FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが国の瓦解を 国民 誰しも望まない筈。ならば アベノミクス「危ない経済実験(毎日新聞社説)」の下 2018年10月 「安倍1強」の政治状況が この国を破滅へ向わせてきた。もはや 放置は出来ない。国民を舐め切ってる 危険極まりない安倍内閣を もう終わらせよう!

経済財政諮問会議 (2018.10.22  2019年7月には半数改選の参議院議員選挙がある。衆議院は解散がなければ2021年10月が任期。

私たちは、安倍内閣によって齎された この国を蔽う不幸な閉塞感を払拭するため、民意を確実に示す必要がある と考える。

繰り返しになるのだが 

議員一人あたり年間約2億円を託すに足りる 信頼できる人物と党に投票する ことである。

野党は「小異を捨てて大同に就く」を合言葉に 反安部で結束できる党であること である。

階級固定化で貧困化が更に進み 私自身を含め 私たちは 投票日までもう持たない かもしれないのだが。

安倍政権は 「就業人口の15%」1000万人のアンダークラス(パート主婦を除く非正規労働者群 個人平均年収186万円 貧困率38.7% 自分一人の肉体的生存がぎりぎり可能なレベル 投票用紙は配付されるレベル)を 創る罪を犯した。

誰が創ってくれと頼んだのか。頼んだのでない故、NOと 意思表示することだ。


安部首相は、この国を どこへ向わせようとしているのか? 

私たちは、改憲・共謀罪法 問題で、そのゴールの形を、はっきりと 見た。悟ってしまったのだ。

 安部首相が目指すこの国のゴールへは あらゆる機会を捉えて 時機を逸することなく NO の意思表示を明確に示す ことが肝要だ と経験則から考える。
 
 許容外の 富の偏在をもたらしたアベノミクスの結末や 破綻が明白な日銀金融政策の行く末を思うと 黒田総裁再任人事を行った安部内閣を 到底 容認出来るものではない。

加えて 矛盾を孕んだ愚かな原発エネルギー政策の策定には 憤怒と後世への申し訳なさで いっぱいになる。更に これに 被爆国民として、許しがたい 理解を超えた核政策の 数々の強弁の愚策が連なる。
 
辺野古政策をはじめとする安保法制から憲法改正に至る「国権主義的国家再編」と「軍事力優位の国家への回帰」を試みる危険な勢力を その支持母体としている安倍内閣の暴走を 放置してはならない。阻止すべきだ。

国民統合の象徴として 真摯に誠実に、体現されて来られた今上天皇を 蔑ろにするような安部首相の体質は最早 桎梏の宿痾だ。

生前退位決定プロセスは 禍根を残した。拙速の極みだ。これも後世への大きな憂いだ

 

よって

 国民を舐めきった安部内閣は もう見限り、終りにしたい。

後世に 専制国家を引き継ぐわけにはいかない

 と 我ら団塊の世代は 熾烈に考えている。 



 
以下に 寺島実郎の 『シルバー・デモクラシ―』第一章の末尾にある 後世に引き渡すべき国家像の部分を引用する。

戦後日本という過程を生きた者が、後世に何を引き継ぐのかが問われている。 二一世紀の日本は、中国と対抗できる軍事力と経済力を持った専制国家ではなく、アジアの安定軸としての敬愛される成熟した民主国家でなければならない。』 )


安倍首相2017 

今 日本という国家の再生が必要だと 痛感しているのだが、我々も馬鹿ではない。

安定した民主主義国家にあっては  国民を舐めきった安部内閣に まず選挙で鉄槌を下す という 馬鹿につける薬を処方する 以外の方法は 無い と考える。


ここで

物言いは本ブログと違い
 いつもながら 上品でソフトだが、幾つかの安倍政権批判コラムを 時間と体力の関係からだが 幾度かに分けて ご紹介していきたい。






倉重篤郎のサンデー時評

 2018年10月7日



寺島実郎「高齢者」革命宣言 

安倍政治に騙されない! 100歳人生・本当の処方箋


知の再武装をせよ!

 団塊世代の「知のテーマセッター」寺島実郎氏が、高齢者が社会の変革者になる道を提言。安倍1強がもたらす政治的行き詰まりに対する一つの答えとして、高齢者を中核とする市民参画型の政治を主張、そのために「100歳人生」を生き抜く「知の再武装」を呼びかける。


 安倍晋三政権の3期目は、いずれ行き詰まるだろう。

 政策的レガシーもなければ、政局的にも参院選を乗り切るのが難しい、というのが前号(10月7日号)の自民党OBらの指摘であった。さもあらん。だが、それに代わる政治勢力は一体どこから出てくるのだろうか。

 田中秀征氏がその前の号(9月30日号)で予言したのは、自民党の中から保守本流勢力の一部が安倍氏ら自民党主流勢力と袂(たもと)を分かち野党と連携する1993年方式のダイナミックな政界再編であった。今の小選挙区制下では、政権党からの離党という行為はなかなかハードルが高いだろうが、それだけ自民党内に政策的に相容(い)れない根源的な亀裂が入っているとの明察は深く心に留めおきたい。


 もう一人、注目すべき論考を立て続けに発表している人物がいる。寺島実郎・日本総研会長(多摩大学長)である。


 71歳の寺島氏は『シルバー・デモクラシー』(岩波新書・2017年1月)で、高齢者が4000万人を占める異次元の高齢化社会の到来を見据え、その介護、医療費の高額化から社会に負担を与える存在としてではなく、社会に貢献するシルバーのあり方を模索、『ジェロントロジー宣言』(NHK出版新書)では、高齢者は知の再武装をして食と農、高度観光人材やNGOなどで社会参画すべし、と具体的提言をしている。


 65歳以上の高齢者人口は近い将来4割になる。有権者人口比で言えば5割、さらに、その投票率の高さから有効投票数の中では6割の決定力を持つ世代だ。その政治的プレゼンスに着目したのが寺島氏だ。この世代は団塊世代を中心に、戦後の混乱期に幼少期を過ごし、大学闘争を経験し、高度成長と共に企業戦士になり、そして今リタイアを迎えて、次なる自分探しをしている。80歳でもまだ7割が健常者だが、彼らが活躍する社会的受け皿がないため、しかるべき社会活動、貢献をする意思と能力を持て余しているのが現実だ。


 彼らが社会参画できるプラットフォームを多元的に作る。そして、彼らの社会貢献によって日本の世直しを実現する。それが目下の最大の課題である。というのが寺島氏の宣言である。

 それは高齢者をお荷物扱いせず、社会の改革者にしようという、ある意味革命的な発想の転換でもある。社会的に疎外されている層であるがゆえに、社会変革の担い手になりうる。それはマルクスの共産党宣言にも通じる考え方だ。


 多分、そこには安倍政治に代わる政治勢力再結集を睨(にら)んだ寺島氏の戦略もあるに違いない。それはそれとして、虚心に問いたい。「人生100歳時代」に我々はどう生きるべきなのか。寺島氏が求める知の再武装とは何なのか。蔵書4万冊以上を所蔵する東京・九段の「寺島文庫」に寺島氏を訪ねた。


 まずは、今回の自民党総裁選を総括してください。


「重要なのは、自民党が(総裁を)交代させられなかったということだ。大きな禍根を残すだろう」


 安倍氏を交代させるべきだった?


「過去に自民党は、えっ、と驚くほどに融通無碍(むげ)にトップの顔と政策を豹変(ひょうへん)させてきた。今回、その豹変力が働かなかった。これが大きい。そのツケが来年参院選にくるかもしれない」


 そこまで安倍政治に限界が来ていた?


「金融政策に過剰に政治が介入し、異次元緩和と公的資金投入で株価引き上げに執着、健全な市場経済を大きく歪(ゆが)めてしまった。その結果、国際金融の世界でジャパンリスクが喧伝(けんでん)され始めた。日本が緩和の出口に向かった時に世界金融が受ける打撃が懸念されている」


「外交・安保も、集団的自衛権行使の一部容認によって米国との軍事一体化を進めたが、トランプ政権の誕生でとても相互信頼に基づく同盟関係とは言えず、むしろ米国の愚かな戦争に巻き込まれるリスクが増大している」


「世界でどう生きていくのか、自らの国家戦略について政権の主体的構想力が欠如しているために、朝鮮半島の雪解けでも、ロシアとの領土問題でも、資金提供役を期待されるだけの存在になり下がっている」


「政治手法も問題だ。代議制民主主義で選ばれた首相として、権限行使でも国民への目線でも、直接国民に選ばれた大統領と違う謙虚さとバランスが必要なのに、それを失っている。“忖度(そんたく)官僚”が公文書を改ざん、国会で偽証してまで首相を守ろうとした」



アイデンティティーは「会社名」だけ


 だが、また安倍3選だ。


「二つのパラドックス(本来あるべきでない逆説的事象)に支えられた安倍氏再選だった。一つは、膨大な高齢者層が株価上げ政策に拍手している。個人投資家と称する人の約7割は高齢者だ。その心境も切ない。ゼロ金利で定期預金の利息も望めない。楽しみはせめて株価が高くなることだ」

「もう一つは経済界だ。経済のフロントラインにいる者たちが、政治依存の株価形成、金融政策の中に埋没、自家中毒症状を呈している。土光敏夫さんを持ち出すまでもなく、かつての経済界は技術革新や産業政策を語り、政治のあり方に一定の影響力を行使してきたのに、安倍政権になって発信が止まってしまった」


“高株価”デモクラシーだ。


「高株価といっても、デジタルエコノミー時代のフロントラインにある米・中七つの会社(米国のグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト5社、中国のテンセント、アリババ2社)の時価総額500兆円に比べるとどうか。日本はトップのトヨタが24兆円、経団連をリードする日立が3・8兆円、“鉄は国家なり”の新日鐵住金は2・1兆円にすぎない。しかも、日銀のETF(上場投資信託)買いとGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)で累計65兆円を突っ込み、水膨れさせてこのありさまだ。ここに日本産業低迷を解く鍵があるのに、経済界からはそういう議論が出てこない」


 実は高齢者が政治を動かしている?


「これは世界的傾向だ。英国のEU離脱は若い人は反対したが、高齢者が賛成した。米国では、若者たちはサンダース現象を巻き起こしてヒラリー・クリントンの正体を暴いたが、そのエネルギーが皮肉にもトランプの追い風になった。トランプ対ヒラリーでも若者はまだヒラリーのほうがましだ、というギリギリの選択をしていた。日本のみならず欧州でも米国でも、高齢者が政治的選択に大きな影響を与えた」


 そこで、ジェロントロジー宣言だ。これはどういう意味か。


「私は多摩大学の学長を10年近くやって、多摩ニュータウンを含め国道16号線沿いという東京の郊外に進行しつつある現象に注目してきた」


「それは都市近郊のサラリーマン層における急速な高齢化問題だ。戦後日本の一つの到達点ともいえる。つまり、工業立国として大都市圏に人口と産業を集積させ、東京をベルトのように取り巻く16号線沿いにニュータウン、マンションをものすごい勢いで造成、戦闘的サラリーマンが住むベッドタウンを整備してきたが、その人々が急速に高齢化、一斉にリタイアした」


「彼らの意識調査をしてみてわかることがある。一つは、あなたは誰ですか、という問いに、自らが壮年期まで勤めた会社名を挙げる人が圧倒的だということだ。退職後15年、20年たってもなお自らのアイデンティティーが会社名しかない」

「田舎の高齢者にはまだ豊かな自然と農耕社会的な社会参加の場が残されているが、都会の高齢者にはそれもない。農村社会では鎮守の森があり、神主がいて、寺があり檀家があり、もめごとがあれば、一定の役割を果たすまとめ役がいる。そういう機能、人がいないのが16号線沿いだ。退職後、労働組合や社会とのつながりもなく、ある種の孤独感と寂寥(せきりょう)感で足元が危うくなっている。コンクリートブロックの中で孤立化、一種のアイデンティティークライシスに陥っている」


「単純な定年延長には反対だ」


 その層を活性化させる。


「ジェロントロジーは、英和辞典では『老年学』と訳されている。ギリシア語の『geron』(高齢者)からきている。第二次大戦後、米国で生まれた学問体系だが、私はあえて『高齢化社会工学』という意味で使っている。高齢化問題を社会的コストの負担増問題として議論することから脱却、実は80歳でも7割は健常者だといわれる都市近郊高齢者が社会参画できるプラットフォームをエンジニアリングする、構想するのが極めて重要だと認識している。要は、“老人の老人による老人のためのデモクラシーにしない”ことだ」


「これまでの社会は60歳以上で職場を離れた人をどうするかは想定外だった。第二の人生、余生という形で、そこそこに収斂(しゅうれん)してくれることを期待し、想定した制度だったが、これからはそうはいかない」

「米国には退職者組織として2000万人を擁する大圧力団体があるが、日本の場合はそれがない。連合という現役サラリーマンによるナショナルセンターはあるが、退職者は元勤務していた会社名をアイデンティティーにして、バラバラに生きている。ネットワーク化し、彼らが参画できるプラットフォームを作りたい」


 定年を延ばす手も?


「単純な定年延長は反対だ。組織の活力が低下するし、若い人が育たない。仕事には発展のプロセスがある、と思っている。若いうちは家族を抱え、好き嫌いは別にして生活のために稼ぐことが求められる。ただ、年齢とともに仕事の意味を問い始める。カセギ(経済生活のための活動)から、ツトメ(社会的貢献)に質が変わっていく。誇りをもって世の中のためになりたいという人の受け皿作りに我々はもっと真剣であらねばならない。それがソーシャルエンジニアリング、社会工学の仕事だと思う」


 社会参画する側にも知の再武装を求めている。


「100歳人生が現実になった今、ふと立ち止まって自分が今後過ごす年月の長さを思う時、生きる目的、方向が欲しくなる。先達の著作に生き方を学ぶことがそのきっかけになるのではないか」

「戦後日本の社会科学教育の欠陥もある。本来、学ぶべきことがないがしろにされてきた。日本近代史を改めて学び直し、戦争に至るまでの歴史に一度は真剣に向き合うべきだ。メルカトル図法的(*)地理認識も改めたい。毎日この地図を眺めることで知らず知らずのうちに日本は太平洋をはさんで米国と向き合う国なんだという世界認識を刷り込まれてきた。最新の知見としては生命科学とAIが重要だ。その進化を知れば知るほど私たちの根幹に関わる生命観、社会観のパラダイム転換の時期が訪れていることに気づくはずである」


地域密着なら「NPO」「NGO」


 社会参画の分野は?


「まず挙げたいのは農業ジェロントロジーだ。都市近郊の高齢者を参画させ、工業化路線の中で切り捨てられた『食と農』を都会と田舎の交流によって再生させる。横浜の団塊世代が長野県飯綱町(いいづなまち)でリンゴ栽培を成功させている例もある」

「観光ジェロントロジーも有力だ。観光業はサービス業の中でも中核的成長産業で、政府の狙い通り2030年に訪日外国人旅行者(インバウンド)が6000万人になれば、運輸サービス、宿泊、飲食、土産物小売りなど含め、800万人程度の人材需要が発生する。英語ができて海外経験のある高齢者も多く、その幅広い知見と洞察を生かせる分野だ。法務、財務、会計に関する基礎知識のある高齢者ならNPO、NGOといった非営利活動のマネジメントに携わることで地域密着の社会参画が可能になる」


 今後の展開は?


「日本総研、多摩大学、山野学苑、連合総研、みずほ、UR、JTBなどの団体・企業からなるジェロントロジー研究協議会を10月に発足させ、具体的に参画のプラットフォームをエンジニアリングしていこうと思っている」

 寺島氏といえば、リベラル団塊世代の理論的リーダーの一人である。マネーゲーム国家に傾斜しつつある日本の現状を批判し、「技術志向の健全な資本主義」と「国権主義を排した民主主義」の実現を訴えてきた。その人が社会工学の実践者として始動しつつある。これはニュースといってもいいだろう。

 最後は、冒頭の問題意識に戻る。今後の政界動向をどう見る?

「問題は来年の参院選だ。あるパラダイム転換が起きるかどうか」


 パラダイム転換?


「職業政治家やその政治家で構成する政党の合従連衡などで、この話はおさまらない。一言で言えば、日本でマクロン現象は起こらないのか、ということだ」

 マクロンとは17年の仏大統領選で、既存政党を全否定して、市民のエネルギーを背景に39歳で大統領に当選した人物である。

「カギは『民主主義のための連帯』、既成政党にこだわらない市民参画型政治だと思う」

 日本にもマクロン的リーダーが出て、政治的に大きなポテンシャルを持つ都市近郊高齢者層を束ねれば、パラダイム転換(政権交代)も不可能ではない、ということと受け止めた。


 *メルカトル図法的:自国中心の旧来型という意味


てらしま・じつろう

 1947年生まれ。日本総合研究所会長。多摩大学長。世界的視点で日本の針路について重要な問題提起を行ってきた。著書に、『ユニオンジャックの矢』『シルバー・デモクラシー』『ジェロントロジー宣言』など多数



くらしげ・あつろう

 1953年、東京都生まれ。78年東京大教育学部卒、毎日新聞入社、水戸、青森支局、整理、政治、経済部。2004年政治部長、11年論説委員長、13年専門編集委員


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちあき

  • Author:ちあき
  • 白線同盟駆坂あかね様
     御賜物<KAREN>

     『 0 』 ( 2013.07.05 )

    作曲・MIDI制作 嶋 是一さん



ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
BGM
BGM 『0』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。