この企画ができて AKB48SHOWを 始めてよかった!  石原 真(制作統括 EP) エグゼクティブプロデューサー

(更新 2014.01.12 AKB48 SHOW #13(紅白歌合戦 大島優子卒業発表の波紋を含む 舞台表裏編) の リンクを追加しました。BACKUP版 1・2 も掲載してます)

(指原莉乃さんの記事が長くなったので、石原Pの記事を新しく項立てしました。 尚 石原Pの経歴・信条等は 本稿 最下段に掲載しておりますので乞う!ご参照)



akb48 show akb劇場8周年の瞬間

2014年10月5日からBSプレミアムで始まった「AKB48SHOW」石原真Pの遣りたい放題実践の神番組です。
 
一方 「指原の乱」で やはり 遣りたい放題の極みを実践して、
今や HKT劇場支配人兼任P にして「法王」(「一言一句で大騒ぎ 指原はローマ法王かよw」・・読み人知らず(2ch書き込みより)の 異名をも併せ持つ AKBセンターの 博多の女帝こと指原莉乃さん との
 遣りたい放題実践の 接点

総選挙1位曲「恋するフォーチュンクッキー」の 「MJ」(石原真 制作統括)での NHK初披露に際し、
観客への 「恋チュンダンス」の協力依頼(振付指導を含む)のために、
東日本大震災被災地訪問活動などを通して、兼ねて知己を得ていた石原真Pとともにその舞台に立ったこと でした。それは、まさしく
自らのセンター曲「恋するフォーチュンクッキー」の観客への周知(売込み)ためには、 裏方仕事をも厭わない AKB48グループの広告塔の姿を ,優しく見守る石原真Pの眼差しのさきにあるその姿を、そこに鮮烈に確認した瞬間でもありました。 


AKB48 - 恋するフォーチュンクッキー【MJ】2013-7-11 放送

石原真P

*************AKB48SHOWブログ掲載の 石原P #E13 番組解説************


2014年01月09日 (木)

新年1回目は「紅白舞台裏」です。大島優子さんの卒業発表直後の様子も。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

2014年もAKB48SHOWよろしくお願いします。
2013紅白 恋するフォーチュンクッキー


さて、新年1回目の放送は「完全密着!紅白の舞台裏」です。

紅白には、いわゆるオフィシャルの記録映像としての撮影もあるのですが、

それとは別にAKB48SHOWで、48グループ用のメイキングカメラを入れて

取材をおこないました。

AKB48SHOW#1320140111_01

リハーサルの様子から本番ステージまでをご紹介します。

3つのグループの本番の映像もあらためて放送します。

AKB48SHOW#13 大島優子卒業発表直後20140111_07

そして、大島優子さんの卒業発表。

この直前と直後の大島さんとメンバーの姿もご覧いただけます。

リアルな映像です。

次回のAKB48SHOWでは、卒業発表後初めての

大島優子さんのロングインタビューをお届けする予定です。
 
AKB48SHOW #13

AKB48SHOW #13(BACKUP 1)
AKB48SHOW #13(BACKUP 2)


*****************MJブログ掲載の 石原P 竹内美宥「初日」解説*****************


2013年10月11日 (金) 竹内美宥さんの「初日」


竹内美宥 初日 akb48show 20131012_01

 
今週のAKB48SHOWでは、竹内美宥さんが「初日」という曲をピアノで弾き語りをしてくれます。
これを是非みなさんに聞いていただきたいです。

この曲はAKB48のチームBの「パジャマドライブ」という公演の中に入っている公演曲で、
AKBファンにとても愛されている曲です。

竹内さんは弾き語りが趣味ということで、
自分でアレンジした曲を動画サイトに投稿しています。

この「初日」もそうでした。

竹内さんの同期の島田さんに会った時
「美宥の初日がとてもいいから、聞いてみてくださいよ」と言われたのがきっかけでした。

とてもよかったので、すぐ竹内さんに連絡を取り、
AKBの新しい音楽番組を始めるから、そこでやってみませんかと持ちかけました。

即答で「やらせてください」でした。

ただ、動画サイトのバージョンは、自宅で録音したいわゆる「宅録」であり、
楽器もエレピを使っていましたので、「生ピアノで弾き語りできますか」と再度確認をしました。

もうひとつは、ハモがかぶせてあったので、
これはどうしますかと聞いたところ
「このハモにも自信があるので、ここもやらせてください」という返事でした。

そのようなやり取りがあり、AKB48SHOWで収録したバージョンは、
まず竹内さんの生ピアノの弾き語りをそのまま、いわゆる「一発録り」でおこない。
すぐにその演奏を再生して、自分でハモのパートを重ねたものになっています。

アレンジも竹内さん自身がおこなっているので、
原曲とかコードが違う部分があったり、
転調の仕方も違っていますが、これこそ「竹内美宥の初日」です。

この曲をご存知ない方でも何か感じるものがあるバージョンだと思います。

是非聞いていただきたいです。


AKB48 竹内美宥 「初日(弾き語りver.)」 2013.10.12




**********MJブログ掲載の 石原P NMB48 「太宰治を読んだか?」解説*********


2013年10月18日 (金)
太宰治を読んだか?  AKB48SHOW 第3回  姉妹グループ特集


AKB48SHOW 太宰治を読んだか?



今回のレア曲のコーナーに登場するのは「太宰治を読んだか?」です。

NMB48のアルバムのオリジナル曲で、
山本さん、山田さん、横山さんの3人によるユニット曲です。

この曲はもともとダンスの振りがついている曲なのですが、
3人によるアコーステュックバージョンが、
今年の夏のAKB48のドームツアーの中、
大阪京セラドームの2日間だけ披露されました。

そのバージョンがあまりに素晴らしかったので、今回AKBSHOWでも収録しました。

山本さんのギター、山田さんのタンバリン、横山さんのハーモニカ、
それに3人の歌声とハーモニー。


とてもいいバージョンなので、是非聞いてみてください。

横山さんのNMB兼任が解かれた今となっては、レアなバージョンになってます。

ドームで見られなかった方は是非この機会に、見た方はあの感動をもう一度。

ちなみに、衣装はNHKホールのコンサートで着用したものになってます。


131019 AKB48SHOW! 太宰治を読んだか? 山本・山田・横山 アコーステュックVer

NMB48 1st Album[OPV]太宰治を読んだか?(フルVer) 人生とは何か語れる友が出来た--- 

太宰治を読んだか?(NHKホールでの ダンスVer



******AKB48SHOW ブログ掲載の 石原P HKT48「回遊魚のキャパシティ」解説******


2013年10月25日 (金) AKB48SHOW 第4回

第4回は、AKB48新曲「ハート・エレキ」 ゆきりん「Birthday wedding」 そして「キャパ、キャパ、キャパ、キャパ、キャシティ!」


「回遊魚のキャパシティ」

チームK4th「最終ベルが鳴る」公演の中のチーム曲です。名曲です。

HKT48 回遊魚のキャパシティ


劇場公演ではこの曲のサビの部分に特徴的なコールが入ります。

歌詞で言うと「一人しか愛せない(キャパ、キャパ、キャパ、キャパ、キャパシティ!)わー」という感じです。

昔の公演曲には、その曲独特のコールが自然発生的に生まれてきたものがあるんですが、
最近はミックスばかりになってしまって少々寂しいです。

今回はHKT48によるスタジオでのパフォーマンスなので、観客のコールはありませんが、皆さんテレビの前でコールお願いします。

この曲はHKTの「レジェンド公演」で歌われています。

もちろん指原さんがチョイスした曲です。


【Full HD】 HKT48 回遊魚のキャパシティ (2013.10.26)

HKT48 - 回遊魚のキャパシティ (Live) (2013) BACKUP版

AKB48 K4 回遊魚のキャパシティ


   ******AKB48SHOW ブログ掲載の 石原P 「純愛のクレッシェンド」解説******

2013年10月30日 (水)  AKB48SHOW 第5回

AKB48SHOWの第5回目には「純愛のクレッシェンド」という曲が登場します。

歌うのは、小嶋陽菜、高橋みなみ、峯岸みなみの3人で、この曲のオリジナルメンバーです。

純愛のクレッシェンド 小嶋陽菜、高橋みなみ、峯岸みなみ AKB48SHOW第5回目


「純愛のクレッシェンド」はチームA4th「ただいま恋愛中」公演の中の公演曲です。

当時、同じ1期生でチームAの仲間だった小嶋、高橋、峯岸の3人のユニット曲で、まだノースリーブス結成より前でした。

この公演を見た事務所の社長が、この曲を見て、3人を事務所に誘い、やがてノースリーブスを結成することになったエピソードが有名です。

前回放送した「回遊魚のキャパシティ」も曲中のコールが独特なものですが、この「純愛のクレッシェンド」も独特のコールがついている曲です。

特にAメロの部分ですが「みなみなみなみな、みなみー!」とか「はるはるはるはる、はるなー!」というコールが劇場公演では起こっていました。

コールはいつの間にか始まって、定着するものと廃れるものがありますね。

さて、AKB48のオリジナル劇場公演は、チームAが6、チームKが5、チームBが3つ。

そして、ひまわり組が2つの計16公演です。

他にSDNに1つ、SKEに3つあり、現在グループ全体では20のオリジナル公演があります。

その16あるAKBの公演の中のユニット曲で、今でもオリジナルメンバーでパフォーマンスできることができる曲もほとんどなくなってきました。

この「純愛のクレッシェンド」を含めて6曲しかないと思います。

他には「恋愛禁止条例」「炎上路線」「心の端のソファー」「愛しきナターシャ」

そして「Bye Bye Bye」これもノースリーブスの3人の曲ですね。


131102 AKB48 SHOW「 純愛のクレッシェンド」

純愛のクレッシェンド AKB48 TeamA 4th 2008年(当時 峰岸みなみは中三15歳だった)


  ******AKB48SHOW ブログ掲載の 石原P 「君だけに Chu! Chu! Chu!」解説******


2013年11月08日 (金)  AKB48SHOW 第6回

話題のユニット「てんとうむChu!」も初登場です。

ユニット「てんとうむChu!」

結成当時は全員研究生でしたが、AKBの3人岡田、小嶋、西野はチーム4へ昇格、

他の4人は各グループの研究生として活躍中です。

てんとうむChu!7人が出演のドラマも始まり、ますます目が離せないユニットです。

ただし、メンバーが4つのグループにまたがっているため、全員が集まるのが大変です。

レアなパフォーマンスに注目です。

         --------------------------------------------------

公開日: 2013/11/09
2013.11.09 ON AIR / Full HD (1920x1080p), 59.94fps
【出演】 <てんとうむChu>
岡田奈々 (AKB48)/小嶋真子 (AKB48)/西野未姫 (AKB48)/北川綾巴 (SKE48)/渋谷凪咲 (NMB48)/田島芽瑠 (HKT48)/朝長美桜 (HKT48)

てんとうむChu!自己PR『君だけにChu!Chu!Chu!』AKB48SHOW(2013.11.09)


   ******AKB48SHOW ブログ掲載の 石原P AKB48SHOW#7解説******


2013年11月14日 (木)

7回目の放送になりました。


まずチーム4の新公演から「手をつなぎながら」

AKBが初めて秋葉原の劇場でおこなうSKE公演の表題曲です。

これまでの他のチームとはまた違った、フレッシュで自由なパフォーマンスです。

チーム4の衣装はHKTが使っていたバージョンです

akb show #7tチーム4-手をつなぎながら20131114

出演者
相笠萌 岩立沙穂 内山奈月 梅田綾乃 岡田彩花 岡田奈々 北澤早紀 小嶋真子 篠崎彩奈  
髙島祐利奈 西野未姫 橋本耀 前田美月 峯岸みなみ 村山彩希 茂木忍

131116 AKB48 SHOW! ep07(全編--”手をつなぎながら” は 冒頭コントの後) 

HKT48 手をつなぎながら(AKB紅白歌合戦(AKB紅白歌合戦Ver 2012) 



HKT48は「Seventeen」

AKB最初のアルバムのオリジナル曲です。

今年の東京ドームでHKTがやったこの曲を久々聞いて、

いい曲なので、番組で紹介したいな と思いました。

akb48show #7 hkt48 seventeen 20131114_07

出演者
穴井千尋 多田愛佳 兒玉遥 指原莉乃 松岡菜摘 宮脇咲良 村重杏奈 本村碧唯 森保まどか 
秋吉優花 岡田栞奈 岡本尚子 田島芽瑠 谷真理佳 朝長美桜 渕上舞

【Full HD】 HKT48 Seventeen (2013.11.16)

HKT48-Seventeen AKB48 SHOW! 131116 (BACKUP URL)
AKB48 Seventeen (フルVer 2011 サプライズありません版) 



 ******AKB48SHOW ブログ掲載の 石原P AKB48SHOW#8 解説******


2013年11月21日 (木)
#8みどころ 楽曲編


AKB48 SHOW! #8"


「鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら 僕たちの関係はどう変わってしまうのか、 僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」(AKB48SHOW FULL Ver 2013.11.23) 


松井珠理奈さんセンターの、じゃんけん選抜16人による最新シングルです。

鈴懸なんちゃら (略呼称) 選抜メンバー
松井珠理奈 鵜野みずき 田野優花 古畑奈和 阿部マリア 北原里英 土保瑞希 平田梨奈
上枝恵美加 藤江れいな 菊地あやか 佐々木優佳里 名取稚菜 湯本亜美 大場美奈 大家志津香

鈴懸なんちゃら 20131123_01



タイトルの長さや、その略称をどうするのかなどが話題になっていますが、

曲の方は織田哲郎さん作曲によるポップチューンで、

ライブでも盛り上がる曲になりそうです。

コール&レスポンスもできます。

主人公の僕は「君の微笑みを夢に見る」ということを

(タイトルの中では)まだ君に言ってないんですが、

さて本編の方では言ってしまうのでしょうか。

これまでの関係を崩すリスクを背負ってまで告白をするのかどうか。

AKB48SHOWではフルサイズでお届けするので、歌詞もお楽しみください。



元気が出る歌が登場します。

だーすー&つーまーの「ここで一発」です。

SKE48新曲の表題曲「賛成カワイイ!」よりカップリング曲の方が先にオンエアです。
(「賛成カワイイ!」は来週です。お楽しみに!)

だーすー&つーまーの「ここで一発」20131123_02

須田亜香里さんと松村香織さんの二人のユニット曲です。


ファンの方なら、この二人の経歴やキャクターをご存知なので、

「ここで一発」の歌詞は二人のことを歌った曲だとお分かりのことと思います。

MVも楽しかったですが、AKB48SHOWもとても楽しいバージョンです。

聞いていると楽しくて、生きる希望が湧いてきます。

だーすーとかおたんに言われちゃしょうがないな。

頑張ろうかって気になりますよ。


そして「LOVE修行」 AKB48SHOW! 動画 20131123 19人Ver

LOVE修行20131123_04


「LOVE修行」が収録できたのは、運が味方したという出来事がありました。


この日の収録は、大森美優さんと佐々木優佳里さんによる「わがままな流れ星」が先に決まってました。

後日チーム4が揃うということになり「清純フィロソフィー」が決まりました。

じゃ、新公演から「手をつなぎながら」もやって、もう一曲できるなということで

「パジャマドライブ」の中から一曲やりますかと打ち合わせをしていました。

「あれ!?この日は大森さんと佐々木さんもAKBSHOWに来ているぞ」となりまして、

平田梨奈さんが来られるなら19人揃うぞということに気がつきました。

そこでマネージメントに至急確認したら「ひらりーはその日公演なので、劇場入り時間までなら大丈夫です」という返事がありました。

曲の撮り順を変えれば「LOVE修行」やれるということが分かり、

19人揃っての収録が実現できました。




 ******AKB48SHOW ブログ掲載の 石原P AKB48SHOW#9 解説******

AKB48-SHOW! #9

#9みどころ 楽曲編 
「賛成カワイイ!」フルサイズ! 
しゅうみるの「となりのバナナ」 
そして、アズマリオンとなおちゃんの「枯葉のステーション」は
アイドルの特技という枠を超えた胸に染みる生演奏です。


SKE48の新曲「賛成カワイイ!」をフルサイズでお届けします。

まるで夏シングルのように飛び跳ねる曲です。

UKギターポップのようなアレンジがほどこしてあるのも、

アイドルソングとしては新鮮に響きます。

賛成カワイイ SKE48




NMB48期待の二人に可愛いユニット曲をお願いしました。

白間美瑠さんと藪下柊さんによる「となりのバナナ」です

年齢的には逆のポジションなのですが、この方がいいかなと思いこうしました。

NMBの秘密兵器登場!って感じです。

となりのバナナみるしゅう

まずNMBからは、チームNの白間美瑠さんとチームBⅡの藪下柊さんが登場。

二人に番組がお願いしたのは「となりのバナナ」です。

今週の「となりのバナナ」もセリフ付きの曲で、

これで「わがままな流れ星」「ここで一発!」「となりのバナナ」と

3週連続でセリフ付きの曲になりました。まったくの偶然です。



白間&藪下の曲中のセリフは、本人たちにまかせたので、

ちょっとシュールなことになってます。

みなさん「あれ?」と思うかもしれませんが、

そこは一度スルーしていただいて最後までお楽しみください。

一応最後にはオチというか、一定の落とし前はついていますが(笑)

でも、可愛いですよ。


この曲は、ひまわり組2nd「夢を死なせるわけにいかない」公演の中の二人ユニット曲で、

オリジナルメンバーは小野恵令奈と河西智美。

「夢死」公演は、まったくお下がりをしたことがない公演だと思いますが、

その中で「となりのバナナ」と「初めてのジェリービーンズ」は、

よくAKBのコンサートでも披露されている人気曲です。

作曲は前山田健一、ヒャダインです。



48Gの二人ユニット曲と言えば

「てもでもの涙」「わがままな流れ星」「となりのバナナ」「狼とプライド」「君と僕の関係」

「眼差しサヨナラ」「炎上路線」「アボガドじゃねーし」「TWO ROSES」

など数々の人気曲があります。

例えばこの中で、後半の4曲は今でもオリジナルメンバーでのパフォーマンスが可能ですが、前半の曲は無理です。

となると別のメンバーによるパフォーマンスがマストということになります。

今回「となりのバナナ」を収録するにあたって、どのチームのどのメンバーにお願いしようかと考えて、

NMBの白間・藪下の二人、みるるん&しゅうちゃんに決めました。

年齢的にはみるの方が一つ上なんですが、キャラクターイメージで、

小野→白間、河西→藪下というポジションにしました。


このように番組オリジナルでのチーム曲やユニット曲の場合、

事前に振り入れやレッスン、衣装のフィッティングなどがあり、

AKB48SHOWの収録はかなり手間がかかっています。

この二人の「となりのバナナ」

天使が二人(天使は人?)状態なのでお見逃しなく。

今後のNMBでも中心になってゆく二人だと思いますよ。

みるしゅう立像




そして、今回是非見て聞いていただきたいのが、

番組の最後にお届けするこの一曲。

SKE48の東李苑さんのピアノと古畑奈和さんのサックスによる

「枯葉のステーション」
「枯葉のステーション」 東李苑 ピアノ&古畑奈和 サックスの生演奏バーョン(BACKUP版)

枯葉のステーション二人並んで

東李苑さんがピアノで、古畑奈和さんがサックスという二人での演奏、

48グループでは珍しいインストルメンタル曲の収録です。

実現までに数ヶ月を要しました。


始まりは、今年のドームツアー前。

演出スタッフと「グループ内でピアノの上手なメンバーは誰かなあ」と話をしていた時に

AKBなら、既にピアノアルバムもリリースしている松井咲子さん、

HKTは森保まどかさんがかなり弾けるなどということになり、

じゃ、SKEは?で、名前があがったのがアズマリオンでした。


ドームコンサートの演出にピアノを加える演出があったのは

皆さん御存知の通りです。

「ポニーテールとシュシュ」のイントロには毎回入っていました。

その中で、観客の度肝を抜いたのが、名古屋ドームでのアズマリオンでした。

そう「雨のピアニスト」のコラボレーションです。

これが素晴らしくよかったので、アズマリオンには「いつか番組でピアノ披露したいね」ということを話しました。


本当のきっかけは9月。じゃんけん大会終了後です。

メンバーが思い思いの仮装をしたり、特技をアピールしたりする中で、

なおちゃんはサックスを吹いての入場でした。

短いフレーズでしたが、かなりいい音がしていたように感じました。

見事じゃんけん選抜に入り、記者会見までの待ち時間になおちゃんとサックス談義をして、

これまた、何か機会があったら番組で紹介したいですねということで終わりました。


石原真P 全身


同時にもう一曲 企画を進めたのが、SKEの東、古畑二人のピアノとサックスで何かやれないかというものです。

二人と話し合って、曲を決めました。

アレンジをAKBではお馴染みの野中“まさ“雄一さんにお願いし、

デモ音源を作り、スコアも作り、二人に渡して自主練習を始めてもらいました。

野中さん曰く

「結構難しいけど、ピアノとサックスのどちらにも聞かせどころのあるアレンジにしました。後半で転調するので、ここも難しいですね。でも決まればかっこいいと思います」

ということでした。


メンバーは、日々の公演や撮影、収録、握手会など忙しい日々を送っています。

SKEはアリーナコンサートもあったので、そのレッスンもありました。

そのため練習時間を取り、11月に収録ということになりました。

枯葉のステーション演奏

さて、その演奏の方ですが。

僕が言うのも手前味噌になるかもしれませんが、

相当クオリティの高い演奏を収録することができたと思います。

是非みなさんに聞いていただきたい演奏です。

びっくりすると思います。

二人とも基礎ができているので、練習を重ねて収録に望んだ結果、

素晴らしい演奏を収録することができました。

アイドルの特技披露というレベルを超えています。

この企画ができてAKB48SHOWを始めてよかったと思いました。


枯葉のステーション(AKB48SHOW Ver+松井玲奈 ソロVER)


東李苑さん、17歳のお誕生日おめでとうございます。
枯葉のステーション立像



青木宏行
一般公開で共有しました - 11:15

昨日のAKB48SHOW、めっちゃ良かったですね!

アズマリオンのピアノと古畑奈和ちゃんのサックスの枯葉のステーション、痺れました!
2人ともかっこ良かったですね。
アレンジがまた素晴らしくて、胸にグッと来ました

しゅうちゃんとみるちゃんの、隣りのバナナもまた可愛すぎましたね。
駅のホームで外国の新聞を読んでいる始まりがいいですよね。
みるちゃんは、きっと新聞のこと、新聞さんって呼んでるんでしょうね笑


こじまこちゃん、奈々ちゃん、みきちゃんの三銃士とみいちゃんと山崎樹範さんの
ハンバーガーショップのシチュエーションコメディもサイコーでした。
面白かったですね、シリーズにして欲しいくらいです笑

毎回、コントのセットが開いて曲に繋がるオープニングがすごくいいですよね。
今回のオープニングコントは、みなるんとゆりあ。
みなるんはかなりコント慣れしてますよね。安定感が出てきました。

さやねぇ、ゆいはん涙の、
NMBの紅白発表サプライズは、最高のドキュメンタリー映像でした。
号泣だったさやねぇ、笑顔だったみるきー。2人の表情が対照的なだったのも面白かったです。

全編見どころ!
AKBGファンにはたまらない夢のような番組ですね

ps
これ、番宣じゃないですよ笑
僕の素直な番組の感想です。
あまりにもいい番組だったので
石原Pにも頼まれてません笑




 ******AKB48SHOW ブログ掲載の 石原P AKB48SHOW#10 解説******


2013年12月06日 (金)
明日は生放送! AKB劇場からお届けします。

東京秋葉原のAKB48劇場がオープンしたのは2005年12月8日。

まもなく8周年を迎えます。

AKB劇場


そこで、前夜のAKB48SHOWは丸ごと劇場からの生放送です。

劇場のロビー、劇場内部、ステージ、楽屋などを丸ごとお見せします。

メンバーも続々登場する予定です。


放送時間は5分延長して、0時4分まで。

満8歳のカウントダウンも放送の中でおこないます。

お楽しみに。



内容の一部を紹介します。

(*生放送なので変更の可能性もあります。ご了承ください)

○オープニングに登場するのは「あの二人」です

○劇場の舞台設備見せます

○禁断の楽屋に潜入ルポ

○ステージでの生パフォーマンスも

○記念日恒例の行事を生放送


動画:AKB48 SHOW!  #10

AKB48 SHOW! #10BACKUP版1

131207 AKB48SHOW「#10」BACKUP版2


放送日が12月7日だったので、放送時間をちょっと延ばせば、

AKBの記念日が生放送でカウントダウンできるなあ・・・と思ったのがきっかけでした。



NHKのスタジオからの生放送も考えたのですが、

ここはやはり秋葉原の劇場からが良いと思い、

劇場スタッフとミーティングを重ね、実現にこぎつけました。



当日の12月7日はチームB公演が昼と夜の2回おこなわれるため、

夜公演のハイタッチお見送りが終了した8時半から

中継用の機材の搬入をおこなってからのセッティングだったので時間はタイトでした。



夜の生放送なので、メンバーは高校卒業をしたメンバー36人の出演です。

チームBのメンバーはそのまま出演。

レコーディング終わりのメンバー、AKB紅白のリハ終わりのメンバー、

撮影終わりのメンバーなどが、続々集まってきます。

若いメンバーの多いチーム4からは峯岸さんと岩立さんしか出演できません。

最後に劇場に到着したのは高橋みなみさん。

夜10時半までNHKで別の番組の生放送に出演しており、

番組終了後すぐ秋葉原への移動です。


AKBの記念日と同じ誕生日のメンバーは48Gの中に3人います。

横山由依さん、山内鈴蘭さん、そしてHKT48の多田愛佳さんです。

このうち横山さんと山内さんが当日出演メンバーだったので

オープニングをお願いしました。

akb48show #10 オープニング 横山山内


当日行われていたチームB公演では、田名部生来さんの生誕祭も行われました.

ここからは生放送の通りなので、こぼれ話をいくつか。

劇場の楽屋は、みなさんもドキュメンタリーなどで見たことがあると思います。

僕も、前田さんの卒業公演とか、成人式の時などに撮影に入ったことがあります。

いつもはもうちょっとアレなんですが、この日は生中継で楽屋を紹介するとあって、

メンバー、マネージャー総出で大掃除をしていました。

もうちょっとリアルな雰囲気の楽屋でもよかったのですが、

放送前にはピカピカにされてました。

広報の西山さんは「ついでに大掃除ができてよかった」と。


生中継で紹介された楽屋。レポーターは川栄李奈さん

akb48show#10 川栄李奈


トークの部分は、テーマだけを決めてあっただけで完全なるフリートークです。

リハーサルも、ネタ合わせもやってません。カンペも出していません。

12時1分前になったらカウウントダウンするということだけが決めてありました。

akb48 show akb劇場8周年の瞬間


進行はたかみなに任せました。さすがの仕切りです。

生放送の完全フリートークをお楽しみいただけましたでしょうか。

akb48 show#10 記念フリートーク


カウントダウンしてからの、8本目のピンクのテープ貼りです。

ここもたかみなが職人芸を見せてくれました。

ぴったりに貼ってありますので、劇場に行く機会があったら見てください。

下手側のステージ向きの柱のテープです。

akb48 show たかみな 柱「のテープ貼り


生放送終了後の様子は、今週のAKB48SHOWでご紹介します。

ステージ上で少し感想を話してから、

ゆいちゃんと鈴蘭のサプライズ誕生日お祝いがおこなわれました。

akb48show サプライズ誕生祝い 横山・山内


おかげさまで番組も好評でした。

akb48 show akb劇場8周年の瞬間


生放送のノウハウもできたので、

また機会があればAKB48劇場からの生放送にチャレンジしたいと思います。

もう少し長くてもよかったですね。次は60分ですかね。

FMでやったみたいに「AKB三昧」のようなダラダラ放送もいいかもしれません。




******AKB48SHOW ブログ掲載の 石原P AKB48SHOW#11 解説******

2013年12月12日 (木)
#11のみどころ 生放送終了後の劇場風景。横山と鈴蘭のサプライズお祝い。 8周年記念公演、各期の演目の全曲ダイジェスト 高橋みなみ×大島優子 本気の対談 渡り廊下走り隊(6)だが、(7)に挑戦!


先週の劇場からの生放送、

最後の「桜の花びらたち」が歌の途中で切れてしまい

申し訳なかったです。ある意味確信犯でした。

カウントダウンやって、

たかみながピンクのテープを張り終えてから最後の曲のイントロ。

曲はもちろん「桜の花びらたち」

これをワンハーフにすればギリギリ放送時間に入るかなと思ったのですが、

劇場8周年の記念の生放送でワンハーフというのもアレだし、

ならばフルサイズにして、いけるところまでいこう!と思って構成しました。


さて、今週のAKB48SHOWは、その生放送の続きから始まります。

劇場での感想トークがあって、そこで横山由依さんと山内鈴蘭さんの


サプライズバースデーのお祝いなどの模様も放送予定です。
akb48 show#10 記念フリートーク

特集の(1)では、

12月8日の「8周年記念公演」の模様をお届けします。

15期から1期までの各期がおこなったパフォーマンスは

ダイジェストですが全曲を紹介します。



特集の(2)は、

たかみなの説教部屋のスペシャルとして、

大島優子さんとの対談をたっぷりとお届けします。

AKBを引っ張ってきた二人の真剣な対談をお楽しみください。

akb48show #11 大島優子 説教部屋



最後に登場するのは、2月に解散することが発表になった

「渡り廊下走り隊」です。

akb48 show#11 渡り廊下走り隊7


今回の収録には、浦野さんと、平嶋さんが入った6人でおこないました。

仲川さんはJKT48の仕事があり、このタイミングでの来日は無理でした。

ということでAKB48SHOWでは、

なんとか7人バージョンをお届けできないかと努力をしています(現在進行形)

放送をお楽しみにしてください。

うまくゆかない場合もあるので、その場合はスルーでお願いします。


(*補記)
先週放送の渡り廊下走り隊「完璧ぐ~のね」について。

収録のスケジュールを組む時にJKT48の仲川遥香さんも参加できないかと相談をしたのですが、

最近インドネシアでの仕事が順調なようで、

なかなか年内に帰国のスケジュールが取れないとの返事でした。

それで6人バージョンで振りを作り直してもらいました。

「じゃ、VTRならどうですかね?」と話を持ちかけていたのが、

収録直前に「VTRなら、放送までに撮れるかもしれない」という返事が届いたので、

撮影スタジオで直しを入れ、仲川さんが入る場所を数ヶ所空けて撮影しました。

「ま、うまくゆかなかったら、はるごんの写真でも入れるか・・・」

撮影をお願いするのがJKTの現地スタッフの方なので、

今やJKT48のスター、ハルカナカガワが日本で「渡り廊下走り隊」というユニットに所属しているとか、

「完璧ぐ~のね」という曲についてもあまり知らないのではという心配がありました。

そこで、こういう画角でこのくらいのサイズで、

曲のこの部分を撮影して欲しいというリクエストを出して、撮影してもらいました。

テープ送りだと放送に間に合わないのでデータで送ってもらって

無事放送することができたというわけです。

解散までに7人全員が揃った渡り廊下走り隊を収録したいですね。
AKB48SHOW#11 仲川遙香渡り廊下走り隊完璧 ぐ~のね

動画:AKB48 SHOW!  #11

AKB48 SHOW! #11(BACKUP1)
131214 AKB48SHOW「#11」(BACKUP2)



 ******AKB48SHOW ブログ掲載の 石原P AKB48SHOW#12 解説******

2013年12月18日 (水)
#12はクリスマス特集 みどころ(楽曲編)

12月21日のAKB48SHOWはクリスマス特集。
クリスマスにちなんだ3曲をお届けします。

まず「予約したクリスマス」

2010年冬の「チャンスの順番」のカップリング曲ですが、

その頃クリスマスキャンペーンのCMで使われていたので、

耳に馴染んでいるAKBのクリスマス曲です。

今回はAKB48から16人のメンバーが登場します。

3年前の曲なんですが、元の選抜メンバーから半分近いメンバーが卒業していることと、

最近のコンサートでも披露してないので、

事前に振り入れをやってからの収録となりました。
AKB48SHOW#12 予約したクリスマス


2曲目は、クリスマスソングの変化球なのですが。

「真夏のクリスマスローズ」

この曲はチームA5th「恋愛禁止条例」の中の4人ユニット曲です。

真夏の海岸線で、去年のクリスマスイブの甘くて苦い思い出にひたる曲です。

今回はAKB48若手4人にお願いしました。

チーム4の岡田彩花さん、小嶋真子さん、

そして15期研究生の向井地美音さんと大和田南那さんです。

向井地さんと大和田さんは今回が始めてのテレビ収録でした。

みんな初々しくて爽やかなパフォーマンスです。

AKB48SHOW#12 真夏のクリスマスローズ


3曲目は、AKBのクリスマスの超定番曲。

「あなたとクリスマスイブ」です。

これは、クリスマスの劇場公演でもよくおこなわれる曲です。

リクエストアワーでの毎年お馴染みで、

今年のSKEリクアワでは1位に輝きました。

番組ではAKB9期の同期生2人、

竹内美宥さんと横山由依さんのデュエットでお届けします。

ピアノは竹内さんです。
AKB48SHOW#12 あなたとクリスマスイブ竹内美宥
AKB48SHOW#12 あなたとクリスマスイブ 横山由依

動画:AKB48 SHOW!  #12

AKB48 SHOW! #12(BACKUP1)
AKB48SHOW#12 20131221(BACKUP2)


石原真p正面

石原 真
エグゼクティブ・プロデューサー

1957年生。
1981年NHK入局。
入局以来 破天荒な企画力と行動力で数々の番組を制作。
ロックとシガーとガムを愛するナイスミドルなダンディズムである。
また、架空楽団のベーシスト&ギタリストとしても有名。
敬愛するBANDは『ムーンライダーズ』

代表番組
『Top Runnner』
『POPJAM』
『紅白歌合戦』

石原P「自分がいいと思うものを、自分のやり方で伝える。」

テレビプロデューサー石原 真さん
岡山県出身。法政大学 経済学部経済学科(1981年卒)。大学卒業後、日本放送協会に入局。ディレクターを経て、現在エグゼクティブプロデューサーとして活躍中。
座右の銘:くよくよするな

いまの仕事内容を教えてください。
僕は、32年間テレビ制作一筋でやってきました。ディレクターを15年、プロデューサーになって16年経ちますが、ここ10年間は音楽番組を担当しています。レギュラーでは、NHK総合で毎週日曜日の18:10から放送の「MUSIC JAPAN」という若者向けの番組。また、単発の企画番組も作ります。たとえば、ここ数年の音楽界ではアニメソング、いわゆる「アニソン」が熱く、それらをガッツリ特集した番組や、アーティストに密着した番組なども作ります。

さらに、もっとも気合いが入るのが、大晦日の「NHK紅白歌合戦」です。これにもプロデューサーの一人として毎年関わっていますが、だいたい夏を過ぎると紅白に向けての打ち合わせが始まります。NHKが総力をあげて作る番組ですから、気が抜けない日々が続きます。

一日はどんな流れで進むのですか?
僕の仕事に決まった流れはまったくないんですよ。毎日自分の仕事に合わせて動きます。たとえば、今日は朝11時から社内で2本打ち合わせをしたあと、外で「AKB48」のスタッフと次週のロケについての打ち合わせをして、戻ってきたところです。

外での打ち合わせというのは、レコード会社の人や事務所の人とのやりとりが中心ですね。もちろん、ロケに同席することもあります。

プロデューサーの仕事はルーティーンワークではありませんが、強いて特徴をあげるとすれば、「365日、勤務時間も仕事内容も違う仕事」ということでしょうか。ただ、その根底にあるのは、僕の場合「音楽」ということですね。

テレビの世界に入るきっかけは何だったのでしょう?
僕は、小学生の頃からメディアの仕事がしたいと思っていました。本や新聞を読むことが好きで、小学校の卒業文集には「新聞記者になりたい」と書いた記憶があります。小説家になれるような才能があるとは思っていませんでしたが、とにかくメディアの仕事がやりたくて。

また、僕が青春時代を過ごした1970年代というのは、「8mmフィルム」を使った自主制作映画が花盛りでした。いまでは当たりまえのように流し見ているテレビCMも、最新映像技術を使ったりして、ものすごいブームになっていたんですね。

僕自身も映像に夢中になりました。就職活動ではマスコミしか受けず、内定が出たのがNHKと某新聞社だったので、テレビの世界を選びました。

プロデューサーになるまでの経緯は?
NHKは、基本的に新卒局員のほとんどが地方局勤務になります。僕も大学卒業後すぐNHKに入局して、まず鳥取放送局で5年間ディレクターとして働きました。それから東京で10年働き、プロデューサーになってから福岡放送局で3年間単身赴任をしました。そして、東京に戻っていまに至ります。

いまはJ-POP一筋ですが、これまでドキュメンタリーからドラマ、バラエティー、科学番組など、ほぼ一通りのジャンルを制作しました。

メディアの中で、NHKのように全国展開をしている会社は珍しいですよね。地方勤務は嫌だという人もいるかもしれませんが、僕は仕事をしながら色々な場所で経験を積めるというのは、いまから思うととてもいいことだなと思いますね。


仕事での苦労や、やりがいについてのエピソードを教えてください。
世の中には、なかなかテレビに出てくれないアーティストが存在します。たとえば「B’z」。僕は何年も何年もアプローチを続けていました。あるとき、とりあえずNHKのカメラで密着OKとなり、結果的に僕が担当したNHKスペシャルの特番として完成しました。取材期間も半年という期間を要しましたが、実はそこにいたるまでの時間が何倍もあったという苦労エピソードです。

僕は土日も関係なく足しげくライブに通い、事務所スタッフと挨拶し、メンバーとも話し…といったことを日々繰り返しています。人脈作りは、プロデューサーに必須です。「石原さんのところになら出ます!」と言ってもらえるのは、プロデューサー冥利に尽きますね。

テレビ制作の現場はやっぱり休みがないのでしょうか?
正直に言って少ないですね(笑)。ゴールデンウィークやお盆などは関係なく動いていますし、年末年始も「紅白歌合戦」が終わって元旦の朝方に自宅に帰り、翌日にはその視聴率が発表されるので会社に行きます。

いつも週末を使ってアーティストのライブに行きますし、地方ロケが入ることも。一年のうちに丸一日休めた日は…ちょっと思い出せないくらいですね。もうずっとこんな生活ですからある意味慣れましたが、決して楽でないのはたしかです。

プロデューサーには、どんな人が向いていると思いますか?
「好き嫌いで判断しない」人ですね。もちろん、音楽でも映画でも、自分の好みはあっていいです。ただ、それが訴えようとしていることや、「なぜ、売れているのか?」といったことを複眼的に考えることが、プロデューサーに必要な視点です。

売れているものには何かしら理由があります。たとえば、「アイドルには興味がない」とバカにするのではなく、本当の意味で「どんなジャンルでも好き」と言える人が向いていると思いますね。僕も、新譜CDは聴きまくり、週刊誌は毎週全誌チェック、テレビドラマの1話目は全て録画して観る…といったことを、何年も繰り返しています。メディアに関わる身として、最低限必要なことかなと思います。

将来の夢や目標はありますか?
僕が目指しているのは、一見「何もしない」プロデューサー。そう言うと語弊がありますが、プロデューサーがうるさく指示を出さなくても現場が回る…これは、難しいことです。きちんとやれる部下を育てることや、いい環境作りするのが、僕の目指す「超一流」のプロデューサー像です。

また、この仕事で「何をもって成功とするか?」というと、「自分に達成感があるか」だと思っています。自分がいいと思うものを伝えるのが僕らの仕事。もちろん、「視聴率が低い=見られていない」ので喜ばしくはないですが、視聴者に媚びてはいけないなと。これからも、僕が伝えたいと思ったことを伝えていきます。今後、もし自分のセンスに自信がなくなったときは、僕はこの仕事を辞めます。いまのところ、まだ当分やれそうですが(笑)。

テレビプロデューサーを目指す人にメッセージをください。
僕は、メディアの基本を学ぶには本と映画をオススメします。どちらも19世紀、20世紀の文化の中心でしたし、とても高級なメディアです。しかし、ある一定量を読んだり見たりしないと自分の判断基準や感性が磨かれないので、学生のうちにこれでもかというほど量を浴びてください。映画なら、年間100本が最低ラインですね。

テレビ制作の現場は、皆さんが思っているよりもずっと忙しいです。僕もこの歳になるとクタクタ(笑)。それでも、やればやるだけのリターンは必ずある仕事ですよ。

(取材:石原 桃子)
             ----------------------更新履歴-------------------------


(更新 2013.12.22 AKB48 SHOW #12 の リンクを追加しました。リンク切れ発生にそなえて、BACKUP版1・2も 掲載してます。)
(更新 2013.12.15 AKB48 SHOW #11 の リンクを追加しました。リンク切れ発生にそなえて、BACKUP版1・2も 掲載してます。)
(更新 2013.12.08 AKB48 SHOW #10 の リンクを追加しました。リンク切れ発生にそなえて、BACKUP版1・2も 掲載してます。)
(更新 2013.12.05 AKB48 SHOW #9 の リンクを追加しました。)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちあき

  • Author:ちあき
  • 白線同盟駆坂あかね様
     御賜物<KAREN>

     『 0 』 ( 2013.07.05 )

    作曲・MIDI制作 嶋 是一さん



ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
BGM
BGM 『0』