘利 明 2/18)

「次元の違う国際展開戦略」に向けて(秋山咲恵)

国際展開戦略について(佐藤 康博)



産業競争力会議 議員名簿(平成 25 年1月 23 日現在)

議 長 安倍 晋三 内閣総理大臣

議長代理 麻生 太郎 副総理

副 議 長 甘利 明 経済再生担当大臣
兼 内閣府特命担当大臣(経済財政政策)
同 菅 義偉 内閣官房長官
茂木 敏充 経済産業大臣

議 員 山本 一太 内閣府特命担当大臣(科学技術政策)
同 稲田 朋美 内閣府特命担当大臣(規制改革)
同 秋山 咲恵 株式会社サキコーポレーション代表取締役社長
同 岡 素之 住友商事株式会社 相談役
同 榊原 定征 東レ株式会社代表取締役 取締役会長
同 坂根 正弘 コマツ取締役会長
同 佐藤 康博 株式会社みずほフィナンシャルグループ取締役社長 グループ CEO
同 竹中 平蔵 慶應義塾大学総合政策学部教授
同 新浪 剛史 株式会社ローソン代表取締役社長 CEO
同 橋本 和仁 東京大学大学院工学系研究科教授
同 長谷川閑史 武田薬品工業株式会社代表取締役社長
同 三木谷浩史 楽天株式会社代表取締役会長兼社長



総合科学技術会議名簿 (平成25年3月1日現在)
     
議長 安倍 晋三 内閣総理大臣

議員 閣僚 菅 義偉 内閣官房長官
        山本 一太 科学技術政策担当大臣
        新藤 義孝 総務大臣
        麻生 太郎 財務大臣
        下村 博文 文部科学大臣
        茂木 敏充 経済産業大臣

    有識者 久間 和生(常勤議員) 元三菱電機株式会社常任顧問
        原山 優子(常勤議員) 元東北大学大学院工学研究科教授
        青木 玲子(非常勤議員) 一橋大学経済研究所教授
        内山田 竹志(非常勤議員) トヨタ自動車株式会社取締役副会長
        中鉢 良治(非常勤議員) ソニー株式会社取締役代表執行役副会長
        橋本 和仁(非常勤議員) 東京大学大学院工学系研究科教授
        平野 俊夫(非常勤議員) 大阪大学総長

   関係機関の長大西 隆(注1)(非常勤議員) 日本学術会議会長





以下は 2013年3月26日開催 第7回経済財政諮問会議の議事要旨に対する 思いと判断 です。


使命感溢れる心強い民間議員の、茂木大臣への果断な諌言(政策の方向性)。見事な骨太の指針。
*******************************************************************

甘利内閣府特命担当大臣 記者会見
平成25年3月26日(火曜日)19時04分~19時35分

(問)自民党は10年以内にエネルギーミックスのあり方を示すと公約していたわけですが、今日はできるだけ早急に決めてほしいという要望がありました。これに対して政府としてどういうふうに応えていくか、お考えを教えていただけますか。

(答)産業競争力会議や経済財政諮問会議等々、民間議員の方々の御心配は、エネルギーミックスを余り超長期の策定でなくて、ゼロベースでマイナス25%を見直すということの関連もあり、できるだけ前倒しして取り組んでいったほうがいいのではないかという御提言であります。
党で取りまとめましたのは、茂木政調会長の時代でありますけれども、それぞれの電源についての見通しがはっきりしてくるには10年ぐらいを見据えたほうがいいのではないかということでありました。
たしか、3年以内に全ての原発の安全性の確認を終えると。そうすると使えるもの、使えないものが、見通しが出てくると。それから、向こう3年間、新エネを徹底的に推進していく、省エネも進めていくと。そうすると、新エネがどれくらいを担えるかの未来像が分かると。省エネがどれくらいの可能性が見込めるか見えてくると、等々で新しいエネルギーミックスが、見通しが確定してくるのに10年かかってくるのではないかということですが、それをもっと前倒しをできないかという要請であります。
こうした昨日、今日の議論を茂木経済産業大臣のところで受け止めて、可能か、もし可能ならどれくらいのスパンで可能なのか、検討されると思っております。






平成25年年3月26 日 第7回経済財政諮問会議議事要旨



経済財政政策から見たエネルギー戦略について

平成 25 年3月 26 日
伊 藤 元 重
小 林 喜 光
佐々木 則夫
高 橋 進


「回復の 10 年」を通じた強い日本の実現を図るには、成長戦略及びマクロ経済運
営において、エネルギー戦略はきわめて重要である。また、文化的経済的に開かれ
た国家、世界が直面する大きな課題に対して発信力を有するリーディング国家であ
るためには、資源・エネルギーの安全保障の確保や地球温暖化問題等の課題解決
にリーダーシップを発揮するべきである。こうしたあるべき姿からエネルギー戦略の
あり方を導こうとすれば、以下のような課題が浮かび上がってくる


1 エネルギー戦略において考慮するべき諸課題

(1) マクロレベルの課題
原発停止によるエネルギー供給不安と電力料金の高騰は日本の経済活力を削
ぐ深刻な問題。当面、電力需要ピーク時の節電が大きな課題となるが、生産水
準の回復につれて、電力供給能力が成長制約になるリスクは残る。また、素材
産業などの国内立地が難しくなっていることが、日本の産業構造を大きく変える
要因となりうる。


・ 原発停止に伴う天然ガスや原油の輸入増とエネルギー価格の上昇が、貿易収
支の赤字拡大要因。経常収支も小さな黒字幅に。交易条件悪化を伴うこうした動
きは、実質所得の低下を通じて日本経済に悪影響。経常収支が赤字になれば、
海外に対する純負債増となる。国債市場などにどのような影響が及ぶのか注視
する必要がある。


(2) 産業レベルの課題
・ エネルギーミックスの方向性が決まらないことが、大きな不確実性要因。一刻も
早く将来のエネルギーミックスを明確にしていくことは、民間企業の投資計画を
阻害する不確実性を軽減し、将来の産業構造を見据える上でも重要。


(3) 環境政策との整合性
・ 現行の温暖化ガス排出抑制計画は、原発事故以前の前提条件の下で打ち出し
たもの。11 月の地球温暖化の会議(COP19)までに、従来の 25%削減目標をゼ
ロベースで見直すべき。原発事故を契機にしたエネルギーミックスの見直しとい
う大きな前提の変化を受けて、環境政策の目標と手段についても、再検討が必
要。
なお、エネルギーミックスの明確化なしに環境対策の設定はできない。

4) エネルギー安全保障の確保
・ 日本はエネルギー供給の多くを中東に依存。石油については備蓄があるが、発
電での依存度が高まっている天然ガスについては備蓄しにくい状況。中東での
紛争が起きれば、日本のエネルギー供給は危機的状況に。


2 政策の方向性について
(1) エネルギーミックスと電力システム改革(課題(1)及び(2)へ対応)
・ エネルギーミックスの姿を、当面、中期、長期のそれぞれについて、できるだけ早
急に決めていくべき。その際、原子力規制の対応力を国際標準に引き上げるとと
もに、安全性の確認された原発の再稼動を総合的に判断すべき。政策の方向を
明確に示し、民間企業の積極的な投資を引き出すべき。


・ 「電力システム改革」は、戦後最大の改革。「改革は大胆に、実行は慎重かつ着
実に」という茂木経済産業大臣の方針にそって、着実に改革を進めるべき。実行
計画の策定にあたっては、競争促進によるメリットを享受しつつ、過小投資等で
生じるシステミックリスクを避ける仕組みが重要
。諸外国での実施例を再評価し、
日本に適合するエネルギー安定供給モデルを慎重かつ着実に構築すべき。


(2) グリーン成長と経済のスマート化(課題(2)及び(3)へ対応)
省エネ、環境の分野は、グリーン成長の原動力。社会全体としての省エネを進め
ること、そのためのイノベーションや投資を促進させることは、結果的に日本経済
の国際競争力を高める。省エネや環境政策を単なる対策に終わらせず、日本の
長期的な競争力強化、さらには日本の技術で世界のCO2削減につなげるよう取
組むべき。

・ スマートメーターを活用したスマートハウスやスマートシティーの推進、ディマン
ド・レスポンスの仕組みの積極的な導入などは、都市の姿や私たちのライフスタ
イルを変える大きな原動力。グリーン成長を国民が実感できることにもつながる。
地域の中小中堅企業も含めて多くの企業が参加できる成長であるので、地域活
性化にも大きく資するため、その普及を推進していくべき。

(3) 経済成長と温暖化対応の同時達成(課題(3)対応)
・ エネルギー政策と環境政策は、密接に相互関連。原発事故前に設定された環境
政策は、新たなエネルギーミックスの目標とセットで再点検し、エネルギーミック
スの調整によって、環境政策の姿を修正すべき。そうした点も含めてエネルギー
と環境の両方を見据えた点検が必要。

△ 旧型火力発電設備を新型に置き換えることは、エネルギー効率を高めるだけ
でなく、環境負荷も軽減。環境アセスの簡素化を推進するべき。
△ 火力発電のコストを大幅に下げるために、石炭火力導入も考慮していく必要。
日本全体でのCO2削減量とエネルギーコストとのバランスをとり、産業競争
力と環境対策の両立を図るべき。

△ 日本の持つ省エネ技術が新興国に広がれば、それがもたらす温暖化ガス抑
制効果は多大。こうした効果を量的に把握し、日本の環境への貢献となるよ
うな地球温暖化外交戦略を進めていくべき。

(4) エネルギー供給源の分散化と多様化(課題(1)及び(4)へ対応)
・ 一刻も早くエネルギー供給源の分散化を図るべき。特に、北米や豪州など先進
国からの資源供給ルートを広げる意義は大きい。ロシアや中央アジア諸国から
のエネルギー供給のパイプを太くすることも重要。グローバルな戦略的な取組に
よって、より安価なエネルギーの安定確保を目指すべき。TPPやカナダ・豪州な
どとの経済連携協定の交渉を、日本と北米や豪州との資源開発、投資、長期契
約、協力などを、進めていく場として積極的に活用すべき。

・ 同時に、資源・海洋開発による新たなエネルギー源の開拓や再生可能エネルギ
ーの普及・低廉化を通じ、エネルギー源の多様化を図るべき。
・ 分散電源の活用を進め、再生可能エネルギーを含んだ多様な電源を利用するシ
ステムに移行していくため、送電配電網やガスのパイプラインなど、ネットワーク
インフラの強化が急務。
このための投資額は巨額になるが、経済社会や産業の
あるべき姿から導かれる 10 年後、20 年後のエネルギー利用の姿をベースに、着
実にインフラ強化を進めていくべき。


経済財政政策から見たエネルギー戦略について (内閣府参考資料)


地域活性化に向けて

地域の元気創造プラン 新藤議員提出資料(案)


地 域 の 活 性( 太田 臨時議員=国土交通大臣)


地域活性化に向けて (内閣府参考資料)





 安倍総理は本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

 「エネルギーについては、景気回復を確実にすべく、今夏のエネルギー需給対策に万全を期していきたいと思います。また、安価で安定的なエネルギーの確保は、我が国の産業競争力を確保し、回復の10年を実現するための不可欠の前提であります。このため、茂木大臣は、引き続き関係大臣と調整の上、責任あるエネルギー政策の構築を目指す取組みを進めていただきたいと思います。

経済財政諮問会議議員名簿

議長 安倍 晋三 内閣総理大臣
議員 麻生 太郎 副総理 兼 財務大臣
同 菅 義偉 内閣官房長官
同 甘利 明 内閣府特命担当大臣(経済財政政策)
兼 経済再生担当大臣
同 新藤 義孝 総務大臣
同 茂木 敏充 経済産業大臣
同 黒田 東彦 日本銀行総裁
同 伊藤 元重 東京大学大学院経済学研究科教授
同 小林 喜光 三菱ケミカルホールディングス代表取締役社長
同 佐々木 則夫 株式会社東芝取締役、代表執行役社長
同 高橋 進 日本総合研究所理事長






以下は 2013年3月15日開催 経済産業省 総合資源エネルギー調査会総合部会の議事要旨に対する 思いと判断です。

総合資源エネルギー調査会総合部会(2013年3月15日開催)の審議内容が判明しましたが、
民間委員の問題意識と省益優先・組織防御の経産省(資源エネルギー庁)官僚との間のぬぐい難いギャップと なにより,本来ならば、そのギャップを埋めるべく、強力なリーダーシップにより調整に動くべき立場の茂木経産大臣の大局観(国益)の欠如と問題意識の希薄さを強く感じました(甘利大臣と比べて)ので、本稿を更新することにしました。


今、この時、茂木大臣が民間委員の意見に聞く耳を傾けず、

当面の短期問題の解決(本年度は3年に一度の、エネルギー政策基本法に定めるエネルギーの需給に関する施策の長期的、総合的かつ計画的な推進を図るため、エネルギーの需給に関する基本的な計画(以下「エネルギー基本計画」という。)を見直す年度に当たっている---資料2参照)

に終始するスタンスであり続ける
のならば、このまま進めば、おそらく、本年7月以降に描かれるだろうこの国のグランドデザインと著しい乖離が生じます

原子力について、総合資源エネルギー調査会総合部会と、内閣府原子力委員会が存在し、それらの間でうまく連携せずに、審議すべき事項がなされていないといった、眼を蔽いたくなる官僚の組織防御の愚を許し、

今、また 成長戦略上、ゆるがせにできない エネルギーベストミクスで、またしても、同じ愚を繰り返そうとしている経産官僚に対して強力に発揮すべき政治家の調整力の欠如は この国の不幸(損失)
というものでしょう。


菅官房長官あたりが、強権発動して、”二つの愚”を是正するだろう事を期待するほかないのかな?
原子力のバックエンドにしろ、エネルギーミックスにしろ、アベノミクスの成長戦略に数十兆円単位で関わる話でしょう?
障害の石を避けて迂回するのか、取り除くのかは、思案のしどころ、正念場ですね。安部内閣にとって。

第3回日本経済再生本部における安倍総理指示(1月25日)は ”前政権のエネルギー・環境戦略をゼロベースで見直し、エネルギーの安定供給、エネルギーコスト低減の観点も含め、責任あるエネルギー政策を構築すること。でした。(資料3 参照)
この指示を、茂木経産大臣は、3年に一度のエネルギー基本計画の見直しに、官僚の口車にのって、矮小化してしまっているとしか思えないのです。





(以下 総合資源エネルギー調査会総合部会(第1回)議事概要 抜粋) 


○委員からの御意見
基本問題委員会が終わってからの 4 ヶ月の間に国際社会で起こったことをお伝え
したい。
日本は、国内的には、脱原発の方向で進路をとっている一方、海外には、日米原
子力共同体を前提として原子力を売り出そうとしている。日本の本音はどこにある
のか。整合性のとれる政策をとるべき。


 2012年の貿易収支をみると、LNG 輸入が6.0兆円、石油が12 兆円などであり、貿
易収支 6.9 兆円の赤字となった。エネルギーの安定的な確保は日本にとって極め
て重要。円安であり、さらに重く受け止めなければならない。

軍事利用としての核、平和利用としての原発は裏表であり、切り離すことはできな
い。日米原子力共同体の方向を議論せずにはできない。そういった視点がない、と
いうのが率直な印象。昨年、アメリカは 4 基の原発の新設を認めた。コストや安全
性の確認などが理由ではなく、地政学的な原子力の優位性、核と原発を相関させ
なければならないからである。

技術基盤の蓄積は、廃炉をするにしても極めて重要。
韓国は、IAEA に対して、日本が核燃料サイクルをやめるのであれば韓国がやりた
いといっている。中国はトリウム原発の共同研究をアメリカに持ちかけている。
そう
いうことを視界に入れながら、体系的な意見を出したい。


○委員からの御意見
エネルギー政策は何のためにあるのか、という原点に戻りたい。国民生活と経済
活動の基本的なインフラである。安く、より安定的な供給、クリーンと安全性がより
重要。

まずは資源開発について。自主エネルギー比率倍増となっている現行計画の目標
は可能な限り維持して欲しい。中国と日本の石油開発を見ると、中国は 100 万 BD
の海外開発権を獲得しているが、日本は 50 年以上かけて 70 万 BD。官民の協力
が重要。

独立性のある原子力規制機関ができ、IAEA の 10 の安全原則の第 2 条がようやく
実現したことは歓迎すべき。さらに安全基準を国際標準に合わせて、さらに国際標
準として充実させていくことが必要。
電気料金に対する燃料の低廉な確保、厳正な査定も重要。LNGの共同調達、開発
だけでなく、全国パイプライン網の整備など、民間だけではできないものがあること
を認識すべき。原子力を一定比率持つことも、交渉力強化に不可欠。

市場メカニズムとエネルギー安定供給確保は、必ずしも常に並び立たないことがあ
ることをしっかり認識すべき
。例えば米国は、温暖化、セキュリティから原子力を推
進しているが、FIT について議会で議論し始めている。
エネルギー政策においても、情報の収集や有効活用が重要。日本人が資源開発
などの目的で世界中を飛び回るときの安全確保の観点も重要。

○委員からの御意見
基本問題委員会の議論を全て反故にするのではなく、生かしたい。
エネルギーは、20 年など、リードタイムが長いことを認識すべき。ロードマップの議
論はこの場ではできないと思うが、そういったことを考えたい。
省エネは駆け込み寺になる。一般の消費者は、ディマンドリスポンス、エネマネが
入ると何でもできると思うが、結局はユーザーがどう変わるのかであり、二の点は
強調したい。
省エネは、ホームランではなく、バントと盗塁と、できるだけ球を拾っていく緻密な作
業。
HEMS などは単なる道具であり、最終的には消費者の意志。大勢の最終消費者に
とっては、コストが一番重要な課題。コスト意識をどう訴えていくかも課題。

○委員からの御意見
全国の原発のうち、動いているのは、大飯原発 3 号機、4 号機の 2 つだけ。なぜ福
井県は大飯再稼働を認めたのか話したい。福島原発事故の決定的な原因は、津
波による全電源喪失であり、加えて地震による影響がどれだけあったかである。14
基を抱える福井県としては、政府に対し、詳しい原因究明までの措置として、暫定
的な安全基準を定め、安全対策を施した上で再稼働することを提案した。一定の
安全対策がとれたことを福井県としても独自に判断し、3、4 号機の再稼働を判断し
た。これは、関西電力管内の夏場の電力不足のための緊急避難ではなく、福島を
教訓としながらも、我が国のエネルギーを確保するという現実的な判断によるもの
であり、多くの県民の理解を得ている。
昭和 44 年から、県と関係の市、町、団体で安全協議会を設けて、原発に批判的な
地元の方にも参加いただいて、定期的に各原発の運転状況を確認してきた。また、
県に専門職員からなる課を設けて、軽微な事象も絶えず電力会社から報告を求め
て、県民に知らせている。電力事業者任せにせず、県が直接立ち入りも行っている。
緊張感を持たせ、ヒューマンエラーを極力防ぐ効果もある。
野田総理はじめ、担当大臣や関西の方々に対して、福井では安全神話はないこと
を申し上げてきたが、対応があまりにも遅い。第一は、福島原発事故の直接原因
は津波による全電源喪失だが、これを招いたのは、東電、政府の油断、怠慢、責
任の無さにある。技術的、組織的原因を明らかにして、原子力安全の方向性を早く
示して欲しい。
第二に、核燃料サイクル、高レベル放射性廃棄物の中間貯蔵や最
終処分、廃炉など、科学的・技術的な研究をし、人材を育て、国際連携を強める中
で日本がリーダーシップをとる覚悟で取り組むべき。
第三に、都会、消費地だけで
考えるのではなく、立地する地方とともに考えて欲しい。

○委員からの御意見
原子力についてだけ申し上げる。1 つは政府全体に対してのお願いだが、総合部
会と、内閣府原子力委員会が存在する。私はこの前まで原子力委員会に所属して
いた。原子力政策大綱の策定はやめたと聞いているが、平和利用の担保という重
要な任務がある。今のところは、平成 17 年の原子力政策大綱が有効。この 2 つの
会議の関係を早急に整理するべきである。政府の体制を見直し、ふさわしい議論
の場を設けるべき。原子力のバックエンドの問題、放射性廃棄物の処分場の問題、
さらに深く議論する必要がある。処分場を決めるプロセスももう一度点検し、見直す
必要がある。

原発と立地自治体、住民とのコミュニケーションがどういう根拠で行われるのかが
不明確。事実上は、自治体と事業者との間の安全協定を介しており、法的な整備
がされていない。本当の意味でコミュニケーションをするためには、法的な整備が
必要であり、信頼感が醸成されないのではないか。

○委員からの御意見
エネルギーミックスは消費者が決めるもの。CO2、セキュリティ、安全安心といった
様々な価値を、税、補助金、FIT、規制などの制度で補正することを前提として、最
終的には消費者の選択の結果として決まるもの。本来、エネルギーミックスを決め
る必要はなく、政府は価値の補正をどうするのかを考えるべき。

数字を出すことが仮にあったとしても、コミットメントは限定的にすべき。例えばコジ
ェネの導入量などもそうだが、コミットメント色が強いと、期待通りコストが下がらな
かった場合、さらに補助金を入れて普及させることになる。想定通りコストが下がら
なければ目標値を下げるべき。コスト削減をしないほど補助金が長く続くという不合
理なことが起こってしまう。
ガスシフトについて、懸念点として、以前より、インフラ、競争状態の整備、という条
件を指摘しているが、もう 1 つ重要なこととして、ガスシフトにコミットしすぎると、燃
料調達の観点から交渉力を失うのではないか。足下を見られて、もしあまりにも高
い価格でしか買えない、ということがあってはならない。ガスから石炭にシフトできる、
というオプションがあって初めて価格交渉ができる
のではないか。
生産、流通、消費という整理はとても分かりやすい。中核は電力システム改革であ
り、流通に書かれているが、消費、生産・調達にも大きく関わる。電力システム改革
で全て解決できるわけではないが、重要。

例えば規制改革会議では、再生可能エネルギーと並び、火力発電も重点分野とな
っており、政府は化石燃料に関する問題を軽視しているわけではない。連携をとり
ながら議論を深めたい。

○委員からの御意見
従来は、エネルギー政策は、長期的なエネルギービジョンをおいて政策をつくって
いた。昨今の状況は、非常に国際環境が揺らいでいて、定石通りのアプローチが
難しくなっている。まず、短期乗り切り政策、そして長期的ビジョンに基づいた政策
と、2 つを分ける必要がある。

長期的な観点について。米国のシェールガス革命は、世界のエネルギー資源マー
ケット、パワーバランス、中東の地政学すら変えていくと言われている。今後どうな
るのか我々は見通せないが、何か変わってきている。非在来型ガスとしてメタンハ
イドレートしかない我が国がその存立をどう考えるのか。非線形方程式を解くことに
なる。
"Energy independency"をある程度確保することによる底力の維持が必要。
一方、短期に対応しないと長期にリスクを背負うこととなる。例えば、送電網、火力
発電所、あらゆる部分で我が国のインフラが老朽化している。何に更新するのかに
よって長期的が決まってしまう。短期、移行期の戦略と長期を組み合わせるべき。
このとき、国民負担がどれくらいかかるかが伝わっていない。
基本問題委員会でか
なり分析したことは知っているが、まだ、国民に明示できていないのではないか。こ
の場でしっかり議論したい。
エネルギー政策と科学技術開発政策のリンケージがうまくいってないのではないか。
開発政策、研究政策に重なったアプローチ、省庁横断した取り組みがなければなら
ない。エネルギーを得る、動かすことに関する技術力の程度の問題、最後はここに
帰結する。
一人一人の技術者、個々の組織が技術をもっているかどうか。エネルギ
ー政策とともにそれを動かす技術力をどうするかが新しいテーマである。
原子力の問題は、理学・工学と社会をつなぐところがあまりに希薄だった。レギュラ
トリー・サイエンスのような、社会とサイエンスの間がないと技術は社会に定着しな
い。エネルギー政策の中核は、社会と、理学・工学の間の力を強化すること。科学
技術政策、人材育成にも深く関わる。この3つを合わせたエネルギー政策を議論す
べき。


○委員からの御意見
資料 3 に電力システム改革のスケジュールが示されているが、これは日本の大き
な変革期だと思う。
国民に分かりやすく伝えながら皆で取り組むべき。これに合わ
せてエネルギー政策を議論していくが、どういう道筋、工程表なのか。短期と長期と
いう視点の資料があると良い。


○委員からの御意見
短期と長期を分けた議題があると良い。
エネルギー、電力は特殊な財だと考えるべき。電力は 20 年後、30 年後、場合によ
っては100 年後も同じ価値をもった商品だが、他の財は価値が大きく変わる。

○委員からの御意見
大臣の発言通り、エネルギーミックスについて、今年内は困難というのは分かるが、
長期について一定のビジョンがないと、投資が十分に行われない。例えば LNG 輸
出は10年ぐらいかかる話。議論する場所を含め、エネルギーミックスをつくるつもり
があるのか教えて欲しい。


○三村部会長
作らないと言い切ることもない。一方、今作るとも言えない。議論の状況、周辺の状
況が明らかになる中で、考えていきたい。

バックエンドをどこで議論すべきなのかについて事務局から話がある。

○事務局(後藤大臣官房審議官)から資料6について説明
また、高レベル放射性廃棄物についても場を設けて議論する。総合部会直下なの
かまだ議論しているが、決まり次第、この場でも報告していく。


○委員からの御意見
議論がオープンになっていることはとても良い。
国民がダウンロードして使えるようなしっかりしたデータが配られることが重要。いく
つか補足する資料をいただきたい。①日本の LNG の価格を考えるときにベンチマ
ークとなるヨーロッパについて教えて欲しい。②電気料金値上げ申請について。原
子力の稼働を前提としているが、稼働ありなしでどの程度変わるのか教えて欲しい。
③規制委の新安全基準の焦点は、明らかにシビアアクシデントだと読めとれる。フ
ィルター付ベントと免震棟が、50 基の原発でどうなっていて、どういう対策が行われ
ているのか。40 年基準を適用するとどうなるのか、視覚的に分かりやすいデータが
欲しい。④エネルギーの料金についての資料が少ない。韓国と比較するのかどう
か分からないが、入ってくる時のコスト、末端の市場ではいくらで売られているのか、
データが欲しい。


○三村部会長
委員会として一つの方向にまとめない委員会は経験したことがない。まとめたい。

ぜひとも質問も積極的に、この場でも事務局にでもお寄せいただきたい。

○委員からの御意見
即効的、短期、中期、と考えるときに、即効的に効果のある省エネは、エネルギー
利用のデジタル化、すなわちスマート化。
ディマンドリスポンスの導入などにつなが
る。

○茂木大臣
エネルギー政策はいかなる事態においても国民生活や経済活動に支障がないよう、
エネルギー需給の安定に万全を期すことが大前提。
総理から、「2030 年代に原発稼動ゼロを可能とする」という前政権の方針は、ゼロベースで見直し、
エネルギーの安定供給、エネルギーコスト低減の観点も含め、責任あるエネルギー政策を構
築せよ、との指示を受けたところ。

総理の指示を受け、エネルギー制約の克服とコスト低減に向けて、直ちに着手す
べき改革のアクションプランを取りまとめた。
震災により、安定供給とエネルギーコ
ストの課題が浮き彫りとなった。エネルギーの生産・調達から流通、消費まで、各面
において効率性を高めコスト低減を図るとともに、エネルギー源の多様化・多角化、
様々なプレーヤーの参画を進め、安定供給を確保しなければならない。また、ディ
マンドリスポンスなど需要面からの改革の視点を強めることも極めて重要。
こうした観点を踏まえ、中長期的なエネルギー政策の方針となるエネルギー基本
計画については、特に安定供給、コスト低減に重点を置いて、政策の軸、方向性を
明確に示すことが必要。

エネルギー基本計画は、年内を目途に取りまとめを行いたい。総合部会の審議は
その前提となる。今後の部会での検討に当たっては、特定の分野について、賛成
や反対といった御議論を頂くよりも、生産・調達から流通、消費まで幅広く、また、エ
ネルギー安全保障や経済への影響など、多面的に御議論頂き、大局的、中長期的
な観点から、方向性を明確に示していただくようお願いしたい。

○委員からの御意見
率直に質問する。先ほど部会長からは、エネルギーミックスについてやるともやら
ないとも言わないという発言があったが、大臣は、時期的に今年度中なのか分から
ないが、中長期的なミックスの目標への期待があるのか教えて欲しい。


○茂木大臣
エ
ネルギーのベストミックスは考えていかなければならない極めて重要な課題。
だ、年内や年度内という形で期限を区切って御議論いただくとなると、例えば、再生
可能エネルギーについても、その段階で太陽光、風量、地熱の導入がどこまで進
むのか分からない
。また、原子力の再稼働は原子力規制委員会で安全性をチェッ
クすることになっている。安全基準そのものができるのが 7 月中旬であり、その後
個々の原発の評価が始まるので、完全に見通せない部分がある。火力も、シェー
ルガスなど国際環境が変わり、流動的な要素が大きい。
エネルギーミックスをまと
めること自体を否定するものではないが、主要エネルギー毎の特徴や将来性、課
題について議論いただくことがまず重要。一定の方向をどこまで出し切るのか、議
論の中で決めて頂きたい。
来年までにベストミックスを決めて頂くことが目標ではな
い。


○委員からの御意見
前回の特徴だが、夏に国民的議論をし、意見募集、公聴会をした。今回もぜひ意
見募集して欲しい。核廃棄物の話も国民的議論をぜひやるべき。広く意見を聞くつ
もりなのか。

○ 茂木大臣
国民の信頼がなければエネルギー政策は構築できないと思っている。国民の意見
を聞くことは極めて重要。どのように進めるかは部会長中心に御検討いただきたい
が、個人的には、賛成・反対といったアンケートをとるのではなく、じっくりといろいろ
な方の意見を聞く方が、結果的に生産的だと思う。

○事務局(後藤大臣官房審議官)から資料7について説明
○委員からの御意見
福島第一原子力発電所の状況に対する我々の取り組みが一丁目一番地にあると
思っている。福島だけでなく、原子力には何らかのレガシーがある。原子力以外で
も産業的なレガシーがある。老朽化してきている。このような国を支える中でつくら
れてきたレガシーに対して、政府として大きな姿勢で望む、そしてそれとペアとなっ
て、エネルギー政策を描くべき。
福島の廃炉などの様々なレガシー対策は、国の責
任としてどう立ち向かっていくのか姿勢を伺う。

○ 茂木大臣
我が国のエネルギー政策を考える上で、3・11、福島の大きな事故の教訓、反省を
生かさなければならないのは、当然のこと。福島第一原発の現地を視察した。大臣
として初めて 4 号機の中にも入った。廃炉は、多くの課題を抱え、困難であり、事業
者だけに任せられるものではない。研究開発を始め、国が前面に出てやらなけれ
ばならない。視察当日に、中長期ロードマップ見直しを指示した。1~4号機全部ま
とめてではなく、それぞれの廃炉プランを考えることで前倒しも可能と考えている。6
月を目途にロードマップの見直しを進めており、国が責任を持って、事業者と連携
をとって進めていく。
廃炉はしっかり進めなければならないが、かなり時間がかかるのも事実。この場
で議論いただくタイムスパンとは異なる
と考える。

(以上 総合資源エネルギー調査会総合部会(第1回)議事概要 抜粋) 


総合資源エネルギー調査会総合部会(第 1回)議事概要

総合資源エネルギー調査会総合部会 (第1回会合 平成25年3月15日(金)) ■配付資料





以下は 2013 年3月 8 日(金)第6回経済財政諮問会議の議論までの感想・判断です


エネルギーベストミックスが成長戦略として成就するのか、見守っていきますが、旧来の官僚発想に立つ”成長戦略の具現化と推進について調査審議する産業競争力会議の「多様な供給体制とスマートな消費行動を持つ エネルギー最先進国」へ”を 見る限り、成就は悲観的ですね。


重要政策会議は,内閣及び内閣総理大臣を助ける「知恵の場」として、
1) 経済財政諮問会議、2) 総合科学技術会議、3) 中央防災会議、4) 男女共同参画会議の4つが設置されていますが、これらをエネルギーベストミックス政策策定に有効活用しない理由は?です。2には 内閣府原子力委員会もある というのに! 

 



責任あるエネルギー政策を早期に
2013/3/13付日経web

 「脱原発」を撤回したうえで再生可能エネルギーの導入を進め、できる限り原子力への依存度を減らす――。安倍晋三首相は繰り返しこう述べてきたが、政権発足3カ月にしてようやくエネルギー政策の具体的な議論が始まる。

 経済産業相の諮問機関である総合資源エネルギー調査会の総合部会は15日に初会合を開き、政府の中長期のエネルギー政策の議論を開始する。

 東京電力福島第1原子力発電所の事故を踏まえたうえで、エネルギーの安定供給とコスト抑制をどう実現するか。行き場のない放射性物質の処分法も含めて国民の間で意見が分かれる原子力の利用をどんな形で進めるのか。大きな議論の仕切り直しだ。

 中長期のエネルギー政策があいまいでは海外からの資源調達や企業の設備投資の腰が定まらないだろう。地球温暖化対策など環境政策も決められない。国民生活や企業の競争力にかかわる。できるだけ早く、明確で具体性のある政策を打ち出してもらいたい。夏の参院選を意識して踏み込んだ議論を避けるようでは困る。

-------------------------------------------------------------------------

成長戦略の具現化と推進について調査審議する 産業競争力会議


第4回  産業競争力会議 戦略市場創造プラン 平成25年3月15日 経済再生担当大臣 甘利 明

第2回 産業競争力会議 「多様な供給体制とスマートな消費行動を持つ エネルギー最先進国」へ 平成25年2月18日 経済産業大臣 茂木敏充





『回復の 10 年』を通じた強い日本の実現、そして日本独自の価値観をベースとした
『望ましき成熟』へ」というお話だが、我々は別に米国になりたいわけでも
中国になりたいわけでもなく、「望ましき成熟」の中で、基本的にはしっかりとして、
なおかつ穏やかな成長と、国家として自立する安全保障の確保が必要だと認識している。
  (第6回経済財政諮問会議での佐々木議員の発言)


2013 年3月 8 日(金)に開催された平成25年第6回経済財政諮問会議の議事要旨のご紹介です。


(伊藤議員) 資料1-1に従ってお話しさせていただきたい。これは、我々が議論した
ことを全てまとめたもので、ここでは、その中で幾つか、特に重要だと思われること
に少し集中してお話をさせていただきたい。

成長戦略が非常に重要な安倍内閣の政策の柱であり、今、いろいろなところで議論
をしていただいていると理解している。マクロ経済あるいは経済財政運営という視点
からも、どういうところを見なければいけないのかということを考えておく必要があ
るという意味で、議論をさせていただいた。

「1.安倍政権の成長戦略に求められる次元の異なる対応」のところで一番申し上
げたかったことは、言うまでもないことだが、過去、民主党政権の時代が多かったの
だが、何度も成長戦略が企画立案されたが、残念ながら余り成果を上げてこなかった。
その失敗ということをきちんと見ながら、それと違う対応をするということが必要で
ある。なぜ失敗したのか、あるいは成功させるために何が必要なのか。

幾つか重要なポイントがある。最も重要なのは、1.の最後に書いてある政治的な
決断
である。三本の矢という安倍内閣の経済政策で、柱の1つとして成長戦略を挙げ
ていただいているわけであるから、政治的な決断という意味では、これまでの成長戦
略とは次元が違う
と理解している。それをできるだけわかりやすい形で、あるいは具
体性を持てる形で国民に提示していく
ということが重要である。

そういう意味で、幾つか関連した点で申し上げたいのは、1つは、「目指すべき国
家像」を示していくことが重要であると考えている。個別政策をそろえるということ
は極めて重要であるし、その中で進めていくことが具体的に重要であると思うが、同
時に、全体の方向性、つまり、成長戦略をとっていくことによって日本の経済がどの
ようになっていくのか
ということについて議論を深めていく。これは、政策自身に命
を吹き込むと同時に、国民にメッセージを伝えていくという意味で非常に重要である。


2つ目に重要なのは、後でまたもう一回振り返りたいと思うが、早期実行、つまり、
成果が早く目に見える
ということは極めて重要である。10 年先、20 年先の成長戦略
だけを議論したのでは机上の空論になることは言うまでもなく、この場でも今まで、
例えば所得や雇用の増加につながることを国民がどのように実感できるかというこ
とが重要な点であるということを議論した。それも含めて早期実行をどう徹底させて
いくのか。

「2.目指すべき国家像」について。安倍総理は、施政方針演説あるいはその他の
場において、幾つか重要なメッセージを既に何度も出されている。「強い日本を作る」
あるいは「強い経済を取り戻す」、あるいは「頑張る人が報われる」。資料には今入れ
なかったのだが、それ以外にも、例えば「やり直しのきく社会を作っていく」という
のもある。こういう方向性が示されたので、我々としては、そういうものは具体的な
経済政策
で、どういう形でより個別具体的に取り上げることができるか。さらに申し
上げれば、そのメッセージを踏まえて、どういう形で日本経済の具体的な経済指標
かかわってくるのかということを議論することが大切である。

そこで、ここはまだ例という段階ではあるが、1ページ目から2ページ目に幾つか
例を書かせていただいた。
1つは、「回復の 10 年」という形で書かせていただいた。先ほど申し上げた成長戦
略を国民に実感していただく。これは、わかりやすく言えば、失われた 20 年を取り
戻す、あるいは、総理のお言葉を借りれば、強い経済を取り戻す
ということで、これ
からの 10 年、いかに力強く確実に回復するかということをしっかりと見極める必要
がある。
これは、例えばこれから経済財政諮問会議できちんと議論しなければいけない、さ
らに深めなければいけない財政再建の問題とも非常に深くかかわる。簡単に言うと、
成長を作ることによって財政再建をより建設的に行うという、財政と成長の好循環を
どのように作っていくか。
デフレ脱却は、そのための重要な第一歩であるが、それを
踏まえて、「回復の 10 年」のシナリオをきちんと出す
ということが必要である。
2つ目に、これもいろいろなところで議論されて、2ページに書いてあるが、やは
グローバル、あるいはそこで発信力を持つリーディング国家ということが重要で、
2つほど経済指標について申し上げさせていただきたい。


後で事務局から、これについて追加の説明もあるが、それは、実質GDPと実質G
NI
について、少し経済用語を使って恐縮であるが、日本は、もう実質GDPではな
くて実質GNIを目指すべきであると考える。
実質GDPとは、わかりやすく申し上
げると、日本の国内でどれだけ生産し、所得をつくるかということである。実質GN
Iは、日本でどれだけモノを作るかということに加えて、海外に投資した中の収益を
どれだけ日本に戻すかという、いわゆる投資収益と、加えて、さらにここで交易条件
と書いてあるが、簡単に言うと、いかに海外のものをより安く購入し、海外に付加価
値のあるものを売っていくかということで、後でデータを見ていただくとわかるのだ
が、この海外からの純所得、それから交易条件というのは、日本にとっては極めて重
要な意味を持っている。


海外からの純所得を増やすためには、いかに有効な海外投資をしていくのかという
ことが問われるし、交易利益としては、エネルギーや、あるいはその他資源をいかに
低廉なものを買っていくかということに加えて、日本が付加価値をいかに高めていく
か。
例えば、今、自動車や家電メーカーなどが海外展開を積極的に図ろうとしている
が、それを通じて、世界でチャネルリーダーになるような企業が幾つできるかという
ことが非常に大事である。
世界的な大企業であるアップルのiPad、iPhoneは、実は作っているのは
台湾のメーカーであったり、あるいは部品は日本のメーカーが提供していたりするが、
結局、そういう中でアップルに大きな利益が出ているのは、なぜかというと、結論か
ら申し上げれば、アップルが世界のチャネルリーダーというポジションをとったから
である。

そういう意味では、日本の誇る自動車、あるいはカメラのような産業や、あるいは
重機などいろいろな部分が、グローバルなマーケットの中でいかに強いグローバルチ
ャネルリーダーになっていくのかということは、結局は日本の交易条件や投資利益に
つながると思う。そういう意味では、実質GNIをしっかり見ていく。これは、単に
見るだけではなくて、これから 10 年の成長の中でどのようにその目標を立てていく
ということだと思う。
もう一つ申し上げたいのは、「6万ドルクラブ」という少し変わった表現を使わせ
ていただいたのだが、残念ながら、日本は失われた 20 年で、為替にもよるが、4万
ドル前後で止まってしまっている。中所得国の罠ということで、中所得国がなかなか
成長できなくなるということが言われているが、日本にもある意味でそういう面があ
る。

ただ、世界を見ると、例えばスイスやデンマーク、あるいはスウェーデンなど、決
して地理的に恵まれていない、山の中にあったり、それほど大きくない国でも6万ド
ル以上の所得をあげている国がある。それはいろいろな理由があると思う。スイスは
グローバル化を徹底的に活用して行っているし、北欧諸国は、一方で国民に豊かな生
活を提供すると同時に、いわゆる市場メカニズム、つまり経済のメカニズムを非常に
有効に活用している。もちろん、日本とこういう国とは国のサイズが違うという議論
はあるかもしれないが、しかし、例えば東京という経済、あるいは関西という経済を
見れば、そういうスイスやシンガポールのような都市国家と比肩できるし、あるいは、
日本のいわゆる地方の活性化、あるいは豊かさということを考えたときには、ひょっ
としたら北欧型のものも参考になる。日本は人口が多いので、複合型でやるしかない
が、「6万ドルクラブ」を目指せる力はある
と思う。将来に向かっての明るい展望を
持つこと自身が、国民が、日本が力強い回復を示すのだということのメッセージにな
ると思う。

もう一つ、「国境を越える人・モノ・金の倍増」と書いているが、これは非常に大
事なことである。日本がこれから成長していく中でグローバル化していくということ
はどういうことかというと、輸出も増えるが、輸入も増える。あるいは、外へ出てい
く投資も増えるが、日本に入ってくる投資も増える。あるいは、留学生で外へ出てい
く人もたくさんいるが、海外からも有能な人材がいっぱい入ってくる。つまり、ネッ
トではなくてグロスでどういう形で拡大していくかということが非常に重要である。
5年前はどうだったか、現在はどうだったのか、あるいは5年後はどうだったのかマ
クロ指標でしっかりとらえることが重要。かつて、日本は留学生を 30 万人増やすと
いう目標を立てて、これは、それなりの非常に重要なメッセージがあったのだろうと
思うので、そういうことをこういう分野でも見る必要があると思う。

もう一つ、数字でぜひ申し上げたいのは就業率である。この内閣の中で、雇用や所
得をしっかり増やすのだという大切な方向性を出している。これは単に目標だけでは
なくて、きちんとした数字の中で、それも女性、若者あるいはシニアなどいろいろな
レベルで就業率を見て、これもある種、目標に近いようなものを我々の中で共有でき
ればと思う。

最後に1つだけ申し上げて終わりにしたい。今まで申し上げた話は、これからの復
活の 10 年という、まさに今どうやって成長を遂げるかということを申し上げたわけ
だが、我々としては同時に、2枚目の4の(2)に書いてあるように、10 年後、20
年後の日本が本当にきちんとしたしっかりした強い国になるために今からやってお
かなければいけない、つまり、長期のビジョンあるいはその政策
ということが必要で
ある。

今、規制緩和の議論が非常に進んでいるということで頼もしく思っているが、これ
からグローバル競争を前提とした規制の体系をどのように改革していくのかとか、あ
るいは、人材育成や研究開発にお金を使うというのは、成果は2年後、3年後に出て
くる話ではなくて、5年後、10 年後に出てくる
が、しかし、そういうところを見据
えてきちんと今からやっておくことが、結果的には国民の自信につながってくる。

あと2点。リスクマネーが回る環境というのは非常に重要である。日本は貯蓄資金
がたくさんあるが、残念ながら、こういうものが本当の意味で産業の活力に回ってい
ない
。ここのところも、成果はすぐに来年、再来年に出るというよりは、将来の長い
流れだと思うが、重要であると思う。

それから、今、皆さんが議論していただいている労働市場改革、あるいはやり直し
のきく社会を作るためにどういう経済が必要だろうか
と。いずれにしても、成長戦略
にとって非常に重要な政策であるが、我々民間議員としても、マクロあるいは財政、
経済の視点から今後も議論を深めさせていただきたい。


(西川内閣府政策統括官)

資料1-2の参考図表をご覧いただきたい。
1枚めくると目次があるが、ここにある指標について簡単に御説明する。

まず、2ページ目、ここでは国内における生産力、実質GDPの実力を潜在成長率
としてとらえている。日本の潜在成長率を黒い実線で示しているが、1988 年に 4.9%
をピークに急速に低下し、足元では1%を下回る水準で推移している。

潜在成長率を規定している要素は3つあるが、このうち労働の投入量の寄与を黄色
で示している。生産年齢人口の減少などを反映して 1990 年代からマイナスに寄与し
ている。

また、青色で示した資本の投入量の寄与、紫色で示した生産性の上昇率の寄与、い
ずれも近年、その寄与が縮小している。これらは、今後、労働力の適材適所での活用、
新規で生産性の高い分野への資本設備の集中投入、イノベーションと研究開発の促進
などを進め、成長率を高めていく可能性を示している。

4ページ目、伊藤議員の御説明にもあったが、経済成長を国民の実質的な購買力と
してとらえた実質国民総所得、実質GNIの様子を示している。実質GNIは、2行
目にあるように、実質GDPに海外からの所得の純受け取り、さらに交易条件の変化
に伴う実質所得の増減を加えたものである。このうち、実質GDP成長率については、
先ほど潜在成長率として御説明したが、右の図の青色の帯の部分にあたる。緑色の部
分が海外からの所得の純受け取りであり、日本人が行う海外への投資から稼ぐ所得を
増やすことにより拡大していく。

また、交易条件、すなわち輸入物価に対して輸出物価がどれほど高まるかという比
率、この変化に伴う実質所得の増減は黄色の部分で示している。この要素は、2000
年代に入って、実質購買力を毎年度平均的に 0.5%程度押し下げている。原油や食料
など、日本が輸入する商品の価格が上昇してきた一方で、日本からの輸出品の価格が
緩やかに低下してきたためである。輸入価格が上昇した場合にも、輸出価格にしっか
り転嫁できるような国際競争力のあるビジネスを確立していくことにより、実質GN
Iの成長率を高める余地がある。

次の5ページ目に、交易条件の推移の国際比較を示しているが、日本は傾向的に下
落している一方、ドイツは横ばい、韓国は下げ止まっているという状況にある。
6ページ目、先ほど御説明した労働投入に関連して、就業率の推移を示している。
生産年齢人口は、1995 年をピークに減少しているが、左の図にあるように、同時に
就業率も 1990 年代以降低下傾向にある。また、右の図には年齢別の就業率を示して
いるが、説明は省略する。

次に、7ページ目は、国境を越えた人の動きであるが、左の図に外国人労働者数の
推移を示している。日本における外国人労働者数は、1990 年代以降増加を続けてき
たが、足元はわずかながら減少している。また、右の図の留学者数の推移を見るとわ
かるように、海外への留学者数が 2005 年をピークに減少している。

8ページ目に国境を越えたモノの動きを示しているが、左の図が世界貿易に占める
各国のシェアで、日本の占めるシェアは、1985 年をピークに足元5%程度にまで低
下している。右の図、主要国の輸出依存度、すなわち、輸出のGDPに対する比率を
見ると、日本や米国が 10%強で推移しているのに対し、ドイツや韓国では近年 50%
程度にまで高まっている。

次に、9ページに国際的な資金の動きということで対外純資産額を示しているが、
日本の対外純資産額は増加を続けており、2011 年にはおよそ 3.3 兆ドルと世界一の
純資産国となっている。

その中身を次の 10 ページに示しているが、左の図にあるグロスで見た対外資産で
は、日本は証券投資のシェアが約5割と相対的に高くなっており、また、右の図にあ
るとおり、対外直接投資収益率は相対的に低いなどの特徴がある。

最後に、11 ページに一人当たり名目GDPの水準を示しているが、2011 年当時の
ドルレートで評価すれば、日本は約4万 6,000 ドルで、依然6万ドルには達していな
いものの、世界 18 位、黄色で塗りつぶした人口 5,000 万人以上の国の中では米国に
次ぎ2位になっている。

12 ページ目に、同じ時期の生産年齢人口一人当たり名目GDPを右の端に示して
いるが、日本は約7万 2,000 ドルで、人口 5,000 万人以上の国の中では第1位となっ
ている。このように、一人当たりという尺度で見れば、所得水準や生産性は依然高い
水準にあると言える。


資料1-1及び1-2経済財政政策から見た目指すべき国家像と成長戦略への期待


(佐々木議員) 先ほど、伊藤議員から経済財政政策から見た目指すべき国家像というお
話を差し上げたと思うが、これは、やはり我々がこれからいろいろな議論をしていく
ときに、特に骨太の方針や、産業競争力会議といろいろ調整をするにあたって、お互
いに我々が目指すべきビジョンそのもののコンセンサスが必要
かなと思って、こうい
うものをまとめさせていただいた。
とはいうものの、伊藤議員より説明差し上げた資料の1ページ目の一番下に書いて
あるが、「『回復の 10 年』を通じた強い日本の実現、そして日本独自の価値観をベー
スとした『望ましき成熟』へ」
というお話だが、我々は別に米国になりたいわけでも
中国になりたいわけでもなく、「望ましき成熟」の中で、基本的にはしっかりとして、
なおかつ穏やかな成長と、国家として自立する安全保障の確保が必要だと認識してい
る。


先ほど事務局からも説明があったが、日本自身では、現在でも人口 5,000 万人以上
では生産年齢人口当たりの名目GDPは1位
であるし、これが意味があるかどうかは
別として、世界平和度指数がナンバーワンとか、我々は我々としてさらに伸ばしてい
くべき日本としての国家像の幾つかのパラメーターが確かに絶対ある
と思う。単純な
生産性指標、こういったものに踊らされるのではなく、しっかりとした尊厳を持って
成長戦略を断行すべきだと認識している。
その結果として、少子高齢化克服のモデル国家として、そのベースとなっていく
いうことを、我々は国家のビジョンとしてしっかり確保していきたい。

(麻生議員) 伊藤議員のお話の趣旨は大変面白く参考になった。グローバル競争の激化
や少子化という課題は、世界中、先進国はみんな直面しているので、何も日本だけの
課題だとは思わない。ウイニング国家という言葉が出たが、『課題先進国』という本
を書かれたのは、たしか東大の小宮山先生だった。あれはとても面白かったのだが、
日本が直面している課題が、例えば少子高齢化の話にしても、公害の話にしても、日
本が全部最初に直面していて、全部課題を片づけてきたという話はとても面白かった。
こちらは、今は間違いなくデフレの先駆者なので、このデフレを脱却してやってのけ
てみせて、ほら、やっぱりというものを見せないといけないと思うのだが、おかげさ
まで、この一の矢、二の矢は日本銀行、財務省が、そこそこ何となく政府のイメージ
も変わって、これで三の矢がうまくいけるかいけないかというところが今のお話の一
番の勝負なのだと思っている
。いつまでも財政出動を続けるわけにはいかないので、
これが早く民間の需要に切りかわっていかなければいけないところだと思う。

これは、グローバル競争を勝ち抜いて、佐々木議員が言われたように、何も特殊な
国にしたいという訳ではなく、日本らしい国にしたいというだけの話。よく総理の言
われる、守るべきところは守る、だけど変えるときは思い切って大胆に変えなければ
いけないというところなので、民間もかなり大胆な実行変革をしないといけない。今
のように、このところ大分変わってきているような気もするが、何となくこうなって
いて、企業の内部留保が二百何十兆円もたまっていっているので、これはどう考えて
も、労働市場やら何やらを含めて、全部いろいろなことをやらなければいけない。全
部変えるといったって、どう変えるか、守るべきものは何かときちんと守っておいた
上で変えないといけないということだと思う。

僕はよく例に引くのだけれど、前にも申し上げたと思うが、アジアの国で日本の何
が好きかと問うと「おしん」「なでしこ」「AKB」となる。これらに共通しているの
は、組むと強い、組織力がすごいということだと思う。
僕はよく鉄道を例に引くのだが、蒸気機関車はイギリスでできたけれども、鉄道網
は世界中で日本しかできなかった。鉄道網、時間どおりに、「ただいま3分遅れで新
横浜駅を通過しています」と、アナウンスをずっとしている。あんなことは、イギリ
スだって、アメリカだって絶対にない。それをきちんとできるのは、運転手が優秀な
だけでなく、信号手から何から全部きちんと仕事をするからこの国は強いというとこ
ろがこの国の持っている一番のミソなのだと思っている。団体戦に強いというのが一
番なのだと思う。これだけは、ぜひどこかでお願い申し上げたい。

(小林議員) まさにおっしゃるとおりだと思うが、一方では、団体戦に強い部分と同時
に、みんなが同じことをやりたがるという、この部分が非常に過当競争になってしま
うのもある。そこをどう変えていくかは一つのポイントだと思うが、麻生議員が言わ
れた、結局、老齢化とか課題先進国、そういう中で 10 年後、とにかく強くならなけ
れば始まらないという 10 年があると思うのだが、まさにそこで三本の矢を射て、何
とかなったあかつきには、どう見ても常に永遠なる成長神話というのはあり得ないの
で、10 年か 20 年して人口は減り、老齢化し、なおかつ省エネもものすごく進めて、
極めてエネルギーを使わない、エネルギー少消費の新しい文化国家を作るというあた
りの方向性はかなり明確だ
と思う。

そういう意味での国家ビジョンをもっと全体で共有して、それをベースにして研究
開発のテーマもしっかり選んでいく。あるいは、知的財産の保護に対してもそういう
戦略をやる。
一方では、教育は、みんな 20 年、30 年の問題だと思う。研究開発も科学技術戦略
を含め、やはり日本らしさ、先ほど言われたおもてなしの心のような、そういう日本
の、あるいはソフトウエア。恐らくそれだけでは食べていけないと思うので、今まで
培った、1970 年代に日本が謳歌した、いわゆる重化学産業というか、エネルギー多
消費型は、もしできるとしたら、どう見たってアジアの同胞と一緒にやって、日本に
残るのはものすごい付加価値が高い競争力のあるもの、だけれども、研究開発でも、
結局ビジネスとして我々が何で勝てないのだという、これは民間の反省も含めて、国
家ビジョンをベースにして、官民学あるいは政も含めて、それこそ官邸で横串を刺し
てもらってやっていくということでないと余りに効率が悪いと思う。

例えば、リチウムイオンバッテリーを 10 年前からこつこつやっても、太陽電池を
こつこつやっても、あっという間にそれが儲かりそうだと思うとみんなが入ってくる。
それで、あっという間につぶしてしまう。この文化をどう止めるかというのは、自由
主義社会なのでなかなか簡単にいかない。ぜひその辺もよろしくお願いしたい。

(新藤議員) この国家ビジョンをどう作るかというのは、私もずっと考えている。考え
てみると、日本は明治維新、殖産興業、戦災復興、高度経済成長、そして均衡発展と、
その時々の国家目標を短い言葉でみんな持っていた。

(新藤議員) ところが、今はそれを見失っている。私は、日本の最先端の医療や環境な
ど、新しい技術で世界に貢献する国家を目指したらどうかと考えている。新しい国家
ビジョンが国民のコンセンサスを得るためには、誰もが参加できる国民コンペを政府
が実施して、みんなで決めるといったことも行ってはどうかと思っている。
いずれにしても、私たちの国家目標を設定するということが極めて重要であり、素
晴らしいサジェスチョンをいただいたと思っている。

(小林議員) またエネルギー問題に戻るのだが、一般的に成長はリニアで上がっていく
みたいな、いつもそういう基準でものを考えている我々のメンタリティーを変えない
と、省エネで老齢化して、人口も減る中で、エネルギーは、特に我々化学産業なり重
化学産業、鉄を含めて、ほとんど海外に行かざるを得ない。どんなに日本が頑張って
も、エネルギーコストはどのみち高い
と思う。そうすると、そういう中で、エネルギ
ー消費量は何でこんなに上がっていくのだと。むしろベースとして下がるのだという
前提や計算が何でできないのだろうというか、むしろそちらのほうが足をすくわれな
いのではないかという気がしている。




(高橋議員) 資料2「財政の質の改善に向けて」をご覧いただきたい。

資料2 財政の質の改善に向けて ~実効性あるPDCAサイクルの構築に向けて~

前回、財政の質の改善が必要だと申し上げたけれども、そのためには実効性あるPDCAサイクルを
確立することが重要。しかしながら、必ずしもこのPDCAサイクルがうまくいって
いないのではないか
というのが今回の問題意識である。

ポイントだけ申し上げると、大きく1.と2.に分かれているが、1.ではなぜう
まくいかなかったのかということで、過去の反省に立つことが必要ではないかいうこと。

まず(1)では過去の事例、とりわけ電子政府の例や、あるいは政府の調達改革、
この辺がうまくいっていない。

PDCAサイクルのどこに問題があったのかについて精査をして、
経済財政諮問会議に報告をいただくべき
ではないかと思う。

2つ目のポイントが、行政事業レビューである。
実は私もかつてこのレビューに公開プロセスで参加したが、大変有用なレビュー、仕組みだと思う。
したがって、これをさらに改善強化していくことが望ましいのではないか。

具体的には外部評価、公開を徹底すべき
また、政府にはいろいろな評価業務があるが、レビューには有用なデータが盛り込まれているので、
これを評価のデータベースとすべく、この行政事業レビューのデータシートを拡充して、
これにワンシート化していくべき
ではないか。そういう提言をさせていただきたい。

そして、3つ目は、こうしたことを通じてPDCAの問題点を洗い出して、その上
で指令塔をどう強化していくかということを検討する
必要があるのではないか。

以上が過去の振り返りであるが、次に、大きな2.でこれからの話をさせていただきたい。

これからはエビデンスに基づく政策評価を基礎とするPDCAサイクルを確立させる必要がある。

具体的には、とくに経済再生に資する政策についてはエビデンスに基づく
PDCAサイクルを確立すべき
だと思う。

2013 年度予算の主要分野、主要事業、例えば社会保障や公共投資について、
エビデンスに基づくPDCAを具体化していくべきである
し、
あるいはこれからとりまとめられる成長戦略についても実効性あるPDCAの仕組みが入るように御検討をいただきたい。

少し具体論を申し上げる。

まず、政策の立案に際しては、政策の目標、具体的な数値目標を示すとともに、工程、責任主体を明示する必要がある。

2つ目に進捗状況をチェックし、中間評価をして、場合によっては中止すべきもの
は直ちに中止すべきである。


3つ目に政策の効果が及ぶ業種、地域等の雇用、給与などの所得あるいは企業収益、
こういったセミ・マクロ指標で、政策がどの程度寄与したのかということを測ってい
く必要がある
のではないか。
ただし、それにも問題があり、そのためにはこのようなセミ・マクロ指標を整備する必要があるが、
現状、必ずしもその整備が進んでいない。
今後、統計を中心に整備していく
必要がある。

最後に、財政措置と規制、両方で連携して政策を実施するような場合には、うまく
いかなかった事例がある場合には、これもどうしたら良いかということについて
経済財政諮問会議の場で議論をすべき
ではないか。

(佐々木議員) 前回の経済財政諮問会議の中での話も反映していただき、こういうPD
CAの回し方の中で行政事業レビュー、政策評価、このさらなる実効的な改革をして
いただくということで、非常にこれはありがたいことだと認識している。この動きの
中でぜひ、もう少し細目で言わせていただくと、サンセット条項のあるような裁量的
な経費、これについては比較的このような回し方で、比較的うまくコントロールされ
やすい。ところが福祉を中心としたような義務的な経費を本当にどういうふうにして
いくかということは、ちょっと別の仕組みがないと、どうもコントロールがしにくい
かなということもあるのが、まず1点挙げられると思う。
やはり単年度ではなくて、義務的な経費などでいくと、本当は長期的な施策の中で
の最終的な影響の評価が必要となる
と思うので、ぜひその点も御勘案いただくとあり
がたい。

(高橋議員) 府省横断的な政策目標の明確化に向けて動いていただけるということで、
大変ありがたく思う。その上で、私は財務大臣に一つお願いしたいことがある。それ
は、先ほど私は経済再生に資する政策については、エビデンスベースでPDCAが必
要だということを申し上げて、具体的に例えば業種や地域の雇用、給与、所得、起業、
収益、こういったセミ・マクロ指標がどれだけ良くなったかも、評価していくべきで
はないかということを申し上げた。

ただ、残念ながら、まだ統計が十分に整備されていないこともあり、私がこうやっ
て申し上げて各省にお願いしても、なかなかインセンティブがないとやっていただけ
ないと思うので、例えば財務省に予算を要求する際には、必ずその政策効果を評価で
きるような統計データをつけるようにするとか、あるいはそのためのデータを整備す
とか、そういうことを徹底するように御配慮いただけないかということで御検討を
いただければと思う。

(新藤議員) まず、今、佐々木議員から言っていただいた、いわゆる義務的経費の削減。
これを行うためには、電子政府の実現である。
徹底的に電子化を進めることによって、
経常的な経費、例えば郵送代や印刷代、交通費などがものすごい勢いで削れるはずで
ある。

しかし、現状の電子政府は政府間のやり取りを電子化することがメインであって、
国民サービスを電子化するところまで至っていない。さらに地方自治体の事務は個別
にやっているので、そこの電子化を徹底的にやる必要があると私どもは思っている。
それは、所管をしている総務省がきちんとやっていきたいと考えている。

何よりも、この電子化を進めることで、短期、中長期でどのくらいのコスト削減が
図れ、かつ、どのくらい便利になるかを、もっとわかりやすい指標を作ろうというこ
とで、今年度は外部のシンクタンクに依頼して効果を試算しようと思っている。

例えば、被災者台帳を備えた自治体はほとんどなかったが、災害対策基本法で台帳
を位置付けることになるので、これから被災者台帳システムを全自治体で作ってもら
ことになる。

医療情報については、メディカルメガバンクを構築して、患者の診療情報等を共有させようとしている。
電子地図も含め、自治体が行ういろいろな電子業務は、実は共通のプラットフォームを持てるのである。マイナンバーも同じである。

よって、全体を電子化するための設計をしなければならない。
その中から、より効果の上がる部分と削減できる部分を分け、きちんと目標を立てて、
そして何年かかけてやっていこ
うと思っている。

統計データのオープン化については、平成 25 年度に公的統計の基本計画を定める
ことになっている
が、その中に透明化・オープン化とオンライン調査の徹底を作業項目に入れて、
その成果を出させたいと思っている。

いずれにしても、ここからどこかを削るといっても、人を削り、組織を削ればいろいろな痛みが出るだけなので、そうではなくて、無駄を削りながら効果を出すという電子化をぜひ進めていきたいと思っている。

(茂木議員) 電子政府について、恐らく政府と国民の関係では、一番多いのは納税で、
次は登記
ではないか。特定するのであれば、この分野を最優先に、ボトルネックの解
消も含め電子申請を何年で何パーセントまで持っていくといった計画を立てるべき。

もう一つ、レセプトの電子化である。結局、支払基金があるために、一旦電子化した
ものをまた紙に落とす作業を行っている。ここは変えなくてはいけないと思う。

もう一点、高橋議員が言われた政策効果の件で、予算要求時に政策効果のデータが
必要というのは、基本的に正しい
と思う。その一方で、これから伸びていく分野、千
に三つといった世界はデータと言われるとなかなか出てこないため、短期の案件ばか
りになってしまう。政策効果が見える分野といって、短期間で来年にも効果が出るこ
とばかり出てきてしまうことも避けなければならない。


(安倍議長) 本日は、経済財政政策の観点から目指すべき国家像と成長戦略への期待に
ついて民間議員の皆様から御提案があった。これについては、成長戦略を議論してい
る産業競争力会議でも投げかける
とともに、今日皆様から一つの御提案としてあった、
「回復の 10 年」という言葉があるが、例えば「回復の 10 年」のシナリオといった形
で、国民の皆様にわかりやすく提示できるように議論を深めていただき、骨太方針や
成長戦略のまとめに活かしていただきたい。


政策評価は、政策の効果と質を高めるための、言わば、「政策インフラ」である。
本日の議論を踏まえて、新藤大臣におかれては、規制に係る評価の仕組みを含め、政
策評価がより効果を上げるように、さらに検討をしていただきたい。

稲田大臣におかれては、本日報告のあった行政事業レビューの効果的な進め方につ
いて検討していただきたいと思う。
そして、白川総裁におかれては、本日が最後の経済財政諮問会議になると思う。本
年1月 22 日には、デフレ脱却に向けて2%の物価安定目標という画期的な日銀と政
府の共同声明の作成に御努力をいただいた。総裁の御努力に改めて敬意を表したい。

    (以上 2013 年3月8日(金)平成 25 年第6回経済財政諮問会議議事要旨 より 抜粋) 


平成 25 年第6回経済財政諮問会議議事要旨 全文






以下は 2013 年2月 28 日第5回経済財政諮問会議の議論までに対する感想・判断です。


アベノミクスの主柱である成長戦略に関して、TPPとエネルギー政策の舵取り次第で、破綻する公算が高い との 印象を 持ちましたので、本稿 更新することにしました。

アベノミクス、1、2本の矢でインフレになって物価が上がってデフレ脱出までは、行くかもしれませんが、2~3年後、3本目の成長戦略が破綻していたとしたら、想像するだにおぞましい状況を後悔しても、もう手遅れです。

(   2015年 消費税はすでに10%になってます。
物価は現在より5%程度以上騰がっている状態で収まっていたら、ラッキーです。
今、持っている虎の子の貯蓄は10%程度は目減りしてるかな?、

雇用機会の増加や非正規雇用者の減少や現状より年収10%増が実現しているのでしょうか?

この様な状況下で
10年後まで持続可能な力強い成長戦略は実現しているのでしょうか? これは否でしょう!旧来の経産省官僚発想に立つエネルギーベストミクス政策を遂行している限りは?)

で、本年7月の参院選挙には自民党には入れない運動が、今、必要と考えています。





燃料費も含めて、石炭、LNG、もちろん再起動の原子力という形のベストミックスの中で、
非常に低廉なエネルギーを安定的に確保していくことがこの成長戦略の肝
(第5回経済財政諮問会議での佐々木議員の発言)


2013 年2月 28 日(木)に開催された平成25年第5回経済財政諮問会議の議事要旨 のご紹介です。

(伊藤議員) TPP参加については、幾つもの重要な意義があると思うが、
今日はあえて成長戦略に関して一言コメントさせていただきたい。

我々経済学者の世界の中で非常に著名な学者の研究結果であるが、日本がTPPに
入ったら、どの程度の成長効果があるかというシミュレーションがある。
TPPに参加することでいろいろな成果が出てくる、そしてその結果少しずつ成長が上がってく
るが、それによると 2025 年時点でGDPを 2.2%押し上げる。これは、単に貿易自由化だけではなくて、いろいろな改革や議論を含めて、現在の物価で評価すると約10 兆円ということになる。
もちろん、この成果は後に続くから、そこから 10 年ということになると 100 兆円という規模になる。
これでもちろん気を緩めてはいけないが、
もしTPPに参加できれば、日本の安倍内閣の成長戦略の相当重要な部分が、ここで
成果が出るのではないか。

ちなみに、その研究によると、TPPに加えて、さらにRCEPという東アジアの
包括提携に入ると、合計で 3.8%、つまりGDP比で 2025 年の時点で約 18 兆円
、こ
れも 10 年続けば 180 兆円という結果になる。
もちろん成長戦略だけがTPPの目的ではないが、成長戦略ということでも非常に重要なことである
という感想を述べさせていただきたい。

(高橋議員) 今の伊藤議員の話と少し絡むが、今回、TPPに参加表明をできるだけ早
くお願いしたいと思うが、私は、これを契機に、日本はやはり攻めの経済外交をすべきではないかと思う。

1つは、やはり国際的なルールづくり、これに積極的に絡んでいただきたいという
こと。もう1つは、TPPの後、例えば日中韓FTAや、今 お話が出たRCEP、あと、日EUのこともあると思うので、このようなところにも、ぜひとも積極的に取り組んでいただきたい。
そして、その際には、例えば連携についてメリットの大きな重点国を選定するとか、
あるいは政策パッケージをとる等、いろいろな形で政府の中で戦略的に組み合わせていただいて、そして戦略を実行していただきたい。



(安倍議長) 参加するかどうかということであるが、これは、民主党政権時代に、もう
既に2年が経過してきてしまっている。ここで、あとほとんど時間がないところで
我々はバトンタッチをして、2か月間ではあるが、この文書化まで来たわけである。
この後、国内の評価、影響等、今、また、伊藤議員からお話のあった、どれぐらい良
い影響があるかということも勘案しながら、余り時を置かずして判断をしていきたい。

また、交渉していく上においては、やはり、これは今まで2年経ってしまったとい
うのが、なかなかある意味においては、これから本格的にもし参加をするという選択
肢を選んだ場合も、一つの大きな足枷にはなってしまうが、しかし、GDP規模では
日本は第3位であるから、日本のこの力を活かせる交渉をしていかなければいけない。


交渉チームにおいては、政府一丸となって強いチームを編成していかなければならな
いと、このように思っている。

また、今、高橋議員からルールづくりという話があったが、実は、今日、私は施政方針演説を行い、この施政方針演説の中において、日本は、ルールについては、待つのではなくて、作らなければいけないということを宣言させていただいた。
それは、アジア・太平洋においても、あるいは様々な経済連携協定においても、
日本はルールを作っていく側に立っていくという中において、積極的に経済連携協定を進めていく、
TPPは別の切り口になっているということを宣言している
ので、施政方針演説で宣言した以上、これは安倍政権の基本的な姿勢になっていくので、その中にこそ、私は日本の未来があるだろうと思っている。


日米首脳会談(概要)TPP日米共同声明


(西川内閣府政策統括官)

それでは、資料1「足元の経済財政の状況について」、御説明申し上げる。
1ページ目。上段は実質GDP成長率、下段は名目GDP成長率の推移を示したグ
ラフである。2012 年度、2013 年度の見通しについて、緑色で示している昨年 12 月時
点の民間機関の予測値に対して、赤色で示している政府経済見通しでは、日本銀行に
よる金融緩和や「日本経済再生に向けた緊急経済対策」の効果等を背景に、成長率の
見通しが改善されている。

2ページ目。ここでは、2012 年度、2013 年度の国・地方のプライマリーバランス
について、足元の政府経済見通しや 2012 年度補正予算、2013 年度当初予算案等を踏
まえて推計を行ったものを示している。2012 年後半における経済の弱い動きや「緊
急経済対策」による歳出の増加によって、国・地方のプライマリーバランス(対GD
P比)は、2012 年度にマイナス 6.6%程度、2013 年度にはマイナス 6.9%程度と赤字
幅が拡大する見込みとなっている。


3ページ目では、参考としてプライマリーバランスに関する2つの計数の違いの比
較を示している。まず、収支について見ると、左側の国の一般会計(当初予算)ベー
スのプライマリーバランスでは、2013 年度に向かって改善する姿となっているが、
右側の今回示したSNAベースの国・地方のプライマリーバランスでは、対名目GD
P比で 2012 年度のマイナス 6.6%程度から 2013 年度はマイナス 6.9%程度に悪化す
る見込みとなっている。右側のSNAベースの国・地方のプライマリーバランスでは、
政府の範囲としては地方等を含み、支出の記録時点としては、執行ベースにより、実
際に支払いが行われた年度に記録される。このため、2012 年度補正予算のうち、2013
年度に執行される分は、2013 年度の支出として記録され、この推計では、その額は
およそ6兆円程度、対名目GDP比 1.2%程度と想定している。

日本総合研究所理事長の高橋 進さんが中心になって取りまとめた資料2

「経済財政運営の基本的な考え方について」

1. 「次元の違う政策」の実行

安倍内閣が目指す「これまでとは次元の違う政策」、すなわち、3 本の矢からなる「アベ
ノミクス」
は、以下の 3 点において従来とは異なる大きな特徴がある。これらに共通するの
は、政策に対する国民、企業の期待、信認、信頼を得ることを基盤としている点である。

(1)「大胆な金融政策」によるデフレ予想の払拭 過去 20 年近く変えることができなかったデフレ予想を既に変えつつある。それに
より実質金利が低下する等を通じ、「実体経済」に上向きの動きが生じつつある。ま
た、デフレ予想の払拭は、機動的な財政政策が持つ民間需要の誘発効果や成長
戦略による民間投資の創出効果を回復させる効果を持つと考えられる。

(2)「機動的な財政政策」と中長期の財政健全化の両立
効果的な経済対策による当面の景気腰折れ懸念の払拭とともに、財政健全化に
向けた政府の姿勢を明確にし、国民と市場の信認を保持する姿勢が不可欠である。
景気の回復状況等を踏まえつつ、財政健全化目標の実現に向けて舵を切ることが
重要である。

(3)「民間投資を促す成長戦略」を長期にわたり堅持するとの明確なコミットメント
設備稼働、雇用面等で、リーマンショック前の水準にまで依然回復していない企
業が多くみられる中、設備投資や起業といったリスクを伴う大きな決断をするために
は、政府の政策や制度に対する信頼感が前提となる。成長戦略を長期にわたり、
安定的に堅持することが重要である。


2. 短期・中期の経済財政運営の在り方

(1)短期(今後 1 年程度):景気の着実な回復
【最重要課題】

日本銀行が大胆な金融緩和を進めること、政府が緊急経済対策、成長戦略を
強力に進めること
などにより、2013 年度において、デフレ状況を改善し景気を着実
に回復させるとともに、デフレに後戻りしない地固めをする。

(2)中期(今後 2~3 年程度):民需主導の自律的成長と財政健全化の実現
【最重要課題】

2015 年度に、財政健全化の第一歩として目標としているプライマリー赤字の半減
を確実に実現し、財政リスクを顕在化させない。それに向け、社会保障と税の一体改
革関連法に基づき、2014 年度において予定されている消費税の引上げ(5%⇒8%)
や見込まれる歳出の減少(執行ベース)がもたらす影響、さらに 2015 年度において予
定されている消費税の追加引上げ(8%⇒10%)の影響を乗り越えるためには、民需
主導の力強い自律的成長を実現する必要がある。これに向けたハードルは相当高
という認識を共有すべき。

平成 25 年第5回経済財政諮問会議議事要旨


足元の経済財政の状況について


経済財政運営の基本的な考え方について





Policy Speech by Prime Minister Shinzo Abe to the 183rd Session of the Diet

Thursday, February 28, 2013


[Provisional Translation]

1. Introduction

"A strong Japan." The people who create it are not some other people. They are none other than we ourselves.

"National independence through personal independence"

We will be unable to open up our future unless we ourselves cast away the mindset of leaning on someone else and have the will to carve out our own destinies within our own respective areas.

Japan now faces a number of challenges. However, we must not lose heart. We must not give up.

Each of us should arise by ourselves, look forward, and move ahead in the belief that the future will be bright. That is the one and only path forward for bequeathing a magnificent and strong country not only to the next generation following us but also to the future generations of Japan.

"The best way is sharing joys and sorrows"

Yukichi Fukuzawa, who urged personal independence, stated that citizens and the state should share both good times and bad times, grounded in the independence of individuals.

The spirit of "mutual support" and "public assistance" is not simply about rescuing the unfortunate.

People who share the quality of making all-out efforts as they live their lives are fellow companions who share joys and sorrows with each other. For this reason, when people need help, they help each other. I consider mutual support and public assistance to have that kind of spirit.


2. The strong sense of independence of the people affected by the disaster and the acceleration of reconstruction

"We all check on each other and encourage one another."

Each month since assuming the office of Prime Minister, I have visited the disaster-stricken areas and listened directly to the voices of the people who are forced to live as evacuees.

I found people there to have a thoughtful outlook despite the harsh living conditions in temporary housing. I felt the mettle of people trying to be self-reliant while also supporting each other mutually.

At the same time, people are now confronted by challenges which are insurmountable by applying only the will or the efforts of individuals.

While the transfer of housing to areas of high elevation has finally gotten started, the acquisition of land and various procedures have resulted in prominent and considerable delays.

There exists an anxiety of uncertainty towards the future from extending the stay in temporary housing. Elderly people also told me heartbreaking stories that they are "running out of time."

"I want to live in my own house, however small it may be."

We must support the people making all-out efforts in the present by accelerating reconstruction. While the issues needing to be worked out vary with each local area, the Reconstruction Agency will thoroughly implement a hands-on approach and conduct tangible coordination on the issues, resolving each of them one by one.

Fukushima continues to suffer even now from the damages caused by the nuclear accident. Children are not even able to play outdoors sufficiently. It is only natural for us to abolish the government's vertically-segmented administrative structure and spare no efforts in decontamination, preventing reputational damages from radiation-related rumors, and enabling the early return of residents to their homes. However, we must also foster "hope," which lies beyond those efforts.

We will build a Tohoku region in which young people are able to have hearts full of hope. That is reconstruction in the truest sense.

Already, renewable energy industries, medical-related industries, and other future growth industries are beginning to sprout up in Tohoku. In order to move forward with reconstruction even more dynamically, we have decided to conduct a review of the 19 trillion yen reconstruction budget [for fiscal year 2011 through fiscal year 2015] and secure the necessary fiscal resources.

March 11 will soon be upon us once more this year. And spring will soon arrive in Tohoku, which has come through a harsh and long winter. Let us work together to build a Tohoku that will be a "region of new creativity and potential," just like the blossoms that proudly bloom in the spring after enduring a cold winter.


3. The will and the courage to achieve economic growth

Now, are young people today able to have hope in the future of the Japanese economy?

It is the responsibility of our generation to rebuild a robust Japanese economy in which young people are able to believe that the future will be bright.

We will vigorously launch the "three prongs" of economic revival, namely bold monetary policy, flexible fiscal policy, and a growth strategy that encourages private sector investment.

We will be unable to deal with the dramatically changing global economy if we employ the same methods we have used until now.

Japan's economic growth depends on our will and our courage to set out to sea and sail without hesitation through the rough waves of the megacompetition encompassing the globe.

(Spreading our wings towards the global frontier)

People who were demonstrating just that kind of courage working far away in the Algerian desert became casualties.

Our nation will never forgive the despicable nature and inhumanity of the terrorists who caused them to die a violent death. We will verify what we must do in order to ensure that no others fall victim to terrorism and move forward with concrete measures towards this end.

What I fear is that this incident will cause Japanese to lose the will and the courage to spread their wings in the world.

The growth center of the world is expanding from Asia to Latin America and Africa. We must incorporate overseas growth into Japan and dauntlessly take a leap into the frontier wherever it may be around the globe, so that the ambitions of the victims in this incident do not come to naught.

Japan abounds in appealing products that should be packed into that "bag" of the new frontier.

Healthful Japanese food has sparked a boom around the world. In addition, Japan offers agricultural products raised with meticulous care within the changing of Japan's four seasons. As the number of well-off people around the world rises, there is no doubt that the popularity of these products will increase. "Agricultural policies on the offensive" are necessary for that reason as well. Japan is "a land blessed with rice." We enjoy the breathtakingly beautiful scenery of terraced rice paddies, along with ancient culture. Young people will conserve these beautiful hometowns and thereby foster "robust agriculture" through which they can have hope for the future.

Good health is a common theme as something everyone in the world desires. We will aim to make active use of regenerative medicine and drug development that utilize induced pluripotent stem cells (iPS cells), a technology originating in Japan, and other state-of-the-art medical technologies to bring about a society that leads the world in good health and longevity. We will further refine Japan's medical technologies and services that our world-class universal health insurance system has cultivated, and actively extend them around the globe, including through our international medical cooperation efforts.

Japan's strengths in content, fashion, and culture and tradition are also attracting attention from the world. As we work to ensure that the boom in anime and other content does not end as a temporary fad, besides promoting Japan as a tourism-oriented country that attracts people from around the world, let us also make "Cool Japan" into a world-class business.

Environmental technologies are another prominent field. In a world facing constraints on resources, Japan holds the solutions. Here, too, lie business opportunities. Japan continues to abide by its fundamental policy of using state-of-the-art technologies to contribute to global climate change countermeasures and create a low-carbon society.

In the current age when the items we place in our "bag" are increasingly diversified such as technologies, services, and intellectual property, we must harmonize trade and investment rules internationally in order to ensure vigorous and fair international competition.

Japan must not be passive. Whether at the global level, the regional level, or the bilateral level, I intend for Japan to be a country that creates the rules, rather than one that waits for the rules to be made.

We will strategically promote economic partnerships with the Asia-Pacific region, the East Asia region, Europe, and others. Making the most of our diplomatic capacity, we will protect those areas that should be protected and move forward with economic partnerships that serve our national interests.

Regarding the TPP, I myself met with President Obama and confirmed that a prior commitment to eliminate tariffs with no sanctuary is not a requirement for participation. Hereafter, the Government, on its responsibility, will make the decision on whether it will participate in the negotiations.

We will prepare an environment in which all Japanese with the motivation will be able to be dynamically engaged in the growth centers of the world.

(Japan will become the world's growth center)

At the same time, it is necessary for us to have the mettle not only for things to flow from Japan to the world, but also to assemble top caliber companies and people in Japan from the world, thereby making Japan a growth center once again.

Do people of excellence now think that they want to demonstrate their capabilities in Japan?

Researchers unable to be satisfied with the research environment in Japan are rapidly flowing out to overseas.

Let us build "the most innovation-friendly country in the world." The Council for Science and Technology Policy serves as the control tower for this. We will prepare an environment in which researchers from around the world will gather in Japan, including by undertaking bold regulatory reforms.

In Okinawa I encountered "hope" that might be called young spring buds.

"I came to Okinawa because I thought it would provide me with research opportunities of exceptional excellence."

This student from the United States had previously been engaged in research at Harvard and Yale Universities. After that, he had chosen the path of conducting research at the Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University, which opened its doors last year.

In addition to its latest research facilities, the university's superb environment on the shoreline of Okinawa's beautiful sea is bringing together outstanding professors and students of excellence from around the world. We will make the world's foremost base for innovation in Okinawa.

Japan is driving global innovation in cutting-edge areas, including among others the world's first production test of marine methane hydrate, a globally unparalleled rocket launch success rate, and our attempts to develop the most advanced accelerator technology in the world.

We also excel in marine development, which will lead to Japan becoming a future world power in resources, the utilization of space, an area in which we can expect a wide range of uses including security and disaster prevention, and the use of information technology, which has the potential to bring about a revolution in society through areas such as teleworking and telemedicine.

By doing away with the vertical segmentation among ministries and agencies and strengthening the functions of the control tower, we will vigorously press forward with these innovations, which will bring new possibilities to Japan.

Do the world's top caliber companies view Japan as a place they wish to be situated?

If anything, Japan is facing the issue of a grave hollowing out of its industries.

In addition to breaking away from our prolonged deflation at an early time, we will formulate a responsible energy policy aimed at ensuring a stable supply of energy and lower energy costs.

Reflecting on the accident at Tokyo Electric Power Company's Fukushima Daiichi Nuclear Power Station, under the Nuclear Regulation Authority, we will foster a new culture of safety that will uncompromisingly enhance the degree of safety. After doing so we will restart nuclear power plants where safety has been confirmed.

We will promote the introduction of energy conservation and renewable energies to the greatest possible extent to reduce our degree of dependency on nuclear power as much as possible. At the same time, we will begin a fundamental reform of the electric system.

We will aim to be the easiest country worldwide in which to do business.

We will introduce "international benchmark tests" as we move forward on regulatory reform leaving no sanctuary untouched. We will dissolve one by one the obstacles that hinder corporate activities. This is the mission of the new Regulatory Reform Council.

In addition to the results of reforms made to date, we will also reform the modalities of the administration and of the civil service system, taking into account the shift to an era of international megacompetition. I expect civil servants actively to advance the building of a nation that will emerge triumphant in global competition, with a sense of both pride and responsibility, each within his or her respective area of assignment.

We will create local regions brimming with appeal. The key to this will be decentralization reforms intended to utilize the ingenuity of each local area. We will press forward in reforming the system of large metropolitan areas and other aspects of transferring authority to, and relaxing regulations targeting, the local regions. Moreover, we will support the revitalization of local areas.

(The mettle to aim at being the No.1 in the world)

There are people from small-scale factories resolutely attempting to take on the Ferrari and BMW corporations.

But this is not in the area of automobiles. Mr. Hosogai, who operates a small business in Tokyo's Ota Ward, has launched a project together with his colleagues to produce sleds for bobsled competitions domestically.

"I hope to build the world's fastest machine," he says.

Over thirty small factories have put together the strengths in manufacturing that they have cultivated over the years to take on the world, aiming at next year's Sochi Olympics.

We will support the efforts being made by business operators of small- and medium-sized companies and micro enterprises that have a high level of technology and strong motivation. We will prepare a mechanism to support them in developing prototypes, opening up new markets, and other such new endeavors.

This is the mettle to aim single-mindedly at being the best in the world. I am fully confident that as long as such people are with us, Japan will still be able to grow.

I will say once again: my honorable colleagues, let us aim now more than ever at being the No.1 in the world.

(Economic growth to help with household budgets)

Why must we aim to be the No.1 in the world and bring economic growth?

It is specifically because we seek to create employment for people having a strong desire to work while increasing the after-tax income of people who work hard.

For this reason, I myself appealed directly to the business community, urging them to raise workers' remuneration to the greatest extent possible. The government for its part will utilize the tax system to support companies that return their profits to their employees.

Already we have seen companies stating that they will raise their employees' remuneration in agreement with this policy. This is a very welcome development.

It is a great challenge for households to make ends meet. We will restore a robust economy so as move forward for the improvement of people's daily lives.


4. Becoming the safest country with the greatest peace of mind in the world

But this is not simply a matter of economics. Another matter of urgency is making Japan a resilient nation that resolutely defends the lives and the assets of the Japanese people, which are exposed to various risks.

An accident occurred in a tunnel that people were using for trips and for work without a second thought. This was the Sasago Tunnel accident.

As I was growing up, the sight of expressways being laid one after another was symbolic of a growing Japan. However, the infrastructure that was laid in that era has been aging. We must confront the reality that this situation has even claimed human lives.

Making the nation's infrastructure more resilient in order to protect people's lives is a matter of the greatest urgency. We must also make haste to prepare for such large-scale natural disasters as an earthquake directly below the capital or an earthquake in the Nankai Trough. We will protect the safety of the people by pushing forward with thoroughly implemented measures for disaster prevention and mitigation and measures to address aging infrastructure.

It is also essential to have trust in public order. We will thoroughly reinforce our countermeasures and our enforcement targeting cybercrimes and cyberattacks, which are a menace to the Internet society, as well as crime syndicates and terrorists that threaten people's tranquil lives.

We must also protect consumers from troubles caused by fraudulent business practices. We will work to ensure the safety and the peace of mind of consumers by enhancing consultation services in local areas, reinforcing our supervision, and other such efforts.

Through these efforts we will create a Japan as "the nation that offers the greatest peace of mind in the world" while also being "the safest nation in the world."


5. Politics that addresses anxieties in people's daily lives one by one

Each of Japanese people listening to this speech now may harbor his or her own worries and anxieties.

These could be managing household expenses, education, child-rearing, or nursing care. Another mission of the government is focusing attention on such sources of anxiety and addressing them one by one.

We have launched a program of "hometown roundtable talks."  Cabinet ministers head out to local areas in order to hear the views of the public directly. We will connect the views of each individual directly with concrete policies.

(Rebuilding education with children taking the leading role)

Parents are continuously worried about their children's education.
Against a backdrop of bullying and corporal punishment, cases have arisen in which children lost their precious lives. It is imperative that we adults transition into action right away with a strong will and sense of responsibility that we will fully defend children's lives no matter what it takes.

We will advance tangible reforms in schools in keeping with the Fundamental Law of Education that was revised six years ago. First of all, we will implement enhanced moral education and the other recommendations to counter bullying recently compiled by the Education Rebuilding Implementation Council.

We will prepare a structure that will enable appropriate and swift responses to problems occurring in educational settings. We will move forward on considering fundamental reforms concerning the current board of education system, including clarifying where responsibility lies.

The improvement of academic ability is also an important role required of public education. In order to foster world-leading academic ability, we will cultivate capable teachers and enhance curricula and other elements of education that address globalization. The strength of our universities is the strength of our nation. Japan will not advance unless we enhance the strength of our universities. We will review the modalities of our universities to enable our universities to be among the best in the world.

When I was a child, I too had various dreams of becoming a professional baseball player or a policeman. Rebuilding education is nothing less than helping children have the will to realize their dreams and enabling them to walk down the paths they have chosen.

It is the children who will take the lead role.

From now, we will move forward on considering concrete issues toward rebuilding education, including a major reform of the educational system to be undertaken here in the Heisei era that would result from a review of the current system of six years of elementary school, three years each of junior and senior high school, and four years of undergraduate study.

(A society that provides support for child-rearing and nursing care)

It is a fact that mothers and fathers working hard to raise their children are pressed to choose between either raising their children or having a job.

We will expand the number of children able to be enrolled in childcare facilities with a view to eliminating childcare waiting lists. We must also expand childcare services on holidays and at night in order to respond to a variety of childcare needs. We will expand the number of clubs providing afterschool activities for children and also place emphasis on child-rearing assistance provided by local areas.

In addition to assistance to make child-rearing compatible with employment, we will provide support for returning to the workforce. We will provide support for businesses that assist with reconciling work with child-rearing and we will expand the Mothers' Hello Work employment service.

An increasing number of people are also confronted with the difficult task of balancing employment with nursing care for their elderly parents.

We must create companies in which it is easy to reconcile the responsibilities of both nursing care and work. As an initial step, first we will spread the knowledge and know-how necessary to balance these two aspects widely among both working people and places of employment, enabling people to receive various kinds of assistance. We will also create a system under which high quality necessary nursing care is provided to elderly people living in local areas.

Society will help support child-rearing and nursing care together with families, rather than leave everything in the families' hands.

(A Japan in which women shine)

At the same time, there are also people who raise children or render nursing care while dedicating themselves exclusively to the household. Their hard efforts are invaluable and unable to be measured by economic indicators alone.

I believe that the activities of these people in society will give rise to a new vitality in Japan. We will implement assistance for returning to the workplace, such as making use of trial employment systems, in order to enable these people to return to the workforce at any time.

We will advance our efforts to create a country in which both women playing active roles in the workforce and women dedicating themselves exclusively to household affairs, and indeed all women, can shine, with confidence and pride in the lives they are leading. My fellow honorable members of the Diet, let us together create a Japan in which women shine.

(A society in which everyone receives another chance to succeed)

We will foster opportunities in which anyone with motivation, whether old or young or with a disability or sickness, can be dynamically engaged in helping the society and helping others. Beyond that, a Japan overflowing with vitality awaits.

We will painstakingly implement support for job seekers that is tailored to people's individual circumstances. We will make use of the Forum for Promoting Active Participation by Young People and Women to extract further issues to be addressed and consider specific measures.

A society in which a single failure brands a person and keeps him or her locked into a category of "those who have failed" cannot be said to be a "society that rewards those who work hard." We will create a society in which people are able to try any number of times to succeed.

(Building a sustainable social security system)

However, there are also people who because of illness, advanced age, or other factors are unable to attain favorable results, no matter how much motivation they have.

We must build a sustainable social security system to ensure that such people are also able to enjoy peace of mind. As our society continues to age and our birthrate continues to fall, we will secure stable financial resources and create a system that maintains a good balance between its benefits and its burdens.

We will extend a firm hand of assistance to those in vulnerable positions, emphasizing self-help efforts and independence first while combining these with mutual support and public assistance. Based on the progress of the consultations among the three parties of the Liberal Democratic Party, New Komeito, and the Democratic Party of Japan, the National Council on Social Security System Reform will hold discussions, after which we will lay out reforms in concrete terms.

As for the primary balances of the central and local governments, we will aim to achieve our targets for putting finances on a sound footing, namely, reducing the deficit to GDP ratio by half by fiscal year 2015 compared to the ratio in fiscal year 2010 and by achieving a budget surplus by fiscal year 2020.


6. Diplomacy and security based on principles

Next I will address diplomacy and security matters.

My diplomacy holds certain principles. Although I announced five principles of diplomacy towards ASEAN during my recent visit to ASEAN countries, the fundamental principles of my diplomacy are "strategic diplomacy," "diplomacy that places emphasis on universal values," and "proactive diplomacy" that safeguards national interests. We will rebuild Japanese diplomacy, which has been damaged, and clarify our steadfast position in the world.

Of course, it is the Japan-U.S. alliance that serves as the cornerstone of our diplomacy.

Under the principle of open seas, it is entirely reasonable for the United States, the world's largest maritime state, and Japan, the largest maritime democracy in Asia, to become partners, and constant reinforcement of our partnership is necessary.

Through my talks with President Obama the other day, we have fully revived the close Japan-U.S. alliance. I also confirmed that we hold the same strategic consciousness and share the same goals regarding not only politics, the economy, and security but also common challenges for the Asia-Pacific region and moreover for the international community. I succeeded in clearly demonstrating to both the people of Japan and people around the world that the close Japan-U.S. alliance has been restored and that Japan and the U.S. will join hands in cooperation in order to ensure world peace and stability.

The Japan-U.S. security arrangements provide deterrence, an important type of public goods. Japan will fulfill an additional role in order to enhance this deterrence. At the same time, the realignment of U.S. Forces, Japan is underway in accordance with the current Japan-U.S. agreement, and we are dedicated to reducing the burdens on Okinawa while maintaining deterrence. In particular, we must not allow Futenma Air Station to remain at its current location indefinitely. We will build up a relationship of trust while listening carefully to the voices of the people of Okinawa. And, we will move forward at an early time regarding the relocation of Futenma Air Station and the plan to return areas south of Kadena.

The nuclear test that North Korea conducted absolutely cannot be tolerated. It clearly violates UN Security Council Resolutions and Japan strenuously protests and condemns it. If North Korea seeks peace and prosperity, it should be made to understand that taking this kind of provocative action will not yield any benefits. We will pursue a resolute response in cooperation with relevant countries, notably the United States and the Republic of Korea as well as China and Russia.

Regarding the abduction issue, my mission will not be complete until the day comes that the families of all the abductees are able to embrace their relatives with their own hands. Under the policy of "dialogue and pressure" with North Korea, I will do my utmost to achieve the three points of ensuring the safety and the immediate return to Japan of all the abductees, obtaining a full accounting concerning the abductions, and realizing the handover of the perpetrators of the abductions.

We strongly urge North Korea to take concrete actions towards the comprehensive resolution of the outstanding issues of concern, including the abduction, nuclear, and missile issues.

There is no doubt that the Senkaku Islands are clearly an inherent part of the territory of Japan, in light of historical facts and based upon international law. Moreover, there exists no issue of territorial sovereignty to be resolved concerning the Senkaku Islands in the first place.

We also call strongly for restraint so that China strictly refrains from dangerous acts that would escalate the situation, like the recent targeting of a Japanese destroyer with fire-control radar. It is necessary for countries to act in accordance with international rules.

At the same time, as Japan-China relations are one of our most important bilateral relationships, we urge a return to the starting point of a "mutually beneficial relationship based on common strategic interests" to control the situation so that individual issues do not impact upon the relationship as a whole. My door for dialogue is always open.

The Republic of Korea is our most important neighboring country with which we share the fundamental values of freedom and democracy, as well as common interests. I sincerely welcome the new President Park Geun-hye assuming her post. While there exist some difficult challenges between Japan and the ROK, we will act in cooperation with the aim of building an important future-oriented partnership appropriate for the 21st century.

Our relationship with Russia, another neighboring country, is among our bilateral relationships holding the greatest potential. I hope to make my visit to Russia scheduled for this year a visit that provides new momentum to the development of Japan-Russia relations. I will work towards the development of Japan-Russia relations as a whole in order to build an appropriate relationship with Russia as a partner in the Asia-Pacific region. At the same time, I will tenaciously engage with Russia, working towards the settlement of the greatest outstanding issue, the issue of the Northern Territories, and thereafter the conclusion of a peace treaty.

We will deepen our cooperation with Australia and India as well as the countries of ASEAN and other maritime Asian nations, with the close Japan-U.S. relationship as our cornerstone. Through such international frameworks as the G8, the G20, and the Fifth Tokyo International Conference on African Development (TICAD V), which will be held in Japan, Japan will uphold its responsibilities commensurate with its stature as a major power, working towards the resolution of common challenges facing the international community, such as poverty and development.


7. A crisis of the here and now

The security environment surrounding Japan has become increasingly severe, with ongoing provocations against our territory, territorial waters, and territorial airspace as well as against our sovereignty itself.

The other day I visited Okinawa and had the opportunity to encourage the members of the Japan Coast Guard, the police, and the Self-Defense Forces, who are carrying out their missions on the front line. I saw for myself their serious expressions and the pervading sense of vigilance. I am full of appreciation also to their families who sent them off on their missions.

I am determined to stand at the fore of these men and women, fully defending the lives and assets of our nationals as well as our territory, territorial waters, and territorial airspace in a resolute manner.

We will increase defense-related expenditures for the first time in eleven years. In the future, we will conduct a review of the National Defense Program Guidelines and work to enhance the Self Defense Forces' response capacity, including in Japan's southwestern region.

We will begin full-fledged consideration of the establishment of a National Security Council, which will serve as the control tower for Japan's foreign policy and national security policy. At the same time, within the Advisory Panel on Reconstruction of the Legal Basis for Security we will pursue an appropriate position for Japan within the international situation of the 21st century.

In the face of a crisis, the important thing is not to lose perspective.

Japan's national interest lies eternally in keeping the seas, which are the foundation of Japan's very existence, unequivocally open, free, and peaceful.

"We tried to defend a principle of basic importance for the entire world, namely the principle that above all, international law should prevail over the use of force."

These are the words of former British Prime Minister Margaret Thatcher as she looked back on the Falklands War.

"The rule of law at sea." I would like to appeal to the international community that in modern times, changes to the status quo through the use of coercion or intimidation will not legitimize anything.

The crisis over security is not "someone else's problem." It is a crisis of the here and now.l

Right now, at this very moment, members of the Japan Coast Guard, the police, and the Self-Defense Forces are taking on their missions with strong will and endurance. They do not fear rough seas and they overcome air turbulence. They tolerate extremely tense circumstances and carry out their missions with strong feelings of pride. My honorable colleagues, whether we are in the ruling or the opposition parties, shall we not show our feelings of gratitude to them now, from this hall?


8. Conclusion

Kaibara Ekken, a distinguished scholar of the Edo Period, had been growing a peony bloom with great care. One day while Ekken was away, the young man who was minding the scholar's affairs in his absence broke the flower's stalk. The youth was worried that Ekken would be angry with him, but it is said that Ekken forgave him, telling him, "I planted the peony in order to bring enjoyment, not anger."

Ekken succeeded in being broad-minded by being always mindful of his initial objective in planting the peony and then returning to that mindset.

I call on all the legislators gathered in this hall to think back.
For what purpose did we set our sights on being members of the Diet?
The reason is our desire to make our country a better place, or to devote ourselves to working for the public, and not in any case to spend our time politicking or to stand in each other's way.

Engaging in constructive discussions with a spirit of mutual tolerance and producing results, all for the sake of the country and the people, is the mission assigned to us as national legislators.

Let us negotiate among the various parties and parliamentary groups and squarely produce conclusions, even regarding reducing the number of seats [in the House of Representatives] and reviewing the electoral system.

Let us promote the discussions of the Deliberative Council on the Constitution [in each chamber of the Diet] and deepen national discussions toward revising the Constitution.

It goes without saying that the ruling parties of the Liberal Democratic Party and New Komeito shoulder the principal responsibility for political administration. In addition, I will make efforts to obtain agreement by engaging in persistent and thorough discussions with my fellow legislators in other parties and parliamentary groups.

I will end my policy speech with a final request that all those gathered here recall the original ardent intentions they held upon first becoming members of the Diet. I urge you to engage in constructive discussions.

Thank you for your kind attention.


-----------------------------------------------------------------------------

平成25年2月28日
第百八十三回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説

一 はじめに

 「強い日本」。それを創るのは、他の誰でもありません。私たち自身です。

 「一身独立して一国独立する」

 私たち自身が、誰かに寄り掛かる心を捨て、それぞれの持ち場で、自ら運命を切り拓こうという意志を持たない限り、私たちの未来は開けません。

 日本は、今、いくつもの難しい課題を抱えています。しかし、くじけてはいけない。諦めてはいけません。

 私たち一人ひとりが、自ら立って前を向き、未来は明るいと信じて前進することが、私たちの次の、そのまた次の世代の日本人に、立派な国、強い国を残す唯一の道であります。

 「苦楽を与(とも)にするに若(し)かざるなり」

 一身の独立を唱えた福沢諭吉も、自立した個人を基礎としつつ、国民も、国家も、苦楽を共にすべきだと述べています。

 「共助」や「公助」の精神は、単に可哀想(かわいそう)な人を救うことではありません。

 懸命に生きる人同士が、苦楽を共にする仲間だからこそ、何かあれば助け合う。そのような精神であると考えます。

二 被災者の皆さんの強い自立心と復興の加速化

 「みんなで声を掛け合って、励まし合っている。」

 総理就任以来、私は、毎月、被災地を訪問し、避難生活を強いられている方々の声を直接伺ってまいりました。

 仮設住宅の厳しい環境の下でも、思いやりの心が、そこにはありました。自立して支え合おうとする気概を感じるのです。

 一方、個人の意志や努力だけではどうにもならない問題が、今なお立ちはだかっています。高台移転は、ようやく動き始めたものの、土地の買収や、様々な手続により、大幅な遅れが目立ちます。

 仮設住宅暮らしの長期化による、先の見えない不安。お年寄りの方からは、「時間がない」という悲痛なお話も伺いました。

 「どんなに小さくてもいいから、自分の家に住みたい」

 今を懸命に生きる人たちに、復興を加速することで、応えていかねばなりません。解決すべき課題は、地域ごとに異なりますが、復興庁が、現場主義を徹底し、課題を具体的に整理して、一つひとつ解決します。

 福島は、今も、原発事故による被害に苦しんでいます。子どもたちは、屋外で十分に遊ぶことすらできません。除染、風評被害の防止、早期帰還に、行政の縦割りを排し、全力を尽くすべきは当然です。しかし、私たちは、その先にある「希望」を創らねばなりません。

 若者たちが、「希望」に胸を膨らませることができる東北を、私たちは創り上げます。それこそが、真の復興です。

 既に、再生可能エネルギー産業や医療関連産業など、将来の成長産業が東北で芽吹きつつあります。復興を更に強力に進めるため、復興予算十九兆円枠を見直し、必要な財源を確保することとしました。

 今年も、間もなく三月十一日がやってきます。厳しく長い冬が続いた東北にも、もうすぐ春が訪れます。冬の寒さに耐えて、春に咲き誇る花のように、「新たな創造と可能性の地」としての東北を、皆さん、共に創り上げようではありませんか。

三 経済成長を成し遂げる意志と勇気

 さて、日本経済の将来に、今の若者たちは「希望」を持てるでしょうか。

 若者たちが、「未来は明るい」と信じることができる、力強い日本経済を立て直すことが、私たちの世代の責任であります。

 「三本の矢」を、力強く、射込みます。大胆な金融政策であり、機動的な財政政策。そして、民間投資を喚起する成長戦略です。

 今までと同じやり方では、激変している国際経済に、立ち向かうことはできません。

 日本の経済成長は、世界を覆う大競争の荒波に、ためらうことなく漕(こ)ぎ出していく、私たちの意志と、それから勇気にかかっています。

(世界のフロンティアへ羽ばたく)
 正にそうした勇気を示し、遠くアルジェリアの砂漠で働いていた方々が、犠牲となりました。

 彼らに非業の死を遂げさせたテロリストたちの卑劣と非道を、我が国は決して許しません。テロの犠牲を繰り返さないため、何を為さねばならないかを検証し、具体的な対策を進めます。

 私が恐れていることは、今回の事件によって、日本人が、世界に羽ばたく意志と勇気を失うことです。

 世界の成長センターは、アジアから、中南米、アフリカへと広がっています。今回犠牲となった方々の志を無にしないためにも、海外の成長を日本に取り込むべく、世界のどこへでも、フロンティアに果敢に飛び込んでいかねばなりません。

 そのカバンに詰め込むべき、魅力ある商品は、たくさんあります。

 健康的な日本食は、世界でブームを巻き起こしています。四季の移ろいの中で、きめ細やかに育てられた、日本の農産物。世界で豊かな人が増えれば増えるほど、人気が高まることは間違いありません。そのためにも、「攻めの農業政策」が必要です。日本は瑞穂の国です。息を飲むほど美しい棚田の風景、伝統ある文化。若者たちが、こうした美しい故郷(ふるさと)を守り、未来に「希望」を持てる「強い農業」を創ってまいります。

 健康は、誰もが求める、世界共通のテーマです。日本発の技術であるiPS細胞を利用した再生医療・創薬など、最先端の医療技術を積極的に活用して、世界に先駆けて健康長寿社会を目指します。世界に誇る国民皆保険制度が育んだ、我が国の医療技術とサービスに、更に磨きをかけ、国際的な医療協力なども通じて、世界に積極的に展開してまいります。

 日本のコンテンツやファッション、文化・伝統の強みも、世界から注目されています。アニメなどのブームを一過性のものに終わらせることなく、世界の人たちを惹(ひ)きつける観光立国を推進することに加え、「クール・ジャパン」を世界に誇るビジネスにしていきましょう。

 それから環境技術です。資源制約を抱える世界で、その解決策を、日本は持っています。ここにも、商機があります。最先端の技術で、世界の温暖化対策に貢献し、低炭素社会を創出していくという我が国の基本方針は不変です。

 詰め込むカバンの中身が、技術、サービス、知的財産など多様化する現代では、活発でフェアな国際競争を確保するため、貿易や投資のルールを国際的に調和していかねばなりません。

 我が国は、受け身であってはなりません。グローバルなレベルでも、地域レベルや二国間レベルでも、日本は、ルールを「待つ」のではなく、「創る」国でありたいと考えます。

 アジア・太平洋地域、東アジア地域、欧州などとの経済連携を、戦略的に推進します。我が国の外交力を駆使して、守るべきものは守り、国益にかなう経済連携を進めます。

 TPPについては、「聖域なき関税撤廃」は、前提ではないことを、先般、オバマ大統領と直接会談し、確認いたしました。今後、政府の責任において、交渉参加について判断いたします。

 意欲のある全ての日本人が、世界の成長センターで、存分に活躍できる環境を整えます。

(日本が世界の成長センターになる)
 一方で、日本から世界へという流れだけでなく、世界から日本に、優れた企業や人を集め、日本をもう一度成長センターにしていく気概も必要です。

 優れた人たちは、今、日本で能力を発揮したいと考えるでしょうか。

 日本での研究環境に満足できない研究者たちが、海外にどんどん流出しています。

 「世界で最もイノベーションに適した国」を創り上げます。総合科学技術会議が、その司令塔です。大胆な規制改革を含め、世界中の研究者が日本に集まるような環境を整備します。

 その萌(ほう)芽とも呼ぶべき「希望」に、私は、沖縄で出会いました。

 「非常に素晴らしい研究機会が与えられると考えて、沖縄にやってきた。」

 アメリカから来たこの学生は、かつてハーバード大学やイェール大学で研究に携わってきました。その上で、昨年開学した沖縄科学技術大学院大学で研究する道を選びました。

 最新の研究設備に加え、沖縄の美(ちゅ)ら海に面した素晴らしい雰囲気の中で、世界中から卓越した教授陣と優秀な学生たちが集まりつつあります。沖縄の地に、世界一のイノベーション拠点を創り上げます。

 世界初の海洋メタンハイドレート産出試験、世界に冠たるロケット打ち上げ成功率、世界最先端の加速器技術への挑戦など、日本は、先端分野において、世界のイノベーションをけん引しています。

 将来の資源大国にもつながる海洋開発、安全保障や防災など幅広い活用が期待できる宇宙利用、テレワークや遠隔医療など社会に変革をもたらし得るIT活用。

 日本に「新たな可能性」をもたらすこれらのイノベーションを、省庁の縦割りを打破し、司令塔機能を強化して、力強く進めてまいります。

 世界の優れた企業は、日本に立地したいと考えるでしょうか。

 むしろ、我が国は、深刻な産業空洞化の課題に直面しています。

 長引くデフレからの早期脱却に加え、エネルギーの安定供給とエネルギーコストの低減に向けて、責任あるエネルギー政策を構築してまいります。

 東京電力福島第一原発事故の反省に立ち、原子力規制委員会の下で、妥協することなく安全性を高める新たな安全文化を創り上げます。その上で、安全が確認された原発は再稼働します。

 省エネルギーと再生可能エネルギーの最大限の導入を進め、できる限り原発依存度を低減させていきます。同時に、電力システムの抜本的な改革にも着手します。

 「世界で一番企業が活躍しやすい国」を目指します。

 「国際先端テスト」を導入し、聖域なき規制改革を進めます。企業活動を妨げる障害を、一つひとつ解消していきます。これが、新たな「規制改革会議」の使命です。

 行政や公務員制度の在り方も、これまでの改革の成果に加え、国際的な大競争時代への変化をとらえ、改革します。公務員には、誇りと責任を持って、世界との競争に打ち勝つ国づくりを、それぞれの持ち場で能動的に進めるよう期待します。

 魅力あふれる地域を創ります。その鍵(かぎ)は、地域ごとの創意工夫を活(い)かすための、地方分権改革です。大都市制度の改革を始め、地方に対する権限移譲や規制緩和を進めます。また、「地域の元気づくり」を応援します。

(世界一を目指す気概)
 小さな町工場から、フェラーリやBMWに、果敢に挑戦している皆さんがいます。

 自動車ではありません。東京都大田区の中小企業を経営する細貝さんは、仲間と共に、ボブスレー競技用「そり」の国産化プロジェクトを立ち上げました。

 「世界最速のマシンをつくりたい」

 三十社を超える町工場が、これまで培ってきた、ものづくりの力を結集して、来年のソチ五輪を目指し、世界に挑んでいます。

 高い技術と意欲を持つ中小企業・小規模事業者の挑戦を応援します。試作品開発や販路開拓など、新しいチャレンジを応援する仕組みを用意します。

 ひたすらに世界一を目指す気概。こういう皆さんがいる限り、日本はまだまだ成長できると、私は、確信しています。

 今一度、申し上げます。皆さん、今こそ、世界一を目指していこうではありませんか。

(家計のための経済成長)
 なぜ、私たちは、世界一を目指し、経済を成長させなければならないのか。

 それは、働く意欲のある人たちに仕事を創り、頑張る人たちの手取りを増やすために他なりません。

 このため、私自身、可能な限り報酬の引上げを行ってほしいと、産業界に直接要請しました。政府も、税制で、利益を従業員に還元する企業を応援します。

 既に、この方針に御賛同いただき、従業員の報酬引上げを宣言する企業も現れています。うれしいことです。

 家計のやりくりは、大変な御苦労です。日々の暮らしを少しでも良くするために、私たちは、「強い経済」を取り戻します。

四 世界一安全・安心な国

 経済だけではありません。様々なリスクにさらされる国民の生命と財産を、断固として守る、「強靭(じん)な国づくり」も急務です。

 旅行で、仕事で、普段何気なく通るトンネルで、その事故は起きました。笹子トンネル事故です。

 私の育った時代、高速道路が次々と延びていく姿は、「成長する日本」の象徴でありました。しかし、あの頃できたインフラが、老いつつある。人の命まで奪った現実に、向き合わなければなりません。

 命を守るための「国土強靭(じん)化」が、焦眉(び)の急です。首都直下地震や南海トラフ地震など、大規模な自然災害への備えも急がなければなりません。徹底した防災・減災対策、老朽化対策を進め、国民の安全を守ります。

 治安に対する信頼も欠かせません。ネット社会の脅威であるサイバー犯罪・サイバー攻撃や、平穏な暮らしを脅かす暴力団やテロリストなどへの対策・取締りを徹底します。

 悪質商法によるトラブルから、消費者を守らねばなりません。地方の相談窓口の充実や監視強化などによって、消費者の安全・安心を確保します。

 「世界一安心な国」、「世界一安全な国、日本」を創り上げます。

五 暮らしの不安に一つひとつ対応する政治

 さて、今、この演説を聞く国民一人ひとりが、悩みや不安を抱えておられます。

 家計のやりくり、教育、子育て、介護。こうした不安に目を向け、一つひとつ対応することも、政治の使命です。

 「車座ふるさとトーク」を始めました。皆さんの声を直接お伺いするため、閣僚が、地方に足を運びます。一人ひとりの思いを、直接、具体的な政策につなげていきます。

(子どもたちが主役の教育再生)
 子どもを持つ親は、常に子どもの教育に頭を悩ませています。

 いじめや体罰を背景に、子どもの尊(とうと)い命が絶たれる事案が発生しています。「子どもの命は何としても守り抜く」との強い意志と責任感を、私たち大人が持って、直ちに行動に移さねばなりません。

六年前に改正した教育基本法を踏まえ、現場での具体的な改革を進めます。まずは、先般、「教育再生実行会議」が取りまとめた、道徳教育の充実を始めとする、いじめ対策の提言を実行します。

 教育現場で起きる問題に、的確で速やかな対応が行える体制を整えます。現行の教育委員会制度について、責任体制を明確にすることを始め、抜本的な改革に向けた検討を進めます。

 学力の向上も、公教育に求められる重要な役割です。世界トップレベルの学力を育むため、力ある教師を養成し、グローバル化に対応したカリキュラムなどを充実していきます。「大学力」は、国力そのものです。大学の強化なくして、我が国の発展はありません。世界トップレベルとなるよう、大学の在り方を見直します。

 私も、子どもの頃、野球選手や警察官などと、色々な「夢」を見ました。教育再生とは、子どもたちが、「夢」を実現する意志を持って、自分たちの道を歩んでいけるよう手助けするためのものに他なりません。

 その主役は、子どもたちです。

 六・三・三・四制の見直しによる「平成の学制大改革」を始め、教育再生に向けた具体的な課題について、今後検討を進めます。

(子育て・介護を支える社会)
 子育てに頑張るお父さんやお母さんが、育児を取るか仕事を取るかという二者択一を迫られている現実があります。

 待機児童の解消に向けて保育所の受入児童数を拡大します。多様な保育ニーズに応えるためには、休日・夜間保育なども拡充していかねばなりません。放課後児童クラブを増設し、地域による子育て支援も力を入れてまいります。

 仕事との両立支援と併せ、仕事への復帰を応援します。両立支援に取り組む事業者への助成、マザーズハローワークの拡充に取り組みます。

 年老いた親の介護と仕事の両立に御苦労される方も、増えつつあります。

 介護と仕事も、両立しやすい社会を創っていかねばなりません。まずは、その第一歩として、両立するための知識やノウハウを、働く方々や職場に周知して、様々な支援を受けられるようにします。地域のお年寄りの皆さんに、質が高く、必要な介護が行われる体制も整えます。

 全てを家庭に任せるのではなく、社会も共に子育てや介護を支えていきます。

(女性が輝く日本)
 他方、家庭に専念して、子育てや介護に尽くしている方々もいらっしゃいます。皆さんの御苦労は、経済指標だけでは測れない、かけがえのないものです。

 皆さんの社会での活躍が、日本の新たな活力を生み出すと信じます。皆さんが、いつでも仕事に復帰できるよう、トライアル雇用制度を活用するなど、再就職支援を実施します。

 仕事で活躍している女性も、家庭に専念している女性も、全ての女性が、その生き方に自信と誇りを持ち、輝けるような国づくりを進めます。皆さん、女性が輝く日本を、共に創り上げていこうではありませんか。

(誰もが再チャレンジできる社会)
 老いも若きも、障害や病気を抱える方も、意欲があるならば、世のため人のために活躍できる機会を創ります。その先に、活力あふれる日本が待っています。

 個々の事情に応じた就労支援を、きめ細かく行います。「若者・女性活躍推進フォーラム」の場を通じて、更なる課題を抽出し、具体策を検討していきます。

 一度の失敗で烙(らく)印が押され、「負け組」が固定化するような社会は、「頑張る人が報われる社会」とは言えません。何度でもチャレンジできる社会を創り上げてまいります。

(持続可能な社会保障制度の構築)
 しかし、どんなに意欲を持っていても、病気や加齢などにより、思い通りにならない方々がいらっしゃいます。

 こうした方々にも安心感を持っていただくため、持続可能な社会保障制度を創らねばなりません。少子高齢化が進む中、安定財源を確保し、受益と負担の均衡がとれた制度を構築します。

 自助・自立を第一に、共助と公助を組み合わせ、弱い立場の人には、しっかりと援助の手を差し伸べます。自由民主党、公明党、民主党による三党間での協議の進展も踏まえ、社会保障制度改革国民会議において御議論いただき、改革を具体化してまいります。

 国・地方のプライマリーバランスについて、二〇一五年度までに二〇一〇年度に比べ赤字の対GDP比の半減、二〇二〇年度までに黒字化、との財政健全化目標の実現を目指します。

六 原則に基づく外交・安全保障

 さて、外交・安全保障について、お話しいたします。

 私の外交には、原則があります。先般のアセアン諸国訪問の際には対アセアン外交の五原則を発表しましたが、私の外交は、「戦略的な外交」、「普遍的価値を重視する外交」、そして国益を守る「主張する外交」が基本です。傷ついた日本外交を立て直し、世界における確固とした立ち位置を明確にしていきます。

 その基軸となるのは、やはり日米同盟です。

 開かれた海の下、世界最大の海洋国家である米国と、アジア最大の海洋民主主義国家である日本とが、パートナーを成すのは理の当然であり、不断の強化が必要です。

 先日のオバマ大統領との会談により、緊密な日米同盟は完全に復活いたしました。政治、経済、安全保障だけではなく、アジア・太平洋地域、更には国際社会共通の課題に至るまで、同じ戦略意識を持ち、同じ目的を共有していることを確認したのであります。緊密な日米同盟の復活を内外に示し、世界の平和と安定のために、日米が手を携えて協力していくことを鮮明にすることができました。

 日米安保体制には、抑止力という大切な公共財があります。これを高めるために、我が国は更なる役割を果たしてまいります。同時に、在日米軍再編には、現行の日米合意に従って進め、抑止力を維持しつつ、沖縄の負担軽減に全力で取り組みます。特に、普天間飛行場の固定化はあってはなりません。沖縄の方々の声によく耳を傾け、信頼関係を構築しながら、普天間飛行場の移設及び嘉手納以南の土地の返還計画を早期に進めてまいります。

 北朝鮮が核実験を強行したことは、断じて容認できません。安保理決議にも明確に違反するものであり、厳重に抗議し、非難します。北朝鮮が平和と繁栄を求めるのであれば、このような挑発的な行動を取ることが何の利益にもならないことを理解させるべく、米国、韓国を始め、中国、ロシアといった関係国と連携して、断固たる対応を追求します。

 拉致問題については、全ての拉致被害者の御家族が御自身の手で肉親を抱きしめる日が訪れるまで、私の使命は終わりません。北朝鮮に「対話と圧力」の方針を貫き、全ての拉致被害者の安全確保及び即時帰国、拉致に関する真相究明、拉致実行犯の引渡しの三点に向けて、全力を尽くします。

 拉致、核、ミサイルの諸懸案の包括的な解決に向けて具体的な行動を取るよう、北朝鮮に強く求めます。

 尖閣諸島が日本固有の領土であることは、歴史的にも国際法上も明白であり、そもそも解決すべき領有権の問題は存在しません。

 先般の我が国護衛艦に対する火器管制レーダー照射のような、事態をエスカレートさせる危険な行為は厳に慎むよう、強く自制を求めます。国際的なルールに従った行動が必要であります。

 同時に、日中関係は、最も重要な二国間関係の一つであり、個別の問題が関係全体に影響を及ぼさないようコントロールしていくとの「戦略的互恵関係」の原点に立ち戻るよう、求めてまいります。私の対話のドアは、常にオープンです。

 韓国は、自由や民主主義といった基本的価値と利益を共有する最も重要な隣国です。朴(パク)槿(ク)惠(ネ)新大統領の就任を心より歓迎いたします。日韓の間には、困難な問題もありますが、二十一世紀にふさわしい未来志向で重要なパートナーシップの構築を目指して協力していきます。

 もう一つの隣国であるロシアとの関係は、最も可能性に富んだ二国間関係の一つであります。本年に予定されているロシア訪問を、日露関係の発展に新たな弾みを与えるものとしたいと考えています。アジア・太平洋地域のパートナーとしてふさわしい関係を構築すべく、日露関係全体の発展を図りながら、最大の懸案である北方領土問題を解決して平和条約を締結すべく、腰を据えて取り組みます。

 緊密な日米関係を基軸として、豪州やインド、アセアン諸国などの海洋アジア諸国との連携を深めてまいります。G8、G20や我が国で開催する第五回アフリカ開発会議などの国際的枠組みを通じ、貧困や開発といった国際社会に共通する課題の解決に向け、我が国は、世界の大国にふさわしい責任を果たしていきます。

七 今、そこにある危機

 我が国の領土・領海・領空や主権に対する挑発が続いており、我が国を取り巻く安全保障環境は、一層厳しさを増しております。

 先般、沖縄を訪問し、最前線で任務に当たっている、海上保安庁や警察、自衛隊の諸君を激励する機会を得ました。その真剣なまなざしと、みなぎる緊張感を目の当たりにしました。彼らを送り出してくれた御家族にも、感謝の念で一杯です。

 私は、彼らの先頭に立って、国民の生命・財産、我が国の領土・領海・領空を断固として守り抜く決意であります。

 十一年ぶりに防衛関係費の増加を図ります。今後、防衛大綱を見直し、南西地域を含め、自衛隊の対応能力の向上に取り組んでまいります。

 我が国の外交・安全保障政策の司令塔となる「国家安全保障会議」の設置に向けた検討を本格化します。同時に、「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」において、二十一世紀の国際情勢にふさわしい我が国の立ち位置を追求してまいります。

 危機にあって、大切なことは、大局を見失わないことです。

 我が国の国益は、万古不易です。我が国の存立基盤である「海」を、徹底してオープンなものとし、自由で平和なものとすることであります。
 「全世界にとっての基本的に重要な原則、すなわち何よりも国際法が力の行使に勝たなくてはならないという原則を守ろうとしていた」

 フォークランド紛争を振り返って、イギリスのマーガレット・サッチャー元首相は、こう語りました。

 「海における法の支配」。私は、現代において、「力の行使による現状変更」は、何も正当化しないということを、国際社会に対して訴えたいと思います。

 安全保障の危機は、「他人事」ではありません。「今、そこにある危機」なのです。

 今、この瞬間も、海上保安庁や警察、自衛隊の諸君は、強い意志と忍耐力で任務に当たっています。荒波を恐れず、乱気流を乗り越え、極度の緊張感に耐え、強い誇りを持って任務を果たしています。皆さん、与野党を超えて、今、この場から、彼らに対し、感謝の意を表そうではありませんか。

八 おわりに

 江戸時代の高名な学者である貝原(かいばら)益軒(えきけん)は、牡(ぼ)丹の花を大切に育てていました。ある日、外に出ていた間に、留守番の若者が、その花を折ってしまいました。怒られるのではないか、と心配する若者に対して、益軒(えきけん)は、こう述べて許したと言います。

 「自分が牡(ぼ)丹を植えたのは、楽しむためで、怒るためではない。」

 「何のため」に牡(ぼ)丹を植えたのか、という初心を常に忘れず、そこに立ち戻ることによって、寛大な心を持つことができた益軒(えきけん)。

 私は、この議場にいる全ての国会議員の皆さんに、呼び掛けたいと思います。

 我々は、「何のため」に、国会議員を志したのか。

 それは、「この国を良くしたい」、「国民のために力を尽くしたい」、との思いからであって、間違っても、政局に明け暮れたり、足の引っ張り合いをするためではなかったはずです。

 全ては国家、国民のため、互いに寛容の心を持って、建設的な議論を行い、結果を出していくことが、私たち国会議員に課せられた使命であります。

 議員定数の削減や、選挙制度の見直しについても、各党各会派で話し合い、しっかりと結論を出していこうではありませんか。

 憲法審査会の議論を促進し、憲法改正に向けた国民的な議論を深めようではありませんか。

 政権与党である自由民主党と公明党が、政権運営に主たる責任を負っていることは言うまでもありません。その上で、私は、各党各会派の皆さんと丁寧な議論を積み重ね、合意を得る努力を進めてまいります。

 この議場にいらっしゃる皆さんには、是非とも国会議員となったときの熱い初心を思い出していただき、どうか建設的な議論を行っていただけますよう、最後にお願いして、私の施政方針演説といたします。




安部首相の所信表明を受けて、代表質問などの国会論戦がスタートしました。経産相当時の福島原発事故処理の指揮ぶりのイメージが強すぎて、すっかり忘れてましたが、海江田万里さんはエコノミストが本業です。予期しない暴走をしないよう、しっかりアベノミクスをチェックして存在感を示して欲しいものです。




社説:代表質問 まず経済で徹底論戦を
毎日新聞 2013年01月31日 02時33分

 安倍晋三首相の所信表明演説に対する各党の代表質問が始まった。自民党が圧勝し、政権が再交代した衆院選から約1カ月半。民主党をはじめ野党の影がすっかり薄くなる中での国会論戦スタートである。

 質問のトップに立った海江田万里民主党代表が「厳しい民意が示されたことを厳粛に受け止める」とまず反省の弁を口にしたのも、同党を取り巻く厳しい現状の表れだろう。ただし、海江田氏が目下の最大焦点である一連の「アベノミクス」に重点を置き、真っ向から論戦を挑んだ点は評価していい。

 安易な国債発行は将来世代に対する負担の先送りではないか。政策メニューは歳出増加項目が目白押しだが、経済成長率を高く見積もり、税収増で賄おうという「つじつま合わせ」を考えているのなら無責任ではないか。公共事業に偏重した旧来型政策に効果は乏しく、財政赤字を膨らませてきただけではなかったか。金融緩和によって年2%の物価上昇目標は実現が可能か。あるいは雇用や給与はほとんど増えず、物価だけが上がれば実質賃金の引き下げになるなど副作用の懸念はないか−−。

 海江田氏が挙げた疑問点は、私たちもこれまで指摘してきた通りだ。だが、残念ながら首相は道路特定財源の復活を否定したほかは、「できる限り」といった言葉を多用し、答弁は著しく具体性を欠いた。これでは首相が答弁の冒頭で自ら期待を示した「建設的で緊張感のある議論」とは到底言えない。

 経済政策だけでない。自民、公明、民主3党で合意したはずの国会議員定数大幅削減に関しても、首相は「各党で協議を」と語るだけで素っ気なかった。原発をどうするかなどエネルギー政策のあり方や、今後の日中、日韓関係なども含めて、もっと踏み込んだ説明が必要だ

 各党が夏の参院選を見すえる通常国会だ。確かに民主党の立て直しは容易ではなさそうだ。だが、惨敗にぼうぜん自失している時は過ぎた。そして再建への第一歩は、政権を一度担当した経験を生かしながら、徹底した論戦を通じて新しい野党像を示していくことではないか。

 海江田氏は「決める政治」を進めるとも明言した。不毛な与野党の足の引っ張り合いとは縁を切る決意の表明だろう。ならば当面、補正予算案に盛り込まれた公共事業に無駄なものがないか、詳細に調査してチェックすることに力を注いでほしい。

 この日、質問に立った自民党の高村正彦副総裁も「これは無駄だという指摘があれば、真摯(しんし)に耳を傾ける」と語った。建設的な論議とはそういうものだ。与野党ともに新しい国会の姿を見せてほしい。




20131288syoshin安部首相


Policy Speech by Prime Minister Shinzo Abe to the 183rd Session of the Diet
Monday, January 28, 2013

[Provisional Translation]


I would like to begin my address with a few words concerning the terrorist incident that took place in Algeria.

Since the incident occurred, the government was engaged in fully concerted efforts to collect information on and rescue the lives of the hostages.

And yet, it is a matter of deepest regret that Japanese actively working on the front lines around the world, entirely innocent, have become victims. I am overwhelmed by anguish and heartache when I think of the feelings of the families left behind.

Despicable terrorist acts that involve innocent citizens are absolutely unforgivable and Japan resolutely condemns them. We will verify the facts concerning this incident and fully defend the lives and the assets of our nationals. As I begin my address to you today I state my determination that Japan will continue to fight terrorism in ongoing coordination with the international community.


(Introduction)

Through the judgment of the people handed down in the general election at the end of last year, a coalition government of the Liberal Democratic Party and the New Komeito Party was inaugurated, and I was designated as the nation's 96th Prime Minister.

I am someone who has suffered a major political setback, as I have once resigned from this position due to illness. Having once again accepted the heavy responsibility of presiding over the steering of the nation, I vow to manage national policy in a sincere manner, taking to heart reflections and lessons from the past while keeping in mind the importance of careful dialogue.

The source of my determination to devote myself once more to working for the nation and the people lies in my deep sense of patriotism. This is because I believe that I have a mission which must be undertaken in order to rectify Japan's present situation of finding itself in a critical situation.

There is the crisis of the Japanese economy, in which we have been unable to extract ourselves from the bog of deflation and a strengthening yen, while the enormous sum of what is said to be up to 50 trillion yen in national income has been lost along with industrial competitiveness, and no matter how diligently one works, one's day-to-day living never improves.

There is the crisis of reconstruction from the Great East Japan Earthquake, in which progress has been sluggish while nearly 320,000 people remain unable to return to their beloved hometowns.

There is the crisis of our diplomacy and security, in which the cornerstone of our foreign policy has become eroded and, as if the fragility of our position has been perceived by others, there have been ongoing provocations against our sovereign territory, territorial waters, and territorial airspace as well as against our sovereignty itself.

And, there is the crisis of education, in which insidious bullying occurs in one case after another among the children who will shoulder the future of Japan, while pride in this nation's history and traditions wanes and there are concerns regarding declining academic achievement, which should rank among the world's best.

It simply will not do for us to stand idly by.

Honorable members of the Diet, shall we not now build a decent society where people who work hard are certain to be rewarded and where it is possible to embrace dreams and hopes for the future?

If we are to do so, we must do whatever it takes to break through the array of crises threatening Japan's future.

In the just over three years spent as an opposition party, the LDP painstakingly went all around the country to gather the views of people there in each locale and emerged with a vision of how our policies should be. Now that we have achieved this return to being a ruling party, we will realize in concrete form the policies that we have been nurturing over this time and, together with the people, push forward to break through the crises here at hand.

Upon inaugurating my Cabinet, I simultaneously instructed all of the ministers to devote themselves to the areas of economic revival, reconstruction from the earthquake disaster, and crisis management. Breaking through these crises is a job that should be undertaken by the entire Cabinet moving forward as one.

At the same time, it is also a responsibility to be shouldered by all members of the Diet engaged in national administration, from both ruling and opposition parties alike.

I appeal to all the honorable members of the Diet gathered in this chamber. Let us mobilize the wisdom of the ruling and opposition parties and demonstrate Japan's strength to the greatest possible extent in order to indicate the steadfast intention of the nation, which is about to break through these crises. I earnestly seek the understanding and cooperation of each party and parliamentary group on this matter.


(Economic Revival)

The greatest issue and indeed an urgent issue for Japan is the revival of the economy.

Of the numerous issues Japan faces, why do I insist on reviving the economy most of all? It is because I consider prolonged deflation and the appreciation of the yen to be shaking from their very base the foundations of trust in society that "those who work hard shall be rewarded."

No matter how much the government redistributes income, unless it succeeds in creating wealth through continuous economic growth, the size of the overall economic "pie" will continue to shrink. Should that occur, then however hard a person may work, the amount of income that remains in hand for that individual would only decrease. It could also cause the foundations of social security, which serves as an anchor for our peace of mind, to become shaky.

It will be impossible for us to break free of deflation and the appreciating yen by dealing with them in ways that are an extension of what we have done thus far. That is why I will set forth a bold policy package of a nature altogether different from what has come before. Let us move forward in restoring a "robust economy" with a firm sense of resolve.

I have already established the Headquarters for Japan's Economic Revitalization as a "control tower" for economic revival and reinstated the Council on Economic and Fiscal Policy. Making this lineup function in high gear, I will press forward with economic revival under the three prongs of bold monetary policy, flexible fiscal policy, and a growth strategy that encourages private sector investment.

In the area of monetary policy, the government and the Bank of Japan put together a joint statement that daringly overhauls the policy framework that has existed until now. It is important that the government and the Bank of Japan each faithfully carry out the contents of the joint statement within its respective area of responsibility, including the Bank of Japan bringing a 2 percent price stability target into reality in the earliest possible time. The government and the Bank of Japan will engage in even closer cooperation in the future.

In addition, the recently compiled Emergency Economic Measures provide support for business activity while reinforcing our growth potential. The supplementary budget that we will submit in the days ahead provides the backing for those countermeasures. It sets forth bold budgetary provisions, with the three priority areas of "reconstruction and disaster prevention", "the creation of wealth through growth", and "securing safety of people's livelihood and regional revitalization." I ask in particular for the understanding and the cooperation of each party and parliamentary group so that this budget can be passed promptly and transition into implementation.

At the same time, it will be impossible to mobilize fiscal spending indefinitely. We will formulate and then implement a growth strategy in which private-sector investment and consumption expand continuously.

iPS cells, one of the momentous inventions of the century, are now approaching a stage at which clinical tests to develop new drugs and cures are firmly within reach. When put into practical use, this research will not only contribute to the realization of a "society in which people can live long lives in good health" but also create new wealth and employment. Innovation and system reform will lead to the resolution of social issues, thereby bringing about new values in our daily lives and becoming a driving factor for economic revival.

The most important thing will be a spirit of courageously taking up the challenge to explore unknown fields. My fellow members of the Diet, let us now more than ever aim to be the best in the world.

We aim to be a society that attracts investment and human resources from all around the globe, in which all people, both young and old, and regardless of age or disability, feel a purpose in life, and in which people are given chances again and again. We aim at a society in which working women can forge their own careers, and one in which both men and women find it easy to reconcile jobs and child-rearing. We aim to have a society in which small- and medium-sized enterprises and small-scale employers are dynamic, and a society overflowing with attractiveness particular to each region, in which the abundant resources of our agricultural, mountain, and fishing communities nourish growth. By linking such a vision of "the society we seek to achieve" with a reliable strategy for growth, we will certainly restore a robust economy in the future.

At the same time, we will aim to achieve a surplus in the primary balance in order to put public finances on a sound footing over the medium to long term.


(Reconstruction from the Earthquake Disaster)

The areas stricken by the Great East Japan Earthquake are now in the midst of their second harsh winter. When selecting the very first place I would visit immediately after assuming the post of prime minister at the end of last year, I chose Fukushima without any hesitation whatsoever. I also visited Miyagi the other day and from here on as well, I intend to visit these affected places as often as I can.

When thinking of the affected areas, I cannot help calling to mind the story of one little girl and her family. This little girl, then in her third year of elementary school, lost her great-grandmother and her mother in the Great East Japan Earthquake. One day two months after the disaster struck, a letter was delivered to the family, which was overwhelmed with grief. It was a "letter to the future" that two years before, the girl's mother had written to her daughter secretly, after the little girl had entered elementary school.

After referring to the struggles they had had when the girl first entered school, the letter continued, saying, "Mommy is so relieved to see that you are doing so well going to school. From now on Mommy is going to try her best and she is looking forward to seeing you read this letter with everyone."

The person who received this letter was a little girl whom I had happened to meet before in the disaster area and whom I was able to meet again recently. When I spoke with her, she looked intently into my eyes and said, "I want you to build an elementary school." I was deeply touched by the fact that she had conveyed her hopes for the future rather than looking back on the past.

The reconstruction of hometowns is an undertaking that will restore the hope to live among the people in the disaster areas. Restoring the smiling faces of the people who are industriously living in the present may also very well be a way to repay the departed souls of the victims watching over us from heaven, who are wishing only for those smiling faces.

But nothing will change just by appealing for reconstruction verbally. First of all, we will undertake a major conversion of the government system. We will engage in a hands-on approach under which we will push aside the vertically-segmented administrative structure that has been in place until now and have the Reconstruction Agency take up all requests as a "one stop" focal point. We will intrepidly set forth budgetary provisions within the upcoming supplementary budget as well, and we will without fail accelerate the reconstruction of the disaster areas and the revival of Fukushima.


(Diplomacy and Security)

There is also a pressing need for us to undertake a drastic reshaping in the areas of diplomacy and security.

Above all, we must further reinforce the Japan-U.S. alliance, which is the cornerstone of Japanese diplomacy and security, and fully restore the bonds of friendship between Japan and the U.S. At the Japan-U.S. summit meeting scheduled for the third week of February, I am determined to demonstrate to both the people of Japan and people around the world that the close ties of the Japan-U.S. alliance have been restored. At the same time, I will be devoting my greatest possible efforts to lightening Okinawa's burden, including through the relocation of Futenma Air Station.

Fundamental to our diplomacy will be for us to develop a strategic diplomacy based on the fundamental values of freedom, democracy, basic human rights, and the rule of law, and we view the world as a whole, as if looking at a globe, rather than look only at bilateral relations with neighboring countries.

In the Asia-Pacific region which will grow dramatically, Japan will continue to make contributions as a leading role in not only economics but also a variety of other fields, including security as well as cultural and people-to-people exchanges.

This year marks the 40th year of friendship and cooperation between Japan and ASEAN. Recently I visited the three countries of Viet Nam, Thailand, and Indonesia, where I was once again able to feel very acutely the high degree of expectations that these countries hold for Japan. Strengthening Japan's relations with the countries of ASEAN, which will continue to develop as a growth center as it works towards the establishment of an ASEAN Community by 2015, will be indispensable for the peace and prosperity of the region while also being in Japan's national interests. Having started with this recent trip, I will continue to develop strategic diplomacy that looks at the global situation from a broad perspective.

The situation surrounding Japan is becoming increasingly severe. I hereby declare that I will take all possible measures to ensure the appropriate development and administration of our remote border islands and the reinforcement of their security, and that under this Cabinet, we will fully defend in a resolute manner the lives and assets of our nationals as well as our territory, territorial waters, and territorial airspace.

Furthermore, the recent terrorist incident in Algeria has sounded a warning to us once more regarding the importance of crisis management as a nation. We will handle such matters with even greater vigilance under a 24-hour, 365-day system for crisis management responses, including terrorist or cyber attacks as well as large-scale natural disasters and major accidents.

And then, above all else is the resolution of the abduction issue. My mission will not be finished until the day arrives that the families of all the abductees are able to hold their relatives in their arms. Under a policy of "dialogue and pressure" with North Korea, I will do my utmost to achieve the three points of ensuring the safety and the immediate return to Japan of all the abductees, obtaining a full accounting concerning the abductions, and realizing the handover of the perpetrators of the abductions.


(Closing Remarks)

The greatest crisis facing Japan lies in the Japanese people having lost confidence. It is certainly true that the Japanese economy is in a serious state and that these are not simple issues that can be solved today or tomorrow.

However, should we lose the mettle to say, "I will grow going forward, making use of my own abilities," neither individuals nor countries will be able to carve out a bright future. Former Prime Minister Hitoshi Ashida said the following amidst the burnt-out ruins after the war, urging on young people who were brooding over how the future would turn out. "Don't go asking others 'How will it all turn out'; instead remember that 'There is no path forward other than by carving out our own fate with our own hands.'"

I would also like to appeal to each of the Japanese people listening to this address. The most important thing is to restore pride and confidence in yourself, is it not? We, and indeed Japan as well, can surely grow every day in the future by uncovering new capabilities lying dormant within us. Let us share a readiness to break through the crises confronting us here and now and carve out our future.

There is no one else who will create a "strong Japan." It is none other than we ourselves who will do it.

Thank you for listening.





平成25年1月28日
第百八十三回国会における安倍内閣総理大臣所信表明演説



 まず、アルジェリアで発生したテロ事件について、一言、申し上げます。

 事件発生以来、政府としては、総力を挙げて情報収集と人命救出に取り組んでまいりました。

 しかしながら、世界の最前線で活躍する、何の罪もない日本人が犠牲となったことは、痛恨の極みです。残された御家族の方々のお気持ちを想うと、悲痛の念に堪えません。

 無辜(むこ)の市民を巻き込んだ卑劣なテロ行為は、決して許されるものではなく、断固として非難します。私たちは、今般の事件の検証を行い、国民の生命・財産を守り抜きます。国際社会と引き続き連携し、テロと闘い続けます。冒頭、その決意を申し上げます。



(はじめに)
 昨年末の総選挙による国民の審判を経て、自由民主党と公明党の連立政権を発足させ、第九十六代内閣総理大臣を拝命いたしました。

 私は、かつて病のために職を辞し、大きな政治的挫折を経験した人間です。国家の舵(かじ)取りをつかさどる重責を改めてお引き受けするからには、過去の反省を教訓として心に刻み、丁寧な対話を心掛けながら、真摯に国政運営に当たっていくことを誓います。

 国家国民のために再び我が身を捧げんとする私の決意の源は、深き憂国の念にあります。危機的な状況にある我が国の現状を正していくために、為(な)さなければならない使命があると信じるからです。

 デフレと円高の泥沼から抜け出せず、五十兆円とも言われる莫大な国民の所得と産業の競争力が失われ、どれだけ真面目に働いても暮らしが良くならない、日本経済の危機。

 三十二万人近くにも及ぶ方々が住み慣れた故郷(ふるさと)に戻れないまま、遅々として進んでいない、東日本大震災からの復興の危機。

 外交政策の基軸が揺らぎ、その足元を見透かすかのように、我が国固有の領土・領海・領空や主権に対する挑発が続く、外交・安全保障の危機。

 そして、国の未来を担う子どもたちの中で陰湿ないじめが相次ぎ、この国の歴史や伝統への誇りを失い、世界に伍(ご)していくべき学力の低下が危惧される、教育の危機。

 このまま、手をこまねいているわけにはいきません。

 皆さん。今こそ、額に汗して働けば必ず報われ、未来に夢と希望を抱くことができる、真っ当な社会を築いていこうではありませんか。

 そのためには、日本の未来をおびやかしている数々の危機を何としても突破していかなければなりません。

 野党として過ごした三年余り、全国津々浦々で現場の声を丹念に拾い集め、政策のあるべき姿を考え抜いてまいりました。政権与党に復帰した今こそ、温めてきた政策を具体的に実現させ、国民と共に、現下の危機突破に邁(まい)進します。

 内閣発足に当たって、私は全ての閣僚に「経済再生」「震災復興」「危機管理」に全力を挙げるよう一斉に指示をいたしました。危機の突破は、全閣僚が一丸となって取り組むべき仕事です。

 同時に、与野党の別を問わず、国政に携わる全ての国会議員が担うべき責任でもあるはずです。

 この議場に集う全ての国会議員諸氏に訴えます。危機を突破せんとする国家の確固たる意思を示すため、与野党の叡(えい)智を結集させ、国力を最大限に発揮させようではありませんか。各党各会派の御理解と御協力を切に求めてやみません。



(経済再生)
 我が国にとって最大かつ喫緊の課題は、経済の再生です。

 私が何故、数ある課題のうち経済の再生に最もこだわるのか。それは、長引くデフレや円高が、「頑張る人は報われる」という社会の信頼の基盤を根底から揺るがしていると考えるからです。

 政府がどれだけ所得の分配を繰り返しても、持続的な経済成長を通じて富を生み出すことができなければ、経済全体のパイは縮んでいってしまいます。そうなれば、一人ひとりがどんなに頑張ってみても、個人の手元に残る所得は減っていくばかりです。私たちの安心を支える社会保障の基盤も揺らぎかねません。

 これまでの延長線上にある対応では、デフレや円高から抜け出すことはできません。だからこそ、私は、これまでとは次元の違う大胆な政策パッケージを提示します。断固たる決意をもって、「強い経済」を取り戻していこうではありませんか。

 既に、経済再生の司令塔として「日本経済再生本部」を設置し、「経済財政諮問会議」も再起動させました。この布陣をフル回転させ、大胆な金融政策、機動的な財政政策、そして民間投資を喚起する成長戦略という「三本の矢」で、経済再生を推し進めます。

 金融政策については、従来の政策枠組みを大胆に見直す共同声明を、日本銀行との間で取りまとめました。日本銀行において二%の物価安定目標をできるだけ早期に実現することを含め、政府と日本銀行がそれぞれの責任において、共同声明の内容をきちんと実行していくことが重要であり、政府と日本銀行の一層の緊密な連携を図ってまいります。

 加えて、先にまとめた「緊急経済対策」で、景気を下支えし、成長力を強化します。これから提出する補正予算は、その裏付けとなるものです。「復興・防災対策」「成長による富の創出」「暮らしの安心・地域活性化」という三つを重点分野として、大胆な予算措置を講じます。速やかに成立させ、実行に移せるよう、各党各会派の格別の御理解と御協力をお願い申し上げます。

 他方、財政出動をいつまでも続けるわけにはいきません。民間の投資と消費が持続的に拡大する成長戦略を策定し、実行してまいります。

 iPS細胞という世紀の大発明は、新しい薬や治療法を開発するための臨床試験の段階が見えています。実用化されれば、「健康で長生きできる社会」の実現に貢献するのみならず、新たな富と雇用も生み出します。イノベーションと制度改革は、社会的課題の解決に結び付くことによって、暮らしに新しい価値をもたらし、経済再生の原動力となります。

 最も大切なのは、未知の領域に果敢に挑戦をしていく精神です。皆さん。今こそ、世界一を目指していこうではありませんか。

 世界中から投資や人材を惹(ひ)きつけ、若者もお年寄りも、年齢や障害の有無にかかわらず、全ての人々が生きがいを感じ、何度でもチャンスを与えられる社会。働く女性が自らのキャリアを築き、男女が共に仕事と子育てを容易に両立できる社会。中小企業・小規模事業者が躍動し、農山漁村の豊かな資源が成長の糧となる、地域の魅力があふれる社会。そうした「あるべき社会像」を、確かな成長戦略に結び付けることによって、必ずや「強い経済」を取り戻してまいります。

 同時に、中長期の財政健全化に向けてプライマリーバランスの黒字化を目指します。



(震災復興)
 東日本大震災の被災地は、二度目の厳しい冬を迎えています。私は、昨年末に総理に就任した直後に、最初の訪問地として迷うことなく福島を選びました。そして、先日は宮城を訪れ、これからも、可能な限り現地に足を運ぶつもりです。

 被災地のことを想う時、私は、ある少女とその家族の物語を思い出さずにはいられません。東日本大震災で、小学校三年生だった彼女は、ひいおばあさんとお母さんを亡くしました。悲しみに暮れる家族のもとに、被災から二か月後のある日、一通の手紙が届きます。それは、二年前、少女が小学校に入学した後に、お母さんが少女に内緒で書いた「未来へ宛てた手紙」でした。

 手紙には、入学当初の苦労話の後に、こう綴(つづ)られていました。

 「げんきに学校にいってくれるだけで、とてもあんしんしていました。このてがみを みんなでよんでいるところを たのしみにして、これから おかあさんは がんばっていきます」

 この手紙を受け取ったのは、私がかつて被災地で出会い、先般、再会を果たした少女です。その際、彼女は、私の目をじっと見つめ、「小学校を建てて欲しい」と言いました。過去を振り返るのではなく、将来への希望を伝えてくれたことに、私は強く心を打たれました。

 故郷(ふるさと)の復興は、被災地の皆さんが生きる希望を取り戻す作業です。今を懸命に生きる人々の笑顔を取り戻す。それは、その笑顔をただ願いながら天国で私たちを見守っている犠牲者の御霊(みたま)に報いる途(みち)でもあるはずです。

 復興という言葉を唱えるだけでは、何も変わりません。まずは、政府の体制を大転換します。これまでの行政の縦割りを排し、復興庁がワンストップで要望を吸い上げ、現場主義を貫きます。今般の補正予算においても思い切った予算措置を講じ、被災地の復興と福島の再生を必ずや加速してまいります。



(外交・安全保障)
 外交・安全保障についても、抜本的な立て直しが急務です。

 何よりも、その基軸となる日米同盟を一層強化して、日米の絆を取り戻さなければなりません。二月第三週に予定される日米首脳会談において、緊密な日米同盟の復活を内外に示していく決意です。同時に、普天間飛行場の移設を始めとする沖縄の負担の軽減に全力で取り組みます。

 外交は、単に周辺諸国との二国間関係だけを見つめるのではなく、地球儀を眺めるように世界全体を俯瞰(ふかん)して、自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった、基本的価値に立脚し、戦略的な外交を展開していくのが基本であります。

 大きく成長していくアジア太平洋地域において、我が国は、経済のみならず、安全保障や文化・人的交流など様々な分野で、先導役として貢献を続けてまいります。

 本年は、日アセアン友好協力四十周年に当たります。私は、先日、ベトナム、タイ、インドネシアの三か国を訪問し、日本に対する期待の高さを改めて肌で感じることができました。二〇一五年の共同体構築に向けて、成長センターとして発展を続けるアセアン諸国との関係を強化していくことは、地域の平和と繁栄にとって不可欠であり、日本の国益でもあります。この訪問を皮切りに、今後とも、世界情勢を広く視野に入れた戦略的な外交を展開してまいります。

 我が国を取り巻く情勢は、厳しさを増しています。国境離島の適切な振興・管理、警戒警備の強化に万全を尽くし、この内閣の下では、国民の生命・財産と領土・領海・領空は、断固として守り抜いていくことをここに宣言します。

 併せて、今般のアルジェリアでのテロ事件は、国家としての危機管理の重要性について改めて警鐘を鳴らすものでした。テロやサイバー攻撃、大規模災害、重大事故などの危機管理対応について、二十四時間・三百六十五日体制で、更なる緊張感を持って対処します。

 そして何よりも、拉致問題の解決です。全ての拉致被害者の御家族が御自身の手で肉親を抱きしめる日が訪れるまで、私の使命は終わりません。北朝鮮に「対話と圧力」の方針を貫き、全ての拉致被害者の安全確保及び即時帰国、拉致に関する真相究明、拉致実行犯の引渡しの三点に向けて、全力を尽くします。



(おわりに)
 我が国が直面する最大の危機は、日本人が自信を失ってしまったことにあります。確かに、日本経済の状況は深刻であり、今日明日で解決できるような簡単な問題ではありません。

 しかし、「自らの力で成長していこう」という気概を失ってしまっては、個人も、国家も、明るい将来を切り拓くことはできません。芦田元総理は、戦後の焼け野原の中で、「将来はどうなるだろうか」と思い悩む若者たちを諭して、こう言いました。「『どうなるだろうか』と他人に問いかけるのではなく、『我々自身の手によって運命を開拓するほかに道はない』」、と。

 この演説をお聴きの国民一人ひとりへ訴えます。何よりも、自らへの誇りと自信を取り戻そうではありませんか。私たちも、そして日本も、日々、自らの中に眠っている新しい力を見出して、これからも成長していくことができるはずです。今ここにある危機を突破し、未来を切り拓いていく覚悟を共に分かち合おうではありませんか。

 「強い日本」を創るのは、他の誰でもありません。私たち自身です。

 御清聴ありがとうございました。


安倍内閣総理大臣所信表明演説 平成25年1月28日 (首相官邸HPより)





平成25年1月22日 「デフレ脱却と持続的な経済成長の実現のための政府・日本銀行の政策連携について」という表題の(共同声明)が公表された。(下掲 参照)

平成25年1月23日 毎日新聞は、共同声明を受けて、物価目標と日銀 政治への従属を憂う と題する 憂慮の社説を発表しました

”法律を変えなくとも、今回独立性はあっさりと低下した。その現実を日銀は真剣に見据えねばならない。”が 社説の結論ですが、ちあき の観るところ、日銀は、しぶとく粘り腰でしのいでいる ように感じています。 経済財政諮問会議の一構成員として白川日銀総裁も参画して、24日開催された第3回経済財政諮問会議に提出された 白川総裁の説明資料の範囲では ありますが----。


第3回経済財政諮問会議資料2 白川議員提出資料



社説:物価目標と日銀 政治への従属を憂う
毎日新聞 2013年01月23日

 中央銀行の歴史上、重要な転換点となるのだろう。日銀が政府と共同声明を発表し、年率2%の物価上昇を目標に、期限を定めず金融緩和を実施していくと表明した。

 日銀と政府の連携自体、決して悪いことではない。だが、今回の取り決めは対等な関係にある者同士の連携とは言い難く、事実上、政治家の要求を日銀がのまされた一方的なものだ。今後、どのような事態を招くのか、憂慮せずにはいられない。

 主に二つの問題点を挙げたい。

 まず、財政への影響だ。

 今回、「目標」となった2%の物価上昇率だが、過去20年の間、継続して達成されたことはない。そうした高い目標を、声明のように「できるだけ早期に実現」しようとすれば、遅れを理由に政治家の無理な追加緩和要求が増すのではないか。

 積極的な金融緩和とは、単純化すれば、日銀が新たにお札を刷って銀行から国債などを大量に買い増すことだ。日銀が国債を買えば買うほど、政府は当面の金利上昇(国債価格の下落)を心配せずに、借金を増やせると考える。財政再建の遅れや、一段の悪化を誘発しかねない。

 短期的にうまくいっても、どこかの段階で、財政の持続性に無理があると市場が判断すれば、金利が高騰を始めよう。抑制しようと日銀がさらにお札を刷れば、許容範囲を超えたインフレが起きる。多くの国民が増税を強要されたのと同じ痛みを味わうことになるだろう。

 二つ目の懸念は、政策の決定過程が見えづらくなり、責任があいまいになることだ。安倍政権は、復活させた経済財政諮問会議を日銀の政策の成果を点検する場として使おうとしている。同会議に限らず、新たな政策変更が事実上、日銀の金融政策決定会合の外で固まる恐れがある。

 政治が指示したことを日銀が実行し、責任は日銀に、というのでは、無責任な政策が取られることにならないか。そのツケが経済の悪化や混乱という形で後々、国民に回ってくるのでは困る。

 いずれの懸念も杞憂(きゆう)に終わってくれればいい。だが、日銀が政治に従属する方向へかじを切ったことで、懸念が現実味を帯びている。その責任は、日銀にもある。この1〜2カ月だけでなく、政治家が都合よく日銀に圧力をかけることを許してきた結末が今回の声明文だ。

 98年の新日銀法により、日銀の政府からの独立性は高まった。しかし、それが国民に広く支持、尊重されるための努力を日銀がどれだけ重ねてきたかということである。
法律を変えなくとも、今回独立性はあっさりと低下した。その現実を日銀は真剣に見据えねばならない。
 


--------------------------------------------------------------------------------------


デフレ脱却と持続的な経済成長の実現のための政府・日本銀行の政策連携について
             (共同声明)


1.デフレからの早期脱却と物価安定の下での持続的な経済成長の実現に向け、以下のと
おり、政府及び日本銀行の政策連携を強化し、一体となって取り組む。

2.日本銀行は、物価の安定を図ることを通じて国民経済の健全な発展に資することを理
念として金融政策を運営するとともに、金融システムの安定確保を図る責務を負ってい
る。その際、物価は短期的には様々な要因から影響を受けることを踏まえ、持続可能な
物価の安定の実現を目指している。
日本銀行は、今後、日本経済の競争力と成長力の強化に向けた幅広い主体の取組の進
展に伴い持続可能な物価の安定と整合的な物価上昇率が高まっていくと認識している。
この認識に立って、日本銀行は、物価安定の目標を消費者物価の前年比上昇率で2%と
する。
日本銀行は、上記の物価安定の目標の下、金融緩和を推進し、これをできるだけ早期
に実現することを目指す。その際、日本銀行は、金融政策の効果波及には相応の時間を
要することを踏まえ、金融面での不均衡の蓄積を含めたリスク要因を点検し、経済の持
続的な成長を確保する観点から、問題が生じていないかどうかを確認していく。

3.政府は、我が国経済の再生のため、機動的なマクロ経済政策運営に努めるとともに、
日本経済再生本部の下、革新的研究開発への集中投入、イノベーション基盤の強化、大
胆な規制・制度改革、税制の活用など思い切った政策を総動員し、経済構造の変革を図
るなど、日本経済の競争力と成長力の強化に向けた取組を具体化し、これを強力に推進
する。
また、政府は、日本銀行との連携強化にあたり、財政運営に対する信認を確保する観
点から、持続可能な財政構造を確立するための取組を着実に推進する。

4.経済財政諮問会議は、金融政策を含むマクロ経済政策運営の状況、その下での物価安
定の目標に照らした物価の現状と今後の見通し、雇用情勢を含む経済・財政状況、経済
構造改革の取組状況などについて、定期的に検証を行うものとする。




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


アベノミクスを ちあき なりに調べました。
(安倍首相そのものは 好感度抜群なんですが、経済ブレーンの方の、巷間流布した幾つかのアベノミクス構想の素材吟味の練度不足に ちあきの嗅覚が、漠然とした危うさ を嗅ぎあてました ので)

大和総研 チーフエコノミスト 熊谷亮丸氏 (2012年12月25日)の所論が アベノミクスの全体像を理解するのに役立ちましたので、本稿に掲載します。

また アベノミクスの先行きを予言しているような相沢幸悦[アイザワコウエツ]氏の著書「2013年、世界複合恐慌」 ―日米欧同時インフレが始まる―(2012年8月30日第1刷発行)を読みました。

相沢幸悦氏は 昨年夏までの政財政の状況を踏まえて立論していますが、当然のことながら、消費税増税法案可決・解散・総選挙・その結果のアベノミクス出現は 予測されていません。
とはいえ、結果としてインフレ政策をとることで、デフレ脱出をはかることの意味とそのリスクが、アベノミクスに内包されていることの注意喚起の示唆は 十二分に述べられており、その予見性の鋭さに驚きをもって 本著作を読了いたしました。

特に、処方箋としての構造改革への言及は、毎日新聞の経済社論 ”物価の引き上げでなく、構造改革で潜在成長率の引き上げを目指すのが筋なのだ”(2013年01月04日 社説:2013年を展望する 強い経済は構造改革で )に通じますので 驚きでした。(本稿 後段にその社説を掲載しておきます。参照ください。 ちあき の アベノミクスへのもやもやした危うさの危惧を代弁してくれており、心強く思っております。)




 平成25年1月11日 安倍総理は、第2回日本経済再生本部で緊急経済対策を取りまとめたことを受け、総理官邸で記者会見を開き、冒頭 自らパネルを使って緊急経済対策の説明を行いました。

------そしてTPPなどの構造改革へのチャレンジは 以下掲出の【安倍総理冒頭発言】で明らかなように 見当たらず、残念なことに「危ない経済実験(毎日新聞社説)」へ踏み出しました。

更に 水説:日銀総裁の変心=潮田道夫氏(毎日新聞 2012年12月26日 東京朝刊)によれば、日銀は白川総裁の政策変更によるメンツを潰すことなどに拘泥せず、日銀法改正を阻止することを選択した といいます。これは 志 壮でしょう。法改正が行われれば、国民の共有財産である中央銀行の価値を損ないます。恒久的な損失につながります。 彼らは立派だと思います。日銀は日本国を形成するさまざまな集団の中で、いまだに信用を保持している希少な存在だからです

また潮田氏は”副作用も制御不能というわけではないだろう。”と観測していますが、事態はそんなに楽観的でもないようです。2012年2月14日 金融政策決定会合で、事実上 日銀はすでに1%のインフレターゲットを設定しており、約1年 ニューマネーを発行し続けて、市中銀行に(国債購入)資金として日銀においている当座預金を積増しさせるだけでなく、ETFとJ.リート(株式と不動産の投資信託)を買い取ることも続けており、この上に、更に物価目標プラス2%になるまでニューマネーを発行し続けるとなると、どこで円の通貨信任破断界がくるか、まさに経済実験の領域に踏み出すこと になりますね。この事態 想像するだに恐ろしい。


水説:日銀総裁の変心=潮田道夫
毎日新聞 2012年12月26日 東京朝刊

 <sui−setsu>

 日本銀行の白川方明(まさあき)総裁の変心(乱心という人もいるが)は、何が理由だろうか。これまで金融緩和のためのインフレターゲット(物価目標)に反対していたのが、1月の金融政策決定会合で導入に踏み切る考えを表明した。

 総選挙で大勝した自民党の安倍晋三総裁の主張に沿い、消費者物価指数の上昇率で前年比2%程度に設定するとみられる。

 このひょう変ぶりに、前原誠司経済財政担当相は自分が申し入れたときには耳を貸さず、安倍さんに言われるとホイホイ承知するのは不愉快だ、と怒っているそうだ。

 白川総裁は記者会見で、政策変更は次の首相になる安倍さんの強い要請に応えるためだ、と説明している。長いものには巻かれろ? 前原さんが怒るのも当然だが、やむをえないことだったと思う。

 変心の理由は明白で、ここで白川さんが突っぱれば、安倍さんは日銀法改正に動く。面目にかけてもそうせざるをえない。政府提案でなく議員提案になるかもしれないが、これは成立する。素案通りなら先進国とは思えない異常な中央銀行法になる。

 白川さんはそれを回避するために、安倍提言を受け入れた。法改正が行われれば、国民の共有財産である中央銀行の価値を損なう。恒久的な損失につながる。政策変更は白川さんのメンツを傷つけるに過ぎない。副作用も制御不能というわけではないだろう。

 日銀法改正を唱えてきた政治家たちは作戦成功と喜んでいる。あきれて声も出ない。日銀は日本国を形成するさまざまな集団の中で、いまだに信用を保持している希少な存在だ。政治家のなすべきことは政治不信の解消であって、日銀不信を作り出すことではないはずだ。


【安倍総理冒頭発言】
 先ほど、第2回日本経済再生本部、それに続いて閣議を行い、緊急経済対策を決定をいたしました。私から対策の位置づけと、そして内容のポイントについて、簡単に説明をさせていただきたいと思います。
 安倍政権は、政策の一丁目一番地を経済の再生と見据えています。額に汗して頑張って働けば必ず報われる真っ当な社会を取り戻していくためにも、長引くデフレと円高からの脱却が決定的に重要であります。残念ながら民主党政権においては、経済対策は分配ばかりを重視をして、国全体としてどう稼いで、経済全体のパイをどう大きくしていくか、広げていくかということについては、十分ではありませんでした。発想が十分ではなかったと言っていいと思います。
 安倍政権では、まず政策の基本哲学を変えていきます。「縮小均衡の再分配」から、「成長による富の創出」へと大胆に転換を図っていきます。「委縮し続ける経済」に決別をして、イノベーションや新しい事業が次々と生み出されていくような、そして、それによって雇用と所得が拡大をしていくという「強い経済」を目指してまいります。強い経済を取り戻していくためには、大胆な金融政策、そして機動的な財政政策、そして民間投資を喚起する成長戦略という三本の矢を同時展開していくべきだと考えています。
 デフレ・円高からの脱却のためには、政府・日本銀行の連携による大胆な金融政策が不可欠であります。あわせて、日本銀行が供給したお金を使うことが必要です。このため、まずは政府自らが率先して需要をつくり、景気の底割れを防がなければなりません。
 他方、いつまでも国の財政で需要をつくり続けることはできません。持続的に成長するためには、企業がお金を借りて積極的に投資をして売り上げを伸ばす、これによって雇用や賃金を増やすという好循環を生み出していかなければなりません。そのためには、日本経済は成長していくとの将来への確かな期待を持てるような成長戦略が極めて重要であります。同時に、プライマリーバランスの黒字化も目指してまいります。
 今回取りまとめた対策は、従来とは次元の違うレベルで、一体かつ強力に実行する政策パッケージの第一弾であります。内容面では、この三つの重点分野によって構成されているわけでありますが、まずは「復興・防災対策」、そして「成長による富の創出」、3番目は「暮らしの安全と地域活性化」であります。
 この3分野に重点化をしているということが特徴であります。例えば命と暮らしを守るインフラの再構築を図り、国道整備だけでも約50万件を緊急点検いたします。
 国民の日々の暮らしを大切にする姿勢もお示しするわけでありまして、具体例を挙げれば、若者には正規雇用に熱心な企業を応援する仕組みをつくります。働く女性のために、子供の一時預かり、保育士の就職支援といった措置を講じ、地域での子育て支援を充実してまいります。子供やお年寄りのために、通学路の安全確保やバリアフリー化にも取り組んでいきます。前向きな町工場には、民主党政権の事業仕分けで廃止された「ものづくり補助金」を復活をさせて、試作品開発などを支援をいたしてまいります。それによって1万社を対象にしてまいります。
 さらに、税制措置として、額に汗して働く人々には、企業の給与支払いを拡大するための措置をとります。お年寄りにはおじいさん、おばあさんがお孫さんに教育資金を贈与する際の非課税措置を盛り込んでいきたいと考えています。このように、国民生活の様々な場面にきめ細やかな対応をする多彩な施策を盛り込んでいます。
 規模の面では、補正予算による財政支出は13兆円、事業規模は20兆円を超える、リーマンショック時の臨時、異例な対応を除けば、史上最大規模となります。この対策によって、実質GDPをおおむね2%押し上げ、約60万人分の雇用を創出してまいります。経済再生への強い意思と明確なコミットメントを示す本格的な経済対策に仕上がっていると思います。
 昔の自民党のように、無駄な公共事業のバラマキを行っているんではないかという批判も耳にしますが、それは違います。安易なバラマキではないということは明確にしておきたいと思います。我々は、まさに古い自民党から脱皮をしたわけであります。国民生活を守る事業、成長や地域活性化を促す事業に対象を重点化し、無駄にならないよう、中身もガラス張りにして、費用と効果の比較も見えるようにしてまいります。
 また、ニーズが高く早期執行が可能な公共事業や早期の市場拡大につながる施策を重視してまいります。経済効果が早期に出るような工夫も随所に凝らしています。今後、政府を挙げて、政策の早期実行とわかりやすい説明に努めるとともに、国民生活の向上につながっているか、しっかりとフォローアップをしていきたいと考えています。
 私は、年頭の記者会見において、経済再生に向けてロケットスタートを切りたい、こう申し上げました。新年早々から日本経済再生本部を立ち上げ、経済財政諮問会議も再起動いたしました。今般の対策も、そうしたスピード感ある政策実行の一環であります。閣僚、与党議員、各省庁の職員を始め、年末年始返上で尽力をした関係者の皆様に改めて感謝したいと思います。
 今般の対策とともに、来年度予算編成や税制改正作業を早急に進め、日本経済の再生と中長期的に持続可能な財政の双方を実現する道筋をつけていきたいと考えています。
 私からは以上であります。



閣議配布資料

「日本経済再生に向けた緊急経済対策」について(平成25年1月11日 閣議決定)


緊急経済対策重点3分野 

緊急経済対策 記者会見 説明パネル


-----------------------------------------------------------------------


アベノミクス

自民党総裁・安倍晋三が構想する経済政策。

安倍+「エコノミクス」の造語。

デフレと円高からの脱却、名目3パーセント以上の経済成長の達成などであり、これを実現するための強気な経済政策案が挙げられている。

主な内容
物価目標(インフレターゲット)を2パーセントに設定し、日銀法の改正も視野に入れて大胆な金融緩和を行う。

財務省、日本銀行、および民間が参加する外債ファンドを創設し、外債購入の方策を検討する。

緊急経済対策を断行し、補正予算と新年度予算を合わせて切れ目なく経済政策を実行する。

「日本経済再生・産業競争力強化法」(仮称)を制定し製造業の復活を目指す。

日本の立地競争力低下による産業の海外流出を防ぐため、
イノベーション基盤の強化や法人税の引き下げなどを行う。

メタンハイドレートやレアアース泥などの海洋資源の開発に集中投資する。



-----------------------------------------------------------------------

「2013年、世界複合恐慌」 ―日米欧同時インフレが始まる―

2013年、世界複合恐慌 相沢幸悦


著者紹介
相沢幸悦[アイザワコウエツ]
埼玉大学経済学部教授。1950年生まれ。慶應義塾大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。89年から日本証券経済研究所研究員、96年、長崎大学経済学部教授に。2001年から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


詳細

EU発の債務危機は世界全体に広がった。
財政出動はもはやできず、ニューマネーを出せるのは、唯一、各国の中央銀行しか残されていない。
破綻を防ぐための金融緩和が、新たなる破綻を生む。
2013年、世界は「複合恐慌」に突入する―。
果てしなき金融緩和の先を読む。


プロローグ いったい何が起こっているのか

ギリシャ問題に端を発したEUの経済混乱は全世界に広まっている。問われているのは、通貨の信認だ。ユーロ、ドル、円。世界の主要3通貨が互いに絡まり合いながら同時に価値が下がる――21世紀型複合恐慌が、これから始まるのだ。

第1章 「日本化」を恐れる世界

◆欧米が反面教師にした「日本化」

公的債務の対GDP比が90%を越えると、その国の成長力は平均して約4%低下する。つまり、財政赤字が膨れ上がれば、経済成長は止まってしまう。

日本の長期デフレが物語っているのは、景気が悪くなると税収が減り、景気のテコ入れのために財政出動を迫られるので、財政赤字がさらに膨れ狩り、ますます成長の足かせになるという悪循環。

このような「日本のようなデフレ」を回避するために、欧米中銀は積極的に通常は行われない非伝統的な金融政策手段を採用。高度な金融システムに依存している現在の経済活動がマヒしないように、銀行部門が機能不全に陥らないための対策を行っている

財政出動により国債発行を含む政府債務残高は、2012年末でGDP比220%の1000兆円台に乗った。

貯蓄率が高い個人の金融資産は1500兆円もあり、平成大不況が長期化して有効な融資先のない金融機関が、際限なく国債を購入した結果だった。
為に、国債価格が上昇(金利は低下)し、保有国債の値上がり益も金融機関は享受してきた。
「国債バブル」ともいうべきで、長期金利は1%を割り込む低利
になっている。

◆それでもましな日本のデフレ「20年」

失われた20年というが、日本はさほど深刻な景気後退に見舞われてはいない。理由は、1990年代半ば以降、米国の株式バブル、不動産バブルによる好景気で輸出が伸びたからである。

しかし、現在は欧米の景気の落ち込みを軽減してくれるような好景気の国は世界中どこにも見当たらない(QE2の時は新興国が対象であったが既に景気失速)。
だから、米・欧・日の中央銀行がいくら量的緩和という非伝統的金融政策手段を行ってもすぐに景気が回復するとは考えにくい。
しかし、それでも、米・欧・日とも金融緩和を続ける以外に「破滅」を避ける手段がない。


第2章 震源地、阿鼻叫喚のヨーロッパ


◆ユーロ危機の本質

欧州債務危機とはつまるところは重債務国の国債に大量に投資してきた銀行危機。債務危機を爆発させないためには、銀行に大規模な流動性を投入し続けなければならない。銀行を破たんさせると、融資を受けた国から資金が引き揚げられ、危機が世界中に波及してしまう危険がある。

よってECBが前面に出ざるを得ない。ECBは各国国債を直接購入することはできないため、銀行に資金供給。
このマネーは再び、重債務国の国債購入に当てられ利回りが低下、重債務国も新規国債を発行できるという破局への先送りが行われている。

しかし、この帰結はどうなるか?
ユーロという通貨の信認が消滅する深刻なインフレの高進である
ユーロ防衛という正しい政策が、ユーロを崩壊させる。ここにユーロ危機の本質がある。



第3章 アメリカ、超金融緩和の必然


◆米QE3は何を引き起こすのか

(【】内の記述は本書の内容ではありません)
【先日9月に実施されたFOMCの内容
・低金利の据え置き期間を2014年終盤から2015年半ばまで延長
・住宅ローン担保証券(MSB)を毎月400億ドル購入
 (労働市場の改善がいられるまで期限を定めずに実施) 】

FRBが市場を通じてMSBを大量に購入すれば、MSBの価格は上がり、金利は低下。それは住宅ローン金利低下に直結し、住宅市場は上向き、景気は高揚する。しかし、それは、ドルという通貨の信認が消滅するインフレの高進を促す。



第4章 日銀、大失敗!

日銀がみずからデフレ政策をとった事実はない。むしろベースマネー(流通現金や市中銀行が日銀においている当座預金など)を増やしているのに、実体経済に資金需要がないので、資金がマーケットに回らず、その結果、デフレになってしまっている。

だが、平成大不況克服のため、1990年代末には超低金利政策に移行、さらに2000年代初頭には量的緩和政策をとった。
さらに2010年10月5日 金融政策決定会合で「包括緩和」を決めた。これは長期国債だけでなく、ETF(指数連動型上場投資信託),J-リート(不動産投資信託)を新たに買い取る事を決め、さらに枠を決めて買い取る長期国債を「長期国債保有額は日銀券発行残高の範囲内とする」とする「銀行券ルール」の内規の適用除外とする事を決めた。


2012年2月14日 金融政策決定会合で事実上の「インフレターゲット」の導入を決めた。物価の安定安定目標として2%以下のプラス領域で当面は1%を目途とするものだった。日銀がニューマネーでETFとJ.リートの買い取るということは、株式と土地に架空の需要が発生(バブル形成)と同義なので株式と地価は上昇する。勿論、実体経済的な根拠なぞないバブル的な価格上昇だ。


20年続いて日本の平成大不況は、衰退産業を退出させて成長産業を育成するという産業構造の大転換、すなわち経済・産業構造改革を迫る。しかし、政治は長期にわたって回避してきた。

経済・産業構造の大改革がすすめられなければ、株価と地価が上昇する実体経済的前提は整わない。結局、日銀がデフレ脱却と景気の下支えのためにETFとJ.リートを買い続けざるを得ない。まさに「麻薬中毒」経済に突入である。

日銀(中央銀行)の使命が物価の安定とされているのは、インフレが高進すると、庶民が爪に火をともすように貯めてきた過去の蓄積・預貯金が「合法的」に政府に「収奪」されてしまうからである。
政治家・政府にとって、1000兆円の政府債務残高を「チャラ」にする魅力的で「現実的」な方法こそ、ハイパー・インフレである。
そうなれば、消費者物価が数百倍から数万倍・1兆倍にもなる事もある。これこそ死に物狂いで阻止しなければならない、日本銀行にしかできない、歴史的使命である。言うまでもないが、インフレの高進は「日銀法」違反なのだから。


第5章 通貨の信認が消滅する複合恐慌へ

p156(第5章 通貨の信認が消滅する複合恐慌へ)

 世界がダメになる  アメリカもダメ

 2012年6月1日に発表された5月のアメリカ労働省の雇用統計では、景気の動向を敏感に反映する非農業部門の雇用者数が、季節調整済みで前月比6万9000人(7月6日に7万7000人に改定)増と、市場予想の15万人増を大きく下回った。
 アメリカの雇用の伸びは低下傾向にある。2012年3月には市場予想20万人に対して12万人と、前月の24万人増から大きく減少した。4月は市場予想17万人に対して11万5000人(その後の改定値は6万8000人)増であった。(中略)


p168(第5章 通貨の信認が消滅する複合恐慌へ)

(中略) 1929年の世界恐慌において、景気の落ち込みを何としても防ぎ、失業者を減らすために、世界各国が必死になつて為替切り下げ競争を行った。自分の国の通貨を切り下げれば、輸出が有利になつて景気の浮揚にきわめて有効だからである。
相手国から見れば、為替切り下げは、犠牲の押し付けなのであるから、当然、相手国は対抗措置をとって、為替を切り下げる。
結局、1929年の世界恐慌による為替切り下げ競争のなかで、友好国が共通関税などをかけて外国に需要が逃げないようにする「ブロック経済化」が進み、第二次世界大戟へと突入していったのである。


奇妙な一致点

 2008年9月のリーマン・ショックで、アメリカ発の金融危機が発生した。だが、政府・中銀の機敏な対応で、じきにとりあえず克服された。しかしながら、2009年10月のギリシャ危機によりヨーロッパ発の世界恐慌が勃発しつつある。ギリシャ危機は、ギリシャの国債に大量に投資した銀行の危機である。

 この一連の経済危機は、単なる景気循環の一環としての恐慌というよりも、資本主義のシステムの大転換を強制する大不況と見た方がいい。このプロセスと長期化は、1929年世界恐慌と酷似しているからである。

一つは、為替切り下げ競争が行われていることである。1929年の世界恐慌のときと同じように、日米欧は、通貨戟争に突入していると見なければならない。それだけ深刻な恐慌に襲われているということなのである。

 もう一つは、「正しい政策」が行われ、そのために恐慌がさらに深刻化したことがあげられる。
 アメリカでは、リーマン・ショックによる銀行危機と景気低迷に対処すべく、膨大な財政出動が行われた。これは「正しい政策」である。そうしなければ、確実に1929年の世界恐慌を上回る世界恐慌が勃発していたであろう。ただし、その結果、アメリカでも膨大な財政赤字が累積している。


一方、日本では、財政赤字が増えているにもかかわらず、削減もせずに「間違った」経済政策である財政出動が行われた。それゆえ、「日本化」がもたらされた。(中略)


p182(第5章 通貨の信認が消滅する複合恐慌へ)

(中略) バブル崩壊に対処するために膨大な財政出動が行われ、ユーロ危機が発生したが、それは結局、財政危機であり緊縮財政恐慌であつた。その財政危機と緊縮財政恐慌を「痛みなく合法的」に解決する方策こそ、インフレの高進による政府債務の「自然減少」であるのだ。

物価が2倍になれば、ギリシャの債務残高のGDP比は実質的に80%にまで下がる。欧州債務危機も緊縮財政恐慌も、スペインの銀行恐慌も一気に収束する。
アメリカとドイツの債務残高も50%以下の健全財政となる。世界ダントツの財政赤字国日本でも、政府債務残高のGDP此がなんと110%にまで急落する。


ただ、インフレの高進は、庶民が爪に火をともすようにして蓄積してきた富の「合法的収奪」であり、庶民から借金漬けの国家と企業への「所得移転」である。
結局、庶民の犠牲のもとに、長かった世界複合恐慌がようやく収束するのである。



エピローグ そして世界はリセットされる

p184(エピローグ そして世界はリセットされる)

日米欧一連のバブルついに崩壊  
                    
 1980年代末の不動産バブルの崩壊恐慌に苦しめられてきた日本は、公共投資という「カンフル剤」を投入して、なんとか耐え忍んできた。
だが、政府は1000兆円という返済不能の借金を抱え、金縛りにあっている。
 これ以上の財政出動はできず、むしろ健全財政を目指して消費税増税に突っ走っている。これこそ、デフレ不況下での増税の「愚」にほかならない。


世界経済は、と言えば、リーマン・ショックとギリシャ危機で、二度も「奈落の底」に突き落とされた。
アメリカは、「財政の崖っぷち」に追い込まれている。景気の低迷にもかかわらず、十分雇用確保政策をとっていない。挙句の果てに、2013年には、大規模減税が終了し、強制的歳出削減が実施される。これだと、まさに景気の「後退政策」であろう。

ギリシャなどのヨーロッパ重債務国は、膨大な財政赤字を抱え、国債の売り浴びせにあっている。必死で国債を買い支えようにも、肝腎の資金がない。

 ギリシャ危機によるユーロ暴落でただ一人、経済が絶好調のドイツは、「緊縮財政の実現を。そうしないと支援をしない」と息巻いている。ユーロ導入のおかげで稼いできたのに、このドイツの倣慢さに、ヨーロッパ諸国は政権交代という形で軒並み反旗を翻し、さすがのドイツも経済成長と雇用の確保という方向への路線転換を迫られている。


新興国・資源バブルも崩壊

 欧米経済が失速すれば、500年間にわたって世界経済を支配してきた欧米に代わって、今度は、中国、インド、ブラジルなどが世界経済を牽引するという、勇ましい論調が世界を支配したことがあった。「デカップリング」というのがそれである。

 だが、やはり新興国は、欧米経済にすがって生きてきたということが明らかになってきている。カップリングである。(中略)


世界はリセットヘ

日米欧の住宅・国債・金融資産バブルが崩壊したので、本来であれば、世界恐慌に見舞われるはずである。
だが、1929年の世界恐慌と違って、人類は大規模な財政出動が可能となったので、恐慌の勃発を阻止できるようになつた。
だが、それは、かつての大恐慌のように、経済・産業構造の大改革をともなうものであればいいが、そうでなれば、単なる「カンフル剤」にすぎず、財政赤字だけが累積する。
実際に日米欧は、天文学的な財政赤字に打ちひしがれて「金縛り」にあつている。だから、唯一マネーを「刷る」ことのできる中央銀行が前面に登場してきている。

 ところが、ニューマネーというのは、財政出動という「カンフル剤」ではなく、「麻薬」である。緊縮財政による景気の後退という痛みを抑えるだけである。しかも、痛み止めではない。財政出動には限界があるが、マネーはいくらでも印刷できるからである。

 本来は、銀行への「最後の貸し手」のはずの中央銀行は、政府とマーケットに対して「最後の貸し手機能」を果たすことになる。

ここで勃発するのが通貨の信認が消滅する通貨信認恐慌である。
膨大なニューマネーの投入で、景気はとりあえず回復するが、すさまじいインフレの嵐が吹き荒れる。
中央銀行のフル出動の冷酷なる帰結というのは、「麻薬中毒」経済なのである。

 ここで、財政赤字は事実上大幅にカットされ、日米欧の財政危機はあっという間に収束する。企業の債務も事実上減るが、個人金融資産も激減する。
庶民に甚大な苦しみを押し付けるのがインフレの高進であり、「麻薬中毒」経済なのである。

庶民に犠牲を強いることで、日米欧の財政危機は収束し、世界はリセットされるであろう。

ただ、「麻薬中毒」経済から抜け出すのはそう簡単なことではない。
だから、またぞろ、簡単に金儲けできる金融資本が頭をもたげてくるだろう。

金融システムは「控えめな仲介者

 世界複合恐慌をもたらした元凶である金融の肥大化は、これからも収まることはない。
資金というのは簡単に移動できるので、投機が横行するし、バブルも頻発する。

 天文学的規模の金融資産は、世界複合恐慌下では、金などインフレに強い金融資産に逃避する。
それでも、常に収益を求めて世界中を駆け巡っている。インフレが収束して、世界経済が落ち着きを取り戻せば、またぞろ投機資本が暗躍する。したがって、単なる価格差を利用して金儲けするとか、価格を引き上げて売り抜けるなどの投機は、厳しく規制しなければならないのである。(中略)


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




熊谷亮丸 大和総研 チーフエコノミスト(2012年12月25日)の所論


12月16日に実施された衆院選の結果、自民党と公明党の連立による安倍晋三政権の成立が確実になった。金融市場では、安倍氏の経済政策(いわゆる「アベノミクス」)への期待感などから、急速な円安・株高が進行している。

本稿では、現在、金融市場参加者にとって最大の関心事である「アベノミクス」について考えてみたい。筆者が評価できると考えているのは2点。経済成長を重視している点と、日本銀行にさらなる金融緩和を求めている点だ。

<経済成長重視でプロビジネス(企業寄り)>


第一に、「アベノミクス」は経済成長重視の政策である。

そもそも経済政策を大別すると、経済の「供給サイド」の政策と「需要サイド」の政策、内需と外需という4つの象限に分けることができる。この4つの中で、民主党政権は、「供給サイド」や「外需」に一定の目配りをしてきた自民党へのアンチテーゼという意味合いもあり、「需要サイド」や「内需」に大きなウエイトを置いた。

この結果、日本の株式市場のキー・プレーヤーである外国人投資家の多くが、民主党政権は子ども手当を中心とする「内需」の「需要サイド」、つまりは経済政策全体の4分の1の部分にしか関心がない「バランスの悪い政権」だと捉えるようになってしまった。

「追い出し5点セット(2010年に設置された日本政府主催の国内投資促進円卓会議で、財界首脳が指摘した、日本企業を海外に追い出し「空洞化」を招く5つの政策)」とも言われる、円高、EPA(経済連携協定)などの遅れ、環境規制、労働規制、高い法人税、を放置してきた民主党政権は、「アンチビジネス(反企業)」的な政権だとの悪評にさらされることとなった。

これに対して、「アベノミクス」は、民主党政権の「アンチビジネス(反企業)」的な姿勢とは対照的に、「プロビジネス(企業寄り)」的なスタンスを鮮明化している点が高く評価できる。

<日銀には金融緩和の余地が残る>

第二に、「アベノミクス」は日銀にさらなる金融緩和を求めている。

積極的な金融緩和を通じた円安・株高の進行は、「グレンジャー因果性」を用いた分析などからデフレ脱却に有効であると考える。筆者の分析によれば、ベースマネーの拡大が、株価や為替を通じて、消費者物価指数(CPI)に影響を与えている可能性が示唆される。さらに、CPIの分散分解を行うと、為替が物価に対して一定の影響を与えている可能性が指摘できる。

12年2月14日の「バレンタインデー」に、日銀は事実上の「インフレ目標政策」を導入した。日銀は「中長期的な物価安定の目途」を当面1%とすることを決めた。この政策変更は、従来日銀が「物価安定の目途(ゴール)」ではなく「物価安定の理解」という分かりにくい表現を使ってきたのと比べれば大きな進歩である。

さらに、12年12月20日に開催された金融政策決定会合において、日銀は追加金融緩和に踏み切った。12年9月からの4か月間で実に3度目の金融緩和である。

最近の金融緩和姿勢は一定の評価ができるものの、今後日銀は3つの課題への対応を迫られるだろう。

第一の課題は、「金融市場とのコミュニケーション能力の向上」である。筆者が海外の投資家と議論していると、「日銀は常にタカ派的だ」「日銀はデフレ下でも、常にインフレの心配をしている」といった批判を耳にすることが多い。

こうした議論には誤解も多く、日銀に伝えれば「自分達はそうではない」と答えるだろうが、海外の投資家に理解してもらうところまでが日銀に課せられた「説明責任」であるとも言える。今後、日銀の海外投資家に対する情報発信には大いに改善の余地があるだろう。

第二の課題は、現在1%としている消費者物価上昇率の「めど(ゴール)」を、米国など他の先進国並みに2%に引き上げることだ。

日本の物価統計には1%程度の「上方バイアス」が存在すると言われており、物価上昇率の実態は消費者物価統計に表面上表れる数字より1%ポイント程度低いとの見方もある。こうした統計上の歪みなどを勘案すると、消費者物価上昇率の「めど」を、現在の1%から2%へと引き上げることが必要だ。

第三の課題は、物価に関する「めど(ゴール)」を「目標(ターゲット)」へと変更することである。これは、まさしく安倍氏が主張している政策だ。

現在、日銀が採用している物価安定の「めど(ゴール)」は、厳格な意味での義務ではなく、努力目標的な意味合いが強い。これに対して、英国では物価安定を「目標(ターゲット)」と位置づけている。すなわち、英国では物価上昇率の「目標(ターゲット)」達成の期限を区切り、一定期間内での達成を中央銀行に義務付けている。仮にイングランド銀行(中央銀行)が目標を大幅に外した場合には、財務大臣に向けて、理由や今後の対応を記したレター(手紙)の提出が必要となるのだ。

日本でも、英国と同様の考え方で、日銀に一定の期間内にインフレ目標の達成を義務付けることは政策論として十分検討に値する。

<課題は構造改革と財政規律維持>

最後に、「アベノミクス」に関して、2つの課題を指摘しておきたい。


第一に、現時点で「アベノミクス」は、公共投資や金融政策などのカンフル剤が中心となっている。しかし、中長期的に経済成長力を高めるためには、規制緩和や環太平洋連携協定(TPP)参加などの構造改革への取り組みが不可欠である。

とりわけTPP参加は、貿易・投資活性化によるイノベーションの活発化を促す効果が期待できる。「臥龍(がりゅう)企業」(戸堂康之・東京大学教授の命名)とも呼ばれる日本国内で活動を続けてきた企業を中心に労働生産性が向上すれば、最終的に日本経済にとって100兆円規模の経済効果がもたらされる可能性もあるだろう。

法人税減税や成長分野の投資減税、さらには起業を促す環境整備なども必要である。こうした施策を通じて、日本経済の体質を改善できなければ、株高・円安は一過性のものに終わることが懸念される。

第二に、財政規律を維持することが重要なポイントである。

現在、自民党は「国土強靭化計画」を掲げ、10年間で200兆円とも見られる大規模な公共投資を実行する方針だ。橋梁、道路、港湾などのインフラは、通常50年程度で更新の時期を迎える。したがって、日本では1960年―70年代に造られた大規模なインフラが2020年代にかけて本格的な更新時期に差し掛かる。

確かに「国民の生命・財産の保護」は国家にとって最も重要な仕事である。しかし、「安心・安全」の美名の下に、無駄な公共投資がなし崩し的に行われれば、経済効率は低下し、財政赤字が積み上がってしまう。

大切なことは、国民の生命・財産を守るために不可欠な公共投資と、その他の公共投資を峻別して議論することである。前者については、投資効率が少々悪くとも行う必要があることはいうまでもない。他方で、後者に関しては、費用対効果の観点から経済的な効率性を厳格にチェックした上で、ピンポイントで行うべきである。

現在、国内債券市場では、20年債、30年債といった償還期限の長い債券の価格が大きく下落(=長期金利は上昇)している。その理由は、金融市場参加者が、「アベノミクス」を通じて財政規律が失われることを警戒しているからである。

財政規律の喪失と一体的に行われる大胆な金融緩和は、事実上の「マネタイゼーション(負債の現金化)」の色彩を帯びる。もし、日本で債券相場が急落(=長期金利が急上昇)すれば、歯止めのかからない悪性の円安や、輸入物価の上昇を受けた「スタグフレーション(不況下の物価高)」の発生が懸念される。

結論として、筆者は「アベノミクス」に大きな期待を抱きつつも、規制緩和やTPP参加など日本経済の体質を改善する政策がとられること、選別的に公共投資を行い財政規律を維持すること、という2点が最大の課題であると考えている。

*熊谷亮丸氏は、大和総研経済調査部チーフエコノミスト。日本興業銀行(現みずほFG)、興銀証券(現みずほ証券)、メリルリンチ日本証券を経て、2007年に大和総研入社。2002年―2011年、財務省「関税・外国為替等審議会」専門委員。東京大学法学部卒業、東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了。

--------------------------------------------------------------------------------------
社説:2013年を展望する 強い経済は構造改革で

毎日新聞 2013年01月04日
 02時30分

 年頭の経済社説は、過度の悲観論を排することから始めたい。

 まず、米国きっての知日派、ジェラルド・カーティス・コロンビア大教授の話を聞こう。「日本衰退論の不毛」という興味深い論文をフォーリン・アフェアーズ・リポート12年12月号に寄せている。
 教授によれば、日本経済に対する衰退論は誇張されている。日本の過去20年間の経済のできばえは、他の先進諸国に比べて見劣りしない。日本衰退論は日本の人口減少を考慮しない見方であり不毛である。

 ◇「幸せな不況」に安住 

1人当たり実質国内総生産(GDP)成長率の平均値でみれば、日本は他の先進国にまったくひけをとらない実績をあげている。「停滞」といわれた時期にも生活レベルは改善し、失業率は低く抑えられてきた。格差は広がったかもしれないが、米国よりはるかに小さい。

 中国と日本のどちらで暮らしたいか。生活レベル、社会サービスのレベル、平均余命などからみて答えは明らか。台頭する中国より「衰退途上の」日本で暮らすほうがはるかにいい。そう教授は言うのである。
 こういう日本の状況を、幾ばくかの皮肉を込めて「幸せな不況」と呼ぶ人もいる。金融市場でカリスマ的な影響力を誇るゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントのジム・オニール氏である。

 日本はすでに十分豊かになり失業率も低い。社会は調和がとれ落ち着いている。しかも、1人当たりGDPは伸びている。不況に見えるが幸せなのだ。このため、現状に安住することを選び、きつい改革を望まなくなっている、と。

 今年私たちが問われているのは、この「幸せな不況」にどう向き合っていくか、である。これでずっとやっていけるなら「幸せな不況」も悪くない選択なのかもしれない。
 しかし、日本はGDPの2倍にも達する公的債務残高を抱えていることを忘れてはならない。デフレのままでは税収も上がらず、年金・医療など社会保障制度の維持が難しくなるばかりか、財政破綻の危機が現実のものとなる。
 安倍晋三首相の答えは「強い経済を取り戻す」だ。そのためにはまずデフレからの脱却であり、公共事業の集中投資と日本銀行の金融緩和でそれは実現できると主張する。

 経済学者の多くは懐疑的である。むしろ国債市場の波乱をよびかねないと警戒している。私たちもそう思う。とりわけ、2%の物価上昇に達するまで、無制限に日本銀行に国債などを買い入れさせるという主張は危うい。
すでに長期金利が上がってきていることに注意しなければならない。長期金利が上昇すれば、国債は借り換えも新規の発行も難しくなり、ギリシャ化への第一歩を踏み出すことになる。長期金利の上昇だけは避けなければならない。

 過去10年の日本の実質経済成長率を平均すると0.9%だ。日本銀行は少子高齢化による経済の構造的マイナス要因と、技術進歩などによる経済拡大要因を差し引きすると、いまの日本経済の潜在成長率(実力)は1%にやや届かない程度、と見ている。

 ◇ミニバブルを志向? 

ということは、これまでの日本経済はほぼ実力相応の成長をしてきたということだ。無理がない。だからこそ国債市況は安定し、ひとびとは「幸せな不況」にまどろむことができた。「それではダメ。強い経済を取り戻す」というなら、物価の引き上げでなく、構造改革で潜在成長率の引き上げを目指すのが筋なのだ。

 まずは年金・医療・介護の社会保障制度を維持可能なものにし、国民が安んじて消費を拡大できるようにする。財政改革に道筋をつけ着実に実行する。企業活力を引き出すため雇用、税制を中心に大胆な規制緩和を行う。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に参加しアジアの活力を取り込む、等々だ。

 ギリシャやスペインなど南欧諸国の体たらくを人ごとだと考えているとすれば、それは大きな間違いだ。財政が行き詰まり金融政策にも手立てがなくなり、彼らはついに身を切る改革に踏み出した。
 10年前に、いや5年前に改革に踏み出していればここまでつらい思いをしなくても済んだかもしれない。そういう悔悟にさいなまれつつ。

安倍首相の政策が効果ゼロとは思わない。日銀に社債や株式を買わせれば、物価は反応せずとも株価や地価があがり、ミニバブルにすることが可能だ。それが狙いなのかもしれない。だが、それは資源配分をゆがめ、かえって経済の健全な発展を阻害しかねない。

 安倍政権に集まる人々は国債市場のXデーは当分先と楽観的に考え、かつ、万一の場合にも対応可能と考えている。だが、政権担当者の最大の仕事はリスク回避であって危ない経済実験をすることではない。
 過去の失政の責任をなにもかも日本銀行に押し付け、金融緩和しさえすれば強い経済を取り戻せるというのがアベノミクスであるらしい。それは「幸せな不況」を「不幸せな不況」にしてしまうおそれがある。
プロフィール

ちあき

  • Author:ちあき
  • 白線同盟駆坂あかね様
     御賜物<KAREN>

     『 0 』 ( 2013.07.05 )

    作曲・MIDI制作 嶋 是一さん



ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
BGM
BGM 『0』