エサウについて 2003年11月28日(金) メモ

ここから出られたら、多分あとでこのことを笑い合うと思うの。
それでも、わたしたちはふたりとも、これが真実だとわかってるはずよ。
わたしの言ったことが、わたしのこれから言うことが、真実だと。

愛してるわ。
わたしなりのやりかたで、ずっと愛してた。
今回のことが終ったあと、別れ別れにりたくない。

エサウ


内容(「BOOK」データベースより 2008.2.17収集 )
ヒマラヤの秘峰で発見された原人の頭蓋骨。旧約聖書の人物にちなんで「エサウ」と名づけられたその化石は、ヒトの起源を根底からくつがえすものだった。世界的登山家ジャック・ファーニスと古人類学者ステラ・スウィフトの一行は、エサウの正体を求め、人類の過去を探る旅に出かける。しかし、彼らがヒマラヤで見つけたものは、人類の未来を脅やかす恐ろしい秘密だった―。ヒマラヤの秘境で彼らは、人類の恐るべき運命を知った。神の視点で描かれた傑作冒険ミステリー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちあき

  • Author:ちあき
  • 白線同盟駆坂あかね様
     御賜物<KAREN>

     『 0 』 ( 2013.07.05 )

    作曲・MIDI制作 嶋 是一さん



ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
BGM
BGM 『0』