指原莉乃(兼任 HKT48劇場支配人・プロデューサー)の 新たなステージ vol 4

 (更新2014.08.27   7月24日発売の「週刊文春」(文藝春秋/7月31日号)の報じるところでは、本年6月末で、AKB48Gの運営会社である株式会社AKS社長 窪田康志氏の退任が明らかになった。AKB48選抜総選挙6/7の開票発表後、その舞台裏で 窪田社長からプロデューサー就任要請があったことを明らかにしていた指原莉乃さんは、すでに株式会社AKS正社員でもある事もインタビューで明らかにし、 今後の去就がますます注目される。vol 4)

指原莉乃 謎な噂話 2014.08.27(月) ちあき の 手すさび 


 同時に AKSの株主である京楽産業の関係子会社社長でもある吉成夏子氏の 株式会社AKS 社長就任が明らかになった。一方 窪田康志氏は一プロデューサーとして、株式会社AKS に留まるという。


ネットニュース から

篠田麻里子ブランド倒産、原因は元愛人AKB運営元社長失脚による資金援助切れ?

7月24日発売の「週刊文春」(文藝春秋/7月31日号)は、AKB48の運営会社AKS社長、
窪田康志氏の突然の退任が関係していると報じている。かねてより、AKS内では窪田氏の
放漫経営が問題となっており、業を煮やしたAKSの親会社であるパチンコメーカー京楽が、
窪田氏の持つAKSの株を買取り、社長退任を決定したという。窪田氏の問題経営には
不透明な資金の流れも含まれ、そのひとつとして、AKSからリゴレへの巨額な貸し付けが
あったというのが、「文春」の見立てだ。
さらに、窪田氏が篠田のブランドに大金を注ぎ込んだ理由として、
かつて同誌が報じたように、2人が愛人関係にあったからとの見方もあるようだ。

篠田麻里子ブランド「ricori」の倒産は元愛人AKB運営元社長の失脚が原因か

文春記事の篠田の店(約5億円融資)以外の件を整理すると

1 AKSは約24億の営業損失を出している
  →窪田社長はメンバーのAKSからの独立慰留工作を主な理由として京楽から融資をうける

   京楽は度重なる融資支援を疑問視し、14年4月頃から交渉して社長交代・窪田前社長保有株買取(これは全株式の20%にあたり、この買い取りで京楽産業の株保有は80%となり、AKSを京楽産業の連結子会社にした)   

2 AKS→前社長への融資額 約36億円 
  それとは別に年24億円で 具体例のひとつとして篠田の店への金の流れが認められる。

3. 窪田社長退任から京楽産業が持ち株全部買い取り→京楽産業から新しい人材を派遣
が決まるまでの流れが異常に早いことから、昨日今日発覚した訳ではない。

麻里子さまが店に関わってないことになってたり、
ちょっと前からメンバーも展示会とかに参加してなかったのも怪しい。

あらかじめ裏で その後の処置まで考えた上での決め打ちスピード処分の模様。
窪田社長追い出し計画はかなり前から動いていたと思われる(すくなくとも13年頭あたりから)

----- 真偽は定かでないが ネットにこんな書き込みを見つけた。

今般の秋元の発言や表面化した行動を見れば、あきらかにAKBグループから離れたいという意思が感じられる。
新公演をぶちあげておきながらスルーなのは不協和音の一つと考えられる。
松村のソロデビューも指原への教育やネタだという人間がいるが、実際は反運営への、のろしと取る事も出来る。
戸賀崎支配人のあからさまな失脚劇で、いままでくすぶっていた色々な部分がぶちまけられ一気に内部抗争が露呈されることになった。
今現在も一部のオタの間で、絶賛?公開中。

指原のスキャンダルもそう考えると、秋元・太田派閥への攻撃と考えられるわけで
秋元は素早く博多に指原を温存させるために逃がしたともとれる。

全てがだんだん繋がってくる・・・

業界の人間というのは、実は非常に人脈というものを重視する。それは電通という企業でもそうだ。
電通としても、ポット出の金満家が、実権を握ろうとするのは気に食わない。
そうであれば、なおのこと 新しい金主と秋元と誰かを つれて新勢力で勝負したいと思ったのだろう。

これが指原の乱による実験番組へと繋がった。

今後の流れとしては、秋元・太田・指原による新勢力がAKBから袂をわけ合い、ライバル的に
動きだす日もそう遠くないと考えられる。それは指原卒業の一つのキーポイントとなる。

太田入り確実といわれていた川栄がいまだに太田に入っていないのはこの問題の為に棚上げになっている可能性が高い。
新公演は殆ど出来ている。新しい新勢力で使う為に。

指原の最大の友である北原はヘビの生殺し状態から脱皮のため、新天地を求めて、そろそろ卒業しそうだ、たぶん指原の新勢力に加担するのだろう。

このような動きを察知した運営は、中西・谷を強奪し、さらに若手を兼任させて弱体化を狙った。

真偽が解らないのだが、秋元も指原もこれには打つ手が無いのか、これがさらに新勢力を早く立ち上げないといけないという流れになっている ように思える。

HKTは見放されたと感じるかもしれないが、指原が何か打つ手を考えているはずだ。
新勢力は電通もバックについて間違いなく成功するだろう。しかし指原のHKTへの執着・未練が一抹の不安材料でもある。

                裏面情報は なかなか表面化しませんので この項一旦 完 。



指原莉乃 謎な噂話 2014.07.05(土) ちあき の 手すさび 

AKB48 運営内で秋元康氏の実質引退で起きた地殻変動の結果 指原さんの役割に変化があった模様で、従来の指原さんの立ち位置(実質 AKB48G スポークスマン)が 変わったようです。
AKB48 Aチームキャプテン(AKB48G 総監督兼任)の 高橋みなみさんが 映画『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』上映や AKB48握手会再開の宣伝を 運営の意を体して 行っているからです。

ファンサイトの投稿 から-----

彼女の立位置って、不思議な感じがします。
評価されかつ忌避されてしまう何か。

私は単なる趣味のことで、AKBの映画を観たことないし、観る予定もありません。
AKBが過剰に物語性を欲することは従来からの前提ですが、ついていけてないです。

なんかまだ、指原の進む形が見えなくて、暗い気持ちが、と愚痴らせていただきました。

 握手会再開と映画の話題 ニュースサイトから ----

警備会社“監修”超厳戒態勢で…AKB握手会5日再開

akb握手会再開関連 入山杏奈20140701
AKB48劇場に復帰した入山杏奈
ギプスで固定された右手をピンクの布で覆いながらAKB48劇場に復帰した入山杏奈(中)、右は高橋みなみ(C)AKS
Photo By 提供写真

 AKB48が今月5日、東京ビッグサイト(江東区有明)で、メンバーが切りつけられた事件後初めての握手会を開催する。主催するキングレコードが発表した。41日ぶりの再開にあたり、金属探知機を導入し、物販ブースなど握手以外のエリアをすべて中止する超厳戒態勢が敷かれる。また、事件で負傷した入山杏奈(18)はこの日、本拠地秋葉原の専用劇場で事件後初めてファンの前に姿をみせた。

 今回の握手会は「大握手会」と呼ばれ、基本的にはAKB48グループのほぼ全メンバーが参加する。ただ、事件で右手を切りつけられた川栄李奈(19)と入山は、ケガの影響で欠席するのが確実。ほかのメンバーについては精神状態をみながら、運営側が出欠を判断するとみられる。

 キングレコードによると、再発防止のため警備会社の監修のもとで警備態勢を大幅に変更した。主な変更点は(1)手荷物検査の実施(2)荷物の持ち込み制限(3)金属探知機による検査(4)入場時に持ち込み飲料の試飲、の4点。

 検査に時間が掛かることを見越して、開場時間は当初の予定より30分早い午前8時に変更された。荷物の持ち込みは原則1個で、3辺の合計90センチ以内が目安。その大きさを超えた場合や2つ以上の手荷物がある場合は入場できず、クロークなども設けない。金属探知機はゲート式、ハンディー式のいずれかを使用し検査を実施。持ち込み飲料の試飲は開封、未開封にかかわらずスタッフの前で行う。

 物販コーナーや交流スペースなどこれまでファンの“社交場”として親しまれてきたエリアは「セキュリティー強化」を理由に設置されない。今後の開催については「検討中」としている。

 一方、この日は本拠地秋葉原の専用劇場のチームA公演前に入山が登場し、ファンの前であいさつ。ギプスで固定された右手を肘付近までピンクの布で覆う痛々しい姿だったものの「ずっと1人でおうちにいる時とかも皆さんの声が私の支えでした」と笑顔で呼びかけた。近況についてメンバーから聞かれると「テレビばかり見ています」と明かした。同じく握手会で襲撃された川栄はすでに仕事復帰しているが、劇場公演には出演できていない。

 ≪姉妹も活発化≫グループの“長女”であるAKBが握手会を再開することで、握手会を自粛していた姉妹グループの動きも活発化する。この日は、SKE、NMB、HKTの各担当者とも「未定」を強調したが、延期されていた握手会の開催情報が順次、発表されていくことになりそうだ。
[ 2014年7月1日 05:30


怒涛の1年半を振り返った高橋みなみ 

高橋みなみ20140703
怒涛の1年半を振り返った高橋みなみ (C)ORICON NewS inc.

 AKB48の高橋みなみらが3日、東京・六本木で行われたドキュメンタリー映画シリーズ最新作『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』(4日全国公開、高橋栄樹監督)の前夜祭舞台あいさつに登壇した。

【写真】まゆゆ・ゆきりん・こじはるも! 人気メンバーがミニスカで勢揃い

 AKBの活動の1年半に密着した本作は、昨年大みそかの大島優子卒業発表から先月行われた卒業公演までを中心に、5月25日の握手会襲撃事件、2月の大組閣、先月7日に行われたばかりの総選挙の舞台裏に密着し、メンバーの苦悩や葛藤、涙を赤裸々に映し出す。

 高橋は「この1年半はAKB48にとって楽しいというより、悲しかったり、つらいなと思うことのほうが多かった」と本音を漏らし「事件についても触れていますが、ドキュメンタリー映画である以上、避けては通れない出来事でした」と説明。

 「つらかったり、葛藤だったり、目の前に何も見えなくなったりとか、生きているといろんなことがある。つまずいて、転んで、立ち上がりたくても立ち上がれないとき、近くにいてくれたのはメンバーであり、皆さんでした」とファンに感謝した。

 舞台あいさつには高橋のほか、渡辺麻友、柏木由紀、島崎遥香、小嶋陽菜、横山由依、北原里英、木崎ゆりあ、加藤玲奈、岡田奈々、倉持明日香、西野未姫、向井地美音の計13人のメンバーと高橋監督が出席。イベントの模様は全国69スクリーンで生中継された




渡辺麻友、指原莉乃の2連覇を阻止! 今年のAKB48総選挙も"まさか"の連続

【第6回AKB総選挙】さしこ、まさかの2位! 史上初の連覇ならず

陥落さしこ「すごくすごくすごく悔しい」


指原莉乃さん の 4つの課題 が 明らかになってきました。

1.第7回 選抜総選挙 1位奪還  

2..HKT48のNHK紅白への単独出場

3.HKT48 チームHメンバー"卒業"へむけての 自己プランニング
  
4.AKB48G 総合プロデューサー補 就任
(開票後、舞台裏でのコメントによれば 就任要請が(AKS?)社長からあった。処遇・肩書等は不詳 )
 





指原さん敗因の分析がいくつかネットに上がってます。

今回の選挙曲ラブラドールに大島優子さんの卒業曲が入ったことで、優子ファンが結果的に
大量の選抜選挙投票券(10万票に近いと推定される)を持つことになった。

更に2本柱の会投票権も卒業コンサートの延期から、チケット購入の都合上、解約せずにそのまま持ち続けた
と 考えられる。

また 通常、夏コンサート卒業ならば、辞退しない限り、選抜選挙資格を持ったまま、6月の投票日を迎える事になるが、
大組閣スケジュールの関係上、”立候補資格を3月22日までに卒業表明したものを除く” としたため、
卒業表明が無ければ大島優子さんに投票されたであろう票が浮動票化する ことになり、(この中に いわゆる中華票35千票も含む)、その過半が 渡辺麻友さんに投じられた と 考えられる。

AKB運営は 大組閣後のメンバーに対する総選挙プランニング段階で、結果生じる票動向を事前に読み切り、
恐らくは 指原さん連覇 によって失われる組織維持のデメリットと
連覇阻止 で生じる組織維持のメリットを 比較勘案の上で、後者を選択した と 考えられる。

ここに云う組織維持とは

勿論、総合P秋元康氏の実質引退に伴い
なかば 既定路線の指原莉乃さん起用に伴う 指原物理時間確保

の謂いである。

他方、HKT箱推しでない指原さん推しのファンの中にも、
速報1位独走の安心感から、HKT箱推し化した指単推しファンがいたこともファンサイトの書き込みから判明している。

勿論 これが今回のHKT48メンバーの大躍進・大量ランクインの推進力になったのはいうまでもない。
この票は前年の指原浮動票からの逃げも含め、最低に見積もっても 2万票程度はあった と推定できます。

AKB48 第6回選抜総選挙開票結果(総選挙分析ライター)

AKB48 第6回選抜総選挙分析「前年との比較1 」(総選挙分析ライター)

AKB48 第6回選抜総選挙分析「前年との比較2」(総選挙分析ライター)

AKB48 第6回選抜総選挙 「所属別分析2」と選抜総選挙に関する所感(総選挙分析ライター)

他方 「リノガワ」という名の指原莉乃ファン集合体である 【一指団結】旗印のグループは 個々が自らの票を上乗せし、結果的に 前年差約9千票減の 14万2千票まで 積み増ししたのですが, 
AKB48 劇場支配人・運営が 本来個人戦である総選挙の則を大幅に逸脱してまで強力に支援した渡辺麻友さんの獲得票16万票には ついに届かなかったもの と考えます。

で、国際選抜総選挙2年目(第7回)も 

--------------------------------------------------------------
20万票目標で行きましょう!
one for Rino, all for Rino

本日天気晴天なれども波高し。一指団結。
指国の興廃 此の一戦に在り、各員一層奮励努力せよ。


                    (ファンサイトの書き込み より)
--------------------------------------------------------------

大島優子卒業akb劇場20140609

大島優子卒業公演 AKB48劇場 20140609 



大島優子さんが2013年度の紅白で AKB48Gからの卒業を発表しました。そのため、当初予定されていた、2014リクアワ200最終日(4/6)ではなくて、2014年1月26日(従来通りのカウントダウン形式で200曲目から101曲まで1月23日から、1日あたり25曲づつ披露するTOKYO DOME CITY HALLでの最終日4日目)に サプライズ人事発表の可能性が 極めて高いと予測していましたが、当日のサプライズ発表ではなく、2月24日 AKB48G大組閣祭り開催決定 の告知がありました。
メンバー・運営の体制がはっきりしないことには、AKB48G 第3章が開幕できないですからね。
これに関連して、総合P秋元氏の悪趣味の発露でしょうが、AKB紅白で指原莉乃さんが、48G支配人を従えて”サシハラブ”披露をしたのは 近々実現する筈のAKB48G体制の象徴のようだなと、思わず 妄想 してしまいました。
そんな中で、やっと運営から「AKB48グループ 大組閣祭り」について 詳細発表がありました。

「AKB48グループ 大組閣祭り」開催決定のお知らせ、チケット先行発売のご案内

AKBグループすべてのメンバーの新しい可能性を探るために、新しいチームを組閣することを目的

日陰の花の魅力に気づいてもらうための 鉢植えの並び替え 兼任
違う色の花を咲かせる狙いで、違う性質の土に植え替える  移籍 

と読み替えると、グループ全メンバーを対象とする最良の布陣追求の大規模組閣であることが読み取れます。

全員が前を向いて進める組閣
すべてのメンバーの夢の実現にとってプラスになる組閣
この2項は 組閣結果 に対する 運営の願望 だろうと思います。
しかし、大組閣によって惹き起されるだろう化学変化の結果は、政治経済情勢に大きく左右される事情もあり、必ずしも運営の願望通りになるとは限らない との見通しもあります。

さらにこの 目的 に 激しい違和感  が あります。
大島チームKキャプテンの 大島優子AKB48卒業にともなう組閣であるとしたなら、大規模すぎる印象があることです。

目的について、ファンサイトに妄想レベルの憶測が いろいろ書き込まれていましたが、妥当と思えるものがありましたので、以下に ご紹介します。(組閣前の証言として記録しておきます。)



ーーーーーーーーーーーーーーー(目的について)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これから悲願wの単独国立(優子卒業)だって時に
チームトヨタタ(チーム8)だの 大組閣だの 不安要素を相次いでブっ込むのが 既に正気の沙汰じゃない。
なんか目的が必ずあるはずで 最近のキモチ悪いほどの指原上げを見たら
その目的は指原にあると 考えるのが当然

指原も悪目立ちしたくて、HKT絡みで色々吹いてきたから、引くには引けない
だから運営が泥をかぶってでも東京に戻すお膳立てをする
それだけのこと


組閣を急いだのもドラフトが見切り発車でドラフト生の引っ越しで
問題が生じる
のが判ったからだろうな。
それならKと8の問題も一緒に片付けたいから実際の中身の大小に関係なく
わざわざ「大」組閣と言ってしまおうみたいなw

平たく言えば全部指原のため
あとはすべてついで

前田敦子のトヨタ自動車部の時と一緒ってこと

付けくわえたら
大組閣は指原をAKBに戻すための方便
チームトヨタ(チーム8)のオーデは指原の手持ちの駒をあつめるためのオーデション


博多で支配人やってますって言うより
東京でチームトヨタのキャプテンをやってますって言う方が箔がつくし格が上



ーーーーーーーーーーー(組閣 骨子)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう本店は魅力ねぇから立て直しだろ。

SKEから、JR、ゆりあ、あかりん、花音、綾巴
NMBから さやみる、矢倉、みるるん、凪咲、須藤
HKTから、児玉、さくら、めるみお
このメンを本店移籍させて、支店を兼任。

指原は 総監督兼AKBグループ支配人、たかみなはAKBグループ総監督。
こじはるはSKE、ぱるるはNMB、ゆきりんはHKTと兼任にすることで
いつ卒業しても影響ないようにしておく(たまに支店公演に出演する事で支店公演の申し込み倍率も保てる)

本店干され組志願すれば支店兼任もしくは移籍。支店の本店への移籍志願メンも了承。
こうすれば、支店の公演枠も空いてアンダーも少なくなる(本店支店共に大量の卒業するメンもいると予想)

移籍メンは本店に移籍するけど支店の公演にも時々出演するから支店ヲタから文句もでない。

ちなみに
横山Aにまゆゆは残留、みるるん、ゆりあ、児玉(残留)、矢倉(残留)、
さや姉Kにさくら、あかりん、J、川栄(Aから移籍)、須藤(Nから強奪)
れなBにみるきー、花音、

こじまこ4にめるみお、凪咲、綾巴、

梅田彩佳はチームHキャプ
りぽぽがチームNキャプ(運営が謎推しだから)
菜々がチームMキャプ
古畑がチームEキャプ

現研究生は全員昇格。
これで誰も泣かない。

まあこれぐらいド派手にAKBに強メン持って来ないとダメだろ?

小嶋陽菜は総選挙発表から紅白で卒業、高橋みなみは10周年で卒業が内定してる

最近の動きからは、宮澤佐江の卒業はチームK立直し後、さや姉へバトンタッチしてからと思える。島田へは無いな。




噂話の域を出るものではありませんが、「副総合P 副総監督 支配人 エース兼センターを指原にしてもらいたい。HKT兼任で握手免除で」と秋元氏が 云ったとか、云わないとかの話が 持ち上がって 報道されています。

さしこ、組閣で狙うは「総支配人」 AKB復帰「ないと思う」

指原、ポスト大島否定「私はかませ犬」

これに関連する噂話(指原さんの 私はかませ犬 発言を裏付けています)を 紹介しておきます。

秋元の考えは、指原を主役にすることではなく、指原を媒体にすることだから、
もちろん彼女の能力と実績は評価してるが、そこで終わってもらっちゃ困るのが秋元の本音。

それは指原も共有してるはずで、要するに本人には本人に合った役割があるわけで
それを超えることはできない。本当の後継者は当然別にいて、後継者と指原は両立する存在だから、
指原が媒体となって、そういう人材を世に出せば、グループ全体にとっても好都合ってわけね。

全体を見てると指原が主役みたいな報道がされがちな現状は必ずしも肯定してないでしょ。
指原自体が何かを生み出すのではなく、指原を広告塔にいろんな情報を発信する。
そういう媒体として大きな役割をもつ。それが、莉乃ってことだと思うよ。秋元的には

ただ、指原はその先を狙ってるようにも見えるんだけど
それは僕たちには分かりません



(楽屋ハナシ)大島優子×秋元康 「売れる」って何だ

実際廻るかどうかに関係なく、おそらくHKT劇場支配人兼任の肩書は、HKT48の紅白単独出場を達成するまでは そのままにしておくのでしょう。

AKB48グループのメンバーを 燃え尽き症候群にさせないために、秋元康氏は 2013年度レコード大賞受賞を逃す という レコード大賞関係者のほぼ既定のシナリオを受け入れたのかも知れません。

(レコード大賞関係者は 上戸彩さんを 2013年度司会者に起用し 夫唱婦随を演出するという場を 設けました。 )

で、指原莉乃さんの 21歳の課題 が 生れ出た と勝手に 思っています。




AKBグループ大組閣祭り20140224

以下は 大組閣祭り組閣結果に関する項目の記事 です。

秋元康一般公開で共有しました - 2012/04/15

人の意見を聞くというのは難しいことだ。でも、人の意見を聞かないと限界が来る。

自分の能力が100とすれば、どんなに頑張っても100を超えることはない。
誰かの知恵を借りるから、100が120になったり150になったりするんだ。

“騙されたと思ってやってごらんよ”
というのが好きだ。
自分では絶対にやらないことを、騙されたと思ってやった時に、限界を超えて新しい自分に出会える。

だから、みんなの話を聞きたい。
乃木坂もそうだったが、NMB48の「純情U-19」の“鉄のパンツ”も、2通りの歌詞を書いた。
迷いとも違う。
もちろん、責任逃れをしたいのでもない。

「秋元さん、これやるしかないでしょう?」
という強い意見に乗ってみたいんだ。
僕には全くわからなかったんだけど、こいつが絶対それがいいって言うから………。

そんな感じで成功した時、自分の能力以上の120が出ているのです。

だから、聞く耳を持とうとするのだが、なかなか上手くいかないね。そりゃあ、30数年、この仕事をしているんだ。たいていのことは想像がついてしまうさ。

でも、僕は待っている。
騙されたと思ってやってくださいと言われることを…………。
そして、それが120の力になることを。

みんなも人の話は聞いた方がいい。
時にはそれに乗ってみよう。


AKB48グループ 大組閣祭りスタッフ人事

大組閣祭り 各48G メンバー表


宝島 4月号 指原莉乃独占インタビュー「もし私が秋元康だったらやってみたいこと」


HKTに関する部分の要約

■HKT48のプロデューサー的な立場ですけど?

「移籍の経緯から『今は自分の事よりHKTの事を考えて頑張りなさい』との無言のメッセージがあった
「HKTメンバーも戸惑いを超えて受け入れてくれたので押し上げてあげたい」


■AKBとHKTの違いは
「AKBは面白い。HKTはまだ子供なので面白さはないけど癒される」

■怒ることもある?
「ある。すごく怒る。最初はあまり言わなかったけど、今は怒るようにしてる」
「逆に頼れる場面もある。本村碧唯は指原ポジを全部覚えていて教えてくれる」
「むしろ頼ったほうが向こうもこっちの事を頼ってくれると思うから」

■自分が秋元康だったら?
「小さめのホールでライブをもっとやる」
「お客さんと一緒に小さな会場から大きな会場へ進むべき」


■ライブについて
「ライブは後方席から盛り上げていかないとダメ」
「後ろの盛り上がりがどんどん前へ伝わって来るのが良い」

「大き過ぎる会場だと後ろが遠過ぎてどこから盛り上げて良いかわからない」
「若手はいきなり日産やドームでやらされたので訳がわかってない」

----------------------------------------------------------------------------
今回の組閣に関して、ファン掲示板に 以下抜粋の 運営の不可解な組閣についての
納得の書き込み
 がありましたので ご紹介しておきます。
-----------------------------------------------------------------------------

なこみく昇格なんて青天の霹靂
おでかけでは、まおは基礎レッスンからと明言、しかしドラフトは即戦力正規の建前こえられず
ちよりと特に谷は兼任じゃないかとは、みなが思ったこと

指原は人事にかかわらずセトリや演出にのみ関わってる
あと、尾崎に意見ができる建て前上の 兼任支配人の地位

指原はともかく尾崎も抵抗はしただろな、詳細わからんが
現場レベルの裁量では明らかにチャンス平等
でも結果は不平等 一応年功序列

------------------------------------------------------------
指原は電話1本で秋元康を呼び付けられる数少ないメンバー
しかも秋元自ら「あいつは怒らせると怖い」と言っているw

支配人どころか運営をも全て飛び越えた采配も不可能ではない
生歌レッスンを独自でやったり(つんくPの了解のもとにハロプロ曲の)ピースやったり
既得権益ばかりの現運営じゃ無理


------------------------------------------------------------

秋元の「今回はスタッフの上げてきたものをそのまま~」ってコメントは、指原への言い訳だったんだなと気付いた

やすすも55歳だからな
60までに引退してそう
---------------------------------------------------------

大組閣も終ったし 指原チルドレンの各店配置

AKB 兒玉 宮脇 中西 SKE谷 田中 NMB村重 HKT全員も終ったし

このタイミングで宝島インタビュー記事 総合P就任はAKB10周年頃かな

 以上 大組閣に関する項目の記事でした。奇しくも、東京モノレールCM 指原プロデューサー編2本がアップされたのも何かの因縁かな と妙に 納得してます。

東京モノレールTVCM 「HKT48モノレール派宣言!」(風景篇) / HKT48[公式]     
東京モノレールTVCM 「HKT48モノレール派宣言!」(利便性篇) / HKT48[公式]




伝えられている処では、現在 指原さんは秋元氏のもとで断続的に外部に発表できない裏方仕事に従事しているらしいが、総選挙結果(連覇)を見越しての指原自身の今年末までのプロモート立案だったりして。-----


印象でいえば 「指原の乱」指原莉乃さんの 帝王学(AKB48G 総合プロデューサー育成プロジェクト) 習得実践の場である感じが #4辺りから 極めて色濃くなって来ました。
5年間の後継者養成プロジェクトの模様です。(番組内の福田監督と指原莉乃さんとの番組継続に関する会話---但し#13で 指原さんの発言から 裏方移行はもっと早まる可能性が高い と思われます。処遇 次第ですが。 )

秋元康、後継者問題に言及!引退を考えたこともあると告白


ここでひとつ 多分 核心を衝いていると思える後継者問題に関する、ファンサイトへの書き込みがありましたので、”一つの仮説”としてご紹介することにします。

    *****************************************************************

AKSと太田プロのハナシですが…

武道館で“春の人事異動”がありましたよね。
あの時私は、北原さんと横山さんの支店グループ解任がどうにも納得いかなかった。
それぞれの兼任先で地元ファンにも受け入れられ、言ってみれば「兼任大成功」の状態でした。

絶対に何かあると睨みいろいろ考えを廻らせた結果、1つの仮説に辿り着きました。
この2人の共通項は“太田プロ”。
そして同じ太田プロの莉乃ちゃんがあのタイミングで支配人。
副総監督ではなく支配人(=運営サイド)というところがポイントです。

多分、AKSと太田プロは取り引きをしたのだと思います。
つまり、移動に時間を取られ稼働率の下がっている2人を東京に引き揚げる代わりに、将来的に指原莉乃をAKSによこせ、と。

この2社間で計算違いだったのは、莉乃ちゃんが総選挙で1位になってしまったこと。
しかしながら遅かれ早かれ、秋Pは莉乃ちゃんを自分のコントロール下に置くべく算段をしていると思います。
秋Pは自らの限界も見えてきてるようだし、多分必死です!www

リクアワの企画変更が明らかに変ですよね。
最終日のSSAで何のサプライズ発表があるのか恐ろしい。

      ******************************************************************

(注)株式会社AKS = 主要取引先 株式会社秋元康事務所 株式会社電通 エキサイト株式会社 
                   キングレコード株式会社 株式会社講談社 株式会社光文社 ETC
(注)AKS = 女性アイドルグループAKB48・SKE48・HKT48の運営管理会社 
(注)リクアワの企画変更 = 2013年は100曲。2013.1.24-2013.1.27 の 4日間   
(注)最終日のSSA = 2014.4.6 さいたまスーパーアリーナ

「AKB48リクエストアワー セットリストベスト200 2014」の公式発表 

      ******************************************************************
 
ここで指原莉乃さんの非凡な裏方能力と秋元Pの指原莉乃さんへの評価と信頼を示すエピソードを紹介します。

秋元Pはリクアワ2013 2日目(2013.01.25)の内容について、運営スタッフに対し、1日目の問題点を指摘し、それを踏まえ、練り直しを命じる 以下のような業務連絡を行いました。

(そして恐らくは、表面には出てませんが、2日目の構成練り直しを指原莉乃さんに委ねる決定を行い、高橋みなみさん・峰岸みなみさん等主要メンバーと運営スタッフ(戸賀崎総支配人等に伝えると同時に、指原莉乃さんに手直しを直接命じたものと思われます。)

       -----------------------------------------------------------------------

秋元康
一般公開で共有しました - 2013/01/25

今日のリクエストアワーで流す告知映像が届いた。
最低のクオリティーだ。
開いた口が塞がらない

昨日のMCコーナーも中途半端だったなあ。

強運を持つメンバーを探すビリビリペンも、
ヒモを引いたら粉が落ちてくる企画も、
びっくりした。

しかも、ヒモを引いた川栄に落ちて来たのは、
バラエティーの定番の白い粉ではなく、
発泡スチロールの玉のようなもの。

おそらく、その後も歌わなければいけないので、
メイクが崩れないようにしたのだろう。
いや、川栄だけ真っ白のまま歌っても、可愛かったと思うよ。

あの両手両足に万歩計をつけて、
制限時間の中で、
手足をバタバタさせながら一番カウントを稼いだメンバーの勝ちって、いつの時代の企画だろうか?
(あれ、今日もやるのかなあ)

COWCOWと大家のあたりまえ体操は面白かったけど、
COWCOWに「次は第○位です」って言ってもらわないと…。
何のためのゲストかわからない。


そう言えば、オープニングの映像とダンスのシンクロも
ショボかった
なあ。

AKB48の楽曲の総選挙なんだから、
楽曲をちゃんと観せることが一番大切だ。
衣装替えの時間を稼ぎたいんだろうけど、
つまらないバラエティー企画をやるくらいなら、
メンバーのぐだぐだトークの方がいい。


業務連絡。
あの告知映像は何とかしろよ

失笑を買うぞ。

    ------------------------------------------------------------------     

以下のリンクは 指原莉乃さんの裏方仕事(構成変更の奮闘ぶり)を伝えています。

2013リクエストアワー2日目 MC変更の舞台裏【HKT48指原莉乃】 | 48love


この時、HKT48のメンバーである宮脇咲良さんは”リクアワ100 2013”に出演していましたが、次のような目撃者証言を残しています。

    --------------------------------------------------------------------
宮脇咲良
一般公開で共有しました - 2013/01/25

こんばんは♪
宮脇咲良です!

今日は、リクエストアワーセットリストベスト100 2013に出演させて頂きました\(^^)/

私が、歌わせて頂いたのは57位にランクインした「ドレミファ音痴」です!

すっごくビックリしたと共に、嬉しかったです♪

この歌は、私がネクストガールズに選ばれてHKT以外の先輩方と初めて歌うことになった曲♬

この歌を今日、あのステージで歌わせて頂いたのは、投票して下さった皆さん、応援して下さった皆さんのお陰です(><)

本当にありがとうございます♡♡


実は...
今日、すごいなと思った事があるんです。

今日本番直前、MCの内容が大幅に変更されました。

そんなピンチの瞬間、ほとんどのMCを任せられたのはさっしーでした。


しかも、さっしーはどんなメンバーとMCをしても、上手に回していくんです。

大きな責任を自分で背負い、切り抜けていく姿。

とってもかっこよかったです!


私も、MCに参加させて頂き、さっしーに手助けしてもらいました!

さっしー、やっぱりすごいな...。

また今日は、支配人の交代という大きな発表がありました!

佐藤支配人には、オーディションに合格した時から色んな細かい所までサポートして頂いたので、発表を楽屋裏で聞いた時は、ビックリしました(゜д゜)

HKT48の新支配人さんは、尾崎充さん
という方です!
まだ決定ではないのですが...。

これまで以上に、支配人さん、スタッフさん、メンバー、そして皆さんと力を合わせてHKTを盛り上げていけるように頑張ります♪

よろしくお願いします\(^^)/

Ps:写真は、尾崎さんにご挨拶に行った時に、撮った写真です!

とっても、優しい方でしたよっ♬

それでは、
明日も一日
がんばらっちでぐっどらっち。

さくら咲け(συσ)/*★.。
折りたたむ

       --------------------------------------------------------------------

リクアワ2013_com_2nd


AKB48 リクエストアワーベスト100 2013 二日目セットリスト

影アナ:大島優子

75位 ウィンブルドンに連れて行って / 木崎・矢神・須田
74位 正義の味方じゃないヒーロー / 梅田B

MC01 板野・高橋・大場・田名部・峯岸・横山・仁藤・島田・仲俣・柏木(・指原)
「指原:1日目のMC不評報告」 → 指原掃けて大場・田名部・峯岸追加 → 新成人(7名)撮影・抱負


73位 キスだって左利き / SKE選抜 (センター:松井珠・松井玲)
72位 嵐の夜には / 宮崎・小森・鈴木ま・川栄
71位 アイシテラブル! / SKE選抜 (センター:松井珠・松井玲)

MC02 指原・須田・渡辺美・山内・峯岸「釣り師あるある」

70位 TWO ROSES / キネクト(松井珠・松井玲)
69位 エンドロール / 梅田・大島・松原・倉持

MC03 桑原・小谷・小笠原・指原(仕切り)「3人で面白いNo.1を決める」
発表順:小谷・桑原・小笠原・大家(飛入り) → 桑原優勝


68位 彼女になれますか? / 秋元K

MC04 北原・峯岸・指原・(遅れて)宮崎「SECRET BASE~君がくれたもの~ / SONE」

67位 なんてボヘミアン / アンダーガールズ(センター:高城)

MC05 大島K 「キング様ゲーム」
王様1:板野「2人で5秒カップル演じる」 → 王様2:島田「7人で2段ピラミッド変顔・キス顔」

66位 お待たせセットリスト / KⅡ

MC06 島崎・川栄・山本・松井珠・市川+ゲスト:武井壮「先輩の倒し方伝授」

65位 クロス / 高柳・松本・井口
64位 桜の花びらたち / 1期+2・3・9期以降非選抜(センター:高橋)
フロント5人=1期+篠田
63位 Only Today / 4~7期中心(センター:藤江・高城)指原含む
62位 キャンディ / 河西・佐藤亜・市川

MC07 鈴木ま・小森・宮崎・高柳・松本・山本

61位 夕陽を見ているか? / 板野(セリフ)小嶋・篠田・高橋・峯岸・大島・渡辺麻・柏木
60位 恋を語る詩人になれなくて / S 北原含む
59位 フィンランド・ミラクル / 向田・赤枝・矢方
58位 残念少女 / 渡辺麻・内田・中塚
57位 ドレミファ音痴 / ネクストガールズ(センター:岩佐)
56位 君のc/w / 渡辺麻・島崎・高城
55位 MARIA / 横山・河西・梅田
54位 フライングゲット / 選抜(センター:柏木)

MC08 板野・大島・小嶋「板野が甘える方法」+石田安・松井珠・前田亜・(飛入り)高橋

53位 Choose me ! / YJ

MC09 指原・宮脇・入山・加藤・川栄・島崎・木崎・菅・須田・松村「推されの悩み相談室」(飛入り)高橋「遊びな遊びな」

52位 逆転王子様 / 峯岸・内田・中塚
51位 Show fight ! / フューチャーガールズ(センター:武藤)

MC10 松井玲・渡辺麻・高橋・フューチャーガールズ
戸賀崎支配人登場「お蔵入り映像:赤ふんどし姿の支配人」 → 人事異動

EN1 Ruby / 篠田A
EN2 ショートケーキ / 柏木
EN3 チョコの奴隷 / SKE選抜

MC11 全員

EN4 ヘビーローテーション / 全員

【MC】リクアワー2日目 指原莉乃が登場した5度のMCの全て 130125

        --------------------------------------------------------------------

思えば、HKT48へ移籍以降 指原莉乃さんが HKT48で果たした役割と積み上げた成果を勘案し追認する形でAKB48運営(秋元P)は チームHメンバー兼任HKT劇場支配人に任命する人事発表を行なったのは 13.4.28 AKB48グループ臨時総会 白黒つけようじゃないか!最終日でした。

それから半年 

余人には10年にも匹敵するだろう超濃縮のAKB48時間経過の中で、選抜総選挙1位となったことを奇貨として、
一位曲「恋するフォーチュンクッキー」のプロモーションを 選抜メンバーと共に 極めてハードなスケジュールながらも、やり遂げ、結果として グループメンバーを強力に牽引し、国内一般層での「恋するフォーチュンクッキー」の楽曲認知度アップと世界規模の「恋チュンダンス」ブームの呼び水となったとの印象が 強烈に残ります。 


HKT劇場支配人兼任から1年 2014.2.24 

今 長期ビジョン不在のまま迷走しているように見えるAKB48G運営のテコ入れ必須事項に思えます。

しかしHKTメンバーが泣き出してしまうようなサプライズ人事は願い下げです。
願わくば、指原莉乃さんの笑顔がこぼれ落ちるような、しかし5年後を見据えた今後の指原莉乃さんに益するサプライズ人事であらんことを。

このところ,指原総合P待望論の高揚とともに 睡眠不足で 疲れが顔に残ってる(目の下のクマなど)弱冠21歳のメンバーにしてHKT劇場支配人兼任P。我がことのように胸が痛みます。

 
----ことによると、AKB48の時間経過は超濃縮だから、2014年 リクアワ200の 2014.1.26東京ドームシティホール でなんらかの発表有りか?過去の秋元Pの遣り口からすると。---





2013年10月5日からBSプレミアムで始まった「AKB48SHOW」石原真Pの遣りたい放題実践の神番組。
 
一方 「指原の乱」で やはり 遣りたい放題の極みを実践して、
今や HKT劇場支配人兼任P にして「法王」(「一言一句で大騒ぎ 指原はローマ法王かよw」・・読み人知らず(2ch書き込みより)の 異名をも併せ持つ AKBセンターの 博多の女帝こと指原莉乃さん との
 遣りたい放題実践の 接点

総選挙1位曲「恋するフォーチュンクッキー」の 「MJ」(石原真 制作統括)での NHK初披露に際し、
観客への 「恋チュンダンス」の協力依頼(振付指導を含む)のために、
東日本大震災被災地訪問活動などを通して、兼ねて知己を得ていた石原真Pとともにその舞台に立ったこと でした。
自らのセンター曲「恋するフォーチュンクッキー」の観客への周知(売込み)ためには、 裏方仕事をも 厭わない AKB48グループの広告塔の姿 を そこに鮮烈に見ました。 

AKB48 - 恋するフォーチュンクッキー【MJ】2013-7-11 放送



(更新 2013.11.2 )

恋チュン福岡MV

第5回AKB48選抜総選挙1位 指原莉乃さんのセンター曲「恋するフォーチュンクッキー」は 2013年を代表する曲になる可能性が高いです。

CDは先週末(10月27日)で累計売上枚数 1,456,262枚(2013.8.21発売 初日売上枚数1,095,894枚)の ロングセラーとなっています。

最近のAKB48の曲は、ヲタと呼ばれる熱狂的な固定ファンの方々の購入により、ミリオンセラーにはなるのですが、一般層に流行るわけではありませんでした。しかし、この曲「恋するフォーチュンクッキー」はCDの売れ方からみて そうではありません。着実に一般層へ浸透していっている ようですから。

次のシングル曲「ハートエレキ」の発売は10月30日でしたが、「恋するフォーチュンクッキー」の150万枚超え は 売行きからは 少なくとも確実であろうと思われます。

「恋するフォーチュンクッキー」が一般層にも好評なことは、カラオケランキングにおいて絶好調なことからわかります。3つのランキング(joysound、DAM、オリコン)の全てにおいて、9月9日の週から先週(10月20日 - 10月27日)まで、7週間連続でトップです。

更に AKB48グループの劇場スタッフ等が「恋チュン」ダンスを踊ってYoutubeにアップしたところ、
これなら踊れる と評判になり、
企業・自治体・サークル等が、AKB48公式登録を目指してMVとしてアップするようになって、
2013.10.31現在、AKB48公式チャンネル(Youtube)に登録されている(AKB48メンバー本人が登場しない)「恋するフォーチュンクッキー」MV(ミュージックビデオ)の数は 23。

ここのところ、(AKB48メンバー本人が登場しない)AKB公式の「恋チュン」MVは1日当り約50万回再生ぐらいの勢いで増加していっており、10月31日には2800万回超えの累計再生数となりました。

非公式のMVの数再生回数の実数は捉え切れません。毎日増えていってますから。10月31日現在で
800万回位の累計再生回数は 確実にあります。

メンバーが踊っているMVは 公式・非公式合わせ、JKT48を含めて2200万回程度の累計再生数となっています。

当初は 48秒の「指原莉乃 ダンス教則MV」 と 「恋するフォーチュンクッキー ダイジェストMV 」で お勧めとしていた節がありますが、長い時間のMVを求める流れには抗えず、今は 非公式MVを黙認するとともに、指原センターでないA・K・Bチーム版も公式で提供しています。

この 一般層への浸透の流れは まだまだ 続きそうです。

「恋するフォーチュンクッキーAKBドラフト会議メンバーVER」が10月24にアップされました。また 10月25日には、「恋チュン」センターの指原莉乃さんが観光大使を務めている大分市Verもアップされたように、企業や自治体の公式アップは これからも年末に向けて 続いて行くことでしょう。当然、非公式の 個人やサークルのアップも続くと思われます。 

4000人のファンが参加して踊って、過去のMVとは次元が違う 流麗な映像詩的な仕上がり に成った「恋するフォーチュンクッキー フルバージョンMV」 ( 8月21日の発売以来、CDにDVDとして付属頒布されていましたが、  次のシングル「ハートエレキ」の発売に合わせ、10月30日夕方からはAKB48公式化され YouTubeにUPされました。)の公式化が 今後、年末へ向けての決定的な AKB48運営の切り札 に 成って行く ように思います。




(更新 2013.08.02 
「世の中のスタンダードにいずれなる人は絶対アナーキーストとして出て来る」とは
 AKB映像センターのMC リリー・フランキー氏の名言ですが、

・・・その後スタンダードになるどのアイドルも、誕生時はアナーキーな存在だった。
固定的なアイドル定義なんてものは存在しないし、。時代の変遷と共に更新され続ける ものなのだとすれば、
指原莉乃さんの1位は「新しいアイドル像」を見せることができたからだ と 言えますね。


恋するフォーチュンクッキー MJ1


幸か不幸か、皮肉なことに、アイドルではない部分を評価され1位になったら、逆に アイドルな面が 日に日に表に出てきているように見受けられます。(youtubeのコメント や 主な 指原莉乃応援ブログのコラムやコメントを見ても ほぼ同意見に見受けました。勿論、コアなアンチヲタの異論もあるにはありますが。-----
  
アイドル界に挑戦状を叩きつけ勝負してきた子が、いざ頂点に立つと誰よりもアイドルしている。
この姿を見て私たちは思った。この子は”正当派”でも十分勝負が出来ると。それだけのアイドルポテンシャルを隠し持っていた と。

否 実は 私たちが 見落していた のだ。

この激動の1年の印象が 余りに強烈過ぎたから、それ以前の彼女の My Way を 勝手に 棚上げしてしまっていたのだ と。




6月29日以降、秋元康氏から 指原莉乃さんをイメージした1位曲(”恋するフォーチュンクッキー”)が提供され、プロモートの一環でTV番組公開されています。


恋するフォーチュンクッキー MJ2


指原莉乃さんをイメージした1位曲(”恋するフォーチュンクッキー”)のプロデュースに、彼女がどの程度関与しているのか、定かではありませんが、少なくとも、立ち位置0のAKB48センターアイドルとしての チャーミングな見せ方・見られ方は 指原莉乃さんにとっては、自家薬籠中の物でしょう。1位曲CD発売日は 8月21日とのこと。総選挙後の1位囲み取材でとても心配していたミリオン継続はクリアしそう との観測がネットで流れてました。

***************************************************************************************


 評論家の宇野常寛 氏(横山さん推し)がダ・ヴィンチ八月号で、指原莉乃さんについて 熱く語っています。
その全文が早くもWEB上に公開されたので、ご紹介いたします。



宇野常寛 評論家。1978年生。批評誌〈PLANETS〉編集長。 著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)。『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)。 共著に濱野智史との対談『希望論』(NHK出版)。 企画・編集参加に「思想地図 vol.4」(NHK出版)、「朝日ジャーナル 日本破壊計画」(朝日新聞出版)など。
外部サイトのURL
http://wakusei2nd.com/



さしこのくせに生意気だ
「AKB48 32 ndシングル選抜総選挙 夢は一人じゃ見られない」

宇野常寛
THE SHOW MUST GO ON 16



しかし、まさかこんなことになるとは思っていなかった。
順位を上げるとは思っていたけれど、
まさか速報からぶっちぎりの1位を独走するとは、
思ってもみなかったのだ。



第5回総選挙結果発表を待つ指原-5 20130608
(”総選挙で HKT48 宮脇咲良”と呼ばれた時の莉乃ちゃんの表情 菩薩様 そのものですね。”とファンサイトで山口百恵さんを連想させるコメントがあった。)


 たぶん本人は覚えていないだろうけれど、指原莉乃には一度だけ会ったことがある。3年ほど前に僕の主宰する雑誌のグラビアに出てもらったのだ。それも彼女ひとりではなく、彼女を含むAKB48の若手期待株のグループのひとり、として出てもらった。その記事にはグラビアに加え、彼女たちのかんたんな座談会のようなものを加えた。当時の僕はまだAKB48に興味を持ち始めたばかりで、それほど彼女たちについては詳しくなく、インタビュアーは僕のアイドルオタクの友人が務めた。聞き手がプロではないので、もしかしたら話が弾まないこともあるかもなと編集長として心配していたりもしたのだけれどそれは杞憂だった。メンバーの中にひとりやたらと察しがよくて機転の利く娘がいて、彼女がこちらの意図をほどなくつかんでその方向で会話を盛り上げてくれたのだ。その「やたらと察しがよくて機転の利く娘」が指原莉乃だった。(同行したその友人は、取材後すっかり彼女に「推し変」していた。)

 あれから二年余り、指原はその才覚を生かしてどんどん人気者になっていった。最初はブログの個性的な投稿で、やがてその「へたれ」でネガティブシンキングでビビりなキャラクターをテレビ番組でいじられることで愛されていった。この間に秋元康以下の運営サイドも彼女の魅力を評価し、強烈にプッシュしていった。僕が取材したころ指原は選抜総選挙で19位の中堅メンバーだったが、その後二年の間に9位、4位と順位を上げていった。気が付けば「へたれ」のいじられキャラだけではなく、かゆいところに手が届く有能なMCとしての側面も広く知られるようになっていた。指原が当時週刊誌のグラビアを飾ったとき、「さしこのくせに生意気だ!」という見出しが躍った。当時の指原の愛されかたを実によく捉えたコピーだと思った。指原の小賢しさは愛される小賢しさだった。絶世の美少女でもなければ、とりわけ歌やダンスが上手いわけでもない。そんな指原の武器は自らがかつて熱心なアイドルオタクとして、現場に通い詰めた経験とそこで得たノウハウだ。(大分県出身の指原は、当時全身に好きなアイドルの写真を貼り付けて九州各地のコンサートや握手会の会場に出没する有名なオタクだったという。)指原は、他のどのメンバーよりもアイドルオタクの心理を理解していた。そしてファンの目線から考えて自分を演出し、そして周囲のメンバーの個性を引き出していった。それが時にはユニークなブログ投稿やテレビでのコメントとして、時には劇場で他のメンバーをいじるMCとして発揮されていった。

 そのころ僕はすっかりAKB48にハマって握手会にも通うようになっていて、漫画家の小林よしのり氏や、コラムニストの中森明夫氏と一緒に社会現象としてのAKB48を真剣に語る仕事をはじめていた。指原が総選挙で4位になったとき僕は運営の「ゴリ押し」に少し飽きてきたと苦言を呈するその一方で、指原のようなメンバーが上位に食い込むのがアイドルの既成概念を壊し続けてきたAKB48らしいのではないか、と発言した記憶がある。そして小林さんを中心に本を出そうかという話が盛り上がったころに、あのスキャンダルがあった。

 指原が「神7」と呼ばれる初期AKB48を支えた上位メンバーに食い込んで4位になった総選挙の直後、週刊文春は指原の過去の男性ファンとの交際を報じた。その週末、秋元康は指原を連れて深夜ラジオ(AKB48のメンバーが週替わりでパーソナリティを務めるニッポン放送『AKB48のオールナイトニッポン』)に生出演した。涙ながらにファンに謝罪する指原に秋元は福岡の姉妹グループHKT48への移籍を命じた。このとき、自宅でラジオを聴きながら原稿を書いていた僕は、言葉を失った。そしてすぐに、これは「神の一手」だと思った。総選挙で第4位に食い込んだ指原の過去のスキャンダルを、選挙直後のこのタイミングで出す──週刊文春の計算は完璧だった。しかし秋元康はこの完璧な一手を完全に逆手に取った。地元・福岡でこそ盛り上がっていたと言われるものの、いま一つその存在感が全国区になれないでいたHKT48の活性剤として、指原は「左遷」というかたちで送り込まれたのだ。こうなってしまうと、ファンもメディアも指原とHKT48に注目せざるを得ない。災い転じて福となす──まさに「神の一手」だった。

 その直後に、僕たち(小林よしのり、中森明夫、濱野智史の各位と僕の4人)はAKB48についての本(『AKB48白熱論争』〈幻冬舎新書〉)を作り上げるために集まった。そこでの話題はほとんど指原についてのものだった。思えばこのときから、僕たちは指原のペースに巻き込まれていたのかもしれない。そこで僕たちは──今読み返すとびっくりするのだが──指原がその能力を駆使してHKTのプロデューサーとして、秋元康に次ぐ第二のプロデューサーとして有効に機能する可能性について言及している。


濱野 ただ、秋元康は別の面でもさっしーを評価してますよね。「おまえ、アイドルには向いてないから放送作家になれよ」とか言うじゃないですか。たしかに、彼女にはそういう能力があるんですよ。

中森 だとしたら、秋元康の後継者なんだ!? すげーな。そう考えると、秋元さんが恋愛禁止のタブーを破って高井麻巳子と結婚したのは象徴的だよね。そもそもAKBという宗教は、少女アイドルに手をつけてしまったプロデューサーが作り、そこに恋愛禁止という戒律を科した。しかもその秋元康が、さしこを後継者として選ぶかもという。

宇野 実際、さっしーはいろんなところでアイドルオタクとして他のメンバーの魅力を語ってますよね。それも実際に一緒に活動しているからこそわかるポイントを、たぶん適度に盛りながらピックアップしている。器用だな、と思います。

中森 プロデューサーの資質があるんだね。

小林 じゃあ、HKTも彼女が仕切っていくのかな。

濱野 派遣プロデューサーみたいな感じになるかもしれませんね。さっしーがブログにHKTメンバーのことを書き、秋元康がそれを見て「なるほど」と作詞の参考にする。そういうことがやりたくて、さっしーを送り込んだような気もします。

宇野 そうだとしたら、ますますあのHKT左遷は「神の一手」だなぁ。

 そして、あれから一年、実際に起ったことは「それ以上」だった。

 指原は僕たちの予想をはるかに超えるレベルで、HKT48第二のプロデューサーとして機能した。年長メンバーとしてHKT48の精神的支柱の一つとなるだけでなく、劇場で、バラエティ番組で、指原はその高い司会力で未成熟な若いHKT48のメンバーの個性を引き出していった。
(とくに冠番組『博多百貨店』のクオリティの高さはHKT48の躍進に大きく貢献したように思える。そして同番組は指原の司会力と、若手メンバーに対する細やかなケア=いじりなくしては成立しなかった。)

またHKT48以外でも指原は移籍直後にももいろクローバーZやSUPER☆GiRLSなどの競合関係にある他グループを巻き込んだコンサート(『指原莉乃プロデュース 第一回ゆび祭り?アイドル臨時総会?』)を総合プロデューサーとして企画し、話題を集めた。秋元康のプロデュースが常に(いい意味で)ファンを裏切り続けるスリリングな面白さを追求するタイプのものなら、アイドルファン出身の指原のそれはオタク心を知りつくし、そこを巧妙に突いてくるタイプのものだった。

この新しい面白さに、多くのファンが魅了されたのは間違いない。
 そして2013年4月、AKB48グループ全体が参加した日本武道館でのコンサート会場で、指原はHKT48のメンバー兼「劇場支配人」に任命された。そう、今の指原は選手兼監督、物書き兼編集者、ポケモン兼ポケモンマスターのようなものなのだ。秋元康の「神の一手」によって博多に向かった指原は、その後は実力で逆境をチャンスに変え、そして成果を残したのだ。


そう、指原のセンター以降、これまでと同じように
恋愛禁止条例が機能するとは考えられないだろう。
ポケモン兼ポケモンマスターであるメタ・プレイヤーは
ゲームのルールを、システムを更新し得るのだ。




第5回総選挙結果発表を待つ指原-4 20130608
第5回総選挙結果発表を待つ指原莉乃さん( 2013.06.08)



 だから今年の総選挙が近づいてきたとき、僕は指原は去年より順位を上げるだろうと予測した。アイドルとしての指原の限界は4位かもしれないが、そこにプロデューサーとしての評価が加わりベスト3に入るだろう、と僕は語った。テレビの番組に出演して今回の注目メンバーを尋ねられたときも、彼女の名前を挙げた。しかし、まさかこんなことになるとは思っていなかった。順位を上げるとは思っていたけれど、まさか速報からぶっちぎりの1位を独走するとは、思ってもみなかったのだ。

 そう、今回の総選挙はご存知の通り指原の圧勝に終わった。誰もがこの結果に驚いていた。(ただひとり、濱野智史だけはこのことを正確に予測していた。)

 特にあの日、会場で小林よしのり氏は激怒していた。でも誤解しないでほしい。氏は誰よりも指原の才能を買っている。買っているからこそ、指原がその実力でセンターを勝ち取ったことに不満を覚えたのだ。
小林氏がアイドルに必要不可欠だと考える恋愛禁止条例が、指原の勝利によって事実上無効化されてしまった、というのだ。けれど僕は、こうやってファンの民意でアイドルの、芸能の在り方を更新していくのがAKB48だと思う。
 もちろん、今回の指原のセンター獲得にまったく不安を覚えないわけではない。たとえば、指原は1位を獲得後のスピーチを、彼女がレギュラーで出演するバラエティ番組『笑っていいとも!』に由来するギャグで〆た。些細なことかもしれないけれど、僕はこの一言を耳にしたとき、AKB48がテレビのものになってしまうのではないかという不安を覚えた。
ある時期までマスメディアとは距離を置き、独自のシステムと文化を育んできたのがAKB48ではなかったか。その象徴である総選挙の、それも1位を取った人間のスピーチがテレビネタで〆られるというのは僕には少し寂しく感じることだった。指原が、テレビバラエティの世界に器用に順応する力をもっていることを知っているからこそ、少し不安になったのは間違いない。

 あるいは大島優子が2位として名前を呼ばれたとき──つまり指原の1位が確定したときに、今回の選挙は「面白い」「笑える」ものとして受け取っていいのではという旨の発言をしたが、このとき僕はこの結果を「笑おう」という空気が指原の正当な評価を覆い隠してしまうのではないか、と思った。もちろん、優子はむしろある種の気遣いとしてこうした発言をしたことは間違いない。しかし結果としてそれが今回の選挙を「マジ」なものとして受け取るべきではない、という文脈ができるのはよくないと思った。

 だから僕は、自分の言葉で指原の1位を分析して、彼女に与えられた正当な評価について触れなければいけないと思った。指原はテレビのゴリ押し「だけ」で1位になったわけでもないし、この選挙結果は単に「面白い」だけじゃない。「マジ」な側面がちゃんとあったのだ、ということを訴える必要があるように思えたのだ。

 そう、僕もあの日、あの場所にいた。今年の総選挙の開票イベントは全国でテレビ中継されていて、僕は解説役として現地の日産スタジアムの放送席からその経過を見守っていた。そして、放送終了間際に一瞬だけ、生中継で指原本人と話す機会があった。
僕は指原にこの結果を順当なものだと思う、と言った。この一年、もっとも強い物語を生きたメンバーは間違いなく指原だ。躍進とその後の転落があり、そして流された新天地で成果を上げる。それも自分だけではなく、若い博多のメンバーを見出し、引っ張ることで成果を上げたのだ。ファンはそんな彼女の一年を、素直に評価したのだ、と。短い時間だったけれど、ある程度は全国の視聴者に伝わったのではないかと思う。

 あれから半月が経って、総選挙の結果についても語り尽くしたような気がしている。
今思うと、大島優子のような(あの前田敦子に唯一対抗し得た)超人を倒すには、単にアイドルをやっているだけではダメだったのではないか、とも思う。たしかに渡辺麻友は素晴らしいアイドルだ。限りなく完璧に近い。僕も大好きだ。しかし、今のまゆゆはアイドルというものの定義を更新しない。しかし、指原には(結果的にだが)それができる。あの優子を倒すには、言ってみれば裏道から入ることが、(いみじくも優子自身が述べたように)優子という絶大な壁を突破するには横からすり抜けていくしかなかったようにも思う。

 しかし、それが特別なことだとは僕は思わない。そもそも現代の情報社会に生きる僕たちは──なんて書くと大仰だが、すっかりメディアを扱うこと、自ら発信することに慣れてしまった僕たちは──多かれ少なかれ誰もが消費者であるだけでなく発信者としての視点をもっている。観客としてだけではなく作家や演出家としての目をもっている。だから、「キャラ」なんて奇妙な和製英語が定着して、「私って?なキャラだから」とか「〇○さんは?なキャラだよね」といったメタ言説が、まるで作家や演出家が劇中の登場人物を扱うかのような言説が、日常的な会話として成立している。

僕たちは多かれ少なかれ、指原と同じ選手兼監督でありアイドル兼プロデューサーのメタ・プレイヤーなのだ。
そして、AKB48が「会いに行けるアイドル」として、どこにでもいる、普通の女の子の魅力でファンを引き付ける装置だという原点に戻るのなら、絶世の美少女でもなければ歌や踊りが得意なわけでもない指原莉乃が、そのメタ・プレイヤーとしての資質で評価される(人気者になる)という現象は、まさにAKB48がこれまで目指してきたことそのものだ、という見方もできるはずだ。
 そして、ついでに言うとこれまでさんざん、頭の固い大人たちは高度資本主義を楽しく生きる僕たちをシステムの奴隷になっている愚民だと罵ってきた。
選手は監督の、物書きは編集者のコマであり、そしてポケモンはポケモンマスターの奴隷であるというのだ。しかし誰もがメタ・プレイヤーである僕たちの代表でもある指原莉乃はアイドル兼プロデューサーとして民意を武器に、(本人の意図とは別に、結果として)恋愛禁止条例が象徴する既存のアイドル観とそれを支えるシステムを変えてしまった。(少なくとも大きな一石を投じたことは間違いない。)そう、指原のセンター以降、これまでと同じように恋愛禁止条例が機能するとは考えられないだろう。(だからこそ、小林さんは指原の1位に激怒したのだ。)ポケモン兼ポケモンマスターであるメタ・プレイヤーはゲームのルールを、システムを更新し得るのだ。

 気が付けばまた(特に推しメンでもない)指原について語ってしまった。さしこのくせに生意気な、と思う反面、さすが指原だ、いつのまにかペースに乗せられているな、と痛感する。
しかしついでに言うと、僕は指原のようなメタ・プレイヤーが勝ったことが個人的に少し嬉しかったのかもしれないな、とも思う。なぜならば僕自身が物書き兼編集者、選手兼監督、ポケモン兼ポケモンマスターのメタ・プレイヤー(の端くれ)だからだ。

そう考えると、僕は指原の100分の1も世界を、システムを変えていない。だからいつか、指原に匹敵する、いや凌駕する選手兼監督、ポケモン兼ポケモンマスターになって世の中を変えてみたいと思う。そしていつかまた指原と話す機会があれば、思いっきりドヤ顔で言ってみたいと思う。「さしこのくせに生意気だ」と、ありったけの敬意をこめて。

(初出:「ダ・ヴィンチ」2013年8月号) )





(更新 2013.06.26 人気アイドルグループ「AKB48」の32枚目のシングル(8月発売予定)を歌うメン­バーを選ぶ「第5回AKB48選抜総選挙」の開票イベントが6月8日、日産スタジアム(横浜市港北区)で行われ、AKB48の大島­優子さんが2位に入り、前回4位の指原莉乃さんが初の1位を獲得した。

「AKB48選抜総選挙」は09年から行われており、5回目となる今回は初めて立候補­制をとり、前回1位の大島優子さんら選抜常連組をはじめ、次世代を担う若手メンバーや姉妹グループ、卒業メンバーら史上­最多の246人が参加した。


開票発表を待つ指原莉乃
開票発表を待つ指原莉乃さん

そんな指原莉乃さんの高揚していたであろう祝勝気分を吹き飛ばしてしまう事態が発生した。

せっかく1位になったのに、憧れのシート(椅子)にも座れず、花束もなく、ライブ後とはいえ、他のメンバーは早々に撤収。唯一 選抜の集合写真だけがそれらしい光景とは!

開票イベント終了後 囲み取材で記者団から ”センター(1位)の椅子”に座ってない事を指摘された彼女は
”あっ!本当だ忘れてた。誰も案内してくれなかったんです。座ってほしくなかったんだと思います。”と 答えた。

過去4回 2人(前田敦子さんと大島優子さんが毎年交互に1位に選出されていた)しか 座ってない”センターの椅子”は 今回も開票会場 に当然持ち込まれており、今回は1位の祝砲ともいうべき打ち上げ花火(TV瞬間最高視聴率 32.7%の瞬間でもあった)とウイニングランともいうべきフロートでの会場周回があったとは云え、ファンはフロート周回後、当然”センター(1位)の椅子”に座るものと思っていた。

開票運営者側の イベント構成上の 単純な初歩的ミスであったのか、なんらかの事情から 意図的に座らせないようにしたのか は定かでありませんが、少なくとも当初は”センター(1位)の椅子”への着席セレモニーが企画されていたのは、”センター(1位)の椅子”が、今回も持ち込まれてることから 明らかです。

今回、フロート周回をおこなったので、1位の女王を”センターの椅子”に座らせるセレモニーの省略を意図したのか、あるいは開票イベント運営上の時間制約上の要請から、割愛せざるを得なかったか?定かではありません。(勿論 そんな変更の事前・事後アナウンスは ありませんでした。) 

フロートに乗る指原莉乃
フロートに乗る指原莉乃さん


更に加えて 痛恨の極みですが、開票イベント運営者側は 選抜メンバー64名や非選抜メンバー200名弱を 新女王のフロート周回を待たず、集合写真撮影等のため バックヤードへ退場させてしまうという 取り返しの効かないミス運営をしてしまいました。
観客とともに 新女王 指原莉乃さんの 祝福されてしかるべき、苦楽を共にしたであろうメンバーとの共有空間をも 消滅させてしまったのですから。ことの真相は謎と云うほかありませんが、新女王の指原さんが、その門出に、こういう仕打ちを受けたままでいいはずはありません。
 


翌9日 指原莉乃さんがレギュラー出演する”AKB映像センター"のメンバー・スタッフ と 翌々10日  ”いいとも”メンバー・スタッフが 花束 や くす玉 と”センターの椅子(本物)”を それぞれ用意し AKB開票運営スタッフの 構想力と配慮不足から発生した非常識な対応を繕って補ぎない、指原莉乃さんの頑張りに報いる場を創ってくれたのは、なんとも ほっこりなごみました。そこにはそれぞれの番組MCの リリー・フランキーとタモリ 両氏の暖かい配慮の 大人の仕切り が はっきりと窺えました。

2013年6月8日から10日にかけて惹起した 第5回AKB総選挙に関わるこれらの出来事は 彼女の波乱の My Way に 良くも悪くも新たなページとして しっかりと刻まれたに違いない と思います。)





(更新2013.05.31 今 二人の女性の My Way に強く心を寄せています。ひとりは26歳で服毒自死した童謡詩人

 もうひとりは 弱冠20歳で劇場支配人の肩書を持ち、アイドルヲタのエンターテイナーにして秋元氏主宰グループでアイドルプロデューサーの相貌をも 併せ持つ、云うところのプレイングマネージャー
。いずれの日にか、本稿に書きとめられたら いいな と思っています。)




AKBグループ臨時総会(2013.04.28 武道館)
AKB48グループ臨時総会 ~白黒つけようじゃないか!最終日(2013.04.28 武道館)
 

(更新2013.05.30 そのグループ臨時総会の華やかな光景がYouTubeで世界に向けて無料配信された 4月28日以降 秋元康 氏も参画している”クールジャパン”の具現世界に どっぷり浸ってました。

多分、自らの生の来歴に重ね合わせて感情移入し、ふいに嗚咽すら余儀なくさせてしまう、ひとつとして同じではない いくつもの My Wayが 生の証として豊饒に繰り広げられている のを 知ってしまった今は

この世界から 容易なことでは抜け出せない と覚醒しました。 )

-----------------------------(更新履歴)--------------------------------------------------
 (更新2014.07.28   7月24日発売の「週刊文春」(文藝春秋/7月31日号)の報じるところでは、本年6月末で、AKB48Gの運営会社である株式会社AKS社長 窪田康志氏の退任が明らかになった。AKB48選抜総選挙6/7の開票発表後、その舞台裏で 窪田社長からプロデューサー就任要請があったことを明らかにしていた指原莉乃さんの 今後の去就が注目される。vol 3)
(更新2014.07.05   AKB48選抜総選挙6/7の開票発表で 速報1位の指原莉乃さんは 連覇が確実視されていたが AKB48チームBの渡辺麻友さんに逆転され、まさかの2位となった。1位奪還へむけての 新たな挑戦が 始まった。  vol 2)
(更新2014.06.09   AKB48選抜総選挙6/7の開票発表で 速報1位の指原莉乃さんは 連覇が確実視されていたが AKB48チームBの渡辺麻友さんに逆転され、まさかの2位となった。1位奪還へむけての 新たな挑戦が 始まった。 )
(更新2014.06.06 AKB48選抜国際総選挙元年は 選抜総選挙曲ラブラドール・レトリバー序列3位・選挙ガイドブック序列2位の指原莉乃から すべてはスタートした  )
(更新2014.05.21 AKB48選抜国際総選挙元年は 選抜総選挙曲ラブラドール・レトリバー序列3位・選挙ガイドブック序列2位の指原莉乃から スタートした・・UP )
(更新2014.05.16 AKB48選抜国際総選挙元年は 選抜総選挙曲ラブラドール・レトリバー序列3位・選挙ガイドブック序列2位の指原莉乃 から始まった・・UP )
(更新2014.05.07 AKB48選抜国際総選挙元年は 選抜総選挙曲ラブラドール・レトリバー序列3位の指原莉乃から始まった・・UP )
(更新 2014.4.24 AKB48選抜国際総選挙元年選抜総選挙曲ラブラドールレトリバー序列3位の指原莉乃から始まる・UP )
(更新 2014.4.16 AKB48選抜総選挙関連 秋元康、すべてのスタートは指原莉乃から・・ UP )
(更新 2014.4.16 AKB48選抜総選挙関連 秋元康、すべてのスタートは指原莉乃から・・らしい UP)
(更新 2014.03.27 指原の乱#24 一旦放映打ち切り 及び 今秋か今冬の再開予定の告知 編 UP)
(更新 2014.03.20 指原の乱#23 選抜総選挙1位様 引っ越し先候補物件ツアー續編 UP )
(更新 2014.03.13 指原の乱#22 1位様 引っ越し先候補物件ツアー編 UP )
(更新 2014.03.06 大組閣祭り組閣決定,指原の乱#21 ユルキャラビジネス炎上ちゃん・消化くん商品化編 UP )
(更新 2014.02.27 大組閣祭り,指原の乱#20 ユルキャラ調査編 ユルキャラ開発編 UPしました。)
(更新 2014.02.22 大組閣祭り,指原の乱#19さしはラーメン完結編 ユルキャラ導入部UPしました。)
(更新 2014.02.14 大組閣祭りについて,指原の乱#18 福田代役 面接編UPしました。)
(更新 2014.02.11 AKBグループ大組閣祭りについて )
(更新 2014.02.07 指原の乱 #17 UPしました。共演者ピック面接編 )
(更新 2014.01.31 指原の乱 #15 #16 UPしました。東京ナイトスポットツアー編)
(更新 2014.01.17 指原の乱 #14 UPしました。さしはらーめん計画編 さしはらーめん提供企画編)
(更新 2014.01.10 指原の乱 #13 UPしました。指乱の今後ー5年?編 さしはらーめん企画編)
(更新 2014.01.06 指原の乱 #12 UPしました。指乱大忘年会こじはるみるきー編ラーメン企画編)
(更新 2013.12.20 指原の乱 #11 UPしました。競馬4戦全敗ヘコみるきー編 指乱大忘年会こじはる編)
(更新 2013.12.12 指原の乱 #10UPしました。競馬初挑戦編 競馬挑戦編2導入部)
(更新 2013.12.05 指原の乱 #9 UPしました。焼肉 みるきー登場篇 競馬導入部)
(更新 2013.11.28 指原の乱 #8 UPしました。HKT48映画は断念。焼肉へこみるきー反省篇 導入部)
(更新 2013.11.26 指原莉乃さんの生誕祭(11月21日)記念もどきで、これまでのUP分を集約しました。)

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ちあき

  • Author:ちあき
  • 白線同盟駆坂あかね様
     御賜物<KAREN>

     『 0 』 ( 2013.07.05 )

    作曲・MIDI制作 嶋 是一さん



ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
BGM
BGM 『0』